【BG~身辺警護人~(2020)】3話のネタバレと感想|謎の考察

2020春ドラマ

前回終わりに笠松先生から依頼があった仕事は、投資詐欺で逮捕され不起訴処分となり釈放された男の警護でした。

世間の恨みを買いまくっている人物の警護をする島崎たち。笠松先生自身も襲われる事態に!?

物語が少しわかりにくい部分があったので、勝手に考察しました。

スポンサーリンク

【BG~身辺警護人~(2020)】3話のあらすじ

投資詐欺の疑いで逮捕された道岡三郎(豊原功補)は、嫌疑不十分で不起訴処分となり釈放される。車を走らせていくと、詐欺の被害者が襲ってきて道岡は秘書の小暮裕太(長谷川朝晴)の制止を振り切り、自ら前に出てアキレス腱断絶の大怪我を負う。

極秘で入院した先は笠松(市川実日子)のいる病院だった。上はまた襲われたら病院のイメージダウンになると尻込みしているため、そこで島崎(木村拓哉)高梨(斎藤工)に警護を依頼する。

KICKSガードや他の警備会社も断るヤバい仕事な上、悪党を護ることに疑問を感じる高梨だが、島崎は仕事を引き受ける。

入院先の病室で人目につかないよう警護する島崎たち、そこにやってきた怪しい男・鈴木(田邊和也)は、道岡と関係している議員の伝言を伝えに来た男だった。しかし、道岡と揉めて争いになり、そこに高梨と島崎が止めに入り事なきを得た。

病院には脅迫状が届き、道岡を手術する医者も処刑すると書いてあった。笠松の身にも危険が迫る中、オペ当日になっても笠松が現れない。異変を感じた島崎が笠松の姿を捜しに行くと、そこにはマスクを被った男が今まさに襲おうとしているところだった。

島崎のお陰で笠松は救出され手術に向かう。誰が先生を襲ったのか?その裏側にあった理由は……?

【BG~身辺警護人~(2020)】3話のネタバレ

今回警護するのは投資詐欺の怪しい男です。高梨は最初から気乗りしませんが、島崎は仕事を引き受けます。

その結果、警護対象を護るだけでなく、笠松先生までも護らなくてはいけなくなりました。

1:今回の警護対象者

今回警護することになった人物は、こういう人物になります。

  • 道岡三郎(52歳)
  • 職業:投資家
  • 投資詐欺の容疑で逮捕・嫌疑不十分で不起訴釈放

もう見るからに怪しい男で、護るに値するのか?と、高梨でなくても思うような人物です。

その割にはどうやら死を恐れてないのかなんなのか、秘書が制止するのを無視して詐欺被害者を挑発するもんだから、バールで早速襲われました。

その際、ひっくり返ってアキレス腱を断裂するという、なんか加害者の不可抗力のような怪我を負います。

入院した先が笠松先生の病院で、手術を先生が担当することになりました。

しかし、また襲ってこられたら病院のイメージダウンになると、だったら最初から受け入れなければいいんじゃないかと思う理由で、島崎たちに警護を頼むことになります。

もちろんKICKSガードや他の警備会社は願い下げな仕事なため、島崎警備に回ってきたとうお約束です。

高梨は金のために悪党を護るのはどうかと思うと反対しますが、島崎は引き受けてしまいます。

投資詐欺容疑の男を警護する

2:病院での警護開始

早速2人は警護をすることになり、病室でついたてを立てて室内で待機することにします。

道岡はやっぱり悪い男で、秘書はポンコツ扱いするわで悪党を絵に描いたような人物でした。

病院で新たに絡んで来た人物は2人います。

  • 住野凛子:販売員。ワゴンで病院を回っている
  • 湯川匡彦:理学療法士。リハビリを担当する

住野は妙に特別室に入院してるのが誰か知りたがります。怪しさバツグンです。

湯川は若いのに道岡のような悪党を志願して担当しました。同じく怪しいです。

それから院長室に呼ばれた笠松と島崎は、脅迫状を目にします。

道岡を助ける医者は許さない。処刑する。

と赤い文字で書かれています。警察に届けたほうがいいんじゃないのか?そう思いますが、なぜか病院はそんなことよりも、手術するのはやっぱりやめよう。みたいな保身の話でした。

