【コールドケース3~真実の扉~】1話のネタバレと感想|新シーズン開始

2020秋ドラマ

新シーズンが始まった日本版【コールドケース】の第1話は、前後編に分かれている話です。

心臓移植をし“奇跡の子”と呼ばれた少年が殺害され、父親が逮捕されて服役します。

それから9年後、新たな殺人事件が発生し、百合たちが動きます。

スポンサーリンク

【コールドケース3~真実の扉~】1話のあらすじ

現場に駆けつけた石川百合(吉田羊)が、遺体の持ち物である携帯電話に出る。電話の主は9年前、自分の息子の大樹(潤浩)を殺害した罪で逮捕服役した日向秀樹(江口洋介)からだった。

秀樹は自分は9年前も殺害していないと主張し、真犯人が捕まるまでゴミを片付けると言って電話を切る。

遺体は小児性犯罪の前科者で、秀樹の息子の大樹は性的虐待を受けて殺害されていた。

大樹は心臓移植で命を救われ“奇跡の子”として騒がれた子供だった。しかし、9年前に秀樹の車のトランクから遺体で発見された。

百合たちは当時の事件関係者に話を聞きに向かう。元妻の桜(戸田菜穂)は事件後に秀樹と離婚し、それ以来一切連絡を取り合っていない状況だった。

心臓移植手術をした医師の喜多原吾郎(松角洋平)の話では、移植手術をした後に、別の移植待ちだった家族がやってきて口論になったという。

そこで金子徹(光石研)立川大輔(滝藤賢一)がその家族の所へ話を聞きに行く。当時、自分たちの娘のほうが重病だったのに、先を越されたと憤っていた。しかし、大樹は移植が成功した後も娘を励ましに来たいい子だったと証言する。

本木秀俊(三浦友和)高木信次郎(永山絢斗)に何か話していたことが気になった百合は、本木から高木の兄についての話を聞かされる。それは、近頃小児性犯罪の容疑がかかっている男が、高木の兄に対しても被害を加えていた可能性があるというないようだった。

その後、本木から大樹の当時の担任だった黒崎貞彦(岡部たかし)が、小児性犯罪で前科があることを聞かされる。百合と高木が黒崎に話を聞いたところ、大樹は自分の趣味ではないといい、彼を殺したのは素人だと語る。得意げに語る黒崎に対し、高木はキレてしまう。

すると、黒崎から当時、大樹がある少年と揉めていた話を聞かされ……。

スポンサーリンク

2話→

【コールドケース3~真実の扉~】1話のネタバレ

1話のネタバレは4つです。

  1. 少年の謎
  2. 高木の説得
  3. 被疑者を聴取
  4. ドラマの結末

結論から言いますと、黒崎が殺されてしまい、その現場には高木がいました。

高木が彼を殺したのか?と匂わせながら後編へ続きます。

1.少年の謎

大樹の担任だった黒崎から、当時大樹と揉めていた少年の話を聞きます。

少年が猫を殺していたのを見た大樹がそのことを咎めると、少年はキレて大樹に対してナイフを向けます。

そこに偶然黒崎がやってきて大樹の助けに入り、その時は何事もありません。

牛久明良という少年の家に本木は聞き込みに行きますが、明良は3年前に家を出て行ったきりでした。

彼が猫を殺したりしていたのを気づいていたのでは?と母親にきくと、事件の夜にあることを見てしまったと言います。

明良は自宅の庭に、大樹の自転車を埋めていたのです。百合と高木が立ち会って庭を掘り返すと、そこには大樹の自転車が埋まっていました。

明良が今現在どこにいるのか、捜すことになります。

少年の自宅の庭から大樹の自転車が出てくる

2.高木の説得

本木からボクシングジムのコーチが、複数の児童に対する虐待を20年前から行っていた疑惑を聞き、高木は自分の兄に話を聞きに行く事にします。

兄の光太郎は既に結婚もして子供もいる状況です。

そんな兄に話をするのが気まずい高木ですが話を切り出します。

ボクシングジムのコーチを覚えているか?と聞くと、覚えていないと答える兄。

しかし、高木は兄がジムを急にやめたことを覚えていました。

その時のコーチが性的虐待をしていたのが分かった、捜査に協力して欲しい。とはっきり聞く高木。

でも兄は「関係ない」と言い、終いにはキレて「これ以上くだらない話をするなら帰れ!」と追い返します。

刑事の勘でなくても、兄はきっと被害者だろうなと分かる瞬間です。

これ以上兄を問い詰めたところで、まともに証言を引き出せそうにないと思ったのか、兄がそんなことになっていたと知ってショックを受けたのか、高木はそれ以上兄と話はしません。

