【特捜9シーズン3】4話のネタバレと感想|新旧戦隊ヒーロー激突!

特捜92020春ドラマ

第4話「殺人の城」のネタバレと感想を、テレビを見る時間がない人にも分かりやすくまとめて要約しました。

今回のゲストは『騎士竜戦隊リュウソウジャー』のトワ/リュウソウグリーンこと小原唯和さんが出演しました。マジックで人が殺される?その謎を特捜班が暴きます。

スポンサーリンク

【特捜9シーズン3】4話のあらすじ

マジックを見破ったら賞金がもらえる番組、『マジシャンズ・ライ』の放送中に挑戦者として登場した江上秀平(池内万作)が突然倒れ、口から煙を出して死亡する。

江上は先週、マジックを見破って賞金100万円を手にしていた。今回の放送はそのリベンジとして、ミステリオ遠野(渋江譲二)との再対決をする予定だった。

収録直前に江上の楽屋から怪しい人物が立ち去るのが目撃されている。調べてみたところ、その人物はクリーニング会社に勤める志倉登(小原唯和)という人物だったことが判明した。

彼はなぜ江上の楽屋を訪ねたのか?特捜班がそれぞれ捜査する中、その裏側にある真実に新藤(山田裕貴)が迫る。

【特捜9シーズン3】4話の犯人のネタバレ

物語の結末だけを早く知りたい人は、こちらのネタバレをどうぞ。

江上秀平殺害犯

磯山真司(水橋研二)

動機

今回、ミステリオ遠野が勝ったら、奇術組合から協力と遠野をスターにしてもらえる予定だった。

さらに人気番組にするためには、組合からの協力とスターの存在が不可欠だと磯山は考えた。そこで、江上を殺害しようと計画した。

事件の真相

江上の死因が生石灰を含んだ状態で、水を飲んだため窒息死したことが分かる。
当日、江上の楽屋から逃げ出した人物は、志倉登という少年だった。
登は病気の母親の手術費を稼ぐため、高校を辞めてバイトをしていた。

母と登はかつて江上と一緒にいたが、登が怪我をしてしまった時以来、江上は2人の元を去ってしまう。
母と自分を捨てたと思っていた登は、江上が『マジシャンズ・ライ』に出ていたのをたまたま知り、賞金の100万円を寄越せと迫る。
さらに次見破ったら500万円手にすることができるため、その金も寄越せと脅していた。

江上は当日、控え室で喉飴を舐めてから番組に出演する。すると、飴に含まれていた生石灰が唾液と反応し咳き込みだす。そこに水をもらったため、反応が進み窒息死してしまったのだった。

登がすれ違い様にアシスタントの美沙とぶつかり、喉飴が散乱したのを見ていた。生石灰入りの喉飴を楽屋に運んだのは美沙だった。しかし、美沙は磯山に指示されて持って行ったといい、残りの飴をトイレに流したことも自白する。

磯山の自宅からは生石灰入りの喉飴の試作品が見つかり、取り調べで動機を自供した。

あの日、江上は実はわざと負けようとしていた。なぜなら、金を渡したところで問題が解決しないと思ったからだった。
江上が長野に家を借りていたのは、再び登とその母と3人で生活しようと考えていたに違いないと浅輪はいう。

登は話を聞いて「嘘だ」というが、その目からは涙がこぼれていた。

【特捜9シーズン3】4話のネタバレ詳細

今回は番組放送中に死亡するという、ショッキングな出来事が起こります。しかも殺し方が普通の殺し方ではないため、マジックで殺人か?という感じで始まりました。

【特捜9シーズン3】4話の事件概要

被害者:江上秀平

  • 職業:マルヤ警備会社勤務
  • 死因:窒息死・気道熱傷による急性上気道閉塞

口から煙を出して死んだ理由は、生石灰と水が反応したことにより、喉がヤケドしてそれで気道が塞がったということが分かります。
主にカップ酒や弁当を温めたりするのに使う、あの技術が使われていました。

