【石子と羽男】3話のネタバレと感想|羽男の家族が登場

2022夏ドラマ

【石子と羽男―そんなコトで訴えます?―】3話のネタバレと感想をまとめています。

ファスト映画をアップロードしたことで逮捕された男の国選弁護の依頼が潮法律事務所に舞い込む。接見に行った羽男だがまったく本人が反省せず、むしろ開き直っている状態に頭を抱える。やがて、名前が似ている映画監督が誹謗中傷にあってしまい……。

スポンサーリンク

【石子と羽男】3話のあらすじ

潮法律事務所に国選弁護の依頼が舞い込む。映画を短く編集したファスト映画を動画サイトに無断でアップロードしたことで、映画会社から著作権違反で告訴・逮捕された大学生・山田遼平(井之脇海)の弁護だった。

国選弁護はお金にならないため石子(有村架純)は乗り気ではないが、羽男(中村倫也)はこの件を解決して名を上げるとノリノリだった。

早速、遼平に接見に向かった羽男だが、まったく本人は反省せず、何が悪いんだと開き直っている始末。当初の目論見が崩れて羽男は頭を抱えてしまう。

やがて遼平と似た名前の山田恭兵(でんでん)という映画監督が、SNSで叩かれ始めてしまい……。

スポンサーリンク

【石子と羽男】3話のネタバレ

依頼人は無事執行猶予がついて釈放されますが、すべてが丸く収まらずに終わる印象深い回です。

今回の依頼

大学生の山田遼平(井之脇海)は、映画監督を志す23歳。大学の映画サークルで自主制作の映画を作り、自身の動画サイト「やまだちゃんチャンネル」にアップしていた。ある日、勉強のために見て面白かった映画をスタッフとも共有しようと思い、ダウンロードして10分程度の長さに編集したものを、メンバー限定公開の形でアップし始めた。

その後も度々短く編集した動画をアップしていたが、5ヶ月前に間違って通常公開してしまう。すると再生回数が一晩で1万回に達し、数日後には20万回にまで伸びた。今まで公開していた自主制作動画とは、比べ物にならない再生回数と反響があった。

チャンネル登録者数も一気に増え、気を良くした遼平は一般公開されている映画を、結末まで見せる形で短く編集したいわゆる“ファスト映画”を次々投稿する

合計27本投稿した後、その中の9本を製作している映画会社「ジパングピクチャー」から、著作権法違反で告訴され逮捕されてしまった

弁護士を雇う余裕がない遼平に、国選弁護士がつけられた結果、羽男に依頼が舞い込んできた。

開き直る依頼人

世間で話題の事件を解決すれば、自分の名も売れるしさらなる依頼も舞い込むと意気込む羽男に対し、石子は国選弁護はお金にならないとあまり乗り気ではなかった。

早速羽男が遼平に接見するが、ファスト映画の何が悪いのか分からないと真顔で開き直る。動画を公開したことで、助かるとかありがとうというコメントが多く寄せられていたからだった。さらに自分の動画は収益化もしていないし、公開したところで金も儲けていないという。

今は昔と違って中身の分からない有料コンテンツなんて誰も見ない。映画館に行く人も減っている。だが、自分の動画を見た人たちは、映画が好きになったと言っているのに何がいけないのか?遼平には罪の意識がまったくなかった

羽男の計画では反省の色を見せて示談に持ち込もうと考えていた。映画会社にも交渉しに行くが、金が目的ではないという。彼らの望みはファスト映画というものに対して司法の判断をきちんと出してもらい、世間に認知してもらうことだった。当然、示談はしないと交渉は決裂した

方針変更を余儀なくされた羽男は、依頼人に反省の色を出してもらい、執行猶予を何とか勝ち取ることにする。遼平に作ってきた想定問答を覚えてもらい、いざ法廷で答弁を始めるが、遼平は突然「やっぱ何がいけないんですか?」と言い出す

このままでは執行猶予がつかないかもしれないと、羽男は頭を抱えてしまった。

風評被害

法廷で開き直った遼平のことはすぐに世間の話題となり、そのニュースを見て山田遼平と映画監督の山田恭平(でんでん)を勘違いして叩く人が出始めた

もうじき新作映画『穢れの曳航』が公開する予定の山田監督は、遼平も憧れる映画監督だった。70歳近くの遅咲きの監督で、最近海外で賞を取ったりして一部で評価されている監督だと、監督のファンである大庭が教える。

石子と羽男は制作会社に向かって話を聞く。社員の秀美(赤間麻里子)と助監督の諸星(今井隆文)は、公開前に最悪のタイミングだとボヤいた。だが、監督は映画のことだけ考えたいと、遼平を訴えるつもりはなかった。

