ドラマ【不協和音】のキャストとあらすじ|田中圭×中村倫也が兄弟役

スペシャルドラマ

2020年3月15日(日)21時からテレビ朝日で放送する、スペシャルドラマ【不協和音 炎の刑事VS氷の検事】のキャストとあらすじ、見どころなどについてまとめました。

大門剛明さんの原作小説を田中圭さんと中村倫也さんの兄弟役でドラマ化。熱血刑事と冷静な検事、二人の不協和音が事件を解決に導くか?

スポンサーリンク

ドラマ【不協和音】のあらすじ

 30歳を過ぎて月島東署刑事課に配属された新米刑事・川上祐介(田中圭)は、妻殺しの被疑者と目される病院経営者・城崎知也(岡部たかし)を取り調べることに。勾留期限が迫る中、一緒に取り調べを担当した警視庁捜査一課の警部補・小寺順平(杉本哲太)がついに自白を取るが、担当弁護士の宇都宮実桜(趣里)は「大八木捜査法で自白させたのでは?」と、祐介に食ってかかる。実桜が口にした“大八木捜査法”とはほかでもない、刑事だった祐介の父・大八木宏邦(丸山智己)を揶揄する言葉。実は祐介がまだ小学生だった頃、大八木は自白強要で冤罪を生んだ刑事として、世間から糾弾されることに…。しかも、大八木は真相を語ることなく、突然この世を去り、祐介は母方の祖母に引き取られて姓を変えていたのだった――。
 やがて、城崎の事件は思わぬ転換期を迎える。担当検事が倒れた直後、城崎が起訴の決め手となる遺体遺棄現場を教えぬまま、黙秘に転じてしまったのだ。焦った祐介は必死に捜査を続行。だが努力もむなしく、城崎は不起訴になってしまう。しかも、その判断を下した後任検事の名前を聞いた祐介はがく然とする。検事の名は唐沢真佐人(中村倫也)――なんと祐介の父が亡くなった後、高等検察庁の元検事長・唐沢洋太郎の養子となり、生き別れになってしまった弟だった!
 祐介はすぐさま真佐人のもとへ押しかけ、なぜ城崎を不起訴にしたのか追及する。だが、真佐人は弁解録取書を読んで取り調べに問題があると判断した、と冷たく一蹴。結局、“21年ぶりの再会”は物別れに終わる最悪なものになってしまい…!?
 しかし、真佐人には考えがあった。水面下で動いていた真佐人はやがて、城崎の事件に新たな一石を投じることに! そんな中、祐介は連続ボヤ事件との関連が疑われる、大企業の倉庫放火事件を捜査。社長・丸山与四郎(木下ほうか)の圧力を受けて、警察上層部も捜査に本腰を入れたことで、祐介と真佐人は再び同じ事件に向き合うことになる。真逆ともいえるやり方を貫き、時に対立しながらも、共に調べを進めていく祐介と真佐人。だが、事件の全貌は容易にあぶり出すことができないほど複雑で…!?

公式HPより

ドラマ【不協和音】の兄役は田中圭

キャスト 田中圭(たなか けい)

テレビ朝日での主演は『おっさんずラブ -in the sky-』以来。中村倫也さんとの共演は2019年公開の映画『美人が婚活してみたら』以来。何度か共演経験はあるが、今回のようにガッツリ共演するのは初。

  • 2019年出演ドラマ
    • 『あなたの番です』(日本テレビ)
    • 『Iターン』(テレビ東京)
    • 『絆のペダル』(日本テレビ)
    • 『おっさんずラブ-in the sky-』(テレビ朝日)
  • 2019年出演映画
    • 『美人が婚活してみたら』
    • 『劇場版 おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜』
    • 『記憶にございません!』

2019年は映画にドラマにと大忙しの田中圭さん。春もテレビ東京のドラマ『らせんの迷宮』で主演することが決定しています。2020年も映画が既にいくつか公開され、今年も多忙な日々が予想されます。

登場人物 川上祐介(かわかみ ゆうすけ)

  • 月島東署刑事課の刑事
  • 小学生の時に父が死亡し、母方の祖母に引き取られ“川上”姓に
  • 高校卒業後、ノンキャリアの警察官に
  • 30歳過ぎに刑事課所属の新米刑事
  • 熱い精神と優しい心の持ち主

