ドラマ【シャーロック】6話ネタバレ感想|守谷がまた事件に関与?

2019秋ドラマ

【シャーロック】6話目は前世で人を殺したという少女が出てきます。彼女が本当に殺人をしたのか?その謎を解くために獅子雄は再び、あの男の存在があったことを知ります。

【シャーロック】の見逃し配信はFODで視聴できます。
本ページの情報は2019年11月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

ドラマ【シャーロック】6話のあらすじ

 誉獅子雄(ディーン・フジオカ)が珍しく眠っていると、いつものように江藤礼二(佐々木蔵之介)が捜査依頼に来ている。江藤が若宮潤一(岩田剛典)と見ているのはテレビやネットで話題持ちきりの前世殺人のニュース。17歳の女子高校生・高遠綾香(吉川愛)が自ら告白した殺人を捜査すると遺体が発見されたのだ。しかし、遺体は死後20年以上が経過している。綾香は自らが生まれる前の殺人について、前世で殺害したと証言したのだ。若宮と江藤が事件について意見を交わしていると、獅子雄が起きてくる。獅子雄は過去に発生した前世の記憶について語り、前世殺人だったら盛り上がると飛びついた。

 獅子雄は若宮、江藤とともに綾香の家に行く。娘を罰するつもりで来たのかと憤る母親の美樹(霧島れいか)に対して、父の一也(二階堂智)は冷静に対応。獅子雄は前世の記憶を持つと言われる人間が存在したことを綾香に話して心を開き、話す機会を得た。綾香の部屋に入って話を聞く獅子雄は、彼女が不眠症であることを見抜く。綾香は塾帰りに男から襲われそうになったPTSDから不眠症になり、大学病院でカウンセリングを受けていた。

 綾香を治療していたのは、PTSDの権威、平田初雄教授(伊藤洋三郎)。しかし、平田はすでに退官していた。獅子雄たちは平田が勤めていた大学病院を訪ね、准教授の宇井宗司(和田正人)と会う。宇井は平田退官後、患者を引き継いでいた。

公式HPより引用

ドラマ【シャーロック】6話のオープニングナレーション

昨日がなければ今日はない。
うれしい過去もつらい過去も人生の大事な一部だ。
でも、時に人間の脳は不可解ないたずらをする。
ひょっとしたら今この瞬間の記憶だって、
明日には跡形もなく消えているかもしれない。

ドラマ【シャーロック】6話のネタバレ

平田初雄教授殺人犯

宇井宗司

動機

元々、記憶操作には反対だった上に、無断でカウンセリングの記録ビデオを使われたことに平田教授は怒る。その際、持病の心臓が悪化し苦しむが、宇井は薬を手にしても渡さずに見殺しにした。その後、自殺工作をした。全て自分の実験を実現させるためのことだった。

真実への道筋

前世の記憶があるという綾香に話を聞いているうちに、話す内容に獅子雄は不審な点を感じる。言葉にする風景が平面的であることに気付き、その場で映像を見たというより、絵や写真でも見せられたような感じがした。

さらに母親の美樹に話を聞くとカウンセリングには、平田教授の時は一緒に行っていたが、宇井に代わってからは綾香一人で行かせていたことが分かる。そして、美樹は高校時代は宇井もいた島根で過ごしていたことが分かった。

獅子雄はカナリヤの籠を持ったまま平田の家の周りを歩く。するとカナリアが鳴きやむ場所があった。江藤に平田の家を調べることと美樹を調べることを伝える

平田は家で既に亡くなっていて、自殺をほのめかす遺書が置いてあった。室内で練炭自殺をしようとしたが、肺には一酸化炭素はほとんどなく、自殺をする前に亡くなっていたことが分かる。置かれていた遺書には、綾香を記憶操作したことを悔いて死ぬようなことが書いてあった。

そばにあったビデオテープを見たところ、殺人を告白する女の映像があった。“あの方”に命じられて殺したと、映像の中で告白する内容が綾香が言っているものと一緒だったことが分かる

獅子雄は宇井の所へ行き、平田を殺害したのは宇井であることを指摘する。さらに綾香の母である美樹は、過去にストーカー被害にあったことが分かる。そのストーカーが宇井であったことも指摘する。だが、実際はストーカーなどしていなく、宇井が美樹に告白をした時に、嫌悪感から美樹が騒いでストーカーに仕立てたのだった。宇井はそのせいで高校を中退することになる。

