【相棒シーズン18】12話のネタバレと感想|青木が消えて土師が登場?

2020冬ドラマ

2020年1月15日に放送された【相棒シーズン18】の12話「青木年男の受難」のネタバレと感想をまとめました。

青木が何者かに拉致られて、同じサイバーセキュリティー対策本部の土師が登場します。青木の代わりにそのまま加入か?拉致の裏側に秘められた真相とは?

【相棒シリーズ】はU-NEXTで過去シリーズを配信中です。
現在31日間無料トライアルキャンペーン中です。
本ページの情報は2020年1月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

【相棒シーズン18】12話のあらすじ

サイバーセキュリティ対策本部の土師太(松嶋亮太)が、青木(浅利陽介)に頼まれたと言って、右京(水谷豊)に本を返しに来た。貸した覚えのない右京は事情を探ると、青木が無断欠勤している上、外部から警視庁のデータベースにアクセスしていることが判明。昨年、神田北署の管轄で起きた事件を調べていることが分かる。不穏な空気を感じ取った右京と亘(反町隆史)は、刑事部長の内村(片桐竜次)に青木が拉致された可能性を報告。捜査一課の伊丹(川原和久)、芹沢(山中崇史)も加わり、内密な青木の捜索が開始される。捜していることが犯人に漏れないようにしつつ、まずは犯人の目的を知るべく神田北署を訪れる右京と亘。目的を告げずに昨年の「なにか」の資料を探す特命係を不審に思った刑事課の係長・後藤(津村知与支)は、赴任したばかりの若手刑事・木村(中村優一)に、右京たちを見張るよう指示を出す。そんな中、青木がアクセスを試みているのが、暴力団幹部が刺傷を負った事件だと判明し…。

警察情報を引き出そうとする犯人の目的は?
凶悪な相手に捕らわれた青木に命の危機が迫る!
右京と亘は正体不明の犯人を突き止められるのか!?

公式HPより

【相棒シーズン18】12話のネタバレ

青木年男拉致犯

石井琢也

動機

父親の冤罪を信じていた琢也は、木村と会って協力を自ら申し出る。青木を拉致してデータにアクセスさせる計画を聞いた琢也は、計画通りに青木を拉致し監禁した

首謀犯

木村信士

動機

石井直久の事件を冤罪だと思っていたが、相良の傷害事件を担当することになって捜査から外れる。その後、石井は罪を認め控訴もしなかったため刑が確定する。相良の件もどうみても身代わり出頭なのに、捜査をそれ以上せず効率を優先させる署長の梅本は、後藤に送検を急がせそれに従う。

そんなやり方が許せなかった木村は、その時、署に再捜査を訴える石井の息子琢也が来たのを見て、再捜査をしようと考える。そして後藤係長に証拠がないか聞くと、「終わった事件だ、何を調べる必要がある?」と答えた。それを聞いた木村は後藤係長は何か証拠をつかんでいると思うが、冤罪だから今更明らかにできないのではと考える。

そこで、青木を琢也に拉致させて、自分ではアクセス権限のないデータにアクセスさせ真実を知ろうとした

逮捕への道筋

青木がアクセスする事件のデータの当事者に話を聞きに行き、調書と照らし合わせて不審な点がないか右京と冠城は確かめていく。

すると、石井直久が起こした重過失致死事件が、証言と自供のみで送検されていることに気づく。現場を確認し、近くにある防犯カメラを確認するが事件の瞬間は映っていない。その代わりにタクシーがいたことが分かる。そこで、タクシーのドライブレコーダーを確認したところ、石井は確かに千葉を押しのけて転倒させていた。その場にいた同僚2人が殺害したのではないかと思われていたが、実際は2人ともすぐに救急車を呼んでいた。これにより石井の事件は冤罪ではなかったことが判明した

土師に頼みウィルスを紛れ込ませたフォルダを青木の操作するPCに送り、気づいた青木がそれをクリックした途端PCが警告の画面に切り替わってしまう。青木の居場所をそれで知った右京たちは急いで監禁場所へ駆けつける。そこにいた琢也はそのまま逮捕されてしまい、遅れて木村が現れる。青木が木村に琢也のふりをして自殺をほのめかすメールを送ったため、止めようとして木村はやってきたのだった。

これにより、事件の首謀者は木村だと判明した。しかし、琢也は自分一人でやったことだと言ってかばっていた。

まとめ

  • 金狼会幹部刺傷事件:黒川龍臣が実行した。河野を破門にしてもらう代わりに、相良が身代わりに出頭すると自ら頼んだ。
  • 重過失致死事件:石井直久がぶつかったことにより、千葉は死亡した。
  • 青木拉致事件:木村が琢也と組んで実行した。

【相棒シーズン18】12話の感想

青木が拉致されて登場した土師は、過去に何度か青木との絡みで出演しています。今回、青木がいないことでいつも以上に出演シーンが多かったです。このまま定着するのか?と、思いきや当然ながら青木は救出されます

救出されても感謝するどころか恨み節を言う青木、らしいといえばらしいですが、少しぐらい感謝の言葉があってもよかったのではないか?と思いました。

事件の裏側に隠されていた話が、警察というもののあり方について考えさせられます。犯罪に対して丁寧に捜査をしている時間があまり割けない、効率を重視した結果のやるせない結果となります。本来、犯罪をする予定もなかった人が犯罪者になってしまう。非常に不条理な話です

次ページで元となった事件ともう一つの事件、その2つの事件について詳細をまとめました。

ネタバレを含む内容となっています。未見の方はご注意ください。

タイトルとURLをコピーしました