【刑事7人シーズン6】の視聴率とあらすじ一覧まとめ

刑事7人2020夏ドラマ

2020年8月5日から放送開始した【刑事7人】第6シーズンの、視聴率とあらすじ、各回のゲストを掲載しています。

スポンサーリンク

【刑事7人シーズン6】の視聴率

平均視聴率:12.33%

話数放送日タイトル脚本監督視聴率
1話2020年
8月5日
変わる時代に、守るべき笑顔がある
ー最強の7人が帰ってくる!
吉本昌弘兼崎涼介13.5%
2話8月12日3連続誘拐殺人のヒミツ
ー鉄壁のアリバイと復讐
11.6%
3話8月19日消えた女スパイ!
7人の潜入捜査と恐怖のXデー
塚本連平11.8%
4話8月26日名前のない誘拐犯の正体
ー残されたバツ印と声を失った少女
吉原れい12.0%
5話9月2日夏だ!キャンプだ!
刑事たちの休日!
3人消える伝説の村の謎
吉高寿男安養寺工13.2%
6話9月9日逃亡者・青山新ー絶体絶命、
殺人容疑の仲間を救え!
保木本真也大山晃一郎11.9%
スポンサーリンク

【刑事7人シーズン6】のあらすじ

第1話

全ての資料をデータ化するに伴い、置いてあった資料を移送する役を野々村拓海(白洲迅)がババ抜きで負けて担当することになった。

移送中に道で倒れている人物を発見し止めると、野々村は襲われ同乗していた警官2人も襲われる。トラックはそのまま奪われてしまった。

事件を聞きつけた天樹悠(東山紀之)たちが現場を調べたところ、ある資料が入った箱がなくなっていることに気づく。それは主に事件性のないものが入っていた“0-A”と書かれた箱だった。

さらにトラック内には謎の数字「18820」が書かれていた。

その後、高木法務大臣(金子昇)の息子が誘拐される。現場には「15113」と残され、トラックの数字と塗料が一致する。犯人から電話が入るが「真実は1つ」とたった一言告げるだけだった。

メールで身代金の受け渡しの指示が入り、大臣は指定される場所へ向かうが犯人は現れない。代わりに電話が渡され大臣は場所を移動する。そうこうしているうちに警察は大臣を見失ってしまった。

部署に戻りテレビをつけると大臣は動画で、過去に起きた事件を隠ぺいしていたことを告白する。犯人の狙いは金ではなく不正を暴くことだった。

この事件は“0-A”の書類の中にあったもので、官僚の罪を隠ぺいするため、無実の人が死んでしまった事件だった。

そのときの官僚が今度は遺体で発見され、天樹たちは被害者遺族のアリバイを確認するが完璧だった。

また子供が誘拐されたと連絡が入り、現場には「19317」と数字が残されていた。

誘拐された家の祖父が有力者で、かつて万引きした女子大生を捕まえたという事件があったことを思い出す。

その女子大生は事件後に自殺していた。さらにこの事件も“0-A”内に資料があった。

数字の意味は?そして犯人の真の目的は?

以降ネタバレ詳細はこちら

第2話のあらすじ

新たに子供が誘拐され、天樹(東山紀之)たちは被害者家族の家に向かう。

木下幸二(藤田宗久)に2017年10月12日という日付に覚えがないか、たずねるが知らないと答えるのみだった。

天樹は木下が秀栄大学の教授ということから、ある事件を思い出す。それは、3年前渋谷区のクラブで起きた女性刺殺事件だった。

当時逮捕された村上雅人(平田雄也)は、精神鑑定の結果無罪となっていた。その鑑定をしたのが木下だった。村上は父親が文科省の事務次官だったため、圧力がかけられたのではないかと考える。

その時の被害者家族である本条健一(正名僕蔵)のところへ、青山(塚本高史)水田(倉科カナ)はアリバイを確認しにいくと、完璧なアリバイがあった。

そこで当時売人をしていた男に話を聞いたところ、村上は殺害した女性と交際していたことがわかる。事件があった日、彼女は村上に薬をやめるよう言っていたという。

天樹は本条と原田(阿南健治)大河内(升毅)の3人で交換殺人をしていたのではないかと推理する。調べたところ原田と大河内が犯行に及んだ日、本条は会社を早退し数日休んでいたことがわかった。

しかし、3人の接点がわからない天樹は、当時事件の管理官をしていた道上慎之介(田中哲司)に会いに行く。既に退官していた道上だが、恐らく被害者遺族の会で出会ったのではないかという。

