スパイラル 町工場の奇跡 2話ドラマ感想 営業の極意とは?

スパイラル2019春ドラマ

曙電気を辞めてマジテックに入った芝野ですが、前途多難な状況は変わりません。まずは借金の整理をするのと、新規開拓のため望と一緒に過去に縁があった営業先を回ります。

スポンサーリンク

スパイラル 町工場の軌跡 概要

テレビ東京系列で毎週月曜日22時から放送しています。中小企業の再生をテーマにした、様々な困難を諦めずに乗り越えていく話となっています。

キャスト

  • 芝野健夫(玉木宏)
  • 藤村浅子(貫地谷しほり)
  • 藤村望(戸塚純貴)
  • 久万田五郎(福士誠治)
  • 正木奈津美(野波麻帆)
  • 田丸学(前原滉)
  • 隈田穣治(渡辺邦斗)
  • 岩崎あけみ(水沢エレナ)
  • 小笠原純(島丈明)
  • 桑島孝幸(遠山俊也)
  • 原口慎太郎(長谷川純)
  • 正木希実(宝辺花帆美)
  • 堀保徳(小野武彦)
  • 藤村登喜男(平泉成)
  • 村尾浩一(眞島秀和)
  • ナオミ・トミナガ(真矢ミキ)
  • 桶本修(國村隼)

スタッフ

  • 脚本:羽原大介
  • 監督:井坂聡・松田礼人・棚澤孝義
  • 音楽:遠藤浩二
  • 主題歌:SING LIKE TALKING「Spiral」(Universal Connect)
  • 原作:真山仁 『ハゲタカ4.5/スパイラル』(講談社文庫)
前回はこちら

あらすじ

芝野健夫(玉木宏)はマジテックの再生のために奔走。新規取引先を開拓すべく藤村望(戸塚純貴)を連れて営業へ。張り切る望だが徐々に営業の厳しさを知っていく。
そんな時、先天性の障害がある正木希実(宝辺花帆美)に保険のCM出演話が。奈津美(野波麻帆)曰く出演すれば多額の支援金が入るというが、芝野は希実が矢面に立つリスクを心配する。
その頃、村尾浩一(眞島秀和)はマジテック買収に向け本格的に動き始めていた。

公式HPから引用

感想

今回の話は初営業の望が全く空回りな中、会社のみんなに助けてもらってなんとか営業していきます。少ない人数ながら、精鋭揃いのマジテックのパワーを見せ付ける良い話でした。

マジテックの借金内訳

博士は会社の借金を個人的に保証していたので、相続をする際、その負の遺産も相続することに浅子と望はなります。その内訳は……

  • 銀行系
    • 下町信金:9000万
    • 太田銀行:6000万
    • あじさい銀行:5000万
    • 大森銀行:5000万
  • ノンバンク
    • アップファイナンス:1500万
    • ちとせローン:1000万
    • オリックス:500万
  • 仕入れた部品・工具機械類の未払い
    • 約600万

合計約3億円の借金があります。

芝野は金利が高いノンバンク系を、金利の低い銀行系に借り換えるということをまず始めます。
そうすることで借金自体は減りませんが、資金繰りの目処も立てやすいということです。
さすが元銀行員の芝野です。しかし、銀行が貸し渋って難航します。

その他の芝野の改革

  • 営業で新規開拓をする
  • 経費削減
  • 浅子にホームページを作ってもらう
  • 工場視察に来てもらえるようにする
  • みんなに名札をつける

借金を借り換えただけなので、同時に収入自体を増やしていかないとなりません。
そこで芝野はホームページをパンフレット代わりにして、工場に視察に来てもらうことを目指します。
そのために名札をつけてもらうのですが、桶本はつけたがりません。

営業の極意とは?

  1. 訪問する際の基本は約束の5分前に行く
    • 自分たちのことしか考えていない会社だと思われたら、話を聞いてもらう前に印象が悪くなる
  2. 自分を買ってもらうこと
    • まず最初に会う営業マンが信用できるかどうかが大事。その信用されるためのコツは人それぞれ
  3. 諦めないこと
    • 諦めなければ終わりはない
  4. お客のためじゃなく、お客の立場になって考える
    • どんな仕事も相手の立場に立って、いい塩梅のとこを探って体で覚える
  5. 考えてもわからないときは体を動かす
    • 自分の足で歩き目で見て感じて動く
  6. 現場百回

亡き父親が言っていた言葉を、桶本も芝野もそれぞれ違う言葉ながら言います。父親は今はいなくても、父親の遺志を継いだ人たちが息子である望を育てます。いい話です。

不穏な動きと火種

いい話だけで終わらないのがこのドラマです。これから襲うであろう困難がマジテックを待ち受けます。

  • 村尾の債権集めと、英興技巧の現社長との接触
  • 希実のCM出演による世論の母親叩き
  • マジテックガードに使用している特許の使用権

ホライゾン・ジャパンに債権まとめろといわれている村尾が、マジテックの取引先銀行に行って邪魔をし、債権を買おうとしています。

更には英興技巧の現社長と面識を作り、恐らく先代との口約束で使用していた、特許の権に横槍を入れる気がします。

心配していた希実のCM出演で、母親の勤め先にクレームが来まくります。恐らく村尾が悪意のある書き込みと拡散をしていそうです。

村尾はもう芝野に対する復讐の鬼と化しています。もはや芝野がいることで、マジテックが妨害されています。

その他気になったこと

  • 希実ちゃん役の子が可愛い
  • CM撮影の時、オッケーが出るまでのジらすように長い間
  • 銀行の人に浅子と何かあるんじゃないかと疑われる芝野
  • 下町信用金庫の名刺にある「貯まりリス」の絵が、JAのちょリスっぽくて可愛い
  • 工場にある博士の写真がいい写真

まとめ

いい話と良くない話が混合しているので、見終わった後も心配になります。きっと望が営業して取ってきた仕事が入ってくるが、マジテックが買収されそうになる、といった具合でまた障害が出てくるはずです。会社のみんなの知恵と諦めない心で、困難に立ち向かっていって欲しいです。純粋に応援したくなる良い会社です、マジテックは。

今回のいいセリフ

大事なのは諦めないこと。どんなときでも諦めたら負け。諦めなければ終わりはない。

タイトルとURLをコピーしました