事件の被疑者

殺し方の手口や事件直前に楽屋を訪ねていた人物など、何人か怪しい人物が浮上します。

被疑者その1:ミステリオ遠野

  • 関係性:番組の対決者
  • 動機:先週マジックを見破られている
  • 怪しさ:マジシャンがよく使うマジックを使って死亡している

被疑者その2:志倉登

  • 関係性:以前江上と暮らしていた
  • 動機:母と自分を捨てられた恨みがある
  • 怪しさ:事件直前に楽屋に行っている

被疑者その3:磯山真司

  • 関係性:番組の司会兼プロデューサー
  • 動機:番組を盛り上げたがっている
  • 怪しさ:江上死亡後に番組がバズったことを喜ぶ

江上と登の関係

母親の奈津美と登は2人暮らしです。ただ、母親は病気なため、登は手術費を稼ぐために高校を辞めてしまいます。
母親の手術は急を要するものではありませんが、早く治療したほうが母が楽になると思い登は金を必要としていました。

江上と登、2人の間に何があったのか?過去について奈津美が話してくれます。

  • 奈津美の勤めていた喫茶店の常連が江上だった
  • 江上は登と奈津美のことを気にかけていた
  • よく登の面倒をみてくれていた
  • 手品の練習をするついでによく公園に出かけた
  • 何もないところから火を出すマジックをする
  • 木の上に座っていた登がびっくりして落ちる
  • 登が肩を複雑骨折してしまう
  • 好きだった野球がもうできなくなった
  • その後、江上は姿を消した

登は江上の実の子供ではありませんでした。籍も入っているのか入っていないのか分かりません。
ただ、登は江上のことを実の父親だと思っていました。

母親がなぜ本当のことを言わないのかも謎ですし、結局誰の子供なのかも分からずじまいです。
江上はケガさせたことがショックだったのか、マジシャンもやめて一人で暮らすことにします。
そしてたまたま、奈津美の入院した病院の警備員をやっていたため、2人を見かけてしまいます。
登が高校を辞めたという話を立ち聞きしたので、『マジシャンズ・ライ』に出て賞金を得たわけです。

事件の真相

事件の真相と、江上の思いの真相についてまとめました。

江上殺害の真相

楽屋に事件当日来ていた少年が志倉登だと分かり、新藤がやっと捕まえる。
江上への憎しみを語る志倉の話を新藤は聞くうちに、事件当日、美沙とぶつかったときの話で、江上がどうやって殺害されたのか気づく。

あの日、美沙はプロデューサーの磯山に言われて喉飴を楽屋へ持っていく。
その飴の中に生石灰が仕込まれていたのだった。
飴をその後トイレに流して捨てたせいで配管が壊れ、トイレを修理する状態になっていた。

生石灰が入っているとも知らずに飴を舐めた江上は、唾液と反応して咳をし始める。
さらに水を飲んだために反応が進み、喉をヤケドして窒息死してしまったのだ。

磯山は今回、遠山が勝ったら奇術組合から協力を得られるということと、遠山をスターにして番組を盛り上げようと考えていた。
そのため、何が何でも遠山に勝ってもらわなければならなかった。

だが、江上は最初から負けるつもりだったはずだと、遠山は考えていた。
江上は元々マジシャンだったが、登をケガさせてしまったのをきっかけに辞めてしまう。
そんなマジシャンだった江上だったら、あの時、番組で見せた本にタネがないことを知っているはずだという。
なぜなら、本を調べている隙にタネを別の所に仕込むのが、マジシャンの常套手段だったからだ。

遠山は江上が本を調べたのを見て、バカにされていると思うのと同時に、負けるつもりだと気づいていた。
しかし、それを知らない磯山は江上を殺害した。

後に、磯山の部屋から試作品の生石灰入りの喉飴が発見される。
観念した磯山は自分の犯行を認めた。

なぜ、江上はわざと負けようとしたのか?