その頃、木下はマスコミに鑑定の不正をした告白文を送り、教授を辞任する。大学への補助金をカットすると、文科省に脅されて改ざんしたという告白だった。さらに村上の行方がわからなくなっていた。

今までの被害者がみな事件が起きた場所で死亡していることから、天樹たちがクラブへ駆けつけると本条が村上を殺害しようとしているところだった。本条を取り押さえ村上も鑑定書の改ざんがあったため、罪に問われることとなる。

原田と大河内も確保しに向かうが、大河内だけ行方がわからずにいた。子供たちの居場所を本条と原田に聞きだそうとするが、大河内しか場所は知らないという。

そこに大河内が自殺したという報告が入り……。

以降ネタバレ詳細はこちら

第3話のあらすじ

遺体が発見され身元を調べたところ、偽造パスポートを持っていた。男の勤め先の未来開発エネルギー研究所へ、天樹(東山紀之)たちは聞き込みに向かう。

そこで見かけた集合写真に天樹は目を留める。日付は2018年8月20日となっており、トラックに残されていた数字の「18820」と合致していた。

写る女性の1人は元警察官で天樹は以前面識があった。彼女は室井沙織(佐藤寛子)という名前だったが、会社では偽名を使って勤めていた。

なぜ彼女が偽名を使っているのか?天樹たちは公安のスパイなのではないかと推理する。

そして未来開発エネルギー研究所とNPO法人WIND、光雲という3つの組織の繋がりについて調べるため、それぞれ潜入捜査をすることに。

水田(倉科カナ)はWINDに潜入し、会長の釜本久志(篠井英介)から沙織はフランスの支局長だという話を聞く。しかし、沙織には出国した痕跡はなかった。

青山(塚本高史)は未来開発エネルギー研究所に潜入し、釜本が帰国してから新たにできた立入禁止エリアの存在に気づくが、中の様子をうかがうことはできなかった。

そこで光雲に潜入している野々村(白洲迅)と3人で、釜本が研究所に来る日を狙い立入禁止エリアを調べることに。一時的に停電にして中に入ってみる3人、だがそこには何もなかった。

天樹は2年前WINDで働いていた人物に話を聞き、沙織が男の人と会っていたという話を聞く。その日は2018年8月20日で、それ以来彼女の姿を見かけることはなかったという。

沙織はどこにいるのか?そして立入禁止エリアに隠されたものとは?

以降ネタバレ詳細はこちら

第4話のあらすじ

背中を刺されて死亡した柴田茜(中島菜穂)という女性の遺体が発見される。現場に残された「×」印の意味は何なのか?天樹(東山紀之)たちは考える。

自宅には凛(鈴木結和)という茜の娘がいたが、その子供は連れ去られていた。近所の人の証言から逃げた男は朝倉佑二(田中幸太朗)という人物だとわかる。

天樹は朝倉の自宅に行って調べたところ、壁には一面新聞記事の切り抜きが貼られ、赤い×印が書かれていた。また、部屋には無線なども置かれている不審な部屋だった。

朝倉のことを調べていくと経歴も住民票もない人物で、偽名を使って生活していたことがわかる。だが、残された指紋を調べても前科者ではなかった。彼は何者なのか?天樹は過去のある事件を思い出す。

それは江東区で起きた未解決の女子高生殺人事件だった。被害者は望月奈緒(中村守里)という女子高生で、帰宅途中に何者かに襲われ殺害された。その現場にも今回と同じ被害者の血で描かれた×印が残されていた。

海老沢(田辺誠一)が茜の職場で聞き取りをしたところ、児童相談所に目をつけられていると言っていたことがわかる。さらに青山(塚本高史)と水田(倉科カナ)が朝倉の行方を追い、ネットカフェで妙なことを調べていたことに気づく。

一方、天樹と野々村(白洲迅)は奈緒の通っていた高校へ向かい、卒業アルバムを見せてもらうとそこには逃亡中の朝倉がいた。彼は非常勤の美術教師で矢木俊平という人物だった。矢木は奈緒が死んだ二ヵ月後に退職したという。

海老沢は児童相談所へ話を聞きに行き、沼田正樹(濱津隆之)という職員と話す。近所の人から通報があったため、茜の家に行き何度か面談をしたという。だが、朝倉こと矢木のことは知らないと答え、茜は変な男につけられていたという。

天樹は矢木がなぜ奈緒が死んだ直後ではなく二ヵ月後に退職したのか引っかかっていた。彼が辞めた前後に起きた事件はただ一つ、歩道橋から北野悟(泉知束)という男が転落死した事件だけだった。

