【夜がどれほど暗くても】2話のネタバレと感想|事件に新たな動き

2020秋ドラマ

【夜がどれほど暗くても】の2話は志賀が異動した先での話がメインになります。

そして物語の最後で事件に新たな動きが起こりました。

スポンサーリンク

【夜がどれほど暗くても】2話のあらすじ

「月刊時流」に異動させられた志賀倫成(上川隆也)は、芸能記事を担当させられることになる。

引きこもる妻の鞠子(羽田美智子)を連れ出して外に出るが、途中で口論になってしまう。そこに現れた星野奈々美(岡田結実)はカッターで志賀の腕を切りつけてきた。

警官が駆けつけると逃げる奈々美。交番で事情聴取される志賀の元に長澤一樹(原田泰造)がやってきた。志賀はあくまで犯人はよく分からないと言うが、警官が若い女性だったと証言する。奈々美に襲われたのかと聞かれ、志賀は彼女を責めないで欲しいと告げた。

宮藤賢次(高嶋政伸)健輔(葉山奨之)が就活のためのOB訪問のアポを取っていたことから、彼の犯行なのかいまいち確信が持てずにいた。そこで被害者の夫の関係者を洗うよう長澤に指示をする。

芸能記事を担当することになった志賀は、「週刊時流」と同じネタを追うよう言われる。ネタを横取りすることに戸惑う志賀は、鳥飼成人(高橋克実)と話をして自分の覚悟を語る。

すると鳥飼はネタを譲り、不倫相手のイベントプロデューサーである早見信隆(袴田吉彦)の存在を教える。

早速取材に向かう志賀だったが、早見に世田谷ストーカー殺人犯の父親だとバレてしまう。執拗に志賀の写真を撮りネットに拡散すると脅す早見、志賀の取材した音声データを消去する代わりに写真を消去してやると持ち掛けられる。そこで志賀が早見の取引に応じているところを井波渉(加藤シゲアキ)に見つかり、その程度の覚悟なのかと詰め寄られた。

取材対象に脅されて尻尾を巻いて帰ってきた記者など初めて見たと、月刊時流の編集長・楢崎樹(鈴木浩介)に記者たちの前で笑われる志賀だった。

一方、長澤は被害者の夫関係者を探ったところ、特に目ぼしい情報はなかったと報告をする。すると宮藤は過去に星野が監査を担当していた、500人規模の外国人労働者を派遣する会社が潰れていたことを見つける。

