【恐怖新聞】4話のネタバレと感想|新聞よりも怖い女の恨み

2020夏ドラマ

2020年9月19日に放送された【恐怖新聞】4話のネタバレと感想をまとめました。

今回で新聞が届く条件が判明します。

そして詩弦と勇介、桃香を加えた三角関係がドロドロな展開へ…

スポンサーリンク

【恐怖新聞】4話のあらすじ

蜷川冬夜(猪野学)から新聞を届かなくする方法を聞きだした小野田詩弦(白石聖)は、誰かに契約を結ばせようと考え始める。

しかし、罪悪感から名前を書かせきることができず、詩弦のところには相変わらず新聞が届く状態だった。

実家に戻った詩弦から話を聞いた母の歌子(黒木瞳)は自分の名前を書こうとするが詩弦は止める。

なら悪党に書かせればいいと2人で事件記事を読んで探しても、条件に当てはまる若い人物は見当たらなかった。

鬼形礼(坂口涼太郎)に他人に移そうとしているのは罪だと指摘され悩む詩弦、知らぬ間にポケットに新聞が入っていた。

そこには車の事故が起きると書いてあり、急いで篠崎林太郎(駿河太郎)へ時間と場所を告げる。しかし、篠崎はあまり真剣に受け取っていなかった。

配達の品物を受け取りに行った先で、宮沢桃香(片山友希)松田勇介(佐藤大樹)が一緒に食事をしているのを詩弦は見てしまう。

勇介に電話をかけると嘘をついてごまかすため、詩弦は窓ガラスを叩いて存在を知らせた。

3人で話をしていくうちに桃香は詩弦に文句を言い始める。怒った詩弦が殴ろうとすると、勇介が間に入って止めた。

詩弦が歌子に勇介の裏切りについて話すと、いっそ勇介を契約させたらと歌子は言い出す。

詩弦はこのまま新聞の契約を勇介に結ばせてしまうのか?

【恐怖新聞】4話のネタバレ

1:恐怖新聞の元々の契約者が登場

蜷川が再び病院に運ばれ、篠崎は妹の春海にそのことを知らせに行きます。

春海という名前の妹は車椅子に乗っていて、篠崎から兄の冬夜の話を聞くと過去の話を始めました。

  • 恐怖新聞は元々春海が受け取っていた
  • 3年前に高校のクラスメイトに騙されて契約をしてしまった
  • 兄が自分を救うために契約を移した

春海は病におかされているため、新聞を読むことで命が削られる音が聞こえたといいます。

そんな妹の身を案じて兄が契約者になったのです。

病院に運ばれた蜷川はもう老衰寸前の体らしく、いつ命を落とすかもわからない状況です。

篠崎は春海を病院に連れて行き、会わせてやろうとします。

新聞は元々蜷川の妹の春海に届いていた

2:新聞の悪用

詩弦から今回起こる事故の話を聞いていた篠崎は、厄介な同僚刑事の2人を事故が起こると書かれていた現場へ呼び出します。

新聞の記事の内容はこうです。

七月二十四日

午後四時頃

奈良グリーンウェイ駐車場付近で

暴走したトラックが乗用車に衝突

加速したまま対向車線に侵入

死傷者十三名の大惨事になった。

詩弦は事故が起きる日時と現場を篠崎に伝えてますが、篠崎はそれを阻止するために動くのではなく、あろうことか同僚を殺害するために利用します。

午後4時に奈良グリーンウェイの駐車場に来るよう伝え、自分はそこには行きません。

新聞に書いてあるとおりに事故が起きるなら、厄介な同僚2人を手を汚さずに殺害できる。

そして篠崎の思惑は的中します。

事故が起きて同僚の刑事2人は死亡したのです。

篠崎が新聞記事を利用して同僚を殺す

3:蜷川冬夜の死

篠崎により妹の春海と死ぬ前に会えた冬夜は、弁護士に会えと春海に伝えます。

弁護士は遺産を全て妹に渡すと言われていると告げ、大金を残していたことがわかりました。

なぜ冬夜はこんな大金を持っていたのか?

冬夜は株式投資で儲けていたらしく、急激に下がる銘柄を当てる能力があったそうです。

それは、恐怖新聞に乗っていた情報を元にして、食品偽装や事故などを察知して空売りしていました。

妹の手術を海外で受けさせる費用を稼ぐため、恐怖新聞の情報が必要だったのです。

その話を聞いた篠崎は恐怖新聞の契約者になろうと考え始めます。

そして詩弦の前の契約者だった蜷川は、とうとう寿命を迎えて亡くなりました。

冬夜は恐怖新聞の力で金儲けをしていた

4:ドラマの結末

桃香との浮気を謝りに勇介は詩弦の部屋へやってきます。

恨んでいた詩弦は誓約書を書いてといって、恐怖新聞の紙を勇介に差し出します。

紙を見た勇介は何も書かれていなくても、これが新聞の紙であることを察知しました。

詩弦との出会いや恋をした時の気持ち、それらを語り始める勇介。

自分も父親を事故で亡くしているため、同じ境遇の詩弦を守ろうと決めていたと、浮気を棚に上げて語ります。

反省の言葉と今後命を失うことになっても守ると誓い、いざ署名をする瞬間、詩弦はやっぱり書かせることができません。

気持ちはわかったから少し時間をくれと願い、勇介に契約を結ばせずに帰します。

その後、篠崎は恐怖新聞を探しに詩弦の部屋に勝手に入り込みます

詩弦が配達の途中、ブレーキをかけようとしますが切れていて止まりません。

横断するリヤカーみたいなのに衝突し、その場で倒れ込んでしまいます。

気を失う寸前、詩弦の瞳の先に見えたのは、ワイヤーカッターを持った桃香の姿でした。

詩弦は勇介に恐怖新聞の契約は結ばせなかった

【恐怖新聞】4話の補足

今回、恐怖新聞が届く仕組みがわかったのでこちらでまとめます。

  • 恐怖新聞のわら半紙に名前を書くと届く
  • 新規契約者の元に届くようになり、以前届いていた人には届かなくなる
  • 契約を移しても死亡した場合、1つ前の契約者に新聞は戻ってくる

年齢が高い人に移した場合、すぐ戻ってきてしまうと詩弦は例を出して教えてくれます。

3日に1回届いた場合、1年で失う寿命は33年なので、現在50歳ぐらいの人に移すと1年ぐらいで戻ってきてしまう。

とのことです。

仮に0歳児でも3年も契約していたら、99年寿命が失われるので割とすぐ戻ってきます。

一回読むと100日寿命が縮まるというのが、どれぐらい強力なものか改めてわかる話です。

【恐怖新聞】4話の感想とまとめ

勇介が桃香と浮気していたのがわかり、詩弦がキレて契約を移そうとしました。

しかし、詩弦は結局誰にも移すことが罪悪感からかできず、未だに契約者のままの状態です。

そんな詩弦に最後、新聞よりも恐ろしい出来事が起こります。

勇介と復縁しそうな気配を察した桃香が、詩弦の乗る自転車のブレーキを切ったような終わり方をします。

ホラーとはまた別の意味で怖い、女の嫉妬という恐怖。

今後、詩弦と桃香のバトルが繰り広げられるのか?

次回5話は9月26日23時40分から放送予定です。

タイトルとURLをコピーしました