そこで北野の関係者に話を聞くと、彼はトラブルメーカーで虚言癖があったという。ある日、北野が店で喧嘩になり「あの女子高生みたいにしてやる」と言っていたという。そして矢木の写真を見せると、北野のことをしつこくきいてきたということもわかった。

やがて矢木が和菓子店に現れたという通報が入り、店に行ってみるとそこには袋に船の絵が描かれた菓子があった。ネットカフェの検索履歴から、矢木は船が描かれた菓子を探しているのではないかと気づく。

矢木は何の目的でこの店に来たのか?そして、北野の事件との関係は何なのか?深まる謎を天樹たちが追う。

以降ネタバレ詳細はこちら

第5話のあらすじ

休日にやり残した仕事をしている天樹(東山紀之)の元に、海老沢(田辺誠一)が試験勉強をしにやってくる。さらには青山(塚本高史)水田(倉科カナ)も現れ、拓海(白洲迅)にいたってはキャンプに行く支度までしてやってくる。

暇ならキャンプに行かないか?と誘う拓海に天樹は行くことに決めると、他のみんなも一緒にキャンプへ行くことに。

山奥にある熾杜高原キャンプ場へやってきた一行は、同じキャンプにやってきたミステリー研究会の大学生である山波智喜(深澤嵐)佐々木愛菜(大久保桜子)川崎慶吾(安田啓人)江田真司(高尾悠希)神保佐知江(杏花)ら5人や、老夫婦の野上康二(勝部演之)悦世(田岡美也子)らと食事をする。

しかし、ソロキャンパーの桜咲薫(内野謙太)だけは、食事に加わらずに一人でいた。

温泉水を汲みに行った川崎が戻ってくるなり倒れ、救急車を呼ぼうと管理人の戸沢博之(村松利史)に電話を借りようとするが電話線が切れていて呼べない。そこで近所に住む清田澄子(宍戸美和公)の家を訪ねるが応答がなかった。

村の祟りではないかという山波は、村にある都市伝説について語る。かつて3人の生贄を捧げたことで干ばつから救われた村は、近頃お盆の季節に3人の人間が行方不明になるという奇妙な事件が起きていたという。

「伝説の始まりだ」と書かれた看板が見つかり、管理人の戸田がいうには以前から看板が立てられたりしていたと語る。次の犯行予告なのか?そう思った矢先、同じ温泉水を飲んだ拓海が倒れてしまう。

桜咲のアリバイがないことから、天樹たちはテントを調べると別名の免許証が発見される。男は笹沼一平という名で、かつて偽計業務妨害で警察に逮捕されていた。今回も伝説に怯えるみんなをどこからか撮影しているのか?

疑いが深まる中、今度は笹沼が倒れて発見される。何者かに襲われたというが、後ろからなので姿は見ていないという。

天樹は最初から気になっていたことがあり、何とか連絡を取るため災害時の避難所を探す。そこにあった電話から片桐(吉田鋼太郎)へ電話をし、25年前に起きた事件のことを調べて欲しいと頼む。

その間に拓海が意識を戻した代わりに、今度は愛菜が倒れて運ばれてくる。天樹が戻った時には愛菜と川崎はどこかへいなくなり、管理人の戸沢の姿もなくなっていた。

2人はどこへ行ってしまったのか?きっと伝説になぞらえ御神体である岩に捧げられたに違いない、そう推理して捜しにいくと御神体のそばで2人を発見する。道に残るタイヤの痕跡、天樹はみんなに調査を依頼する。

果たして本当に村の呪いなのか?天樹が過去から事件を紐解く。

以降ネタバレ詳細はこちら

第6話

一色朱子(野波麻帆)殺害容疑で警察に追われる青山新(塚本高史)を、天樹悠(東山紀之)たち専従班は捜査一課の今野誠司(大浦龍宇一)から捜査に外れるよう命じられたため、独自に捜査をし真相を追う。

やがて浮かび上がる2年前の未解決事件、それは朱子の娘・橙花(三木理紗子)が何者かに暴行を受けた事件だった。当時、ストーカーの井鳥一馬(川原一馬)が容疑者として浮上するが逮捕することはできなかった。

青山は情報屋の百田浩二(河合郁人)に頼み、現在の井鳥の居場所を特定する。自宅へ向かった青山が見たものは、井鳥の遺体だった。

そこに天樹と水田もやってくるが、他の捜査員に追われ青山は再び逃走する。

青山は2人を殺害したのか?2年前の未解決事件との関連性は?

