【アンチヒーロー】最終回までの視聴率とあらすじ

2024春ドラマ
記事内に広告が含まれています。

2024年4月14日からTBSの日曜劇場枠で放送開始された、【アンチヒーロー】の視聴率推移とあらすじを最終回まで放送終了後に更新!

スポンサーリンク

【アンチヒーロー】のキャストとスタッフ

キャスト

主要人物

  • 明墨正樹…長谷川博己
    明墨法律事務所の弁護士

明墨法律事務所

  • 赤峰柊斗…北村匠海
    弁護士
  • 紫ノ宮飛鳥…堀田真由
    弁護士
  • 白木凛…大島優子
    パラリーガル
  • 青山憲治…林泰文
    パラリーガル

東京地検特捜部

  • 伊達原泰輔…野村萬斎
    検事正
  • 緑川歩佳…木村佳乃
    検察官
  • 姫野道哉…馬場徹
    検事
  • 菊池大輝…山下幸輝
    検事
  • 瀬古成美…神野三鈴
    判事

その他

  • 紗耶…近藤華(幼少期:磯村アメリ)
    児童養護施設にいる女子高校生
  • 志水裕策…緒方直人
    糸井一家殺人事件の犯人とされた死刑囚
  • 松永理人…細田善彦
    コンビニ店員。赤峰が以前担当した事件の被告人
  • 緋山啓太…岩田剛典
    羽木精工の従業員。勤務先の社長を殺害した容疑で逮捕
    明墨が無罪を勝ち取った
  • 桃瀬礼子…吹石一恵
    NPO法人保護犬の里「わんはっぴー」職員。2018年に死去
  • 倉田功…藤木直人
    千葉県警刑事部長。紫ノ宮の父

スタッフ

  • 脚本:山本奈奈、李正美、宮本勇人、福田哲平
  • 音楽:梶浦由記、寺田志保
  • 主題歌:milet「hanataba」(ソニー・ミュージックレーベルズ)
  • 演出:田中健太、宮崎陽平、嶋田広野
  • プロデュース:飯田和孝、大形美佑葵
  • 公式HP
  • 公式X
  • 公式Instagram
  • 公式TikTok
スポンサーリンク

【アンチヒーロー】の視聴率推移

平均視聴率:10.80

スポンサーリンク

【アンチヒーロー】の放送日程

話数 放送日 サブタイトル 脚本 演出 視聴率
Episode 1 2024年4月14日 -接点- 山本奈奈
宮本勇人
李正美
福田哲平
田中健太 11.5%
Episode 2 4月21日 -拒絶- 宮本勇人
李正美
福田哲平
山本奈奈
12.8%
Episode 3 4月28日 -過去- 李正美
福田哲平
山本奈奈
宮本勇人
10.4%
Episode 4 5月5日 -冤罪- 福田哲平
山本奈奈
宮本勇人
李正美
宮崎陽平 9.2%
Episode 5 5月12日 -因縁- 山本奈奈
宮本勇人
李正美
福田哲平
10.1%

ビデオリサーチ調べ。視聴率は関東地区のリアルタイム視聴です。
平均は小数点第2位まで表示の単純平均となります。
赤字:最高視聴率
青字:最低視聴率

スポンサーリンク

【アンチヒーロー】最終回までのあらすじ

1話「接点」

  • 羽木朝雄…山本浩司
    羽木精工の社長
  • 尾形仁史…一ノ瀬ワタル
    第一発見者。羽木精工の従業員
  • 羽木春子…馬渕英里何
    朝雄の妻
  • 羽木湊…北尾いくと
    朝雄の息子
  • 佐藤涼…前原瑞樹
    羽木精工の従業員
  • 坂口…井上肇
    裁判長
  • 白バイ警察官…須田邦裕
  • タクシードライバー…吉永秀平
  • 検証用音声…中井和哉、平田広明

羽木精工の社長・羽木朝雄(山本浩司)が、殺害される事件が発生する。後日、逮捕されたのは従業員の緋山啓太(岩田剛典)だった。弁護士の明墨正樹(長谷川博己)は、緋山の弁護を引き受ける。

