【恐怖新聞】2話のネタバレと感想|壊れ始める母親

2020夏ドラマ

2020年9月5日に放送された【恐怖新聞】2話のネタバレと感想をまとめました。

父が死んだことにより、母が今度はおかしくなる!?

そして詩弦は新聞に書かれた事件を何とか阻止しようとするが…

【恐怖新聞】の見逃し配信はFODで視聴できます。
Amazonアカウントで登録すると1ヶ月無料で利用できます。
本ページの情報は2020年9月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

【恐怖新聞】2話のあらすじ

父親の蔵之介(横田栄司)の葬儀が行われる中、母親の歌子(黒木瞳)は父が死に際に詩弦(白石聖)へ何と告げたのかを問う。

最初は黙っておこうと思った詩弦だったが、母に責められ本当のことを話す。だが、母は「嘘よ!」と言って詩弦の話を信じない。それ以降、母と詩弦の仲がおかしくなってきてしまう。

新たに届いた恐怖新聞は通り魔的殺人が起こるというものだった。そのことを親友である桃香(片山友希)に話す詩弦だが、やはり桃香も半信半疑で信じてもらえずにいた。

デリバリーの品物を届けに行った詩弦の前に現れたのは、あの引越業者の男、蜷川冬夜(猪野学)だった。以前、自分が受け取っていたといい、新聞は読むと100日寿命が縮まるという。

新聞から逃れる方法を聞こうとしているところに、篠崎(駿河太郎)が現れ蜷川を捕まえようとする。2人はもみ合いになり階段から蜷川が落ちてしまい病院に運ばれる。彼は意識不明の重体になってしまい、詩弦は新聞から逃れる方法を聞き出せない。

母親の様子がおかしいという連絡をもらい詩弦が実家へ向かうと、母は詩弦の話も上の空でずっと何かをかじっていた。母は父の遺骨をかじっていたのだった。詩弦は慌ててやめさせるが、母はキレて「詩弦がお父さんを殺した!」と怒る。

ショックを受けた詩弦が自宅に戻り、ベランダでともを(坂口涼太郎)になぜ父を助けられなかったのかを話す。ともをは運命を変えることはできないから向き合うしかないと彼女に語り消えてしまう。

悩んでいる詩弦を心配した勇介(佐藤大樹)は、運命を変えればいいと言って励ます。詩弦は彼の言葉に勇気付けられ、桃香と勇介2人の力を借りて、事件を阻止する計画を立てる。

詩弦は事件を止めることができるのか?

スポンサーリンク

【恐怖新聞】2話のネタバレ

1:届いた新聞の内容

7月5日午後3時 総合運動公園 

時計台付近にて刃物による死傷事件が発生。

死者1名 被害者は30代女性。

近くに居た少年が軽症を負った。

イラストには中年の男が描かれています。この人物が犯人だと詩弦は考えました。

そこで詩弦はこの事件を何とか止められないかと、勇介と桃香の力を借りることにします。

死傷事件が起きる予定

2:事件の関係者

ドラマの中でちょこちょこ入ってくる、津々木という男の話があります。

詳しい事はちゃんと語られないのですが、繋ぎ合わせるとこの男がなぜそうなったかがわかります。

  • 未成年に手を出して会社をクビになった
  • 妻に離婚され子供は妻と一緒にいる
  • 復縁を迫るが妻は近づくなと拒否
  • 再就職先に落ちまくり仕事が見つからない
  • 一人でやさぐれていると若者にボコられる

元はと言えば未成年に手を出した津々木が悪いのですが、まったくもって反省しない人物です

妻たちに接触したときも、謝ったじゃないかと開き直る始末です。

若者にボコられたときも、なんでこんな目にあわないとならない、みんな死んでしまえばいいのに。と言い出すトンデモ人物です。

そんな男なので、自暴自棄になって見ず知らずの人を殺す可能性も確かにあります。

津々木が事件を起こすのか?

2:阻止作戦

詩弦の考えた作戦はこうです。

  • 3人で協力して犯人の男を止める
  • 被害者に近づけさせなければいい
  • 新聞の挿絵を描き写したものを見せる
  • 服の柄から男を探す

そして、なぜか3人で男に向かってやっつける練習をします。

しかし、正面切ってやり合うのは危険だと気づき、見つけたら警察に話して不審者として職務質問してもらおう。

という作戦に切り替えます。

事件当日、3人は手分けをして挿絵の服の柄の男を探します。

勇介が探していると杏奈という謎の女性がやってきて、「私の話を聞いてくれますか?」と突然言い出します。

勇介は今は忙しいからと断っても、彼女はしつこく話掛けてきます。

今よりも少し幸せになりたいだけなんだ、どうして誰も好きになってくれないのか。そう告げる彼女に勇気を持って一歩踏み出せば必ずいいことがあるから、と答えます。

すると、杏奈は「踏み出すんですね」と告げて離れます。

一方、桃香も篠崎に捕まり男を探すどころではなくなってしまいます。

現場の時計台で待っていた詩弦の目に飛び込んできたのは、れいの服の柄の男、津々木でした。

桃香へ電話をし、詩弦は何とか引き止めるといって、男へ近づいていきます。

津々木の視線の先には、別れた妻と息子がいました

やけになって2人を襲うのか?詩弦は止めれるのか?