コメント

 以前は同じ刑事役でも熱血じゃなく、どちらかと言うとインテリや氷のようなキャラクターが多かったんです。僕自身も熱い人間ではないので、今回は「えっ!? オレ、こっち!?」と驚く気持ちもありました。たぶん最近は一直線というか、素直な役が多かったからかなぁ…と思いつつ、そのイメージも払拭して“炎の刑事”ぽくしたくて、髪を切りました。
 今回は兄弟の物語も劇中の事件も面白く、いろんな見方ができてワクワクする台本。(中村)倫也とも初めてガッツリ絡めるし、すごく楽しみが増しました。実際の撮影では、俳優・中村倫也の存在がやっぱり大きい! 一緒に芝居をしていると「あぁ! これだよな、中村倫也の芝居!」という感覚があるし、僕が台本と違ったニュアンスを出しても、全部対応してくれるので安心安全。この作品での相性のよさを感じて、それがいい意味でプレッシャーにもなるし、刺激的です。これまでずっとニアミスだった倫也と芝居でガッツリ絡むべきタイミングは、まさに今だったんだろうなっていう感覚があります。兄弟だから感情的になるシーンもあって、そうやって向き合えるのがまたうれしいし、撮影は本当に楽しいです!
 今回は、最終的に「この兄弟をもっと見たい!」と思わせる作品にすることが僕の理想。倫也と僕の2人だからこそ表現できることもあると思うし、完成作品でそれを確かめるのが楽しみです。

公式HPより

ドラマ【不協和音】の弟役は中村倫也

キャスト 中村倫也(なかむら ともや)

テレビ朝日のドラマ出演は『ホリデイラブ』以来の1年ぶり。共演の田中圭さんとの兄弟役を演じていて楽しかった様子が、コメントからも感じ取れます。出る作品によって演技が変わる中村さん、今回の冷徹な検事役をどう演じるのかも楽しみです。

  • 2019年出演ドラマ
    • 『初めて恋をした日に読む話』(TBS)
    • 『折り紙の魔女と博士の四角い時間』(Eテレ)
    • 『凪のお暇』(TBS)
  • 2019年出演映画
    • 『美人が婚活してみたら』
    • 『長いお別れ』
    • 『台風家族』
    • 『屍人荘の殺人』

昨年は映画・テレビ共に出演して多忙だった中村さん。2020年春には『美食探偵』でドラマの主演が決定しています。今年も公開予定の映画が多数控えていて、目にする機会が多そうな俳優さんの一人です。

登場人物 唐沢 真佐人(からさわ まさと)

  • 東京地検の検事
  • 父の死後、高等検察庁の元検事長・唐沢洋太郎の養子になる
  • 東京大学卒業後、検事になったエリート
  • 知的かつ冷静沈着な性格

コメント

 僕は兄弟モノが好きなんですけど、出演したことはあまりないんです。今回は熱血刑事である兄と、知的エリート検事である弟が織りなす“不協和音な関係性”が面白く、楽しみながら台本を読ませていただきました。僕が演じる真佐人はポーカーフェイスで、実は甘えん坊なドM。そういう分かりづらいところは、自分と似ているかもしれないです。ただ、実際に演じるとなると…すごくいびつなヤツで、極度のブラコンという一筋縄では行かない役。そういうキャラクターの言動を演じていく上で、同業者の誰に聞いても「安心安全の共演者」だという(田中)圭さんの存在は、本当に心強いです。
 圭さんとの芝居は、なんかいい匂いがするぞ、という感じ。具体的にはうまく説明できないので、言葉よりもっと深いレベルで感知しているのかもしれないです。撮影初日の再会シーンから、圭さんとだからこそできる“攻守交代の目まぐるしいやりとり”ができて、「役者をやっててすげぇ楽しかったな」とニヤニヤする瞬間を経験できました。圭さんとは“飛んできた矢印をそらすも返すも、曲げるも自在”のチームワークが築けていて楽しいです。ただ、法律用語の多いセリフに関しては、てんやわんやの毎日です。
 この作品は“女性がボーッとして、男性がカーッとなれる作品”になる見込み。男から見ても「かっこいいな」という瞬間もあって、見どころが多いと思います。あとは編集次第です(笑)!

公式HPより

ドラマ【不協和音】のキャスト

  • 宇都宮実桜…趣里
    城崎と琉太の弁護士
  • 安田富夫…相島一之
    月島東署の署長
  • 城崎知也…岡部たかし
    月島橋外科病院の経営者で医師
  • 三津谷研太…川島潤哉
    連続放火事件の被疑者
  • 有村秀人…板倉チヒロ
    月島東署刑事課の係長
  • 片桐寛市…古河耕史
    検体集配会社のスタッフ
  • 平松樹生…笠松将
    月島東署佃川交番の巡査
  • 町田琉太…小野寺晃良
    窃盗の常習犯
  • 丸山与四郎…木下ほうか
    丸山建業の社長
  • 加藤美喜江…多岐川裕美
    加藤博行の妻
  • 小寺順平…杉本哲太
    警視庁捜査一課の警部補
  • 加藤博行…生瀬勝久
    月島東署佃川交番の巡査長

ドラマ【不協和音】の原作

大門剛明(だいもん たけあき)

『雪冤』で第29回横溝正史ミステリ大賞大賞とテレビ東京賞をダブル受賞し作家デビューした大門氏。その後も数々の作品が映像化されるミステリ作品を主に執筆する人気作家です。