検察は緋山が犯人であるという証拠を、複数用意していた。明墨法律事務所の弁護士・赤峰柊斗(北村匠海)は、情状酌量を求めて裁判を戦ったほうがいいと提言するが、明墨はあくまで無罪を争う事に決める。

同じ事務所の弁護士・紫ノ宮飛鳥(堀田真由)は明墨に同調し、殺害現場に残された指紋が、事件以前についたものかもしれないという点に着目する。

一方、明墨は赤峰に第一発見者である、尾形仁史(一ノ瀬ワタル)の素行調査をするよう命じる。

ついに迎えた第1回公判の日、明墨は被害者遺族に被告側の証言に立ってもらうことにする。そして証言に呼ばれたのは、被害者の妻ではなく5歳の息子だった。

2話「拒絶」

  • 中島忠雄…谷田歩
    都立医科大学医学部法医学教室 教授。法医学の第一人者
  • 水卜健太朗…内村遥
    都立医科大学医学部医学科 助教。中島教授の助手
  • 清掃員…山本道子
    都立医科大学の清掃員
  • 尾崎和夫…安藤彰則
    西東京弁護士会事務局長
  • 恵俊彰…本人
    「ひるおび」の司会者。
  • 八代英輝…本人
    「ひるおび」のコメンテーター。弁護士
  • 皆川玲奈…本人(TBSアナウンサー)
    「ひるおび」のアシスタント
  • 田淵欣也…植吉
    窃盗の被疑者
  • 検事…砂田桃子
    窃盗事件の検事
  • 裁判官…荒木誠
    窃盗事件の裁判官
  • 刑務官…宮沢大地
  • 大学職員…西谷奈々恵
    都立医科大学研究管理課 職員
  • 学生…山田健人、坂本夏帆
    都立医科大学の学生

検察は見つかった凶器を証拠として提出する。弁護側に不利な証拠であるが、明墨正樹(長谷川博己)はまるで動じず、検察の姫野道哉(馬場徹)について調べていた。

姫野が取り扱った事件のうち、DNA鑑定が必要だった事件は9件あり、今回と同じ都立医科大学の中島忠雄(谷田歩)教授に依頼していた。

事件が起きた日からなぜ、起訴まで相当な時間を費やしたのか?明墨はその理由を考えていた。そして導き出した答えは、鑑定結果の改ざんをしているのではないかという疑惑だった。

そこで紫ノ宮飛鳥(堀田真由)、赤峰柊斗(北村匠海)、白木凛(大島優子)の3人は、DNA鑑定をした大学を訪れて不正の手がかりを探す。調べていくうちに空白の時間が見つかり、ねつ造するために2回目の鑑定をした疑惑が出てくる。

つかんだ証拠を手に明墨は公判に臨む。訪れる結審の時、無罪か有罪か?果たして真実は……?

3話「過去」

  • 富田正一郎…田島亮
    依頼人。傷害事件の被告。誠司の次男
  • 富田誠司…山崎銀之丞
    衆議院議員。正一郎の父親
  • 小杉和昭…渡辺邦斗
    富田誠司の第一公設秘書
  • 工藤弘和…宮尾俊太郎
    傷害事件の被害者
  • 木田智也…水野勝
    正一郎の友人
  • 三上…小栗基裕(s**t kingz)
    「1000CLUB」の店長
  • 蒲生…小松利昌
    「谷町パイプ」の社員
  • 橋本…佐藤裕
    裁判長
  • 山野辺宏…市川大貴
    事件の第一発見者
  • 田沢…是近敦之
    赤峰の元上司
  • アナウンサー…江藤愛(TBSアナウンサー)

今回の依頼人はナイトクラブで起きた傷害事件の被告人だった。明墨正樹(長谷川博己)は依頼人の利益を守るため、今回もいつもと変わらず裁判に有利になるよう動いていた。だが、赤峰柊斗(北村匠海)は事務所の方針に納得いっていなかった。なぜなら、依頼人である富田正一郎(田島亮)は赤峰の因縁の相手だったからだ。

赤峰は今の事務所に来る前、担当していた案件で悔しい思いをする。それは正一郎の父親である国会議員の富田誠司(山崎銀之丞)が、事件の関係者を買収したことにより、無実の松永理人(細田善彦)が逮捕されてしまう。さらに誠司は事務所にも圧力をかけ、赤峰を担当から外させた。その結果、松永は有罪となってしまった。