笠松は善悪に関係なく、そこに患者がいれば救いたいと思っています。しかし病院はいい顔をしません。だから最初から受け入れなければ良いのにと。

そこで島崎が笠松の思いをくんでか、今さらやめたら患者を見捨てたということも噂になるのでは?と提言します。ナイスアシストです。

そんなわけで結局手術することになります。脅迫状の件は警察に届けないのか?謎です。

笠松先生に脅迫状が届く

3:怪しい来訪者

さらに怪しい来訪者がやってきます。もうどう見ても殺し屋みたいな来訪者です。よく病院の受付通れたなという感じです。

そんな人物が不似合いな花束を持ってきます。銃でも隠してるんじゃないか?

鈴木と名乗るその男は、道岡の知り合いらしく部屋に通してもらいます。

2人きりにしてくれと人払いをし、こそこそと鈴木は耳元でこう話します。

先生は、あなたの事は一切存じ上げません。ご了解ください。

どうやら議員の使いで来たらしく、余計なこといったらわかってんな?という脅しも含めての来訪だったようです。

道岡はあんだけ金渡したのに冷たいだなんだ、文句を言いました。すると、鈴木は痛めた足を握って嫌がらせを始めます。

当然痛がる声に高梨が何やってんだと駆けつけます。で、ここから高梨と病院内で乱闘が始まりました。

戻ってきた島崎も参加して撃退か、と思ったら「何攻撃してんだよ!」と、高梨の肩を押さえつけるという展開です。

鈴木もちょっとビックリしたのか攻撃を止め、何事もなかったかのように帰っていきました。

ボディーガードの仕事はあくまで警護対象者を護ること、そして過剰な防衛は傷害に繋がるためできないのか?難しい仕事だなと思う瞬間です。

脅威を適切に排除した

4:警護する理由

肩が痛いだなんだ文句言う高梨に、島崎は一応謝ります。病院なのだからみてもらえばいいのでは?と思いますが、警護優先のようです。

高梨は元々受けたくなかったため、余計にグチり始めました。

やっぱりあいつは悪党だ、このまま警護続けるべきなのかと。

そんな高梨に島崎は善悪で対象を選びたくない、VIPしか選ばないKICKSガードみたいなのは嫌だと返します。

古巣への対抗で意地張ってんのか?そんな気がした高梨は余計に不機嫌になり口論に発展です。

そこにワゴン販売のおばちゃんがきて止めました。

しかしやっぱりわだかまりが残る2人は、夜間の交代警護の際、島崎が小声で話します。

意地じゃない。一度護ると決めたら投げ出したくないだけだよ、用心棒だから。と。

護る以前の依頼人の選別についてはどうなんだ?と思いますが、引き受けたら最後まで護り通すがポリシーのようです。

引き受けたら最後まで護るのが島崎のポリシー

5:笠松先生が襲われる

手術当日の時刻になっても笠松先生は現れません。何かが起きたと脅迫状を見ていた島崎は察し、すぐに先生を捜しに病院内をあたります。

その頃、笠松先生はマスクを被った謎の人物に襲われていました。

手にはメスを持ち、どう考えても病院関係者なのではないか?という武器を所持しています。

急いで逃げて物影に隠れますが、徐々に近づいてきて見つかるのではないかという緊張感が走ります。

あと一歩というところで、ヒーロー島崎の登場です。

犯人は姿を見ただけで逃げていってしまいました。

殺されるかと思って怯えていた先生、島崎は手を差し出し立ち上がることを促します。

しかし、その手を取ることに照れなのかためらい、なかなか取ろうとしません。

「もう平気だから行って」という先生に「もう心配いりません」となんかいい雰囲気になります。

結局先生は島崎の手を握って立ち上がり、支えられながら手術室へと向かいました。

今後先生と島崎が恋愛関係に発展するのか?そんな雰囲気を匂わす展開です。

島崎が助けに行って無事救出する

6:犯人は誰だ?