兄に証言を求めるが拒否される

3.被疑者を聴取

明良の行方を追っていた立川と金子は、ようやくネットカフェで明良を見つけます。

逃げる明良を追う立川、逃げられそうになったところを、裏に回っていた金子と挟み打ちにして捕まえました。

聴取は本木と百合が担当し、明良に当時の話を聞きます。

猫を殺していたことを指摘すると、明良は豚や牛は殺してもいいのになぜ?と開き直りです。

なぜ殺害をするのかと聞くと、息が止まる瞬間が最高で、自分だけのものになるのが嬉しいと言います。

そんな明良に対して百合は、要するに弱いものいじめね。と突き放します。

そして、大樹も弱く見えたから殺したのか?と真相に迫ります。

「ごめんなさい」と言い出す明良。彼がやったのか?と思わせながら、笑い出して自転車を埋めたことは認めます。

しかし、肝心な殺害については「答えを見つけるのは警察の仕事でしょ」と認めません。

現時点では逮捕状を請求することはできませんでした。

殺害の自供はしなかった

4.ドラマの結末

秀樹から警察に「犯人は見つかったのか?」と電話が入ります。捜査していると答える百合に、秀樹は「桜には関わるな」と妻に聞き込みに行っていることに対し文句を言って切ります。

なぜ、秀樹は妻の所に百合たちが聞き込みに行っているのが分かったのか?新たな疑問が生まれました。

その頃、高木は黒崎の所へ一人で会いに行きます。

黒崎に子供をどうやって手なづけるのかを聞きます。

  • 寂しい子がいい
  • 家庭に問題がある、いじめにあっている何でもいい
  • 心に隙のある子を狙う
  • そして自分が支えになれば簡単に事に及べる

と、得意げに語る黒崎。

ではどうやって永遠に黙らせるのか?兄が黙っている原因が分かるのではないかと思って聞きます。

「何もしなくても子供は気づく。それが本当は大切な人とすることだと。気づいた瞬間、恥ずかしさでいっぱいになる。恋人ができたらなおさら」

自分が取り返しのつかないことをしていた。気づいた時にはもう手遅れで、ただただ黙るしかないという状況に追い込まれるということです。

「結婚すると子供ができるのが怖くなるという話も聞いた。自分も子供たちに同じ事をしてしまうのではないかと」

と、さらに語ります。とうとう耐え切れなくなった高木は、黒崎のことを何度も殴ってしまいます

立川らの報告で大樹の心臓移植コーディネーターの話では、ドナーの担当医が大樹の手術後に自殺したそうです。

百合たちは次の犠牲者が出たという報告が入り、急いで現場に駆けつけます。

遺体で見つかったのは、なんと黒崎でした。

最初の犠牲者と同じ、手足を拘束されてビルから突き落とされたのです。

百合たちが黒崎の部屋へ向かうと、そこには頭から血を流している高木がいました。

彼はそのまま倒れてしまい、百合が救急車を呼びます。

明良は釈放され、高木は救急車に運ばれていきました。

黒崎殺害に高木も関与しているのか?次週へ続きます。

黒崎が次の犠牲者となり、高木は救急車で運ばれてしまう

スポンサーリンク

2話→

【コールドケース3~真実の扉~】1話の使用曲

本家と同じく毎回時代を反映する印象的な曲や、ドラマの内容に関連する曲が使用されます。

今回使用されたのは3曲です。

  • FUNKY MONKEY BABYS『大切』
  • BUMP OF CHICKEN『魔法の料理~君から君へ~』
  • ONE OK ROCK『Wherever you are』

【コールドケース3~真実の扉~】1話のまとめと感想

息子殺しの罪で服役した父が、出所後、真犯人を捜すために殺人をするという話でした。

父親は冤罪の可能性があり、真犯人は別にいるのでしょう。

誰が犯人なのか?現時点ではまだ分かりません。

それと同時に高木の兄の話が絡んできて、最終的に兄は証言をするのかどうなのかという部分も注目です。

元々、海外ドラマの日本版リメイクなので、物語のオチは海外版を視聴している人には分かるでしょう。

日本版独自のアレンジをしている部分もあり、挿入歌は日本の曲で今回も行くようです。

本家と比べるとどうしても見劣りしますが、わりと頑張っている作品だと思います。

日本の過去に起きた災害や事件・事故などを折り混ぜながら、日本独自の話を今回も作っていけるのか?にも注目です。

基本的にいい人が悪い人に殺される話なので、見ていて重くなる回が多いです。

勧善懲悪のスカッとするようなドラマを求めている人には、オススメできないドラマです。

次回は12月12日22時から放送予定です。

2話→

タイトルとURLをコピーしました