その後、美樹は何も知らずに平井教授のところへ娘の綾香の治療を求めにやってきた。その時、一緒にいた宇井は驚くが美樹は全く宇井のことは記憶になく気付きもしなかった。あの時の復讐をするために、宇井は娘の綾香に記憶操作をする。その時、れいの殺人を告白する女の映像を見せた。娘に記憶を植え付けることでかつて自分をフった女が、医者である自分を頼って頭を下げにくるのが見たかったのだった。

宇井は完全に記憶操作がうまくいっていたと思っていたが、実際は綾香は操作されたフリをしていただけだった。なぜなら、誕生日すら自分のために時間を割いてくれず、さっさと切り上げようとする母の気を引くためだった。前世の殺人の記憶を話すことで、母を困らせるのが目的だった

それを知った宇井は愕然とする。獅子雄はテープの女が殺人を命じた人物の教えるよう迫る。そして出て来た名は守谷壬三だった

ドラマ【シャーロック】6話の感想

再び守谷の名前が登場します。本名か分かりませんがフルネームは守谷壬三です。ビデオテープの女は守谷のことを崇拝しているようで、“あの方”と呼んでいました。守谷は一体どんな人物なのか?今後出てくるとは思いますが、期待のハードルがどんどん高くなりそうです。

話としてはオカルトな話かと思いきや、ちゃんと説明のつく話となっています。綾香は思春期の女の子なので色々思うこともあるのでしょう。それを宥める若宮が良いことを言っていました。何気に母親の美樹が酷い女でして、昔も酷ければ今も自分本位な女だなと思いました。宇井もある意味気の毒です。

前回も酷いパワハラ上司が出てきて何の罪にも問われませんでしたが、今回も美樹は何の罪にも問われません。昔のことですし誰かを殺したわけでもないと言えばそうですが、前回の若宮のセリフを借りれば宇井の“心を殺した”のと一緒だと思います。中々に酷いです。

ネタバレの詳細となりますので、未視聴の方はご注意ください。

ドラマ【シャーロック】6話の獅子雄の推理

今回の獅子雄の見破りはバイオリンタイムまでのヒントで分かる部分が多いです。ただ、美樹と宇井の関係については、何かしらの因縁があるのは分かりますが、具体的な内容は後で分かります。

  • 宇井宗司
    • 論文を読む限り、平田教授は記憶操作に反対だった
    • 遺書は他人の手に書かれたものに違いない
    • 学内で学会の準備をしていると言いながら、車のキーを持っていた
    • 宇井が近づくとカナリアが鳴きやんだのは、体から一酸化炭素を感知したから
    • 高校中退になった理由は、美樹へのストーカー問題で警察沙汰を起こしたから
    • 記憶操作はポジティブな記憶を呼び起こすことだけが実証されている
  • 高遠綾香
    • 前世の記憶が平面的で画像を切り取ったようだ
    • 誰かに映像を見せられたように思える

記憶操作については獅子雄は恐らくそもそも信じていません。それは、PTSDをカウンセリングで治すこともあまり信じていなさそうでした。ただ、前世の記憶を持っている人がいることに関しては、大したことでもないという認識でした。

未解決の殺人事件

白骨遺体が発見されることで話が始まりますが、今回はこの事件に関しての謎を解く話ではありません。獅子雄は誰が殺したかよりも、綾香がなぜ知っていたのかに興味を持ったためです。よって、未解決のままで終わります

もしかしたら今後解決されるのか?この事件概要と殺害したS.Aについて分かったことをまとめます。

  • 被害者:田島純子(当時26歳)
  • 1999年3月に家族が捜索願を出す
  • 都内の高校で英語教師をしていた
  • 失踪後、間もなく殺害されたとすると死後20年
  • 身に着けていた衣類の残骸から、微量のアラビアゴムが検出

このアラビアゴムを含む絵の具は水彩絵の具だということが分かります。なぜ純子は殺されて埋められたのか?理由は分かりませんが、殺害を告白するS.Aなる人物が出てきます。