防犯カメラの映像を調べたところ、犯人の姿は映ってませんでした。

防犯カメラの位置を知っている者の犯行と考え、なぜかそこで鈴木が思い浮かびます。

さすがに大胆すぎるだろと島崎は却下し、では誰なのか?と謎が生まれます。

今度は秘書が道岡に罵られ追い返されているのを見て、あれだけ邪険にされたら恨みも抱くかも?と秘書犯人説を上げます。

そんなときに沢口から電話があり、島崎がKICKSを辞めた理由が知りたいといいます。

それどころじゃないという状況を知らせ、沢口が道岡周辺のことを調べてくれることになりました。

リハビリを開始した道岡の前にまた秘書が来ます。

辞めろと文句を言う道岡に対して、辞めませんという秘書。何だかよくわからない関係です。

そしてなぜか「俺の一番欲しいものを持って来い」と道岡は秘書にいい、秘書はそれを探しに会社に戻ります。

島崎が秘書に話を聞きに行くと、欲しいものは何だかわからないけど考えるといいます。

秘書は道岡のセミナーを聞いて感激し、自ら道岡のそばで働きたいと志願したという過去がありました。

道岡と会って人生が変わった。でも後悔はしていない。といいます。

なんか洗脳されているのか、とにかく道岡のことを尊敬しているのは伝わってきます。

そんな秘書が犯人なのか?ちょっと疑念が浮かんできました。

襲撃犯の正体はまだわからず

7:犯人の正体

無事手術を終え早速リハビリを開始する道岡に、理学療法士の湯川が一緒に付き添います。

島崎は沢口からある情報を得ます。それは、詐欺被害の人たちの名簿でした。

その中に湯川の姉がいて彼女は自殺していました。

笠松先生を襲った犯人、それは湯川だと気づきます。

屋上でリハビリしている道岡の元に急いで向かう島崎、そばにいる高梨に情報共有をします。

無理に引き離すのではなくうまいこと引き離せといいますが、高梨はどう見ても不自然に引き離します。

島崎がやってきたときに、正体を現す湯川はメスを取りだし、道岡に突きつけて人質に取ります。

道岡は最初からわかっていたのです。湯川は自分を殺すために担当になったと。

湯川の姉・里奈は29歳で2019年に自殺して亡くなっています。

さらにもう一人被害者がいました。それはワゴン販売の住野の息子である、吉村一也という人物です。

なぜ苗字が違うのかは謎ですが、とにかく息子なのです。

そんな大変な状況の中、道岡は煽りまくります。

  • いくら払えば許してくれる?
  • 俺を恨むより自分の姉ちゃんや馬鹿息子を恨め
  • 投資も人生もリスクがあって当然
  • だまされて自滅するようなやつは負け犬

住野は息子からもらった水筒で殴りかかろうとする暴挙に出て、島崎がそんな使い方したら息子が嘆く的なことをいって止めます。

なぜそんなに死にたいのか?島崎は気になって聞きます。

警察署のそばで襲われたときも、今も自ら前に出て殺されようとしている。考えすぎか?と聞きます。

そこに秘書がやってきて「社長は誰かに止めて欲しいんだと思う」と告げました。

そして社長の一番欲しかったもの、それは投資詐欺についての証拠です。

脇永議員の関与についても記してあるという証拠、それが道岡の一番欲しかったものだったのです。

ちょっと意味がわからない展開で、説明が足りないためこちらで勝手に後で補足しています。

気になるかたは考察を見てもらえれば、今回の話の意味が少しわかるかもしれません。

道岡は欲しいものを手に入れて、島崎に最後の任務を頼みます。

「警察まで送ってくれ」と。

道中、今回の警護費用について話がありますが、自分の財産は被害者の債務にあてるといって、支払いません。

罪を償った後、出世払いでいいか?といわれ、島崎は了承します。

先にこっちを支払ってくれよと思いますが、島崎はいい奴なのであてのない約束をしました。高梨は納得してないでしょう。

そして道岡は出頭し、警察に再逮捕されました。

8:【BG~身辺警護人~(2020)】3話のネタバレまとめ

笠松先生襲撃犯

湯川匡彦

動機

自分の姉を自殺に追い込んだ道岡の手術を担当したため、阻止しようと病院内で襲撃した。

道岡が死にたかった理由

警察に逮捕されても不起訴となり釈放され、誰も自分を止めてくれないことに自暴自棄になっていた。

秘書がようやく一番欲しいものである、投資詐欺の証拠を持ってきてくれたため、警察に出頭し罪を償い再び野心を抱くことができた。

スポンサーリンク

【BG~身辺警護人~(2020)】3話の考察

道岡がなぜ一番欲しかったものが証拠だったのか?そしてなぜ死にたがるのか?

