虫籠の錠前 3話 ドラマ感想とネタバレ ワームの存在とは?

スポンサーリンク
虫籠の錠前WOWOW
スポンサーリンク

無事脱出できたナナミとカゴロクでしたが、早速また問題が発生します。
新たな依頼者ハニーとは何者なのか?少しずつ明らかになる「むしかごの庭」の話と、それを調べているというジャーナリストのヨシノ。
登場人物をさらに加えた第3話を見ていきましょう。

スポンサーリンク

「虫籠の錠前」概要

「虫籠の錠前」はWOWOWライブで金曜22時~で放送されています。
カルト教団の残した莫大な遺産をめぐり、裏社会や能力者たちの抗争に巻き込まれていく、主人公2人のアクションミステリードラマです。

主なキャスト

  • ナナミ(清原 翔)
  • カゴロク(鈴木拡樹)
  • カズキ(宇野祥平)
  • サンゾウ(黒田大輔)
  • ヤナ(池田朱那)
  • ニト(萩原みのり)
  • シラク(定本楓馬)
  • サオトメ(松本享恭)

主なスタッフ

  • 原作:成田良悟
  • 監督:豊島圭介
  • 脚本:清水 匡 小寺和久
  • 主題歌: Survive Said The Prophet 「Right and Left」
前回はこちら

あらすじ

むしかごの鍵を売ったお金で仲間内で盛り上がっていたナナミ(清原 翔)だったが、カズキ(宇野祥平)とサンゾウ(黒田大輔)が店にやってくる。二人をカゴロク(鈴木拡樹)に追い払うようにいっているうちに、新たな依頼人ハニー(井澤勇貴)が店に来た。

ハニーの依頼は2日間守って欲しいという依頼だった。和宇琶會から鍵を盗んだのはハニーだったからだ。その場にいたカズキとサンゾウが襲ってくるかと思いきや、二人ともハニーのファンだった。ハニーはロックスターで大泥棒という人気者だったのだ。

そして一曲歌って欲しいとねだる二人の声に応え、店のステージで歌いだすハニーだったが突然倒れてしまう。

その様子を見ていたジャーナリストのヨシノ(新名基浩)が、彼はワームだから死んでも仕方ないと言い始め…。

ネタバレ


続きはこちら

むしかごの鍵を売ったお金でパーティーをしているナナミたち。そこにカズキとサンゾウがやってくる。奪った鍵を取り返しに来たのだった。
しかし、ナナミは先にチョウが来て持っていってしまったというが、二人は騙されずに店内を探す。

大体むしかごの庭の場所を知っているのか?と二人に言うナナミ。二人とも施設にいた時も、バグっていてわからないんだろうと。誰も知らないんじゃ、仮想通貨みたいなものだ、いつか暴落するとナナミは呆れる。そしてカゴロクに客が来るから追い払えと頼む。

すると血まみれでフラフラと、パンクロッカー風の男が店に入ってきた。男の名前はハニーといい、ニト(萩原みのり)は手当てをしていたが血糊だと気づく。ハニーいわく目立たないようにするために、血まみれで来たという。

ハニーの依頼は海外へフライトするまでの2日間、守って欲しいという依頼だった。報酬は2千万円だという。 和宇琶會からむしかごの鍵が盗まれたが、それを盗んだのは自分だとハニーはいう。その後売ってしまったから、今どこにあるのかはわからないということだった。

この依頼を受けるか?と問うハニー、ナナミは和宇琶會がハニーに懸賞金をかけていて、その金額が2千万だと知っていた。そのまま引き渡したほうが楽だから、金額が足りないと報酬のアップを交渉する。ハニーは仕方なくさらに1千万上乗せして、3千万の報酬で依頼を持ちかける。ナナミは納得して依頼を受けることにした。

そしてカゴロクにハニーのボディーガードをするよう頼む。見た目は爽やかだが、腕力は恐竜並みだとナナミはカゴロクを紹介し、握手をした途端に痛がるハニーだった。

まだ店内にいたカズキとサンゾウが、神妙な顔をして近付いてくる。早速身構えるカゴロクだったが、カズキは突然ハニーの大ファンだと告白する。ハニーはロックスターで、歌って踊れる大泥棒だという。なんとか近付こうとするカズキを、ボディガードの依頼を受けたカゴロクは、指一本触らせないと頬を叩くのだった。

喉が渇いたというハニーに、カズキは店の奥に勝手に行ってミネラルウォーターを持ってくる。それを渡そうとするが、再びカゴロクに阻まれるのだった。
騒がしい店内にいた別の客にニトが詫びると、その男の手首にはニトと同じリストバンドがはまっていた。それを見て気味悪がるニトだった。

サンゾウが店にあるカラオケを操作して、ハニーの持ち歌を流し始める。頼むから一曲歌って欲しいとねだるカズキとサンゾウ、歌い始めようとするハニーにカゴロクが立場がわかっているのかと制止する。しかし、ハニーは「ここで歌わなきゃ、ロックじゃねーぜ」といって歌い始める。

だが、歌っている途中で泡を吹いて倒れてしまうハニー。慌てて駆け寄り確認すると、死んでいるようだった。
水に毒を入れたのではと疑われるカズキ、店に来た時に蕎麦に顔を突っ込んでいたからアレルギーじゃないかと主張する。しかし、周りのみんなはカズキのせいで死んだと疑い、誰も話を聞いてくれない。本当にハニーを愛していたというカズキに、ニトは愛を語るなと一喝する。