彼女は平田教授のカウンセリングを受け、その様子がビデオに残っていました。その会話から分かったことがいくつかあります。

  • 撮影日は1999年12月13日
  • 年齢は不明だが当時学生
  • 進むべき道は“あの方”が決めてくれた
  • 罪を犯すことに興奮している
  • あの方に命じられて殺害した
  • 渡された薬を飲ませてジュンちゃんを殺した
  • あの方の言うことなら何でも聞く

純子の家族が失踪届を出したのが3月で、同じ年の12月に平田教授のカウンセリングを受けています。“あの方”というのは、後に獅子雄が宇井から聞きだしたところ守谷であると分かります。綾香の記憶で出てくる椅子に縛られて監禁されている女性が純子で、それを引きずって埋めたのがS.Aということなのか?

ちなみに、顔は映りませんが埋めていたのは守谷ではないと思います。なぜなら埋めている時、靴がパンプスでした。もっとも女装趣味でもあれば話は別ですが。

これからS.Aを特定する仕事が残っているが、証拠が少な過ぎるという江藤に、獅子雄は俺が見つけ出してやると言います。後に見つけるのかどうか?守谷と対決した時に、全ての事件の話をするのかもしれません。

ドラマ【シャーロック】6話の補足

例として出て来るジェームズ・レイニンガー氏の話は実際にあったものです。中国にある前世の記憶を持った人たちが住む村については、映画になったりもしています。

バッハの『ゴルトベルク変奏曲』について獅子雄は、

ロシアのとある伯爵が、バッハに不眠症を治すための曲を作ってほしいと依頼してできた曲だといわれている。

と、言いますが。これには諸説あるようで、

バッハが音楽を手ほどきしたヨハン・ゴットリープ・ゴルトベルク(de:Johann Gottlieb Goldberg)が不眠症に悩むヘルマン・カール・フォン・カイザーリンク伯爵(de:Hermann Carl von Keyserlingk)のためにこの曲を演奏したという逸話から「ゴルトベルク変奏曲」の俗称で知られている。しかし演奏には高度な技術が必要で、当時ゴルトベルクは14歳の少年であったことなどから逸話については懐疑的な見方が多い。

wikipediaより

ゴルドベルグがロシアのカイザーリンク伯爵が不眠症に悩んでいたので、演奏してあげた。という説もあるようです。

実際はチェンバロで演奏するための曲ですが、グレン・グルードのピアノ演奏バージョンも人気があります。

ドラマ【シャーロック】6話のロケ地

今回は都内のどこを舞台にした設定なのか?象徴的な場所が出てこないので、よく分かりません。

東京海洋大学 越中島キャンパス

東端医科大学病院

センター北駅前噴水広場

学生時代の宇井と美樹が会った場所

ドラマ【シャーロック】6話のその他気になったこと

  • 中国語で寝言を言う獅子雄
  • 前世が豚の少年の叫びを代弁する獅子雄
  • 眠りたいと思ったことがない獅子雄
  • 傷付きやすいと言われる若宮
  • カナリアに言葉を教えようとする獅子雄
  • カナリアの世話を押し付けられる若宮
  • 話を聞くだけで治せるなんて怪しい宗教みたいだと言う獅子雄
  • 非合理的な復讐に呆れる獅子雄
  • レオにカナリアを押し付ける獅子雄
  • カナリアに言葉を教えようとするレオ

ドラマ【シャーロック】6話のまとめ

守谷の名前が再び登場したことで、そろそろ守谷本人が登場するのかどうなのか。ラスト1~2話でサクっと対決させて終わりなのかが気になるところです。

何気にビデオで殺人を告白をしていた“S.A”なる人物も特定されていません。女性であることは間違いありませんが、こちらも後に登場するのかどうなのか?今後の展開に注目です。

次回は11月18日放送予定で、ゲストは伊武雅刀さんです。

今回のいいセリフ

そのつらい記憶こそが、今まであんたを奮い立たせてきたんだ。

ドラマ【シャーロック】6話のエンディングナレーション

カナリア調教師は逮捕されたが、
この事件は思わぬ人物の記憶を蘇らせた。
守谷壬三。
まるで 前世から因縁があったかのように、
あいつの心を捉えて離さないやつ。

タイトルとURLをコピーしました