【ソロモンの偽証】4話のネタバレと感想|死の当日にあった謎の電話

スポンサーリンク
WOWOW
スポンサーリンク

宮部みゆきさん原作【ソロモンの偽証】のWOWOWドラマ版4話のネタバレと感想です。

前回終わりで火事になった大出の家が放火であることが判明し、事件性を帯びてきます。それでも涼子は裁判を開くために、関係者を説得しに行きますが……。

スポンサーリンク

【ソロモンの偽証】4話のあらすじ

大出俊次(坂東龍汰)の家の火事が調査した結果、放火であると判明する。それでも藤野涼子(上白石萌歌)津崎校長(小林薫)に裁判を続けたいと訴えた。

神原和彦(宮沢氷魚)が弁護人を務めることになり、野田健一(浮所飛貴)も一緒にやると言い、涼子は検事を務めることになった。神原たちは大出に裁判への出廷を頼みに行くが、父親のことを言われた大出はキレて神原を殴ってしまう。

一方、三宅樹理(山本舞香)に出廷を説得しに行った涼子だったが、そこには茂木悦男(橋本じゅん)がいた。茂木は樹理の代理人だと言って自分を通して話して欲しいと言い出す。

しかも、柏木卓也(野村裕基)が殺される現場を見たのは、樹理ではなく浅井松子(富田望生)だったと樹理は主張しているというが……。

【ソロモンの偽証】4話のネタバレ

今回は裁判を開廷するための下準備として、大出と樹理を説得しに行きます。さらに柏木が亡くなった当日に謎の電話がかかってきていたことが判明しました。

裁判の開廷準備

火災が起きたことで大出家の3人は警察で事情聴取を受けます。すると俊次は笑い出し、キレた勝が殴り始めそれどころではなくなってしまいました。

その後、警察の調べでは火事は放火で間違いないと結論付けます。なぜなら、出火場所が普段火の気のない離れだったからです。

大出の家が火事になったことで、裁判の開廷が危ぶまれると感じた涼子は校長に直談判しに行きます。さらに茂木から聞いた第三者委員会が、大出の父の息がかかっている人たちが選任されていることを伝えます。校長は自分たちの味方なのか?と涼子は問い、校長は「もちろんです」と返答しました。

涼子は北尾先生に神原を紹介して、裁判参加の許可をもらいます。神原が弁護人を務めることになり、健一も神原と一緒に弁護人をやると言い出します。そして涼子は検事役をやることになりました。

そこで、神原たちは大出を説得しに、涼子は樹理を説得しに向かうことにします。

告発状を書いたのは誰?

一方、茂木は樹理の家に押しかけて話を聞きだそうとします。母親に追い返されそうになるところを、樹理自ら出てきて話を聞くことになりました。

樹理は一時的に失語症になっていたため、タブレットを使って会話をします。「あなたは告発状を信じますか?」という文字を見た茂木は、もちろん信じると答えます。大出は報いを受けなくてはならない、だから告発状のことを話してほしいと訴えました。

その頃、神原たちは大出の説得に向かいます。家を焼け出されて一時的にマンションに住む大出を、動画配信者が家を特定して騒いでいる状況でした。自宅を訪ねても誰も出て来ないので、帰ろうとすると偶然大出と出会います。

神原が柏木が死んだ日、どこにいたかを問うと曖昧な返答しかしません。捕まっても父が助けてくれると、父に守られている自覚があるんだろうと、神原が大出を挑発した途端、キレて神原のことを殴り立ち去ってしまいます。

そんな大出の背に向けて「俺がお前の無実を証明してやる」と神原は告げ、健一は本当に無実だと思っているのか神原に聞きます。神原は「弁護人だからね」と告げるのみでした。

涼子は樹理を説得に家を訪ねると、茂木がそこにいました。声が出ない樹理に代わり、茂木が涼子に話を伝えます。告発状を出したのは松子と樹理だが、柏木の死を目撃したのは自分ではなく松子だったそうです。

樹理の言葉が信じられない涼子は、本当に松子なのか?と樹理に聞くと、彼女はうなずきます。樹理は裁判に匿名なら協力してもいいと言います。しかし、茂木が今後は代理人である自分を通して欲しいと言います。

樹理の家を出た後、涼子は茂木に対して不満を告げます。樹理はすべて松子のせいにしていると。茂木はそういうのを含めて裁判で明らかにするのでは?と涼子を諭しました。

涼子は茂木に勝手にテレビで取り上げられたり裁判の邪魔をされては困ると言い、本当に協力者になって欲しいと頼みます。もし協力してくれるのなら、裁判の内容を表に出せるようになったら、真っ先に教えることを条件として提示しました。茂木はその条件を飲みました。

現場検証

涼子は神原と健一の3人で、柏木の死を目撃した松子の当日の足取りを追います。なぜ、松子は夜中に出かけたのか、樹理の証言では「雪景色が綺麗だったから散歩したくなった」と松子は言ったそうです。

松子は学校まで行って引き返そうと思ったが、柏木が大出たちに連れて行かれるのを見て、そっと後をつけていきます。大出たちが屋上で揉め始め、柏木を柵の外に無理矢理出します。そして、柵にしがみつく柏木の手にタバコの火を押し付け、耐え切れなくなった柏木が落ちてしまいます。

松子は屋上のドアのそばに隠れて、それを見ていたそうです。神原は「その告発状、誰が書いたにしろ、実際にここに来たことあるんだね」と言います。なぜなら、ドアのそばに隠れていても、現場が見えることは確かだったからです。想像では書けません。

涼子は自宅に戻っても、やはり樹理のことが信じられずにいました。それを父に言うと、信用に関わらず嘘をついているかどうかは分からないと言われ、涼子は再び考え直します。

