【孤独のグルメ9】8話のお店と料理|群馬県高崎市のおむすびと鮎の塩焼き

2021夏ドラマ

【孤独のグルメシーズン9】8話のお店は、群馬県高崎市の「オリタ焼きまんじゅう」と「えんむすび」です。寿司屋さんのようなカウンター形式のおにぎり屋さんで、五郎は色んな種類のおにぎりを食べまくります。

スポンサーリンク

【孤独のグルメ9】8話のお店

オリタ焼きまんじゅう

  • 住所:群馬県高崎市田町108
  • 電話番号:027-323-9706
  • 最寄の交通機関:JR高崎線・高崎駅から徒歩で13分(1km)
  • 営業時間:10:30~18:00
  • 定休日:日曜日
  • 駐車場:なし
  • 支払い方法:現金のみ
  • 予約:可
  • イートイン○テイクアウト○宅配×
  • 食べログ

えんむすび

  • 住所:群馬県高崎市本町33
  • 電話番号:027-323-1667
  • 最寄の交通機関:JR信越本線・北高崎駅から徒歩13分(1.1km)
  • 営業時間:18:00~0:00
  • 定休日:日曜日
  • 駐車場:なし
  • 支払い方法:カード不可
  • イートイン○テイクアウト○宅配×
  • 食べログ

←7話9話→

【孤独のグルメ9】8話の料理

群馬県高崎市へ仕事でやってきた五郎は、打ち合わせ前に焼きまんじゅうを食べます。そして仕事を終えた後におにぎりを食べまくりました。

焼きまんじゅう(アンイリ)

外はカリッと 中はフワッと

  • んっ?これは複雑な甘さだ…いや、すごい甘さと言ってもいい
  • うん、このタレいい
  • 見た目より全然軽い…
  • 素朴な味、また食べたい

五郎’sおむすび第一弾(うに・いか明太・ねぎ味噌)となめこ汁

うに

幕開け飾る贅沢おむすび

  • おっ!しっかりうにってる!
  • なんだかおにぎりって言葉にそぐわないほどのごちそう感

いか明太

海の“紅白”具合戦

  • いか、いかがなものか
  • んっ?この食感、寿司のいかとは別人28号…

ねぎ味噌

間違いなしの名コンビ!

  • あっ、これは頼んで正解
  • ねぎ味噌ごはんたまらん。これを挟んだことで、おにぎりの流れに奥行きが生まれたぞ

鮎塩焼き

新鮮さに自信あり!ニッポンの夏にかぶりつけ!

  • うまし!川魚の塩っけ独特の香ばしさ
  • こういうのでいいんですよ。握り飯、汁、魚…島国の原風景を俺は今、描いている

五郎’sおむすび第二弾(かずのこ・しょうが・あなご)と大海老のにんにく炒め

かずのこ

口に広がる嬉しい食感♪

パリパリとプチプチがたまんない。こりゃ止まんないよ

大海老のにんにく炒め

エビとにんにくの縁結び 一口食べれば食欲倍増!

お~にんにくナイス!

しょうが

この味分かれば大人の証!

  • おっ…お~辛口!舌を刺してくる
  • 海老にんにくに負けないぐらい攻撃的で刺激的。それがすごくいい

あなご

タレがたまらん!旨とまらん!

  • ほぉ~あなご。酢飯より白飯のほうが合うかも
  • それにこの甘じょっぱさ、焼きまんじゅうに通じるものがある

五郎’sおむすび第三弾(鮭・たらこ・まぐろ(づけ))

  • う~ん、鮭の安定感たるや。これやっぱり1位なんじゃないの?
  • 豪華王道、鮭たらこリレー

たらこ

いいぞ、楽しくておいしい。改めておにぎりの偉大さを知る高崎の夜

づけ

  • お~抜群のつかり具合。うまい!
  • づけ丼よりも米とバチンと結びついている

五郎’sおむすび第四弾(山椒・川のり(四万十川))

山椒

  • つぶ山椒がはみ出てる。うん…あっ、鼻にくる…
  • ほうほう、いいじゃないか
  • うわっ!しびれきた!わわわわわ…あたたたたた…!
  • 山椒のあとのお茶。池袋の汁なし坦々麺と同じ

川のり

川のりむすび、甘い

五郎の総評

  • こんなふうにおにぎりたちと向き合ったことがあっただろうか?
  • おにぎり、おむすびいい名前だ。米とのり、それだけでおかずを握りこむ。それだけ作る人と食べる人を結ぶ
  • 同じ日本人でも多種多様な心が、この小さな丸くて三角の食べ物に優しく握られている

五郎の総評

  • いいご縁でした
  • 葉唐辛子に山ごぼう、まだまだ食べたい具がいっぱいあるな。うに、しょうが、また食べたい具もあるし。こりゃあ長いご縁になりそうだ

ふらっとQusumiで食べた料理

  • 鶏の唐揚げ
  • おにぎり(こはだ・まぐろ(づけ))

【孤独のグルメ9】8話の感想とまとめ

今回訪れたお店は、お寿司屋さんのようなカウンター席で食べるおにぎり屋さんでした。おにぎり以外にも五郎が頼んだようにおかずが用意されています。具の種類もお寿司のように豊富で、五郎は合計11個平らげました。お店の人気ナンバーワンの具は川のりだそうで、五郎は最後の最後に食べます。

五郎が仕事で行った「高崎電気館」という映画館の外に、『美食道ロンリネス』という看板があり、キャッチコピーは「その男、空腹にて…極めし美食道」と書いてあります。もちろん番組のほうで差し替えたもので、『孤独のグルメ』をパロったようなタイトルが面白かったです。大正2年に作られた映画館で、今も現役だそうです。新作よりも名画を3本立てとかでかかっていそうな映画館でした。

仕事の前に立ち寄った焼きまんじゅうも美味しそうで、五郎は店で1本食べてから持ち帰りで1本買って帰ります。しかし、外に出てすぐに食べ始めるという行動に出ました。追加して店で食べたらよかったのでは、とツッコミたくなります。

お寿司屋さんのようなコハダやウニといった具を握るおにぎり屋さん、どれを食べてもおいしそうなお店でした。

次回は9月3日0時17分から「福島県郡山市舞木町ドライブインの焼肉定食」を放送予定です。

←7話9話→

タイトルとURLをコピーしました