【真犯人フラグ】4話のネタバレと感想|朋子の幹葉化が止まらない

スポンサーリンク
2021秋ドラマ
スポンサーリンク

【真犯人フラグ】4話のネタバレと感想、ドラマ内に登場した小ネタについてもまとめています。

凌介が妻に保険金をかけていたことが分かり、世間はますます夫が犯人ではないかと疑います。会社にも嫌がらせや苦情が殺到して、仕事に支障が出てきてしまいます。そこで、本社から記者会見を開くように言われますが……。

スポンサーリンク

【真犯人フラグ】4話のあらすじ

阿久津浩二(渋川清彦)落合和哉(吉田健悟)の2人の刑事は、保険会社に行って相良凌介(西島秀俊)が妻の真帆(宮沢りえ)に保険をかけていたのか確認をしに行く。確かに夫は妻に保険をかけていて、しかも失踪の6日前である10月6日に契約を結んでいた。

世間では夫が犯人ではないかと騒ぎになり、会社にも苦情や嫌がらせの電話が殺到し、業務に支障が出始めてきた。社員の一人が電話の対応をするのに疲れ、退職したいと言い出すが、二宮瑞穂(芳根京子)の説得もあって残ることになった。

事態を重く見た本社は記者会見を開くよう支社長に命じたため、凌介は記者会見に参加せざるを得なくなってしまう。質疑応答の準備もしていざ会見が始まると、次から次へと新たな疑惑が出てきてしまい……。

【真犯人フラグ】4話の時系列

テレビやスマホなどに映る日時から時系列を作成しています。

4話のタイムライン
  • 11/8
    警察が保険会社に聞き込み
  • 14:13
    保険会社の社員が投稿

    会社に警察が来ていると投稿

  • 11/9
    8:25
    会社で退職したいと女子社員が話す

    「あさトビ!」で雫石が凌介が怪しいとコメント

  • 12:07
    瑞穂が女子社員と昼食
  • 12:40
    女子社員が退職を撤回

  •  
    警察で捜査会議
  • 23:15
    不倫疑惑の投稿
  • 11/10
    8:45
    支店長に凌介が呼び出される

  • 12:00
    記者会見を開く
  • 12:24
    不倫疑惑のツイートについて質問
  • ぷろびんの動画公開

    冷凍遺体についての質問


  • 凌介に出社停止命令
  •  19:56
    林から電話

    工事を中断することに

  • トンネル付近の茂みで妻の指輪発見

  • 11/11
    15:53
    橘からメッセージ

    「至上の時」で話をする

  • 20:54
    帰宅後朋子へメッセージ
スポンサーリンク

【真犯人フラグ】4話のネタバレ

今回は保険金殺人の疑いから始まり、記者会見を開いてさらなる窮地に追い込まれます。

保険の内容

阿久津と落合が保険会社に聞き込みに行き、凌介がかけた保険がどんなものなのか知らされます。
契約したのは失踪から6日前の10月9日でした。死亡保険の受取人が凌介になっていて、掛け金は500万でした。

火災保険を入るついでに生命保険の見直しもしたそうです。妻と一緒に保険会社に行き、お互いに保険をかけました。子供の死亡保険は入っていませんが、世間ではまるで凌介が保険金殺人を企てていたかのように報じられます

警察が来ているのを見た保険会社の社員が、こっそりとTwitterに投稿します。

警察きた。終わったな…炊飯器旦那…

と、投稿されました。それによってマスコミが保険会社にも駆けつけ、担当者もなぜか凌介に疑いの眼差しが行くような受け答えをします。

翌日のワイドショーでは完全に夫が犯人かのような報道になっていました。

新たな情報

報道を受けて会社にも苦情や嫌がらせの電話が相次ぎ、女子社員の石川あきのが退職したいと太田黒に相談していました。精神的に辛いと訴える彼女に、太田黒は凌介のせいだとばかりに責めます。

瑞穂が石川を誘って屋上に昼食を食べに行き、石川を凌介が以前励ましていた話をします。それを聞いた石川は退職するのを撤回しました。

一方、警察では新たな情報が入ります。発見された指輪とスマホからは持ち主以外の痕跡はありませんでした。しかし、現場に新しい足跡があり、サイズは24cmで女性のものと思われるものが見つかります。