登に見破って500万をさらに手に入れて持って来いと脅されていたはずの江上が、なぜここに来て負けることを選んだのか?
それは、金を手に入れたところで、何の問題も解決しないと思っていたからだった。

登をケガさせてしまった後、2人を置いて姿を消してしまった江上だったが、もう一度3人で暮らそうと考えていた。
なぜなら、3人で住むために長野に家を借りていたのだった。

「勝手過ぎる」と怒る登に浅輪は、それが彼なりの向き合い方だったんだと諭す。
新藤は遺品のカップ麺を見せ、その中に水を入れると沸騰して温かいラーメンができるのを見せる。
それはかつて江上が登に見せた手品だった。なぜカップ麺を彼は持っていたのか?登に見せるためだったと思うと新藤が語る。

登は「嘘だ」といいながらも、目からは涙がとめどなくこぼれ落ちた。

【特捜9シーズン3】4話のネタバレまとめ

  • 犯人はプロデューサーの磯山
  • 番組の更なる発展を願って殺害
  • 喉飴に生石灰を仕込んでいた
  • 登は江上の実の子じゃない
  • 一度は逃げた江上だったが、やり直そうと思っていた

【特捜9シーズン3】4話の感想

一度は逃げた事柄に再び向き合おうとしたけど、その前に殺されてしまったという無念の話です。

今回は新藤がメインの話で、ひねくれてしまった登を気にかけます。
登は江上と血の繋がりはないことを初めて知ったような雰囲気でした。
どうやら母親は一切そのことを話してなかったようです。

江上が登をケガさせて逃げたのも勝手ですが、母親もなんだかなと思う母親です。
登は今度は母親を恨みやしないか?というか、誰の子なんだ?そんな気になる回でした。

『マジシャンズ・ライ』という番組のリハーサル中に犯人捜しをするため、大げさにスポットライトを当てたり、別の扉から登場したりという演出をしながら犯人を教えます。

さらに磯山が取り調べを受けているときも、スポットライトが当たったりする演出も入る状態です。

全体的にふざけてるのか、泣かせに来ているのかよく分からない回です。

【特捜9シーズン3】4話のその他気になったこと

  • 警備員の制服で番組に来る江上
  • ノリノリな磯山
  • お母さんが選んでくれたような服の新藤
  • 新藤とセンスは“かぶりようがない”という青柳
  • 今回も突然現れる国木田
  • 宇宙の大パワーで殺したと疑われる遠野
  • メイクが濃すぎると突っ込まれる遠野
  • 病院で大声で怒りまくる奈津美
  • 確保の瞬間、茂みに引っかかる新藤
  • ミラクルピッチ仲間に入れられる登
  • 江上がクソだということは知っている登
  • 新藤の好きな季節は冬
  • なぜならコタツでミカンを食べるのが好きだから
  • 「冬の話を熱く語ってんじゃねえよ」という臭いセリフ
  • 取り調べでドヤって大声出してると、静かにしてくれと言われる磯山
  • 温めたカップ麺は生石灰入りで食べれるのか

【特捜9シーズン3】4話のまとめ

逃げたことに向き合おうとした頃には手遅れだったという、悔いだけが残る話でした。

江上はなぜ、素直に「3人でまた暮らそう」と言わないのか?
番組に出て100万獲得してその金を登に渡し、でもそれでは問題解決にはならないと思い返して、番組ではワザと負けようという謎の手順を踏みます。

「勝手過ぎるだろ!」と登もいうように、勝手というか回りくどいやり方にぼんやりします。
しかも実は江上が実の父親ではないということを、母親は今の今まで隠したままでいたいう、登の人間不信度が増しそうです。

そんな江上のやり方に対して、浅輪が諭す言葉は「でも、それが彼なりの向き合い方だったんだよ」です。
確かに真実かもしれませんが、登が納得できるはずもない言葉です。話としてはトホホな回でした。

次回5月6日からは【特捜9】ではなく、前身の番組である【警視庁捜査9係】が放送されます。まだ、初々しいメンバーと渡瀬恒彦さんの姿が見れます。

【特捜9シーズン3】4話のいいセリフ

何回だってやり直せるんだよ。お前はまだ全然終わってないだろ。

タイトルとURLをコピーしました