【相棒19】18話のネタバレと感想|魔銃に選ばれし者

スポンサーリンク
2021冬ドラマ
スポンサーリンク

2021年3月3日に放送された【相棒シーズン19】18話「選ばれし者」のネタバレと感想をまとめました。

警察が押収した銃とまったく同じ線条痕の弾丸が、殺害された小説家から発見される事件が起きます。どんなトリックを使ったのか?右京さんの推理で真相を暴きます。

スポンサーリンク

【相棒19】18話のあらすじ

笠松剛史(真田幹也)という小説家が何者かに射殺され遺体で発見された。笠松は『魔銃録』という小説で一躍人気になった小説家だった。小説に登場する銃で射殺されたため、ネットでは騒ぎになっていた。その銃は3ヶ月前に起きた事件に使用されたもので既に押収されていたが、今回の事件に使用された銃と線条痕が一致していた。

そこで右京(水谷豊)冠城(反町隆史)は再鑑定をしている科警研に向かい話を聞きに行く。研究員の久保塚雅美(前田亜季)と主任研究官の黒岩雄一(上杉祥三)に聞いたところ、やはり線条痕は一致していた。だが、押収した銃はロッカーに保管されており、持ち出された可能性はないという。

同一の線条痕を持つ銃が存在するのか、右京たちは捜査を更に進めていく。3ヶ月前に代議士を襲撃した罪で捕まった原口雄彦の話では、魔銃が玄関の前に置かれていたという。小説を読んで特別な力が欲しいと願った彼の元へ、誰が魔銃を渡したのか右京は気になった。

右京たちは小説の出版社へ向かい話を聞く。笠松は元々銃に興味はなかったが、すぐに本を書き上げたという。右京は麗音(篠原ゆき子)から笠松が参考にした資料を借りて目を通した。その中の論文のためのインタビューの一つが、明らかに原口のものだった。笠松はこの被験者たちの事を知った上で小説を書いていた。

その頃、伊丹(川原和久)たち捜査一課が豊田充(川合智己)という男を捕らえる。彼もまた銃が自宅の前に置かれていたという。科警研で鑑定した結果、3ヶ月前に使用された銃と線条痕は違うものだった。彼は笠松銃撃の犯人ではなかった。

犯人が誰なのか謎が深まっていった矢先、黒岩が遺体で発見され……。

←17話19話→

スポンサーリンク

【相棒19】18話のネタバレ

18話のネタバレは以下の3つです。

  1. 笠松殺害事件の真相
  2. 黒岩自殺の真相
  3. ドラマの結末

結論から言いますと、犯人は久保塚雅美です。

その動機はあまりに身勝手なもので、右京さんは怒りました。

1.笠松殺害事件の真相

遺体で発見された黒岩が犯人と捜査一課は見立てるが、右京の考えは違った。科警研に向かい久保塚に自分の推理を話しに向かう。

久保塚はかつてアメリカ留学時代に、強盗に銃を突き付けられた経験があった。その時突き付けられた銃が今回の魔銃と同じデュークという銃だった。久保塚はその後、銃に対する恐怖心を克服しようと射撃に励んだ。銃が嫌いだといっていた彼女なのに、ガンオイルの匂いがしたのはそのせいだった。

デュークはシングルアクションの銃なため、分解をすることも簡単だった。科警研の厳重な警備の中、銃自体を持ち出すことは不可能だが、部品を持ち出すことは可能だった。銃弾に同じ線条痕をつけるのに必要なもの、それは銃身だった。久保塚は持ち出した銃身を別のデュークに付け替えて笠松を殺害した

久保塚の目的は実験だった。力を欲している者に銃を渡したらどうなるのか、犯罪に走るのか踏みとどまるのかを確かめたかった。そこで彼女は笠松に極秘資料を渡し『魔銃録』を書かせた。だが、反響が大きくなったことを恐れた笠松は警察に言おうとした。実験の邪魔をされたくなかった久保塚は笠松を殺害した

そして犯行に使った拳銃に元の銃身を付け直し、笠松にファンレターを送ってきた豊田の家に銃を届けた。同一の線条痕を残して捜査をかく乱する目的と、魔銃と呼ばれる銃の存在を世間に強く知らしめるためだった。

銃身を付け替えた銃で撃ったため同じ線条痕だった

2.黒岩自殺の真相

黒岩と久保塚は共に研究をしてきた間柄だったので、久保塚のことを疑いもしなかった。だが、ガンオイルの匂いが彼女からした時、同じ線条痕の真相に気づいてしまった。彼女が銃身を保管庫から持ち出したに違いない、それならば同じ線条痕が残る理由も説明がつくと。だから久保塚からあの日、ガンオイルの匂いがしたのだろうと。

そこで彼女に自首を勧める黒岩だが、久保塚は一度始めた実験は何があろうとやり通すと言って聞かなかった。彼女が昔に銃を突き付けられた屈辱はこんなことをしても消えない、そう言って説得をする黒岩に久保塚はまったく応じない。何とか自首させようとした黒岩と拒む久保塚がやがて揉み合いになり、争った結果黒岩は屋上から落ちてしまった

真相に気づいた黒岩と争った際に落としてしまった

3.ドラマの結末

真相を暴かれた久保塚は、銃を突き付けられた時について語り始めた。銃を突き付けてきたのは普通の少年だった、バッグを奪われた後に悔しさから涙が止まらなかった。暴力にただ屈するしかない自分が情けなかった。人生で一度も経験したことのない屈辱だったと。

突発的で理不尽な暴力は誰にとっても無関係ではない、その現実にしっかりと向き合うべきだと主張する久保塚。そんなことのために黒岩や笠松を殺したのかと問われると、ノーペイン、ノーゲインだと開き直った。

右京は彼女のした行為は力のない者の弱みに付け込み、犯罪へと誘う卑劣な行為だと非難した。そんなことをしたところで、彼女の受けた屈辱が消えることもない。思い上がった独りよがりな愚かな行為、愚行だと断罪した

トラウマを理由に他人を利用した犯罪に右京が怒った

←17話19話→

スポンサーリンク

【相棒19】18話のまとめと感想

過去のトラウマから研究・実験を始めた人物が、それを妨害する人を殺すという話でした。

自分が銃被害を受けたから、他の人も無関係じゃないので受けろという、久保塚のロジックが分かりにくいです。もし自分が銃被害を受けたら、他の人は銃被害を受けないよう、どうしたらいいのかと考えるのではないか。考え方に共感できないせいか、彼女は単に銃で人を殺したいだけなのではないか?とさえ思えてきます。

また、ドラマ内で登場するセリフ“ノーペイン ノーゲイン”という言葉もなんだか詐欺師が使いそうな言葉で、彼女の胡散臭さをより強調します。結局彼女は何をしたかったのか?実験して何を証明したかったのか?そこに銃があれば誰だって取るということを証明したかったのか?謎です。結果的に犯罪を誘発するだけで、むしろそっちが狙いだったのではないかと気がしました。

次回は3月10日21時から拡大スペシャルで放送予定です。

【相棒19】18話のいいセリフ

「あり得ないものを除外して最後に残ったものが、どんなに信じがたくとも真実である」ホームズの言葉です。

←17話19話→

タイトルとURLをコピーしました