【相棒20】11話のネタバレと感想|冠城の姉が登場!今年の正月は格差社会がテーマ

2021秋ドラマ

【相棒20】11話「二人」のネタバレと感想をまとめています。

毎年恒例の元旦スペシャルは冠城の姉も登場する社会派な回です。記憶喪失の男と貧しい生活をしている少年が出会ったことで事件に巻き込まれてしまい、最終的には国の歪みに対して右京さんがキレます。

スポンサーリンク

【相棒20】11話のあらすじ

スマホを落としたことに気付いた早瀬新(西山蓮都)は、友達の峰岸聡(川口和空)と一緒に昼間遊んだ公園に向かう。新がスマホを探している間、偶然目にした口論を聡は録画した。

しかし、男が気付いて近付いてくると2人は隠れてやり過ごそうとする。その時、聡のスマホに祖母の君枝(高林由紀子)から着信が入り、男は新のスマホを持ち去ってしまった。

2人は知り合いの遠藤佑人(尾上寛之)ことマメさんに動画を見せ、自分のスマホを持ち去った人物を特定してもらうよう頼んだ。

冠城(反町隆史)右京(水谷豊)は年末年始の当番勤務に当たってしまい、角田(山西惇)青木(浅利陽介)と一緒に勤務していた。

姉の由梨(飯島直子)から呼び出された冠城は、右京と共に教会へ向かう。由梨は教会で保護している湊健雄(イッセー尾形)という人物を家に帰してあげたいというが、湊は記憶喪失だった。

湊が名前以外に覚えていることはデイリーハピネスという、鉄道会社が運営する駅の売店のことだけだった。

元々は子どもたちが知らせに来てくれたと由梨は言い、右京たちは新と聡にその時の状況を話してもらう。

彼らが言うには偶然その場にやってきた福田浩介(千葉哲也)に話をし、由梨とマメさんを呼んでくるよう言われたという。

湊と名乗る記憶喪失の男は一体何者なのか?右京と冠城の捜査が始まった。

←10話|12話→

スポンサーリンク

【相棒20】11話のネタバレ

子どもが未来に絶望したままの世の中になったのは、身勝手な政治家の私利私欲だったという事が分かる社会派な話です。

謎の男

記憶喪失の男こと湊健雄は、由梨のいる教会に保護されていました。名前とデイリーハピネス以外のことは覚えていない男、右京さんは持ち前の洞察力から推理します。

まずは男の着ていた服を見せてもらい、仕立ての良いスラックスをはいていたことから、それなりの地位にある人物なのではないかと推察します。

ただ、上等なのはスラックスだけで靴は不似合いな靴で、時計や財布といった所持品もありません。湊が発見される前に何者かが持ち去り、故買屋に売ったのではないかと考えた右京さんは、角田課長に頼んで当たってもらいます。

角田課長は湊健雄という名前に聞き覚えがあり、組関係のどこかで遭遇したような気がすると言いますが、それが誰なのかはまだ分かりません。

次に右京さんたちは湊が発見された公園に行って手がかりを探します。すると巡回警備員の高田という男がやってきました。

彼は巡回の合間にSNSに動画を投稿しているらしく、湊が発見された夜も巡回していました。何か心当たりがないかたずねたところ、男の子が2人うろついていたと証言します。

何かを探していたようだと言い、右京さんは恐らく新のスマホを探していたのだろうと考えます。ただ、2人でいたことをどうも知られたくないようです

新の境遇

スマホをなくしてしまった少年・新は湊を見つけて声をかけます。今晩も教会に泊めてもらうつもりなのかと言い、ちょっとした仕事を手伝ってくれるなら家に泊まらせてあげると提案します。