詳細なあらすじとネタバレはこちら

【刑事7人シーズン6】のゲスト

第1話

  • 大河内貞夫…升毅(2話も出演)
    ライター。被害者家族。娘を亡くしている
  • 原田國広…阿南健治(2話も出演)
    被害者家族。息子を亡くしている
  • 小林孝之…不破万作
    教育委員会の元委員長。数々の会社を経営する地元の有力者
  • 宮島辰長…柳英雄
    警視庁捜査一課係長
  • 加山一彦…笠原秀幸(2話も出演)
    総務課庶務係
  • 高木慎一郎…金子昇
    法務大臣
  • 河本春夫…難波圭一
    総務課庶務係
  • 小林梨花…徳川ミキ
    被害者家族。娘が誘拐された

第2話

  • 木下幸二…藤田宗久
  • 大学教授
  • 本庄美和…花澤澪
  • 3年前の事件の被害者
  • 村上雅人…平田雄也
  • 3年前の事件の加害者
  • 本庄健一…正名僕蔵
  • 工務店勤務。美和の父。
  • 道上慎之助…田中哲司
  • 元警視庁捜査一課 管理官
  • 退官後、わかくさ総合福祉会館職員

第3話

  • 釜本久志…篠井英介
    NPO法人WINDの代表
  • 室井沙織…佐藤寛子
    偽名を使って公安のスパイとしてWINDに潜入捜査をしている
  • 中西由紀夫…冨家規政
    未来開発エネルギー研究所の所長
  • 近藤雅美…片岡京子
    WINDの事務局員
  • 坂上孝…増澤ノゾム
    光雲の社長
  • 皆川…谷川昭一朗
    光雲の従業員
  • 室井道子…立枝歩
    沙織の母
  • 日高聡…ノモガクジ
    元WINDの事務員
  • 山田和彦…酒井貴浩
    未来開発エネルギーの庶務員

第4話

  • 朝倉佑二/矢木俊平…田中幸太郎
    元・美術教師。清掃会社勤務
  • 沼田正樹…濱津隆之
    江東区中央児童相談所の職員
  • 佐伯康夫…清水昭博
    江東第一高校の校長
  • 望月奈緒…中村守里
    5年前何者かに殺害された女子高生
  • 朝倉の上司…中野順一朗
    ツバメ清掃の社員
  • 松原武……柴田明良
    北野の同級生
  • 柴田茜…中島菜穂
    凛の母親でスナック店員
  • 柴田凛…鈴木結和
    母親と2人暮らしをしている5歳の少女
  • 森川綾…真崎かれん
    奈緒の同級生
  • 北野悟…泉知束
    虚言癖のあるトラブルメーカー
  • 茜の同僚…大滝樹
    スナックの店員

第5話

  • 野上康二…勝部演之
    キャンプ場の宿泊客。悦世の夫
  • 野上悦世…田岡美也子
    キャンプ場の宿泊客。康二の妻
  • 戸沢博之…村松利史
    熾杜高原ライジングヴィレッジのオーナー
  • 清田澄子…宍戸美和公
    キャンプ場の隣人
  • 笹沼一平…内野謙太
    ソロキャンパー。桜咲薫という偽名で予約
  • 山波智喜…深澤嵐
    とうれい未来大学ミステリー研究会 部長
  • 佐々木愛菜…大久保桜子
    とうれい未来大学ミステリー研究会 部員
  • 神保佐知江…杏花
    とうれい未来大学ミステリー研究会 部員
  • 川崎慶吾…安田啓人
    とうれい未来大学ミステリー研究会 部員
  • 江田真司…高尾悠希
    とうれい未来大学ミステリー研究会 部員
  • 井上和美…細野今日子
    25年前の事件被害者
  • 大森正一(回想)…大谷亮介
    2年前に逮捕された元警察官
  • 井上真由(回想)…逢沢りな
    2年前の事件被害者
  • 天樹清(回想)…井上依吏子
    天樹の妻
  • 井上春樹(回想)…赤木悠馬
    25年前の事件被害者

第6話

  • 一色朱子…野波真帆
    スナック勤務。青山とは同じ施設出身。橙花の母
  • 今野誠司…大浦龍宇一
    捜査一課七係・警部補
  • 羽井哲…伊藤洋三郎
    管理官
  • 百田浩二…河合郁人(A.B.C-Z)
    情報屋
  • 井鳥一馬…川原一馬
    橙花のストーカーをしていた
  • 一色橙花…三木理紗子
    朱子の娘。暴行を受けその後自殺
  • 村木舞…西丸優子
    朱子の働くスナックのママ
  • 島村唄子…久世星佳
    監察官
  • 久喜鉄平(回想)…米村亮太朗
    情報屋
タイトルとURLをコピーしました