店にいた客の一人が立ち上がり、ハニーはワームだから死んだという。むしかごの鍵は呪われていて、鍵がある場所にバグは集まり、ワームは死んでしまうということだった。男はむしかごの庭を調べているジャーナリストでヨシノと名乗る。

ヨシノはカズキがパイロキネシスのナンバー1、サンゾウがテレキネシスのナンバー33だと、彼らの番号と能力も知っていた。教団が壊滅した時、二人は記憶を失ってしまったが、生き残ったエリートだと語る。

ヨシノが言うには、教団は楽園を作ろうとしていたらしい。どんな凡人でも絶望しない楽園、人間の可能性を伸ばそうとした。先行きが見えない中、自らの可能性を信じる力があれば人は生きていける。だが、その願いは叶わず教団にいた人は全滅してしまったということだった。
しかし、何人か生き残ったバグがいて、それが今ここにいるカズキやサンゾウだという。だからワームが死のうがどうでもいいというヨシノだが、カゴロクはいいわけないと反論する。

ワームとはバグを作るための試験体でいわばモルモット、理想を叶えるための犠牲だと教える。そしてハニーは元々ワームで、バグを作るため奴隷のように来る日も来る日も、実験に付き合わされていたのだという。
ところが、教団が壊滅するよりずっと前にハニーは脱走し、ロックスターに転身した。 だからハニーはむしかごの庭の場所を、知っている可能性があるという。

ヨシノの調査でも、むしかごの庭の場所を特定できた者はいなかった。一説には湖に沈んだとも言われているが、本当のところは誰も知らない。もしかしたらハニーなら知っていたかもしれないのに、こんなことになってしまうなんてと悔やむのだった。

すると店の外の階段を上がってくる音が聞こえ、ナナミはハニーの死体を急いで隠せと命じる。迫る時間にニトが自らの能力を使い、ハニーの死体と一緒に透明化して身を隠すのだった。

店内に入ってきたのは警察のサオトメ(松本享恭)だった。不審に思うサオトメをナナミは貸切パーティーしていたと誤魔化す。店にいたカズキとサンゾウを見て、ナナミ側についたのかと問うサオトメに、二人は否定をする。和宇琶會の取調を強化しているというサオトメは、二人を怪しげに見ているが、ナナミは何とか店内から出ていってもらおうとする。

その時、ニトの能力の限界がきて姿を現してしまうが、急いで再び身を隠す。サオトメは何かを悟ったように、店にあった大きな布を持ち、ニトたちが隠れている場所へ落とす。すると布は床には落ちずに、形が出てきてしまうのだった。

サオトメは全員連行するといって並ばせ、持ち物を全部机の上に出させる。サンゾウが指輪を発射しようとサオトメに指を向けるが、怖気づいて神棚のほうへ走っていく。神棚の上にある木札を見たナナミが、鍵を擦りかえられたことに気づく。

そのまま遺体として運び出されていこうとするハニーへ向かい、生きているんだろうと声をかけるナナミ。死んだと思われたハニーは起き上がり、死んだふりをしているだけだったのだ。


今回はむしかごの庭という教団がどういうものだったのか、ジャーナリストのヨシノのお陰で色々わかります。

ワームとは?

バグを作るための試験体でいわばモルモットということです。
ハニーはワームで、来る日も来る日も実験に付き合わされていたといいます。
ハニー自体には何か能力があるのかないのかは、今のところわかりませんが、死に真似が巧いことは確かです。

現在わかっているバグ

  • カズキ:ナンバー1、パイロキネシス
  • サンゾウ:ナンバー33、テレキネシス
  • ニト:ナンバー210?、インビジブル

しかしカゴロクのことには、ヨシノは触れていませんでした。また、ナナミに関しても何も言っていませんでした。
この二人が教団に関係あるのかないのかは、全く今のところは不明です。

感想

今回は残念ながらアクションシーンがありませんでした。
代わりにあったのが、ハニーの歌のシーンです。誰が作詞作曲したのかはわかりませんが、「ハニー感」が出ているブンブン歌いまくる曲でした。

そして移動もなく一つの場所で話が進むので、ある意味ソリッドシチュエーションドラマのような展開です。誰が殺したのか?その場にいる人たちでお互いなすりつけあって、最終的には意外なオチといった流れになっています。

説明役としてヨシノの加入があったので、今後むしかごの庭の詳細がセリフで入るのかもしれません。放送時間も30分なので壮大な話をやるには、どうしても映像で全てを表現するのは難しいとは思います。

とはいえ、相変わらず知恵を働かせて撮影しているのが伝わってくるので、好感持てます。

まとめ

ニトがバグであることがわかったので、妹のヤナも「87」でバグかなと思います。ハニーも「82」の可能性はありますが、ワームらしいので違うのかもしれません。

今後どんな能力がが出てきそうか、考え始めたらキリがありません。しかし、能力に名前がついているものがくるのだとしたら、テレポテーション、テレパシーあたりは思いつく能力です。

能力者が誰一人死ぬことなく終わってくれたほうが、ほのぼのした部分もあるドラマなのでいいかもしれません。

今回のいいセリフ

愛ってなんだよ?気安く愛を語る男は、この世から全員消えろ。

タイトルとURLをコピーしました