唐突な展開でいまいち具体的な説明もなく、サラっと終わってしまうため、よくわかりません。

そこで勝手にこちらで考えてみました。

その1:1回目逮捕されたとき不起訴だった理由

証拠が足りないから不起訴だったのですが、なぜ証拠がなかったのか?考えられるのは2つです。

  1. 証拠があるのに隠してたから
  2. 証拠うんぬんは関係なく、議員が手を回して不起訴にしたから

ではもし隠していた場合、なぜ隠していたのか?考えられる理由として、脇永議員との繋がりを持っていたくて出さずにいたからかと思います。

証拠を提出してしまえば議員への資金の流れもわかり、当然議員も逮捕起訴される可能性が出てきます。

そこで道岡は議員との関係を保つため、よくいえばかばって証拠を出さなかったのかもしれません。

その2:なぜ死にたがるのか?

道岡のセリフや態度から勝手に想像し、いくつか導き出しました。

  1. 罪を償うこともできない状況に自暴自棄になった
  2. ドロドロした駆け引きや修羅場が毎日の世界に疲れた
  3. 暴走しても誰も止めてくれない虚しさ

これらすべて複合した結果の“死にたかった”の可能性もあります。

自分で好き勝手して被害者を沢山生み出し、それで死にたがられても困ります。

しかし、生きていたお陰でいくらか被害者にお金が戻ってくればせめてもの救いです。死に逃げよりはマシかも?

その3:一番欲しかったもの

秘書に一番欲しいものを持って来いと、具体的なことはいわずに命じます。

そして持ってきたものは投資詐欺の証拠でした。

元々持っていたのか、ようやく見つかったのか?よくわかりませんが証拠を持ってきます。

仮に元々持っていたけど出してなかったのだとすれば、鈴木の伝言が決め手となったのでしょう。

もうかばう必要もないし議員も道連れにしようと考えたから、出すことにした可能性があります。

【BG~身辺警護人~(2020)】3話のその他気になったこと

  • オムレツがデカいと危険な仕事の日
  • 危険偏差値は難関高校並み
  • 普通の仕事は危険なんかないという正論
  • 47歳であろうともケチャップはかける派
  • 余計な心配する暇あったら健康診断行ってこいというボディーガード界
  • 恋愛の先輩はバツイチという突っ込み
  • サービス業に全く向かない性格と顧客にまでいわれる高梨
  • 最低料金は1時間1万円
  • のび太並に寝るのが早いといわれる高梨
  • 人に恨まれるのは平気だけど注射は苦手な道岡
  • ストーカーのようにいつもいるれいの長髪男

【BG~身辺警護人~(2020)】3話の感想とまとめ

今回の警護対象者は悪人でした。医者同様、善悪関係なく治療するように、善悪関係なく警護する必要があるのか?疑問に思うかもしれません。

しかし、日本は法治国家なので善悪を決めるのは法であり、法が不起訴ならそれは法的には“悪”ではないのです。

ただ、人間性としては最低の人物だというだけのことです。

それを私的に制裁を加えれば、その人が犯罪者になってしまう。不条理な世界ですがそれが現実です。

よくネットでも誹謗中傷している人がいますが、罪に問われるのはやはり私刑をした人たちです。

そこを勘違いしないよう、正当な手段で裁く手続きを踏むか、距離を保ち関わらない必要があります。

所詮他人事です。裁いたところで悪は悪のまま変わりません。人への怒りを自分の有意義な時間に費やしたほうが良いでしょう。

今回の湯川や住野は結局逮捕されたのかどうか?道岡がきっと被害届を出さない気がするので、不問だったのではないかなと想像しました。

また、菅沼は劉社長と一緒になって組むようで、身の上話を始めようとしたら、島崎と会話するシーンになったので詳細は不明です。

劉社長の企み次第で今後の展開の面白さが変わると思います。

次回は7月9日21時から放送予定です。

【BG~身辺警護人~(2020)】3話のいいセリフ

ありがとう。俺の野心を護ってくれて。

【BG~身辺警護人~(2020)】の関連記事

【BG~身辺警護人~(2020)】の関連記事一覧です。

タイトルとURLをコピーしました