【恐怖新聞】3話のネタバレと感想|新聞配達人は誰?

2020夏ドラマ

2020年9月12日に放送されたドラマ【恐怖新聞】3話のネタバレと感想をまとめました。

母親との仲を勇介が取り持ってくれたお陰で、2人は一緒に事件を防ごうと奔走します。

未来を変えることができるのか?そして新聞を配達していたのは誰なのか?

スポンサーリンク

【恐怖新聞】3話のあらすじ

自分を責める詩弦(白石聖 )を心配して、勇介(佐藤大樹)は母親の歌子(黒木瞳 )を説得しに向かう。さらにカウンセリングを受けるよう、大井川明日香(舞羽美海)というカウンセラーを紹介した。

詩弦は明日香に自分のことを話し、親から愛されなかったことが心に傷として残っていると指摘する。話をした詩弦は気持ちが少し楽になり、勇介に紹介してくれたことを感謝する。

だが、その一方で桃香(片山友希)との仲は悪化し、詩弦のせいだと責められてしまう。

トイレで鏡を見ていた詩弦は、髪の毛に白髪が混じっていることに気づく。恐怖新聞のせいだと怯えていると、トイレのドアが開いた先には恐怖新聞が貼られていた。

明日香から恐怖新聞に関わらないよう言われていた詩弦は、急いでその場を逃げ出す。しかし、突然飛んできた新聞に視界を塞がれ、乗っていた自転車から転倒してしまった。

なぜ、見たくもないのに送られてくるのか、自宅で怯えている詩弦の家のドアを開けて入ってくる誰か。恐怖のあまりに叫んだ詩弦が見たのは母親の歌子だった。

勇介に説得された歌子は詩弦を1人にしないよう、やってきてくれたのだった。

母に恐怖新聞の話をし、虐待死事件が起こると書かれていると教える。前回のように運命を変えられず、もっと悪化させてしまうと詩弦はもう諦めていた。

しかし、歌子は諦めずに2人でその人物を探し出そうと誘う。どこにいるかもわからない家族を探す2人、詩弦は篠崎(駿河太郎)に連絡して手を組むことを約束し手伝ってもらう。

今度こそ運命は変えられるのか?そして新聞を配達している者の正体は誰なのか?

【恐怖新聞】3話のネタバレ

1:今回の事件内容

恐怖新聞が伝えた今回起きるであろう事件の内容はこうなります。

令和2年7月15日京都市内にて子供の虐待死事件が起こる

被害者の女の子は日常的に虐待を受けていた

ドラマ内では明後日起こるということになっています。

京都市内のどこの誰なのかはわからないため、探すのもちょっと大変です。

そこで歌子が日常的に虐待を受けていたなら、児童相談所に聞いたら?となり2人で聞きに行きます。

当然ながら教えてくれるはずもなく、門前払いを食らいます。

そこで今度は詩弦が篠崎に連絡し協力を要請します。

しかし、篠崎も教えられないというので、詩弦は以前篠崎が言っていた「手を組もう」という話に乗ると提案します。

すると、篠崎は虐待を受けている家のリストを渡してくれて、詩弦たちは1軒ずつ聞いて回る事にしました。

とはいってもなかなか見つかるはずもなく、新聞に何かヒントはないのか?と歌子にきかれ、イラストをよく見てみると見覚えのあるものが描かれていました。

それは、昼間偶然街で会ったカウンセラーの明日香が連れていた娘、愛莉が着ていた服と下げていたネックレスの特徴が描かれていたのです。

先生がまさか虐待?不穏な空気が漂い、詩弦たちは明日香の自宅へ向かいます。

虐待されているのは明日香の娘か?