新の家は古い団地でエレベーターもなく階段で上がっていきます。両親が離婚して母親に引き取られますが、母は既に他界していました。以来、祖母と2人暮らしです。

その祖母は定年退職後に清掃員とビラ配りの仕事を掛け持ちしていましたが、自転車にぶつかって怪我をし現在入院中です。定年前はデイリーハピネスで働いていました。

湊に自分の現状を話しながら、新は祖父の遺品である喪服をなぜか湊に着させます。それを着て仕事をしてもらうと言いますが、どんな仕事なのかはまだ内緒です。

労働者の怒り

右京さんたちが次に向かったのはデイリーハピネスでした。デイリーハピネスは首都圏に3つの路線を持つ、キャピタル鉄道の販売店です。都内に数多くの店舗があります。

ある駅のデイリーハピネスに向かい、販売員に湊の写真を見せて見覚えがないかをたずねます。案の定、湊のことは知りませんでした。

一人で店舗を切り盛りしなくてはならないデイリーハピネスの店員は、食事も休憩もあったものじゃないどころかトイレにも立てないという労働環境を愚痴りました。

湊は客として来ていたのではなく、本社勤務だったのではないか?そう考えた2人は本社へ向かいました。

湊のことを聞いてみたところ個人情報だから教えられないといい、役員人事については親会社に聞いてくれといって断られてしまいます。

会社の外に行くとデモ隊がやってきて右京さんたちを取り囲みます。どうやら、デイリーハピネスの社員と勘違いしているようです。

右京さんが話を聞いてみると、彼女たちは店の正規社員と同じ仕事内容にも関わらず、非正規であるがゆえに低賃金で働かされ、退職金ももらえないということを裁判で訴えるのだと言います。

賃金格差をなくせと声を上げて訴える人たち、右京さんたちはキャピタル鉄道に湊のことを問い合わせることにしました。

遺留品の行方

キャピタル鉄道の回答は湊という社員は、過去にも現在にもいないというものでした。角田課長のほうも相変わらず湊が誰なのか思い出せないままでした。

ただ、故買屋からの連絡で買い取った商品の中に、湊の所持品と思われるものがありました。右京さんはある男の写真を故買屋へ送って確認して欲しいと言います。その男とは公園の巡回警備員である高田です。

右京さんは高田と出会った時、彼が持っていた自撮りに使っていた端末が高価なものだと覚えていたのです。しかもまだ買ったばかりだったようで、ディスプレイには保護シートが貼られたままでした。

まとまったお金が入ったから購入したのだろうと推理した右京さんは、高田に遺留品を見つけた時のことを話してもらいます。

信じてもらえないかもしれないが着衣がたたまれて置いてあったと言います。財布にはクレジットカードはなく、現金が10万円ほど入っていたそうです。

嘘ならもう少しまともな嘘をつくと右京さんは思い、鑑識の益子を呼んで遺留品を発見したベンチ周辺を調べてもらいます。すると、血痕が発見されました。湊はここで何らかのトラブルに会ったのではないかと考えられます。

しかし、高田が見つけた時には身元を示すものが何もなかったということは、高田が来る前に何者かが上着を脱がせ、一度は持って帰ろうとしたが置いていったということになります。なぜそんなまねをしたのか?謎です。

この公園から湊の靴は見当たらず、新のスマートフォンも見つかりません。誰が持ち去ったのか?

冠城の過去

右京さんたちは新と聡の関係について、由梨にたずねに実家へ行きます。由梨が言うには2人は一緒に遊ばない約束をさせられているそうです。

ある日、2人で遊んでいた時に聡が遊具から落ちて怪我をしてしまいます。すると聡の母親がやってきて、新に向かい「この貧乏人!」と暴言を吐きました。

聡の母親は新が祖母と2人暮らしの貧しい家である事が、元々気に入ってなかったのです。なので怪我をきっかけに遊ばない約束をさせました。

そんな新を気の毒に思った由梨は、おばあさんの怪我が治るまで家に来ないかと誘います。しかし新は断ります。どうやら人の助けを借りることが迷惑だと思っているようです。

由梨は冠城に和也くんが遊びに来ていたのも、新くんたちくらいの頃だったわね、と言います。その後、冠城は実家の自分の部屋に行き、あるハガキを手にします。

宛名には自分の名前と住所が書かれ、裏面は真っ白で何も書かれていないハガキでした。冠城の幼少時代にあった、ある思い出が後に分かります。

湊の仕事

祖父の遺品である喪服を着せられた湊は、新に連れられて祖母の入院する病院に連れて行かれます。そこで、祖母の検査をした医師と話をするのが湊の仕事でした。

祖母の君枝は事故後、病院で検査を受けていました。新は祖母にどこか他にも悪いところが見つかったのかもしれないと心配だったのです。

そこで湊に親戚のふりをして医師から話を聞き出してもらおうとしたのです。いつものように偉そうにしてくれと頼み、湊は新の要望に応えて医師に話を聞きます。

検査の結果、どこも悪いとこはないことが分かりました。食欲がないようだったから、念のために検査をしただけでした。

ほっとした2人はついでに祖母の見舞いをしに行きます。湊は君枝にデイリーハピネスに勤めていたので、自分を覚えていないかとたずねます。しかし、君枝も湊に見覚えはありませんでした。