今回もまた正一郎はやっているに違いない。赤峰は正一郎の弁護人にも関わらず、先入観を持って調査に挑んでいた。明墨はそんな赤峰に対して注意をする。そして裁判で出てきた証拠により、裁判は意外な方向へ進み……。

4話「冤罪」

  • 仙道絵里…早見あかり
    受付嬢。千葉連続不同意性交事件の3人目の被害者
  • 来栖礼二…渡邊圭祐
    千葉連続不同意性交事件の被疑者
  • 宇野雅人…和田聰宏
    カリスマ弁護士の呼び名が高い弁護士
  • 大西周平…松角洋平
    千葉県警捜査一課長
  • 仁科…朝夏まなと
    NPO法人保護犬の里「わんはっぴー」施設長
  • 久美…田中真琴
    仙道絵里の同僚
  • 紫ノ宮朋子…壮一帆
    飛鳥の母。倉田功の元妻
  • 刑事…関智一
    志水の取り調べを担当した刑事
  • 岡添…浪川大輔
    バーの店長
  • 守屋瀬奈…搗宮姫奈
    千葉連続不同意性交事件の1人目の被害者
  • 遠山香澄…諸星すみれ
    千葉連続不同意性交事件の2人目の被害者
  • 伊達原結奈…十文字陽菜
    伊達原の娘
  • 糸井誠…尾関伸次
    12年前の糸井一家殺人事件の被害者
  • 糸井恵理子…田川可奈美
    誠の妻。糸井一家殺人事件の被害者
  • 糸井菜津…有香
    誠の娘。糸井一家殺人事件の被害者
  • 宇野弘美…ふるかわいずみ
    宇野雅人の妻
  • 宇野夢愛…前田花
    宇野雅人の娘

明墨正樹(長谷川博己)が東京拘置所で面会したのは、志水裕策(緒方直人)という死刑囚だった。彼はもう来ないで欲しいと明墨に告げた。

赤峰柊斗(北村匠海)は個人的に探り、明墨がなぜ彼と面会するのか気になる。志水が起こした事件は糸井一家殺人事件という、一家3人が殺害される事件だった。

明墨は赤峰と紫ノ宮飛鳥(堀田真由)に、弁護士の宇野雅人(和田聰宏)が女性と密会している場面を、写真で撮って来させた。そしてそれを使い、宇野弁護士が現在抱えている連続不同意性交事件を、自分に渡すよう半ば脅して奪い取った。

被告人の来栖礼二(渡邊圭祐)は3件中、最初の2件については自白したが、3件目については認めていなかった。3件目の被害者・仙道絵里(早見あかり)は襲われた時に犯人の顔を目撃する。警察は証言をきっかけに逮捕に踏み切った。

赤峰は明墨が何の目的もなしに弁護するとも思えず、今回は警察の闇を暴こうとしているのではないかと考えるが……。

5話「因縁」

  • 横山直哉…高木勝也
    千葉連続不同意性交事件の検察官
  • 裁判長…大西武志
    千葉連続不同意性交事件の裁判長
  • 刑事…西野大作
    千葉県警 捜査二課刑事

紫ノ宮飛鳥(堀田真由)が明墨正樹(長谷川博己)の弁護士事務所に採用されたのは、糸井一家殺人事件の捜査を担当した刑事・倉田功(藤木直人)の娘だからだった。利害が一致している者同士、うまくやろうという明墨の提案に紫ノ宮も乗った。

仙道絵里(早見あかり)が千葉県警と結託して、事件をでっちあげいる可能性があった。そこで明墨は均衡を崩すため、まずは弁護士の宇野雅人(和田聰宏)に揺さぶりをかける。

そして赤峰柊斗(北村匠海)を使って絵里を揺さぶり、倉田の元には紫ノ宮が行き、証拠を握っていると揺さぶる。

焦る関係者たちは互いに様子を探り、やがて絵里は警察に行って裁判で使えないかと、脅迫の録音データを提出し……。

タイトルとURLをコピーしました