光莉のスマホの電源が入った時の詳細も分かりました。

1度目10月17日失踪2日後都内で電源が入る
2度目10月19日失踪4日後神奈川県内から交際相手の橘にメッセージを送信
3度目11月3日失踪19日後群馬県山中で電源が入る

補足情報として、光莉がストーカー被害に遭っていたことと、篤斗のサッカークラブ周辺で不審者の目撃情報が度々あったことが分かりました。

新居予定地でコンクリを全て壊していると、猫おばさんがやってきて林に言います。靴を埋めた女捕まったのか?と。見ていたのかと林が聞くと、うちのショスタコーヴィチがそう言っていたと答えました。

阿久津たちは光莉の同級生たちに聞き込みし、ストーカーや女の不審者を見たかと聞きますが、見ていませんでした。現場から出た足跡、公衆電話のタレコミ、女が絡んでいるのか?落合が考えてるそばで、阿久津はシイタケを食べさせる元彼女の話をしていました。

記者会見で失態

支店長から呼び出された凌介は、本社が苦情電話でパンク寸前だといい、凌介自身で身の潔白を証明するために記者会見を開くよう命じられます

その後、瑞穂と質疑応答の練習をする凌介、準備万端で記者会見に臨みます。

記者 事件当日アリバイのない時間があるようだが?
凌介 その時間は「ハコハコカーニバル」というトランクルームに行っていた。

記者 妻の保険金の受取人があなたのようですが?
凌介 間違いありません。ただし、夫婦で加入してお互いが受け取る形になっている

記者 娘のローファーは証拠隠滅で埋めたのか?
凌介 物が埋められない状態になるまで5時間程度かかると業者から聞いた。職人が帰宅して5時間、自分は会社にいたのでローファーを埋めることは不可能。

記者 ネットで拡散されている不倫疑惑写真について答えて欲しい
凌介 ただの人違いだった。名前も分からない人がネットに投稿した裏付けのない憶測には、違うとしか答えられない。

記者 冷凍された少年の遺体が会社に送られてきたのは本当か?
凌介 それに関しては…えぇと…。

ネットで拡散された不倫疑惑写真というものは、陽香に人違いされた時のものでした。

炊飯器旦那の不倫現場発見
ミシシッピアカミミガメを守る会副会長@m3jdgpw5

という投稿が11月9日に投稿されていました。さらに、一度垢バンを食らったぷろびんがタレコミのメッセージを受け取り、冷凍遺体が送られてきた話を動画で暴露します。

想定していなかった質問に慌て、後で確認すると言ってみんなで会見場から逃げ出してしまいました。質問に答えずに逃げる姿は不評を買い、翌日もまた凌介を叩く報道がされることになってしまったのです。

この結果、凌介は上から出社停止命令を出され、自宅待機となってしまいます。

恐怖の朋子

林から連絡があって新居の工事を中断させて欲しいと言われ、凌介は渋々応じるしかありませんでした。消沈していると突如鳴るチャイムの音、しかも何度も押してきます。ドアを開けた先にいたのは朋子で、また鍋を持っていました。

これだけでも結構恐怖なのですが、ずかずかと部屋に勝手に上がりこみます。そして、以前渡したカレーを食べていないのを見るや否や、勝手に今度は料理を作り始めます。包丁や野菜がどこにあるのか知っている朋子、なぜなら真帆と一緒に料理を作っていたからだと説明します。

凌介は妻もいないのでと度々断ろうとしますが、朋子は「私を女として見なければいい話ですよね」と言って料理を作り続けます。

そして、凌介の好きながめ煮の作り方を真帆から教わった朋子はそれを凌介に出しました。凌介は真帆と食べた時のことを思い出し、食べていく内に涙を流してしまいました。

ドラマの結末

橘から連絡が入り凌介は「至上の時」で瑞穂と一緒に待ちました。やがて河村もやってきて、遅れて橘もやってきました。凌介の不倫疑惑写真を投稿した「ミシシッピアカミミガメを守る会副会長」と、ローファー事件を流出させた「をんぬむ」は同一人物だと判明したと言います。