『不協和音』は元々、短編連作形式で全5章の話で構成されている作品となります。

映像化作品

  • 雪冤(テレビ東京、2010年、主演:橋爪功)
  • レアケース 生活保護課の殺人事件簿(テレビ東京、2014年、主演:石塚英彦)
  • 冬の特選企画 罪火(テレビ東京、2014年、主演:名取裕子)
  • 負け組法律事務所~沈黙する証人~(テレビ東京、2015年、主演:石塚英彦)
  • 更生補導員・深津さくら 「殺人者の来訪」~告解者~(テレビ東京、2017年、主演:貫地谷しほり)
  • テミスの求刑(WOWOW、2015年、主演:仲里依紗)
  • ヒトヤノトゲ~獄の棘~(WOWOW、2017年、主演:窪田正孝)

ドラマ【不協和音】のスタッフ

脚本:高橋泉

脚本を担当したのは高橋泉さんです。白石和彌氏と組んだ映画の脚本を何本も書いていて、テレビドラマより映画を多く手がけています。

  • 主な映画脚本作品
    • 『凶悪』(2013年・共同脚本)
    • 『ミュージアム』(2016年・共同脚本)
    • 『サニー/32』(2018年)
    • 『ひとよ』(2018年)
  • 主なTVドラマ脚本作品
    • 『人間昆虫記』(2011年、WOWOW)
    • 『女はそれを許さない』(2014年、TBS)
    • 『わにとかげぎす』(2017年、TBS)

監督:大谷健太郎

監督を担当したのは大谷健太郎さんです。初のメジャー公開作品となる映画『NANA』の大ヒットで一躍有名になった監督ですが、意外なところでEXILEの『ただ…会いたくて』のPVなども手がけています。

  • 主な映画監督作品
    • 『NANA』(2005年・共同脚本も担当)
    • 『NANA2』(2006年・脚本も担当)
    • 『黒執事』(2014年・さとうけいいちと共同)
  • 主なTVドラマ監督作品
    • 『ヤング・ブラック・ジャック』(2011年、日本テレビ)
    • 『ある日、アヒルバス』(2015年、NHK BS)
    • 『恋がヘタでも生きてます』(2017年、読売テレビ)

ドラマ【不協和音】はいつ放送?見逃し配信は?

ドラマスペシャル【不協和音】は3月15日(日曜日)よる9時からテレビ朝日系列で放送予定です。

見逃してしまった場合は、放送終了後一週間(3月22日まで)はTVerで無料配信されます。それ以降は有料になりますが、テレ朝動画で配信されます。

現在のところ他の動画配信サイトは予定されていません。追加され次第、更新します。

ドラマ【不協和音】の見どころ

ドラマ【不協和音】の見どころはどんなところか?現時点の情報や予告から考えてみました。

その1:田中圭と中村倫也の兄弟

昨年も数々のドラマや映画に出演していた、田中圭さんと中村倫也さん。どちらも今春に主演作のドラマも控えています。現在注目されている2人が兄弟役で共演というだけでも、十分話題性のある作品です。

兄は熱血漢で叩き上げの刑事、弟は冷静沈着でエリート検事。全く正反対の性格や経歴なため、対立もしますがやはり“兄弟”だからか協力もします。

兄は父の面影を今も慕って刑事になり、弟は父を嫌がって検事になりました。それぞれの根底にある父の存在が、生き別れになった兄弟の過去に大きく影響しています。

正反対な2人がどんなやり取りを見せてくれるのかに注目です。

その2:ドラマを彩るキャスト陣

兄弟2人以外にも出演するキャストが、脇をしっかり固めます。生瀬さんや杉本さん、木下さんに相島さん辺りはどのドラマにも出演するような人たちです。彼らがきっちり仕事をこなしてくれるため、見れるドラマに仕上がっているのではないかと予想できます。

また、弁護士役として趣里さんがキャスティングされ、度々兄弟と言い争ったりしながら関係してくるようです。2人とのやり取りがどんな感じになるのか、物語を盛り上げてくれることに期待です。

その3:大門剛明原作のドラマ化

大門剛明さん原作作品のドラマ化はこれまでもいくつかされています。主に社会派ミステリーやリーガルミステリーなどの作品が多く、2時間ドラマ枠で放送されますがよくあるタイプの話ではありません。

考えさせられる話だったり、見終わった後も印象に残るような話が多いです。今回のドラマは兄弟がそれぞれ事件を追い、その裏側にある真実が何なのか?そして、父親の自白強要は本当だったのか?その全てが分かった瞬間、兄弟はどうするのか?最後まで目が離せません。

スペシャルドラマ【不協和音】は3月15日(日曜日)21時からテレビ朝日系で放送予定です。お見逃しなく!

タイトルとURLをコピーしました