【七人の秘書】6話のネタバレと感想|四朗の父親は誰?

2020秋ドラマ

【七人の秘書】6話のネタバレと感想をまとめています。

今回の【七人の秘書】はいつもとは違う展開の話で、秘書たちがターゲットを懲らしめるというより、結果的に丸く収まるという回です。

四朗の父親が登場し、2人は和解することができるのか?

スポンサーリンク

【七人の秘書】6話のあらすじ

東京都知事の南勝子(萬田久子)が突然倒れてしまい病院に救急搬送される。

診断の結果、急性心筋梗塞であることが分かり手術をすることになり、粟田口(岸部一徳)がゴッドハンドと呼ばれる白鳥六郎(リリー・フランキー)に頼む。

一方、萬に照井七菜(広瀬アリス)が世話になっている八百屋の康子(宮地雅子)を連れてきて、夫の心臓手術が突然断られてしまったという話をする。

その理由は執刀医の白鳥が都知事の手術をするため、予定が変更になったからだった。

話を聞いた萬敬太郎(江口洋介)はこの話を引き取ることにする。

望月千代(木村文乃)は偶然、朴四朗(シム・ウンギョン)を見かけるが、粟田口と何か話をしているようだった。

四朗は粟田口に白鳥に会わせて欲しいと頼んでいたのだった。しかし、取り合ってもらえず、明日白鳥は四朗の勤めている病院に手術しに来ると教えてもらう。

萬に来た四朗に話を聞く千代、すると白鳥は自分の父親だと四朗は告白する。母と自分を捨てた白鳥を許せない四朗だが、複雑な感情を抱いていた。

翌日、白鳥と対面した四朗は、秘書として振る舞い病院を案内する。手術のカンファレンスをした白鳥は、自分が執刀するまでもない病状だといい、手術をするのを断り帰ってしまう。

粟田口が勝子の見舞いに来た際、入院をきっかけに身を引くよう告げるが、勝子は断り国政を目指す姿勢を見せる。

そこで粟田口は白鳥に勝子の手術を失敗するよう金を積んで頼み込むが、白鳥はきっぱりと断る。

すると粟田口は別の医師に失敗させようとし……。

←5話|7話→

スポンサーリンク

【七人の秘書】6話のネタバレ

ネタバレは以下の3つです。

  1. 四朗の過去
  2. 2人の手術の行方は?
  3. ドラマの結末

結論から言うと、2人とも手術は成功し、四朗と白鳥はお互いを認め合います。

しかし、ドラマの最後に意外な展開になり、次週へ持ち越されます。

1.四朗の過去

以前、少し四朗の過去が触れられ、父親が日本で医師をやっているという話は分かっていました。

今回は四朗が日本に来て、萬と知り合うまでの過去についての話です。

  • 両親は韓国で出会って四朗が生まれた
  • 父親は専門医のキャリアを積むために、妻と四朗を残してシカゴの病院に行ってしまう
  • 母親は看護師をしながら、女手ひとつで四朗を育てた
  • 四朗が高校生の時に母は白血病で倒れる
  • 5年前に母が亡くなり、四朗は日本へやってきた
  • 天涯孤独の身のため、父しか頼る人がいなかった
  • 病院に何度も足を運んだが面会を断られる

韓国に帰るお金もなかった四朗は、一人でうずくまっている時に萬と出会います。

それ以来、萬の仕事を手伝うことになったというわけです。

秘書たちはみんな萬に救われたため、萬の役に立ちたいと思い、強い絆で結ばれています。

四朗は父を頼って日本に来たが会ってもらえず、萬に救ってもらった

2.2人の手術の行方は?

七菜が依頼した八百屋のおじさんと都知事、そのどちらも手術はどうなってしまったのか?

まずは八百屋のおじさんに関しては、白鳥が都知事の手術を断ったため予定通り手術が行われ成功しました。

では都知事はどうなるのか?粟田口により医療ミスをわざと起こされてしまうのか?秘書たちが動き出します。

  1. 四朗が白鳥に直接都知事のオペを頼んで引き受けてもらう
  2. 都知事の心電図のモニターをいじって危篤状態を装う
  3. 看護師姿の秘書たちが現れ、オペ室に都知事を運ぶ
  4. こっそりと白鳥がやってきてオペをする

その結果、都知事は手術が成功し無事退院しました。

三和と四朗は白鳥にお礼を言いにいき、帰り際、白鳥は「四朗」と名前を呼びます。

思わず足を止める四朗。「怖い」と恐れる彼女に対し、三和は大丈夫と目で応援して出ていき、部屋に2人きりにしました。

白鳥は最初から四朗が自分の娘だと気づいていたのです。

自分を恨んでいるだろうなと言う白鳥に、四朗はずっと憎んできたと素直に告げます。

しかし、憎んでいただけでなく、どうしようもなく尊敬しているとも言います。

父のような外科医になりたかったと言う四朗。白鳥はそれは無理だと答えました。

なぜ無理なのか?それは、自分は人を救うために家族も捨てたが、四朗には別の方法で人を救える人になって欲しいと願います。

オペの準備が出来たと助手が呼びに来ると、白鳥は娘を抱き締めるでもなく握手をするでもなく、ただ慈愛の目で見てその場を立ち去ります。

四朗はようやく父親に認めてもらえたし自分も認めたことで、長年のわだかまりが解けて涙を流しました。

  • 2人とも手術が成功する
  • 白鳥は四朗を認め、四朗も白鳥を認めた

3.ドラマの結末

毎回報酬がなかったり現物支給だったりと報われない秘書たちですが、今回は都知事から本来白鳥に宛てた謝礼金を、白鳥が秘書のみんなで使えと言ってくれたお陰でお金が手に入りました。

喜ぶ秘書たちは金を均等に分配し、四朗がいつ来るのかと思いつつ、出されたラーメンを食べます。

その頃四朗は粟田口に呼ばれて会っていました。

白鳥のような立派な人間になりたくないか?と父親のことを持ち出す粟田口。

四朗は「ええ」と答えると、自分の秘書にならないか?と持ち掛けます。

四朗が粟田口の秘書になってしまうのか?次回へ続きます。

四朗が粟田口の秘書にならないかと勧誘される

←5話|7話→

スポンサーリンク

【七人の秘書】6話のまとめと感想

四朗と父がお互いを認め合い、都知事の手術は無事成功するという回でした。

今回はいつものように分かりやすい悪役が出てきて、その人物を懲らしめるために計画を練るという回ではありません。

多分、白鳥が粟田口に差し出された金を受け取り、都知事の手術をわざと失敗しようとしたら、彼がターゲットになったのでしょう。

しかし、白鳥は金よりも人命を優先して断ります。そのため、ターゲットは特にないまま、都知事の手術を成功さ作戦になりました。

所々【ドクターX】とクロスオーバーし、白鳥のいる病院が東帝大学病院だったりします。

未知子を呼んだらいいんじゃないか?と思わず言いたくなりますが、晶さんは粟田口なため、メロンを持って現れたりはしません。

四朗が秘書にスカウトされ、次回はどうやら彼女は粟田口の秘書になるようです。

本当に裏切ってしまったのか?それとも敵を討つために懐にあえて飛び込んだのか?

千代の行方不明の兄も登場するようで、最終回に向けて怒涛の展開になりそうです。

次回は12月3日21時から放送予定です。

←5話|7話→

タイトルとURLをコピーしました