ただ、個人の特定までは難しく、冷凍遺体の投稿をした人物と、ぷろびんチャンネルにタレコミした人物も同一かまでは現時点では不明でした。

自宅に戻った凌介のドアに貼ってあった“要冷凍”のシールは全て剥がされていて、代わりに「困ったらいつでも言ってくださいね 菱田」と書かれたメモが貼ってありました。

凌介は朋子に礼のメッセージを送り、朋子は「いつでもそばにいます」と返信しようとしますが、「お安いご羊羹」のスタンプで返しました。

朋子の息子の清明が習字セットを探して押入れを開けた瞬間、見てはいけないものを見てしまったのか凍りつきます。そして朋子がやってきて唇の前で指を立てて「しーっ…」と黙らせました。

凌介がカーテンを閉めたところ、突然ガラスが割れてサッカーボールが転がってきます。そのボールを見た凌介は驚きました。

スポンサーリンク

ぷろびんの動画

垢バンを食らったぷろびんですが、早速復活して謝罪風の動画を上げます。チャンネルが削除されるに至った経緯を説明します。

  • 亀田運輸の社員と名乗る人物からリーク情報があった
  • しかし現在は連絡が取れない
  • 恐らくその人は消されてしまっているだろう

と言った後に、アカウントはボカして公開します。

亀田運輸東京支社に
子供の冷凍遺体が送られてきました。
送り主は相良凌介、
亀田運輸と警察はこの事実を隠蔽しています。

という、情報がぷろびんチャンネルのツイッターアカウントのDMに送られてきました。亀田運輸は子供の冷凍遺体を配送して、それを組織ぐるみで隠蔽したと糾弾します。

この情報を知りえる人はあの時、あの場にいた人と一部の社員でしょう。もしくは送った張本人です。本当に送った人が消されてしまったのかは、現時点では分かりません。

4話の小ネタ

今週はあまりネタはありませんが、分かったものについて記載しています。

ミシシッピアカミミガメ

いわゆるミドリガメのことです。最近は屋台で売っていたりはしないのかもしれませんが、一時期お祭りなどに行ったりするとこれを買って帰ったりする時代がありました。池の水を抜く番組ではお馴染みの外来種です。

亀田運輸のマークの亀がミドリガメなのかは分かりませんが、仮にそうだったとしたら、ミドリガメを守るために社員が情報を流している可能性もあります。

アザトース

行方不明の子供の名前を聞かれた母親が、「田中アザトースです」と答えます。万物の王でアザトースとさらに付け加えます。

アザトースとはラヴクラフトやクトゥルフ神話に登場する架空の神です。「万物の王」のほかに「魔皇」「白痴の魔王」といも呼ばれ、神々の始祖という位置づけです。なかなかに凄い名前をつける母親です。

沈黙の螺旋

瑞穂が凌介を励ますために言った理論です。孤立を恐れ少数派になると発言し辛くなり、多数派だと思うと発言しやすくなるという心理状態を説明します。

ドイツの政治学者エリザベート・ノエレ=ノイマンによって提唱された、政治学とマスコミにおいて発表された仮説です。なぜ瑞穂がこんな理論を例えに出したのか、彼女は見た目以上に色々何か知っていそうな人物だと思わせます。

スポンサーリンク

【真犯人フラグ】4話のまとめと感想

凌介が疑惑を晴らすために記者会見をしますが、失敗に終わり余計に怪しまれてしまいました。

『あなたの番です』で言うところの幹葉のような人物に、朋子はなりつつあります。凌介に好意を寄せているのは、彼女だけでなく瑞穂もでしょう。犯人が女の人ではないかと警察は考えていますが、実際のところまだまだ分かりません。

ツイートも同一人物が全てしているとも限りませんし、複数人でやっている可能性もあります。ドラマのほうで出すヒントが、そのまま正解に結びつくとは限らないのが悩ましいところです。

今回事件としては新たな進展がなく、凌介が大変な目に遭っているという現状を伝えるような回でした。しかし、次回はとうとう凌介にまで危害が及ぶ展開になるようです。犯人も気軽にあまり接触すると、防犯カメラやドライブレコーダーがある時代なので、正体が分からないほうが不自然になってしまわないか心配です。

次回は11月14日22時30分から放送予定です。

タイトルとURLをコピーしました