【インビジブル】5話のネタバレと感想|本物のインビジブルが登場

2022春ドラマ

ドラマ【インビジブル】5話のネタバレと感想をまとめています。

安野殺害の容疑者が移送中に逃走し、キリコの姿も消えてしまう。志村はローズに頼んでキリコの行方を捜すが……。

スポンサーリンク

【インビジブル】5話のあらすじ

安野(平埜生成)殺害を自供した容疑者の武入綾人(鈴之助)志村(高橋一生)は直接話をさせて欲しいと犬飼(原田泰造)に頼む。武入に事件の日のことをたずねてみた志村は武入が犯人ではないと確信する。だが、警察は武入を犯人として片付けようとしていた。

検察に移送されるバスが何者かに襲撃され、武入は逃走してしまう。同時にキリコ(柴咲コウ)の姿も消えてしまった。

志村はローズ(DAIGO)に頼んでキリコの行方を捜させる。ローズは今までのクリミナルズ関連の事件はすべて、キリコがコーディネートして起こしたものだと言う。

キリコは武入の身柄を依頼人に渡すため、ある場所へ行っていた。彼女の狙いは何なのか?

スポンサーリンク

【インビジブル】5話のネタバレ

キリコがインビジブルではなく、弟のキリヒトが真のインビジブルだと分かりました。

安野(平埜生成)殺害を自供しインビジブルが依頼人だと供述した武入綾人(鈴之助)だが、志村(高橋一生)は裏取りをするため特命対策班の塚地(酒向芳)と芝本(田中真琴)に被害者の交友関係を洗い直してもらう。そして志村は犬飼(原田泰造)に頼み、武入と直接話をさせてもらうことにした。3年前の事件についてきいた志村は、武入が犯人ではないと確信した。

だが、警察は武入を犯人として検察に移送することを決める。その途中、武入が何者かに連れ去られてしまった。さらにキリコの姿も消えていた。そこで志村はローズ(DAIGO)の所に行き、キリコの居場所を捜させる。キリコが逃走したのを聞いたローズは、ようやくまともになったと言う。なぜなら、志村が捕らえた花火師や調教師は、キリコが犯罪コーディネートして捕まえさせていたからだった。

志村は鑑識の近松(谷恭輔)を呼んでローズと共にキリコの行方を追ってもらう。やがて、武入を逃がしたのはサクライ(入江甚儀)という名の逃がし屋だと判明する。その頃キリコは逃がし屋から武入を預かり、桐島という人物に引き渡そうとしていた

そこで志村は宝石店強盗をし、逃がし屋に逃走を手伝ってもらうことにする。その後、逃がし屋からキリコの情報を聞きだした。キリコは桐島に会うためにあるサイトを利用していた。志村は近松に連絡し、ローズと一緒にキリコのPCをハッキングしてもらうよう頼む。キリコの居場所が分かった志村は会いに行き、桐島を捕らえることに協力すると言う。だがその隙に、武入が何者かに連れ去られてしまった

桐島と武入を追おうとする志村にキリコは、向こうからコンタクトを取ってくるはずだと言う。すると、街頭ビジョンが電波ジャックされ謎の人物が映し出される。捕らえられた武入が映り、データチップと交換すれば命を助けると要求してきた。

クリミナルズのリストが入ったデータチップを手にキリコと志村は、武入が囚われている場所へ向かう。1分以内に解除するための鍵を探し出さないと、セットされた銃で殺される仕組みだった。鍵が見つからずキリコはデータを桐島に送信してタイマーを止めようとした。だが、タイマーは止まらない。志村が咄嗟に武入を倒すと、発砲された銃の先に鍵がぶら下がっていた。桐島は最初から武入を助けるつもりはなかったのだ。

塚地(酒向芳)が被害者の抱えていたトラブルを探ったところ、痴漢冤罪で疑いをかけられた人物が自殺していたことが判明する。その妻に会いに行った塚地は、彼女から事情を聞くため任意同行をかける。取り調べで妻は謎の人物から夫が自殺した次の日に電話がかかってきたと言う。夫の代わりに恨みを晴らしてあげるという言葉に、妻は殺人依頼をしたと供述する。誰かが代わりに殺してくれたことを、妻は後悔していなかった。

武入を連行しようとするが、どこからともなく銃声が聞こえ武入は死亡してしまう。身を伏せようとする志村だったが、既にレーザーポインターでマーキングされていた。複数のドローンと共に現れた人物、それはキリコの弟のキリヒト(永山絢斗)で彼が本当のインビジブルだった

スポンサーリンク

【インビジブル】ここまでのおさらい

ここに来て実は別の人物がインビジブルだったという話になります。そこで、今までの経緯を簡単に時系列でまとめました。

今までの経緯
  • 1話
    キリコがインビジブルを名乗り犯罪コーディネートをする
  • 2話~3話
    志村を使ってクリミナルズを次々と逮捕させる
  • 4話
    クリミナルズのリストが入ったデータを横取りする
  • 5話
    キリヒトがデータを奪い返すために、武入を拉致して取引を持ちかける
  • データだけ奪い、武入を殺害。キリヒトが姿を現す

次回予告を見るとキリヒトはキリコをどうやら取り戻したいようです。元々2人で組んで犯罪コーディネートをしていたのか、無関係なのかは今のところ分かりません。ただ、キリコとキリヒトは現在仲たがいをしているようです。

また、今回新たに分かったこととして、どうやら自ら殺人請負を売り込みに行っていたのではないかということです。痴漢の冤罪で自殺してしまった人の遺族は、ある日電話がかかってきて代わりに殺害してやると言われたと供述します。

本来善人であった人の心の隙間につけこみ、犯罪を誘発して悪人に変えてしまうようです。何もわざわざ売り込みに行かなくてもと思いますが、何らかの狙いがあってなのか殺人セールス電話をするようです。

しかも被害者遺族は自ら手を下さないため、罪の意識が薄いどころか、感謝している始末です。ドラマのタイトル「インビジブル」は人の悪意は目に見えない、という意味もあるのかもしれないと思わせます。

スポンサーリンク

【インビジブル】5話のまとめと感想

真のインビジブルはキリコの弟のキリヒトだったと分かる話でした。

今までずっとキリコがインビジブルという前提で話が進んでいましたが、ここに来て実は別人だったと判明します。キリコとキリヒトの姉弟の2人でインビジブルなのか、それともキリヒトだけなのかは不明です。

ただ、今までのクリミナルズが起こした事件は、キリコがコーディネイトしていたというので、キリコも何かしら仕事に関係していると思われます。とはいえ、安野殺害の件に関しては関与していないようです。誰が安野殺害を依頼したのか?それが今後分かると思われますが、依頼したのは警察関係の人間なのかもしれません。

次週からはキリコと志村が手を組んで、キリヒトと対決する展開になるのか?それとも今までとおりにクリミナルズを追う話になるのか?営業電話をかけてくる殺し屋というのも凄い設定で、ここに来ての急展開に予想がしにくいです。

毎週楽しみにしていたアクションシーンが今回はなかったのが残念ですが、最終回にはきっと派手にやってくれると期待しています。

【インビジブル】5話のいいセリフ

正義も悪も同じ人間社会の中から出てくる。俺は本当の悪っていうのは、その大前提をすっかり信じて疑わない、世の中自体だと思ってる。

←前回最初から見る

タイトルとURLをコピーしました