【令和元年版 怪談牡丹燈籠】の最終回まで全話ネタバレとあらすじ一覧

2019秋ドラマ
この記事は約2分で読めます。

こちらの記事ではドラマ【令和元年版 怪談牡丹燈籠】の最終回まで全話ネタバレとあらすじの一覧をまとめます。放送終了後に毎回更新していきます。

【令和元年版 怪談牡丹燈籠】の見逃し配信はU-NEXTのNHKオンデマンドでも視聴できます。
現在31日間無料トライアルキャンペーン中です。
本ページの情報は2019年10月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

【令和元年版 怪談牡丹燈籠】の最終回まで全話ネタバレとあらすじ一覧

巻の壱「発端」

登場人物それぞれが出会い、恋に落ちる回です。

「牡丹燈籠」は単なる怪談ではなく、男女の愛欲とカネ、陰謀、あだ討ちが描かれる壮大な物語。今日はその第一夜。寛保三年、旗本の青年・飯島平太郎(高嶋政宏)は酔った浪人に絡まれ斬り殺してしまう。全てはこの事件が発端となる。やがて家督を継いだ彼には、お露(上白石萌音)という娘ができたが、妻は病死。女中だったお国(尾野真千子)が家内を取り仕切り権力を握っていく。お露は浪人新三郎(中村七之助)と出会い恋に…

公式HPより

巻の弐「殺意」

2話のあらすじです。

平左衛門(高嶋政宏)が士官を許した若者・孝助(若葉竜也)はかつて殺した浪人の息子だった。隣家の放とう息子源次郎(柄本祐)と深い仲になったお国(尾野真千子)は平左衛門を殺して偽の遺言状によって飯島家を乗っ取る悪計を巡らせるが、その謀略を孝助に聞かれてしまう。一方恋する新三郎(中村七之助)に会えないため病身となったお露(上白石萌音)は焦がれ死にしてしまう。しかし、新三郎への思いは捨てきれず…

公式HPより

【令和元年版 怪談牡丹燈籠】の放送日程

放送回放送日サブタイトル
巻の壱10月6日発端
巻の弐
巻の参
巻の四
タイトルとURLをコピーしました