映画が公開され大庭と石子は2人で映画館に向かった。しかし公開初日にも関わらず、観客は少なかった。映画館を後にした2人が偶然カフェで山田監督がいるのを発見する。大庭はパンフレットにサインをもらいながら激励した。だが、監督は今の状況を冷静に分析し、時代に逆行しているのかもしれないと言い、自分を見つめ直すいいきっかけだと語った。

石子はそんな監督の人柄も含めてファンになった。そして、今まで山田監督が撮った映画を見てみたいと、大庭から借りることにした。

新たなファスト映画

翌日、山田監督の新作である『穢れし曳航』がファスト映画になってアップされる。大本の動画はすぐに削除されたが、コピーされた動画が拡散されてしまっていた。コメントは荒れ放題で、自作自演ではないか、映画を見る必要がないと書き込まれていた。

監督が10年の歳月をかけてようやく完成した作品が、たった10分にまとめられ風評被害にあっていることに大庭は憤り、誰の仕業か調べようという。しかし羽男が遼平の弁護を引き受けている以上、利益相反になってしまい山田監督の弁護は受けれなかった

何とかしてあげられないのか、悩んだ石子は屋上で一人考える。そこへ綿郎(さだまさし)が現れ、ほかの事務所の弁護士を紹介してあげたらどうだと勧めた。自分のところには一銭も入らないという石子だが、綿郎はもっと広い目で見るよう諭す。そして、監督を救うことで監督のファンである遼平も、自分たちの弁護方針に耳を貸してくれるかもしれないと付け足した。石子は綿郎のアドバイスに納得して感謝した。

犯人が判明

一度は遼平のことを突き放し接見するのもやめると言った羽男だが、石子の思いに触れて考え直す。再び接見に向かう前、事務所で見た『穢れし曳航』のファスト映画に違和感を覚える。自分が映画館で見た時にはないカットがあったからだ。そうなるとこの動画の流出先は絞られてくる。

石子は監督に会いに行き、動画を作った人物に心当たりがないかたずねた。監督は石子を事務所の外に誘い出し、公園で助監督の諸星との出会った時のことを話し始めた。自分が公園のベンチに座っていた時、待ち伏せしていた諸星が助監督にして欲しいと頼み込んできたという。

動画をアップしたのはきっと諸星だろうと監督は考えていた。公開初日に客入りがよくないのを愚痴り、ファスト映画でも何でもやって宣伝すべきだと諸星が語っていたからだった。

諸星は作品のことを思ってしたことだろうと監督は理解を示すが、映画の評判は自分の責任だといい、あの動画が原因で興行が失敗したとは思っていないと語った。そして、身内の恥は身内で解決したいといい、石子に紹介された弁護士に頼むのを断った

弁護の秘策

一方羽男は相変わらず遼平を説得できずにいた。そこで石子はある秘策を思いつき羽男に伝授する。羽男が遼平に接見に行った日、帰り際にこれを見て欲しいとある動画を見せる。それは、山田監督の最新作のファスト映画だった。

視聴した遼平は「本編を見る楽しみを奪われしまったも同然ですよ!」と怒った。そこで羽男は「それがあなたのやっていたことなんですよ」と告げた。自分のは違うと言い張る遼平だが、羽男はメリットよりデメリットがあまりに大きすぎると反論した。製作者が望んでいないのなら、それは間違った行為だと指摘した。

山田監督の新作は上映打ち切りになってしまった。不思議なことにネット上の映画レビューが観客が少いわりに、レビューサイトの書き込みが多かった。調べたところ炎上報道を受け、映画を見ずに非難している人と、ファスト映画を見てコメントしている人がほとんどだった。

10分の動画を見て映画を見たつもりになっている。ネットの見出しだけで知った気になって何でも叩く。中身まで知ろうとは彼らは思わない。なぜなら、時間がもったいないからだと羽男は遼平に語る。

山田監督はこの作品を撮るために自宅を担保に金を借り、方々に頭を下げて金を作り、製作費の半分を自費で賄っていた。出演者にも頭を下げて格安のギャラで出てもらったりしていたのに、こんなことになってしまい映画に関わったすべての人を苦しめた。

10年がかりの作品を一瞬でぶっ潰してしまったのだと、どれほど遼平が行ったことが罪深いかを羽男は懇々と言い聞かせた。

ドラマの結末

法廷で遼平は自分がやったことの罪の重さを深く反省し、許されるなら映画に関わって生きていきたいと述べた。その結果、懲役1年2月、執行猶予3年という判決となった

遼平が釈放され石子と羽男に感謝する。別れ際、ちょっと付き合って欲しいと言い、3人は山田監督の元へ向かった。呼ばれてやってきた監督に謝罪する遼平、監督は自分の思いを語り始める。自分は筆も遅く考えすぎるから時間が必要であること、映画を撮るまで最低7年かかり、今回は10年かかり気付けば65歳になったと。