志賀はこのまま負け犬になってしまうのか?そして新たな展開が……。

スポンサーリンク

←1話|3話→

【夜がどんなに暗くても】2話のネタバレ

2話のネタバレは4つです。

  1. 事件の疑問点
  2. 新たな仕事
  3. 被害者遺族と加害者遺族
  4. ドラマの結末

結論から言いますと、健輔がメールした遺書は別人が偽装した可能性が出てきます。

もし健輔が犯人でないとしたら誰なのか?外国人労働者を巡る深い闇がありそうな雰囲気も匂わせます。

1.事件の疑問点

今回新たに分かったこととして、被害者の夫である星野隆一の関係者が事件に何らかの関係がありそうな雰囲気です。

  • 外国人労働者が働く会社の不正を取り締まっていた
  • 揉めていた会社もいくつかある
  • 「ボスに言われて隠れていた」という労働者

500人もの外国人派遣労働者を抱えていた会社潰れた原因はバイトテロだと言います。

どうやら“ボス”なる人物から指示されて、何かが起きたのではないか?そんな怪しい雰囲気です。

さらに分かったこととして、健輔は母の誕生日に到着するよう郵便物を送っていました。

その消印は令和元年の10月3日の18時~24時で、事件の前日に投函されたものだと分かります。

事件前日に母親にプレゼントを贈るような人物が、果たして人を殺すのか?志賀はやはり息子を信じたくなります。

  • 被害者の夫の関係者が怪しい
  • 健輔は事件前日に母へのプレゼントを送っていた

2.新たな仕事

芸能取材がうまくいかなかった志賀に新たな仕事が与えられます。

それは、駅前や街中で「月刊時流」についてアンケートをとってくるというものでした。

ただでさえ世間から叩かれている志賀が街中に立てばどんなことになるか、誰でも分かりそうなものですが行かされます。

誰もアンケートに応じてくれず、困っていた志賀に声をかける人がいます。

「あんた、この人だよね?」と志賀がマスコミに追われている写真を見せて話かけてきました。

そして、まだ会社にいたのか、何で遺族に謝罪しないと迫ってきます。

当然騒ぎになり集まってくる人たち。それぞれに動画や写真を撮り始め志賀を囲みます。

急いで逃げ出す志賀でしたが、編集部に戻ると電話が鳴りまくりです。

さっきの絡まれていた動画がネットで拡散されたため、電話はクレームの電話だったのです。

楢崎は炎上する志賀を見て大喜びです。燃えれば燃えるほど本が売れる、あんたここに向いていると大はしゃぎします。

志賀は楢崎をよそに電話を一つ一つを取って謝罪をし、気づけば夜になっていました。

心身ともに疲れ果てた志賀が何気なくネットを見ていると、ある団体を紹介するものに目が留まります。

それは、事件被害者家族と加害者家族の心のケアをする団体でした。

新たに与えられた仕事もうまくいかない

3.被害者家族と加害者家族

すっかり加害者家族になってしまっている志賀は、非営利団体の“葵の会”なるものに参加します。

そこの代表である椎名という人物に話を聞きに行きます。

  • マスコミが叩くのは暴力と一緒
  • 被害者家族も加害者家族も心の“澱(おり)”を吐き出すのが目的
  • 外に吐き出さないと負の感情は蓄積していく

とにかく心に思うことを吐き出させるために、この団体は話を聞いてくれます。

志賀は未だに息子がやったと思えないと告げると、それでは被害者家族は納得しないと言われます。

そんな時に奈々美が別の職員に連れられてやってきます。

志賀を見るなり怒る奈々美、心のもやもやを吐き出すどころか出て行ってしまいました。

実は奈々美は事件以来いじめにあい、心配した職員の人が説得してようやく参加したところでした。

しかし、志賀と鉢合わせになってしまったため、また心を閉ざしてしまいます。

なんともポンコツな職員たちの配慮のなさは、わざとなのではないかと思えるぐらい酷いです。

志賀は自分が出て行くから彼女をみてやって欲しいと頼みました。

被害者家族と加害者家族の間には橋は架けられない、代表はそう告げます。

だったらなぜここで会わせるようなことをしたのかと、つっこみたくなります。

志賀と奈々美が心のケアをする団体で偶然会ってしまう

4.ドラマの結末

奈々美が同級生の男女に殴られ、リンチにあいます。

母親が殺されたのは若い男に色目を使っていたからだと、根も葉もない噂が立ったからです。

しかし奈々美は大人しくいじめられるような人物ではありません。

担任にいじめにあっていることを報告し、そのせいでいじめている側が注意を受けたのです。

それを逆恨みした相手が、また暴行を加えるという状況に陥ります。

そこになぜか志賀が現れて奈々美を助けます。すると、奈々美の両親を殺した男の父親だとバレ、今度は志賀がぼこぼこにされてしまいます。

奈々美はこれ以上やったら死んじゃうと言って止めさせ、彼女たちは逃げていきました。

なんなのあんたと言われた志賀は、一生謝っていかないとならないと頭では分かっているが、息子がやったと思えないと素直に心情を吐き出します。

当然奈々美はふざけるなと怒り、なぜ自分はこんな目にあわなければならないのか、両親はなぜ殺されなければならなかったのか教えてよと叫びました。

一方、津村に送検を急かされた宮藤が、渋々送検に動き出そうとしたところ新たな報告が入ります。

それは、科捜研から遺書で送ったメールが、今まで友人に健輔が送ったメールと微妙に違うという報告でした。

これにより宮藤は推理します。送ったメールは健輔に似せて他の誰かが打ったのではないかと。

  • 奈々美を志賀が助けに行く
  • 健輔の遺書は他の第三者が似せて書いた可能性がある
スポンサーリンク

←1話|3話→

【夜がどれほど暗くても】2話のまとめと感想

異動先で新たな仕事を始めるがうまくいかず、いじめられている奈々美を助けに行って襲われ、心身共に志賀は傷つきます。

完全に加害者家族になってしまっている志賀。強気な姿勢やプライドもなくなり、負け犬のような弱々しさです。

しかしそこに一筋の光が差し込みます。志賀はまだ知りませんが、健輔の犯行ではない可能性が浮上してきました。

仮に健輔はえん罪で誰かに殺されたのだとしたら誰なのか?どうやら被害者の夫の仕事関係ではないかという雰囲気を匂わせます。

実際のところ犯人はまだ誰だかは分からず、最後の最後にならないと出て来ない気がします。

ただ、夫の仕事先の人が窪塚弟さんなので、何らかの関係がありそうです。

配役で言えば意図的かは不明ですが、不倫問題でマスコミに追われる人物で袴田さんが登場しました。

今回はマスコミや世間が特定の個人をバッシングする酷さが延々と描かれ、被害者遺族までいじめにあうという回です。

非常に暗い気分にはなりますが、被害者と加害者の立場の話を描いた【悪党】を思い出しました。

次回は12月6日22時から放送予定です。

←1話|3話→

タイトルとURLをコピーしました