その後、湊と君枝は他愛もない話を始め、2人は楽しげに会話を弾ませました。

スポンサーリンク

新たな事件発生

身元不明の遺体が発見され、捜査一課の面々が付近を捜査します。深夜に殺害された遺体は、頭頂部を棒状のもので殴られて即死の状態でした。ストーブの中からICレコーダーが発見されますが、音声の再生は不可能な状態です。

事件が起こる前のこと、袴田議員の秘書の結城の元に一本の電話が入ります。電話をかけた人物はマメさんこと遠藤でした。

遠藤は新たちによって持ち込まれた映像から、会話の音声を抽出することに成功します。その会話内容は死体が消えたと言って袴田と結城が慌てている様子を録音したものでした。

遠藤は死んだじいさんの正体も知っていると言い、死体の後始末をした代金を支払って欲しいといって結城を呼び出します。

そして事件のあった夜、遠藤は結城から金を受け取るとICレコーダーを燃やしました。遠藤は去り際に「拾ったスマホは返してくださいね。大事な写真が入ってるんです」と告げました。

すると結城は落ちていた棒を拾い、遠藤の頭を殴って殺害します。身元不明の遺体、それは遠藤だったのです。

ニュースで事件が報じられたのを見た袴田は結城に、後は子どもだけ消せば全てなかったことにできると話し、スマホを処分するよう命じました。

絶望の未来

遠藤が死んだことを新と聡には知らせないように配慮しながら、遠藤宅の家宅捜索をしに警察がやってきます。

何かがあったと感じた新は聡に、公園で撮った動画は自分のスマホで撮った事にすると言い約束させます。

さらに、自分の家には遊びに来ないようにと言い、食い下がる聡に「うっとうしいんだよ!」と言ってしまいます。そこにまた聡の母親が現れ、新を追い払ってしまいました。

冠城は新を追いかけて話を聞きます。新は遠藤に何か悪い事があったのだろうと察していました。

「貧乏人と一緒にいると恐ろしい目に遭うか、恐ろしいことをする羽目になるかのどっちかだって」と、聡の母親が言っていたと新は言います。自分と聡は一緒にいないほうがいい、聡と自分は元々全然違うと。

両親もいなければ塾にも通えない、住民税だって免除されている。そんな自分と聡は違うと言う新、冠城は君の責任じゃないと諭しますが、新は「世の中みんな自己責任なんだよ。俺たちみたいなのは、どこまでいっても努力が足りないんだよ」と言って去ってしまいました。

迫る危機

遠藤の家を捜索している捜査一課の面々に、右京さんたちはある提案をします。冠城の姉である由梨は事件関係者なので、得た情報を共有する代わりに出雲を借りられないかという提案です。

出雲を借りた右京さんたちは、新から目を離さないで欲しいと頼みます。新に身の危険が迫る可能性があると、遠藤が殺されたことで察知します。

遠藤の自宅には身分が分かるものは全て置いたままだったことから、会いに行く時点で犯人は遠藤の事を知らなかったのだろうと考えます。となると、連絡を取ったのは遠藤からに違いない、当然自分のスマホは使っていないだろうと導き出します。

付近の防犯カメラをあたれば、公衆電話を使っている遠藤の姿が残っている可能性があります。冠城は青木らの助けを借りて防犯カメラの映像を探すことにしました。

湊の正体

右京さんは由梨に遠藤と最後に会った夜の話を聞きます。遠藤はその時、福田のことを叱っていたという情報を得ました。

すると、角田課長から連絡が入り、湊健雄を思い出したと言います。湊とは福田のことだったのです。

右京さんは福田に話を聞きに行きます。福田が以前、組の幹部に褒められてCDデビューした過去がありました。その時の芸名が湊健雄だったのです。

湊はあの晩、ベンチで寝ている男を発見します。靴を脱がせて交換し、上着から財布を抜こうとしたら名刺入れが出て来たと言います。それを見て驚いた福田ですが、男は目を覚まして歩き始めてしまいました。