2:事件の真相

ドラマ内で虐待されているある母子家庭が出てきます。

妙に太った母親に痩せた二人の兄妹。どうやら食事を与えられていないらしく、お腹がすいたというと母がキレてカップ麺を投げつけます。

さらに巨大なしゃもじというか、ろばた焼きにあるやつみたいなので折檻します。

体中には傷やあざだらけの子供たち、そこへ訪ねてきた人に助けを求め、兄が必死に這って玄関へ向かいます。

それは詩弦たちなのか?と、思ったら児童相談所の職員で、彼らは無事保護されたようです。

その頃、明日香の自宅では夫がキレて娘を虐待し始めます。

ベルトで打つ音を聞くと明日香はふと過去の自分を思い出します。

それは、あのしゃもじを持った母親に虐待されていたことです。

あの兄妹は明日香の過去の話だったのです。明日香自身も虐待の被害者でした。

一方、詩弦たちは明日香の自宅へ行きます。父親が娘を踏みつけようとした瞬間、呼び鈴が聞こえて一旦止めます。

怯えた様子の明日香がドアチェーンをつけたま、間から顔を覗かせて応対します。

詩弦たちが中に入れてというのを、やってきた父親が阻止しようとします。

篠崎もやってきて中に入れろといい、明日香は自らチェーンを外して扉を開けました。

泣いている愛莉の声が聞こえ、詩弦たちが助けに向かい無事保護されました。

事件は起きず子供は保護された

3:ドラマの結末

詩弦は実家の喫茶店で新聞を広げて読んでいました。

そこに書かれていたのは、最初に見た内容とは変わっていたのです。

京都市内にて虐待されていた子供が保護される

虐待死ではなくなっていました

これを見た詩弦は嬉しくなり、しばらく連絡していなかった勇介に連絡し、今度会おうと話します。

連絡を受けた勇介はなぜか裸で、ベッドには桃香がいました。

勇介は桃香と浮気をしたのか?そんな雰囲気です。

自宅に戻った詩弦は隣の部屋のともをと話をしていると電話が鳴ります。

それは元恐怖新聞読者の蜷川でした。蜷川は病院を勝手に抜け出し、詩弦にこういいます。

  • つり目の20代の男に注意しろ
  • そいつは人間じゃない
  • 正体は鬼形礼
  • 恐怖新聞を届けているのは彼だ

ともをが恐怖新聞を配達している人物だったのです

恐怖新聞を配達しているのはともをこと鬼形札

【恐怖新聞】3話の補足

1:今回出てきた他の恐怖新聞について

メインの話になった恐怖新聞は虐待死のものですが、それ以外に詩弦の元に2つ新聞が届けられています。

1つは孤独死した腐乱死体が発見されるというものです。

もう1つは全てがはっきりとは見えませんが、“裏切り”“嫉妬”“窒息死”と書かれている新聞です。

今後、この新聞に書かれた内容のものが出てくるのか?

裏切り、嫉妬というものは、どうやら勇介が桃香と浮気をしているようなので、もしかしたら予告かもしれません。

2:鬼形札について

隣に住むともをが蜷川いわく鬼形札だということですが、この人物はいったい何なのか?

原作コミック『恐怖新聞』の主人公が鬼形礼という名前で、彼も新聞を読み死後、新聞を配達することになります。

ただ、原作コミックではこのあと『恐怖新聞2』というのがあり、そちらでは鬼形礼は恐怖新聞と戦う霊的な存在として、各主人公たちを助けてくれます。

今回のドラマで鬼形礼は悪者なのか?それとも味方なのか?今後の展開に注目です。

【恐怖新聞】3話の感想とまとめ

新聞の配達をしていたのが隣に住むともをだったとわかります

何のために彼は詩弦に新聞を届けているのか?現在のところ不明です。

今回事件は無事阻止することができましたが、次週の予告を見る感じだと詩弦が勇介に復讐をしそうです。

しかも、新聞の契約を結ばせるのではないのか?といったシーンまで出てきます。

そもそも桃香は本当に友達なのかと思うぐらい、詩弦のことを嫌っていそうです。

勇介に説得されたことで母親がまた詩弦と仲良くなります。何とも情緒不安定な母親です。

篠崎もなにやら怪しい人物で、警察は彼のことをマークし始めます。

恐怖新聞というものが寿命を縮めるだけでなく人間関係を壊したり、利用しようとするものも出てきたりときな臭い展開です。

今回は前回に比べ、思ったよりも怖いシーンはありませんでした。

次回4話は9月19日23時40分から放送予定です。

タイトルとURLをコピーしました