スパイラル 町工場の奇跡 1話 ドラマ感想 ハゲタカ好きにはたまらない

スパイラル2019春ドラマ

テレビ東京の「ドラマBiz」枠で始まった「スパイラル」は、他局でドラマ化された「ハゲタカ」のスピンオフドラマとなっています。ハゲタカを見ていた人なら、登場人物や会社の名前にピンと来る内容でした。もちろん見ていない人でも楽しめる内容となっています。

スポンサーリンク

スパイラル 町工場の軌跡 概要

テレビ東京系列で毎週月曜日22時から放送しています。中小企業の再生をテーマにした、様々な困難を諦めずに乗り越えていく話となっています。

キャスト

  • 芝野健夫(玉木宏)
  • 藤村浅子(貫地谷しほり)
  • 藤村望(戸塚純貴)
  • 久万田五郎(福士誠治)
  • 正木奈津美(野波麻帆)
  • 田丸学(前原滉)
  • 隈田穣治(渡辺邦斗)
  • 岩崎あけみ(水沢エレナ)
  • 小笠原純(島丈明)
  • 桑島孝幸(遠山俊也)
  • 原口慎太郎(長谷川純)
  • 正木希実(宝辺花帆美)
  • 堀保徳(小野武彦)
  • 藤村登喜男(平泉成)
  • 村尾浩一(眞島秀和)
  • ナオミ・トミナガ(真矢ミキ)
  • 桶本修(國村隼)

スタッフ

  • 脚本:羽原大介
  • 監督:井坂聡・松田礼人・棚澤孝義
  • 音楽:遠藤浩二
  • 主題歌:SING LIKE TALKING「Spiral」(Universal Connect)
  • 原作:真山仁 『ハゲタカ4.5/スパイラル』(講談社文庫)

あらすじ

企業再生家・芝野健夫(玉木宏)の元に恩人の天才発明家・藤村(平泉成)の訃報が届く。創業者の藤村亡き今、町工場のマジテックは潰れてしまうのか…。
藤村の娘・浅子(貫地谷しほり)、劣等感を持つ息子・望(戸塚純貴)、藤村の右腕だった桶本(國村隼)と再会し、芝野はある想いを巡らせる。
そこに、芝野に復讐を目論む村尾(眞島秀和)や外資系ファンドの社長ナオミ・トミナガ(真矢ミキ)がマジテックを乗っ取ろうと動き出す!芝野は倒産寸前の町工場を救えるか!?

公式HPより

感想

今回の話は芝野がマジテックに入るまでの話となっています。それぞれ問題を抱えてはいても、再生のために一致団結し会社を立て直すという序章です。

マジテックの博士とは?

マジテックの創業者である藤村こと通称「博士」の発明ぶりはすごすぎです。現在ある電動アシスト自転車の原型のようなものから、介護ロボットのようなものまで作っています。特許を沢山持っているようなので、今後色々出てくると思います。

しかし経営の才能に関してはさっぱりだったようで、採算度外視した物作りをしていたせいで、借金が膨れ上がってしまいます。

息子に対しては言葉の行き違いから、疎遠になってしまいます。
そんな息子が学生の頃、文化祭で吹奏楽の発表会の前に友達が指を怪我してしまいます。なんとか演奏できるようにしてくれないかと、息子が博士に無理難題を言います。病院で治せないものを、発明でなんとかできないかと、親子揃って発想がヤバいです。
そこで博士が指にアシスト関節のようなものをつけ、動かない指でトランペットを吹けるようにします。
これが現在のマジテックガードの原型となるのです。凄過ぎます。

息子も父に反発してますが、父の危篤に急いで駆けつける際に乗っているのは、かつて父の作ってくれた不恰好な電動アシスト自転車です。泣けます。

芝野健夫とは?

以前は三葉銀行に勤めていましたが、現在は曙電気のCROをしています。
銀行を辞めて企業再生家の道を目指したきっかけが、マジテックの藤村との出会いでした。
「ハゲタカ」を見ていた人なら、芝野が単なる再生家ではないことはわかると思います。

三葉銀行時代に結構懇意にしていたようで、マジテックの節目節目に必ず芝野の姿があります。フォレストガンプ並みにいます。
息子の文化祭での吹奏楽の発表会にまで、その姿はありました。どれだけ懇意なのでしょうか。

歴代の芝野の役は柴田恭平さんと渡部篤郎さんが演じてました。
枯れた感じの落ち着いた人が主に演じてましたが、今回は話の内容からか熱量がありそうな玉木さんが演じてます。
初回を見た感じはこの芝野の配役も好印象でした。

芝野と村尾の因縁

芝野と村尾が銀行員時代の時、村尾は2億円を着服していたことがわかります。その時、告訴をしない代わりに会社に辞表を出させたのが芝野です。
芝野は仕事をただ遂行しているだけで、村尾の事情などお構いなしで辞表にサインを迫ります。
しかし、村尾いわくこの案件は常務案件だといいます。そして常務も知った上で村尾を切ります。

要するに常務に言われてやったことで、村尾はトカゲの尻尾切りされてしまいます。
本来恨むべきは常務なのに、芝野に怒りの矛先を向けます。

そして何やらマジテックの件で、ホライゾン・キャピタルに接触をするようです。

マジテックの価値とは?

パっと見町工場規模の建物で、社員は数人しかいません。この会社を買収する価値があるのか?外観だけ見たら間違いなくそう思う会社です。

しかし、どれだけ持っているともわからない特許があり、その特許は恐らく現在非常に価値があるものと思われます。
そこで、ホライゾン・キャピタルが村尾の話に乗ります。ある意味、ダイヤの原石のような会社なのだと思います。

本来前代未聞の発明品を作れるような人は、規模の大きな会社に所属していないと、こうして埋もれてしまう可能性があるのだと思います。それは下町ロケットもしかりです。

藤村浅子は娘設定

原作では妻設定なのですが、娘設定になっています。
貫地谷しほりさんが演じてるものだから「剣客商売」のようにまた年寄りの嫁かと思いましたが、娘でした。
姉弟喧嘩で頭を5針縫う怪我をしますが、まったくケロっとしている強さを見せます。

気になったこと

  • 葬式会場は工場内
  • 喧嘩で姉が頭をぶつけて大流血しても、どこかいってしまう弟
  • 三年続けて不合格になってしまう残念な弟
  • 真矢ミキが格好いい

まとめ

シリーズものといえばシリーズものなのですが、全く知らない人が見ても楽しいドラマだと思います。池井戸潤さんの話が好きな人は面白く感じると思います。毎回毎回スッキリした感じで終わるかはわかりませんが、月曜日のドラマは基本的にスッキリするよう作られる傾向にあります。普通に面白いので来週も見ます。

今回のいいセリフ

もう、こだわるな。好きにやれ。自由に生きろ。

タイトルとURLをコピーしました