ただ、どう声をかけていいか分からず、考えているうちに追い越してしまいます。すると、自分よりも先に新と聡が声をかけたそうです。

子どもたちとの会話を聞いて男が記憶を失っていると分かった福田は、何食わぬ顔をしてそこにやってきます。そして、子どもたちを教会に行かせて2人きりになった隙に名前を覚えさせたのです。

自分が靴を盗んだことを忘れて欲しいと思い、かつて名乗っていた湊健雄という名前を介抱しながら教えます。

その後、遠藤に靴を取り替えた事を気付かれて、叱られていたのです。遠藤には何もかも話したといい、返そうと思ったと言いながら靴と一緒に名刺入れを右京さんに渡します。

そこには、最高裁判所判事 若槻正隆という名刺が入っていました。あの謎の男の正体は判事だったのです。

スポンサーリンク

内調からの指令

謎の男の正体が判事だと分かった途端に、急いで保護をしに行くよう出雲に命じます。同時に遠藤が公衆電話をかけている映像も見つかり、通話先も袴田の事務所だと判明しました。

その頃、一足先に新の家を訪ねた結城は若槻を拉致します。さらに、出雲が判事を保護しに行ってしまったため、新も結城に連れ去られてしまいました。

その様子を聡が見ていて警察に知らせます。車のナンバーから結城のものだと判明しました。

右京さんは公園で事件が起こった夜、袴田と経友連事務総長が会っていたが、もう1人誰かを待っていたと思い出します。恐らくあの時待っていたのは若槻だったのではないかと。

すると突然モニターに社が映し出され、右京の言う通りだと言います。藤原は近く勇退してキャピタル鉄道の会長に就任することが決まっていました。

若槻は記憶を失ってもデイリーハピネスのことを覚えていたのは、デイリーハピネス裁判の担当裁判官だったのです。

なぜその裁判に与党政調会長の袴田が動いたのか?それは、2020年4月に同一労働同一賃金を掲げて施行された「パートタイム・有期雇用労働法」があったからです。

今後、多くの訴訟がなされて判例の積み重ねが、これからの社会規範を作っていく裁判なため、袴田は5人の判事のうち3人を懐柔すれば経営者側に有利な判決が出ると考えていました。

そこであの晩、袴田は次期キャピタル鉄道会長になる藤原と、若槻を引き合わせようとして結城に迎えに行かせます。

ところが若槻は拒み、公園で揉み合いになった結果、頭をベンチにぶつけて記憶を失ってしまったのです。

なぜ、そんな話を警察にするのか?それは内調にとってあれこれ口を出す袴田は、排除したい人物だったからです。

社は「あの人がいると風通しが悪くなるのよ。あとはよろしく」と言って頼みました。

作戦会議

右京さんは聡に会って再確認をします。あの日、動画を撮ったのは新ではなく聡だったのかと。聡は認めスマホを持っていったのが結城だと、写真を見て答えました。

全てが分かった右京さんは、後は袴田に罪を償わせるための策を巡らせます。

右京さんは言います。結城は恐らく新のスマホを遺棄せずに持っているはずだと。なぜなら袴田を巻き込むための保険としてです。

動画が入っていないといくら新が言っても信じられない結城は、恐らく新のスマホの電源を入れて確認するでしょう。

しかし、中に動画がないのが分かったら、人質の2人を殺害する可能性があります。そうさせないためにも、電源が入ったらすぐに袴田議員に電話をかけさせます

結城は恐らく驚いて必ず電話に出ると右京さんは言います。さらに、暴走した秘書を説得して欲しいと頼めば、袴田も人命がかかっているため断る事ができないはずです。

その通話の過程で袴田の関与を立証する、右京さんはそう宣言しました。

正義の男に生まれ変わった内村刑事部長がその話を聞き、やってみろと作戦決行を後押しします。

事件の真相

拉致された時に若槻は記憶をすべて取り戻し、同じく囚われの身となった新を励まします。やがて、計画通りに結城は新のスマホの電源を入れた瞬間、警察に呼んだ袴田に電話をさせます。

解放を促す袴田に結城は警察に協力していると知ります。そこで右京さんが会話に割って入り、スマホには動画は入っていないと暴露してしまいます。

もし今電話を切ってしまったら、袴田は殺人も誘拐も全てあなたに押し付けて事を終わらせてしまうと告げ、今までの事件の真相を右京さんが語ります。

結城の役目は若槻判事を袴田と藤原の待つ店に連れて行くことでした。しかし、目的を果たせずあの夜の動画を入手した遠藤に脅されてしまいました。そこで、袴田は結城に遠藤殺害を命じます