探していた男がやってくる

3:最悪の結果

詩弦が津々木を引き止めていたところ、颯爽と駆け抜けていく女性がいます。

南無阿弥陀仏と書かれたケースからナイフを抜き出し、走って行った先は津々木の妻と息子のところでした。

彼女はさっき勇介と話していた杏奈でした。勇気を持って一歩踏み出した結果、ためらいなく妻を刺し息子も刺します

そして津々木の前にやってきて、自分じゃなくて奥さんと子供を選んだ。悲しくて泣いちゃったよ。と言った後、持っていたナイフを自分の首にあて、南無阿弥陀仏…と言いながら首を掻っ切ります

飛び散る血飛沫を浴びるそばにいた面々、また血まみれになるホラーが今回も繰り広げられました。

なぜ津々木でなく杏奈が犯行に及んだのか?

詩弦は気づきます。津々木は被害者だったんだと。あの絵は加害者の絵ではなく被害者の絵だったんだと。

今までの流れから言えば、飛び降り自殺のときも父の死のときも、全て被害者の絵だったじゃないか。と、突っ込みたくなりますが、詩弦はやっと今気づきました。

改めて新聞を見た詩弦はさらにあることに気づきます。

それは、新聞の内容が死者2名に変わっていたのです。本来少年は軽症で済むはずだったのに、詩弦が阻止しようとした結果、運命が変わってしまいました。

そんな詩弦に向かい、お前が引きとめたせいだと、自分のことを棚に上げて非難する津々木。

杏奈よ、妻を殺すよりも津々木を殺しておいたほうが、世の中のためだったんじゃないか?と思わずにはいられません。

詩弦が運命を変えてしまった

4:ドラマの結末

詩弦、桃香、勇介の3人は血まみれのまま、警察に連れて行かれ事情聴取をされます。

服ぐらい着替えさせてあげられないものなのか、とにかく3人とも血まみれです。

勇介と桃香はすぐに解放され、同じ事を聞かれたといいます。しかし、恐怖新聞の話はいえなかったといいます。

その頃、詩弦は篠崎に聴取を受けていました。

詩弦は包み隠さず新聞のことを話し、篠崎は蜷川の件もあって全否定はしません。

そして、それなりの確証が欲しいと告げ、詩弦に手を組まないか?と持ちかけます

2人で手を組んで事件を阻止するのか?次週へ続きます。

篠崎が詩弦に手を組もうと持ちかける

スポンサーリンク

【恐怖新聞】2話の謎

1:母親の異変

父が死んだ後、母はおかしくなり詩弦に当たるようになります。

  • 父が詩弦を恨んでいたことに対して「嘘よ!」という
  • 父が死んだのは詩弦のせい
  • 父の遺骨を食べ始める
  • イライラしてボールペンで刺しまくる

なぜ詩弦にあたるのか?そして何をイライラしているのか?

さらに、家族で一緒にいった場所が、今回の事件現場でした。家族が過去に訪れて居た場所が、今後も現場として選ばれるのか?

母は何か知っていそうな感じがしますが、まだ謎のままです。

2:ともをの謎

隣の部屋に住んでいるともをは、病気だといいますが、どうやらそれだけではないことを匂わせてきました。

いつものようにベランダで会話をしていた2人、母親に薬の時間だと言われてともをはどこかへ消えます。

前回もいきなりいなくなったりはしていましたが、今回さらにその理由に迫る匂わせがあります。

それは、ともをの後姿から足元までカメラが下がっていくと、白い上着の下に着ている服が、白い着物なのではないか?というシーンです。

白い着物を単に着ている人はもちろんいるでしょうが、それ以外で白い着物を見る事といえば棺に収まっている時を想像させます。

よって、ともをは実は死んでいるのではないか?

ともをは既に死んでいたので、運命に対して抗えないといっていたのではないかと考えられます。

3:恐怖新聞について現在わかっていること

蜷川からいくつか聞いてわかったことを記載します。

  • 恐怖新聞は一度受け取るごとに100日寿命が縮まる
  • 読み続ければ最後には死ぬ
  • 蜷川は実は25歳だが寿命が縮まって老けた

恐怖新聞を止める方法を教えてもらう途中で、事故って意識不明になってしまいます。

もし止める方法があるのなら、蜷川がしたように別の誰かに新聞を契約させるという方法がありそうです。

しかし、ただ紙に名前を書けばいいだけとも思えないので、何らかの手順がありそうです。

【恐怖新聞】2話の感想とまとめ

今回もまた深夜に怖いシーンが満載な恐怖新聞でした。

毎回死ぬ若い女の子が笑いながら死んだり殺したりで、妙に恐ろしい表情に見えます。

そして無駄に飛び散る血が、夜中とはいえ地上波でこんなに血出して大丈夫なのか?と思わせます。

なぜかみんな詩弦のせいにしたがりで、人が死ぬ=詩弦のせいという理不尽な方程式です

母親も父親もなぜそんなに詩弦を嫌うのか?いまだに理由がわからないので、嫌な両親だなとしか見えません。

母親役の黒木さんのホラー化は今後ますます面白くなりそうな予感です。

篠崎は詩弦と組んで何がしたいのか?何らかの企みがあると思われます。

この調子でいくと怖すぎてホラー好きな人しかついてこれなくなりそうなドラマですが、今では貴重な地上波ホラードラマなのでこのまま突っ走っていって欲しいものです。

次回は9月12日23時40分から放送予定です。

タイトルとURLをコピーしました