神原は柏木とのやり取りを思い出していました。ある日、柏木が「人間なんてくだらない。誰も信用できないし、信用に値するやつもいない。なんのために生きてるんだか、分かんなくなってきたよ」と言っていたことを。

クラスの半数以上が裁判に承諾し始めていることに教師たちは慌て、校長に文句を言いに行きます。校長は「第三者委員会は必ず自殺の判断を出す」と言い、それよりも調べて欲しいことがあると頼みました。

当日の柏木

柏木の兄の宏之に涼子たちは会いに行きます。柏木が死んだ日、彼が何をしていたのかを聞くためです。しかし当日、彼が何をしていたのかよく分かりませんでした。父は会社に行って夜まで戻らず、母も友人と出かけて夜まで戻らなかったそうです。

夜、母親が戻ってきてドアをノックしますが、何も反応がなかったため眠っているのだろうと思いました。また、兄はこの頃実家を離れて親戚宅に住んでいました。

柏木は時々出かけていたそうですが、大出に呼び出されていたのかは分かりません。ただ、怯えてはいませんでした。スマホはもういらないと言って解約されていたため、当日の行動も分かりません。

大出に怯えていなかったのなら、なぜ学校に来なくなったのか?現在分かっているのは、ある日、担任が家を訪ねて来た時、柏木は「もう学校に関わるのは嫌なんで」と教師に来ないで欲しい旨を告げていました。

兄は弟が自殺するようには思えないと言いますが、神原はそう思わせないような言い方をしていたのかもしれないと考えました。

その頃、被疑者である大出は荒れに荒れて傷害事件を起こします。ですがまた、父親が手を回して示談となり、逮捕されることはありませんでした。

学校に刑事がやってきて校長に学校からも大出の父に、何とか言ってくれないかと言います。しかし、その場では何も変わることがありませんでした。

刑事が学校から帰ろうとする際、恵子が「責任持って少年院でも何でも入れろよ」と怒ります。それを見た涼子は恵子に「大出はちゃんと裁かれたほうがいい」と訴え、裁判に出廷してくれないかと頼みました。返事をしない恵子の背に向け、いつでも待っているからと声をかけます。

謎の電話

柏木はスマホは解約していましたが、自宅の電話の通話履歴を兄の宏之が調べてくれました。

涼子たちがその履歴を見ると、亡くなった当日、1件の発信と5件の着信履歴がありました。発信は柏木の母が友人と会話したもので、残り5件の着信は全て公衆電話からのものだったのです。

では、誰がかけてきたのか?大出が根気よくかけるとも思えない、きっと柏木本人だったのではないかと神原は推理します。

恐らくあの日、柏木は死に場所を歩いて探していて、その途中で両親に別れを言うつもりで電話をかけたが、誰とも話せないまま夜中に学校から飛び降りたのではないかと。

健一がその番号の内の1つにかけてみたところ、電機店の人が電話に出ました。それは柏木の地元にある電機店の公衆電話でした。

残りの公衆電話も調べたところ、当日の状況がわかります。

  • 1件目 12:28 聖マリア城東病院
  • 2件目 14:18 銀座八丁目交差点
  • 3件目 16:03 北板橋五丁目
  • 4件目 18:05 殿徳公園
  • 5件目 19:30 小林電機店

約1時間半おきに電話がかかってきていました。

そこで涼子たちは電機店の店主に、当時のことを聞きに行きます。店主はその時のことをよく覚えていて、その人は困った様子だったと言います。涼子が柏木の写真を見せますが、店主は自信がないなと答えます。しかし、黒いコートを着ていたと証言してくれました。

柏木は亡くなった時、黒いコートを着ていたことを涼子も思い出しました。電話をかけた人物は果たして柏木だったのか?

ドラマの結末

第三者委員会の結論が出たため、校長が教室に入ってきて伝えます。結論は柏木は自殺で、告発状は悪質ないたずらということでした。

茂木がそれを樹理に伝えると、樹理は怒って部屋に閉じこもってしまいました。

神原に涼子が伝えるとと、あまり驚いた様子もありません。涼子は神原は最初から自殺だと知っていたのではないかと聞きますが、弁護人の推測だと言うのみでした。

一方、警察では大出の父があの家に火災保険を7件かけていたことが判明し、涼子の父はある確信を得ます。そんなことも知らずに大出の父は、第三者委員会の報告書を読んで満足げにしていました。

神原の電話が鳴り、涼子と一緒に会いに行った人物は大出でした。大出は「裁判に出てやるよ。でもその前にいっておく、柏木を殺したのは俺だよ」と告白します。

【ソロモンの偽証】4話のまとめと感想

大出の家に放火した者がいて、柏木が亡くなった当日に自宅に謎の電話がかかってきていたことが判明しました。

裁判もなんだかんだで少しずつ準備が整い、クラスの半数以上が承諾したり、樹理も大出も裁判に出廷してくれそうです。

それとは別に警察は大出の父を水面下で追っていて、どうやら保険金詐欺の可能性も出てき始めます。

この父親は相変わらず横暴で、それに反発してか息子が荒れて他人を暴行するという状況です。親子同士でやり合ってくれればいいものを、息子は逆らえないのか弱者に当たりまくります。

また、神原は自分の中で思う事があるようで、その推論が正しいかを確認するために、裁判に参加しているようなところがあります。健一だけでなく涼子も段々怪しく思い始めているようです。

誰が嘘を言っていて誰が本当のことを言っているのか?自分の損得だけでなく、思春期の悩みや思いがその裏に見え隠れします。

そろそろ裁判を始めて欲しいものですが、まだ少し開廷には時間がかかるようです。

タイトルとURLをコピーしました