すると、袴田はシラを切り始めました。右京さんは若槻判事にも聞いてみる必要がある、昨日会った時には元気にそばを食べていたからと言います。

袴田は笑いながら「死人にそばは食えないよ」と反論します。右京さんは「若槻判事が死んだなどということは、新聞でもテレビでも報じられていません。そしてそれは事実でもない」と言います。

つまり、おとといから今日までの間、若槻判事が死んだと思い込んでいた人物が2人だけいます。それは遠藤に騙された結城と袴田の2人です。

袴田は今この場で一連の事件の関与を自らの言葉で証明したのです

ドラマの結末

無事に若槻と新は救出されて、結城は逮捕されました。袴田を取調室へと移るよう促すと、袴田はキレて「この国の経済を動かすには、低賃金で働く労働者が不可欠なんだ」と、暴言を吐きます。

右京さんは「低賃金で働く労働者は国民ではなく“もの”というわけですか」とキレ気味です。袴田はさらに低賃金労働者に対して「自分でどうにかしたらいいんじゃないのか?」と、言います。

新のような少年がこの世は自己責任だという、困った時に助けを求めることが恥ずかしいことだと思っている。そんな国が豊かな国と言えるのか?と右京さんは突っ込みます。

そして、自分たちの利益しか考えない権力者たちが、今の歪んだ社会を作ったと批判しました。

言い負かされた袴田は取調室に行く前に、いずれ決着をつけないといけないようだと言い、右京さんは望むところですと返しました。

新のスマホに入っていた大事な写真とは何だったのか?それは、聡と一緒に写った写真でした。自分と聡が友達でいられるのは今しかない、だから写真が大事だったのです。聡は新と再会すると泣き出しました。

冠城はそんな2人を見て過去の思い出を語ります。自分にも和也という友人がいて、似たような事があって和也は自分を遠ざけようとしていたそうです。

その後、和也は転校することになってしまい、ずっと友達だと伝えてハガキを渡したかったのに冠城はできませんでした。それが、実家にあった宛名だけが書かれたハガキでした。

ハガキを渡して新しい住所を送ってもらったら、手紙だって書けるし休日に遊びにだって行けたのにできなかったと冠城は後悔していました。

祖母も退院して新と再会します。そして、聡の母親は自分が間違っていたと新に詫びました。今後は聡と一緒に遊ぶことも許されました

若槻も由梨に礼を言い、新には祖母と今度デートしてくれないかとお願いされました。福田は高田と動画の話をし、今後2人で動画でも撮影しそうな雰囲気です。

甲斐は小手鞠で飲みながら上機嫌になり、右京さんたちと一緒に良い年になるのを願って乾杯しました。

←10話|12話→

スポンサーリンク

【相棒20】11話のまとめと感想

死んだはずの男が生きていたことで、権力者の悪行を暴いて事件解決に繋がる社会派な回でした。

ドラマを見ていて感じたのは、そもそも貧しいのは悪なのか?ということです。まるで貧しい=犯罪者のような扱いです。何も悪いことはしていないのに、なぜか煙たがられますし馬鹿にされます。

そして新は自己責任という言葉に苦しみ、他人に助けを求めることも恥じてできません。子どもが未来に絶望している状態です。

弱き者の味方である右京さんは驕る権力者に対して一喝し、今後に繋がるかもしれない因縁を残します。

また、今回のゲストで登場するイッセー尾形さんの、圧倒的な演技力が見れる回でもあります。

記憶喪失の男から判事だと記憶が戻った時の別人感、子どもと接している時の優しさや翻弄される面白さ、君枝と話している時の恋を匂わす雰囲気などなど。

一人の人間の持つ複雑な感情や、役の人物が今まで生きてきた過程まで見えるような、そんな演技を自然と見せてくれます。

この回だけで登場を終わりにしてしまうのはもったいないと思っていたら、判事という役柄なのでまた何かの機会に登場するかもしれません。

人の尊厳を踏みにじる言動は慎むべきであると、新年早々戒められる話でした。

次回は2週お休みして1月19日21時から放送予定です。

【相棒20】11話のいいセリフ

どんな人にも、守りたいと願うそれぞれの幸せがあるんですよ!

←10話|12話→

タイトルとURLをコピーしました