ドラマ【オペレーションZ】最終回までのあらすじ一覧

2020春ドラマ

2020年3月15日(日)からWOWOWで始まった【オペレーションZ】のあらすじを、放送終了後に毎週更新していきます。

スポンサーリンク

ドラマ【オペレーションZ】のあらすじ

第1話

帝国生命保険が取り付け騒ぎになり、1兆円の国債を売却するという事態になる。梶野総理(きたろう)は日銀に国債を買わせようとするが、海外のヘッジファンドの餌食になると言って江島副総理(草刈正雄)は反対する。残された短い時間の中、江島は国債の買い手を探し出す。危機的状況はひとまず回避した。

物価の上昇が止まらないため、梶野総理は病気を理由に辞任する。そこで江島に白羽の矢が立ち、総理大臣に就任が決定した。

その頃、『デフォルトピア』という新聞連載小説が、“予言の書”だという話題になっていた。日本はこのまま財政破綻してしまうのか?財務省の周防(溝端淳平)中小路(高橋メアリージュン)ら4人の官僚が勉強会に召集される。そこで江島は大胆な政策を打ち出す。

第2話

集められた周防(溝端淳平)中小路(高橋メアリージュン)根来(堀部圭亮)土岐(丸山智巳)の4人は一般会計を半分にするよう、江島総理(草刈正雄)に命じられる。予算の中で削るべきところはもう社会保障費と地方交付金ぐらいしかないと、4人は結論づける。そのことを江島に報告すると、それで進めて欲しいと承諾する。

日本の財政が危ういと海外のメディアがスクープする。記者会見を開き苦しい言い訳をする江島、やがて国内の新聞も政府と財務省がうまくいっていないことを記事にする。記者の児玉(小松利昌)は周防たちが財政削減チームにいるところまで掴んでいた。

政府内からも反対の声が上がる中、財政削減することはできるのか?

ドラマ【オペレーションZ】の放送日程

話数放送日
第1話2020年3月15日
第2話3月22日
第3話3月29日
第4話4月5日
第5話4月12日
タイトルとURLをコピーしました