そしてまた10年かかるならもう映画は撮れないかもしれないと言い、どんなに謝罪をされても受け入れることはできないと淡々と告げた

許しを得ることはない結果となり、本当に誰かの力になれたのだろうかと石子は悩む。羽男はこの先の抑止力になったと思うといい、あとは今後の遼平次第だろうと答えた。

裁判で有罪が確定し、テレビのニュースでも報じられる。遼平の顔は拡散され世間に晒された。今後どう生きるにしろ影響はあるだろうと、事務所でテレビを見ながら口々に語る。法律とは別の裁きを受ける事になるんだろうと綿郎が言うと、勘違いして監督を叩いた人のコメントも残り誤解され続けると石子は言う。まさにデジタルタトゥーだと綿郎は言い、一度ネットで拡散した情報は削除しきれないと語った。

山田監督はその後、助監督の諸星から動画を公開したことを明かされて解雇した。訴えないのは愛情かもしれない再出発の芽を摘まないためかと、綿郎は監督の対応に感心した。

スポンサーリンク

羽男の家族紹介

今回の物語の進行とはあまり関係ありませんが、羽男の家族が登場したので紹介します。

羽根岡の人々

羽根岡泰助…イッセー尾形

  • 羽男と優乃の父
  • 裁判官
  • 羽男に対してプレッシャーをかけがち
  • 羽男がマチ弁になったことを“いばらの道”を歩むと評す
  • 自分の聞きたいことしか聞かず、見たいものしか見ないタイプ

羽根岡優乃…MEGUMI

  • 羽男の姉
  • 検事
  • 羽男の弁護士の才能を疑問視している
  • 父親にはうまく合わせておけばいいと羽男にアドバイスする

羽根岡瞳…小野田由紀子

  • 羽男と優乃の母
  • 夫に従順

姉は検事、父は裁判官という家庭で育った羽男は、家庭の事情で弁護士になりました。父親は羽男に対して優秀だと言い、前の事務所をクビになったと話しても全く聞く耳を持たず、羽男は天才だと言い続けます。羽男はそれ以上、父に対して何も言う事ができず、黙ってしまいました。

姉は羽男の弁護士の才能は怪しいものだと見抜いており、裁判が苦手であることを知っています。そして父に何か言っても仕方ないので、適当に話を合わせておけばいいとアドバイスします。

母親は法曹界の人ではないようで、夫に反論したり息子をかばったりもしません。恐らく夫の言いなりな人物だと思われます。

そんな羽男は弁護士を目指した理由を石子に問い、本質は綿郎と同じ人物だと感じます。自分とは全く違う理由で弁護士を目指す石子に感化されたのか、一度は諦めかけた弁護にもう一度挑もうと自らを奮い立たせました。

スポンサーリンク

【石子と羽男】3話のまとめと感想

ファスト映画が悪くないと開き直っていた人物が、ようやく罪の重さに気付いて反省するという話でした。

本人も映画に携わりたいと思っていた人物なのに、まったく罪の意識がなくみんなの役に立っていると開き直ります。なぜなら、2時間超えの映画など見ているのも面倒臭い、動きがないシーンなんて無駄だと、簡単に10分程度でまとめてくれたらいいのに、と思っているような人たちから称賛を受けたからでした。

しかし、彼は収益化はしていませんでした。金儲けをしていないならいいのではないか?と遼平も言いますが、羽男は製作側が望んでいないことは、いずれにしても罪だと断罪します。ましてや、監督は10年の歳月と数千万単位の金を費やしていました。それが一瞬で吹き飛び、映画は上映打ち切りになります。よかれと思ってやったことが、結果的にとんでもないことになってしまったのです。

最後にそれがどういう罪だったのかを知って反省しますが、もはや手遅れな状態でした。監督からは許しを得ることもなく、デジタルタトゥーが刻まれ、今後の人生にも何らかの影響を及ぼすだろうとドラマはまとめます。

何をするのにもとにかく時間がかかってしまう監督が、これから映画はもう撮れないかもしれない。あの上映打ち切りになった映画が最後の1本だったかもしれない。そう思うと何ともやるせない話で、監督が許さずに終わることが非常に印象深い話でした。

次週は姉と対決するようです。

【石子と羽男】3話のいいセリフ

未熟で申し訳ない。どんなに謝罪をされても、受け入れることはできません。

←前回次回

タイトルとURLをコピーしました