【アリバイ崩し承ります】4話のネタバレと感想|出張アリバイ崩し

2020冬ドラマ

2月23日に放送された【アリバイ崩し承ります】4話「山荘のアリバイ」のネタバレと感想とロケ地をまとめました。

時計台で起きた殺人の犯人は子供なのか?唯一アリバイがない子供のために、察時に時乃、渡海もアリバイ崩しに協力する。

スポンサーリンク

【アリバイ崩し承ります】4話のあらすじ

妻と娘と家族旅行に出かけたはずの察時(安田顕)から時乃(浜辺美波)のところへ電話がかかってくる。遺体の第一発見者が察時で、アリバイ崩しに協力して欲しいという。時乃は渡海(成田凌)と一緒に察時のいるペンションまで向かう。

容疑者はペンションの客5人とオーナー夫婦を合わせた7人。察時も容疑者の一人だった。中でも中学生の原口龍平(大西利空)には殺害時刻頃のアリバイがないという。このままだと取り調べは確実。警察官に憧れている少年の夢を守ることはできるのか?

【アリバイ崩し承ります】4話のネタバレ

黒岩賢一殺害犯

野本和彦

動機

呼び出された時計台で待っていたところ、いきなり襲ってきた黒岩ともみ合いになり殺害してしまった

アリバイ崩し後の真相

裏口から時計台へ向かう足跡が、立ち止まった形跡がないのを見て時乃は閃く。察時が見た時、黒岩は一旦立ち止まってペンションを見ていたという。逆に長靴の足跡には立ち止まった痕跡があった

そこで時乃は推理する。黒岩は長靴をはいて時計台に向かったに違いないと。サイズ25の靴跡を長靴が踏んでいたことから、犯人は黒岩より先に時計台にいたのだろうと。これにより、アリバイがなかった龍平が、黒岩の姿を見ていたことから犯人ではないというアリバイが成立する

実は黒岩は偽名で本名は白田公司という特殊詐欺犯で、整形して顔を変え逃亡していた。しかし、夕食時にナイフとフォークを擦り合わせるクセを見て、偶然宿泊していた幼なじみの野本が黒岩が白田だと気づく

黒岩は野本を口封じで殺害しようと時計台に呼び出した。そうとは知らない野本は先に時計台に到着して待っていた。外に雪が積もっていたため、足跡を残したくなかった黒岩は裏口に置いてあった長靴を借りて時計台へ向かう

そこで殺害するつもりが逆に殺害されてしまった。野本は時計台から戻る際、自分の足跡が残ったら犯人と疑われると思い、黒岩のはいてきた長靴と自分の靴をはきかえて時計台からペンションまで戻った

察時は部屋を出た時に部屋を出てきた野本と出くわしたと思っていたが、実際は野本がちょうど戻ってきたところだった。野本は黒岩の部屋に入って靴を奪おうと考えていた。しかし、察時と会ったことで予定を変更しバーへ飲みに行って、靴は夜中に交換することにした。

犯人と被害者の足跡を間違えたことから、犯人と被害者が来た順番を逆だと勘違いしていた。犯行時刻が実際より後だと誤認してしまい、犯人にアリバイが成立してしまった。だが、このアリバイは偶然が重なってできたもので、計画的に作ったものではなかった。

ネタバレまとめ

  • 黒岩は野本を殺そうとしたが返り討ちにあって死亡
  • 行きの長靴の足跡は黒岩で、帰りの長靴の足跡は野本
  • 察時は部屋から出てきた野本ではなく、時計台から戻ってきた野本と出くわしていた
  • アリバイは勘違いから偶然成立したものだった

【アリバイ崩し承ります】4話の感想

今回は出張アリバイ崩しに時乃が向かいました。警察官になりたいと思っている子供のため、普段は仲が悪い察時とジュニアが協力しあって子供のアリバイを探し、犯人のアリバイも崩れるといった感じです。

前回のように手の込んだ計画性のあるものではなく、察時を含めた警察が勘違いしたため、勝手にアリバイが成立しました。思い込みは捜査の邪魔になり、全く関係のない子供に嫌な思いをさせるところでした。

思うに靴を履きかえるだけでなく行きについた自分の足跡を消すとか、もう少し何らかの小細工をしておくべきだったのではないか?とも思いますが、元々計画的な犯罪でもないので普通に長靴はいて帰ります。足のサイズを調べるついでに靴を科捜研にでも回して調べていたら、靴の中からDNAが検出されてこのトリックは成立しなかったと思います。

それだけに思い込みで捜査をすると、本来調べるべきものも調べないという事態が起きるのかもしれません。

毎回毎回、かつての『水戸黄門』のように時乃の入浴シーンがあります。もちろん、肌を沢山露出するような入浴シーンではなく、大して何も見えないお風呂のCMのような入浴シーンです。

【アリバイ崩し承ります】4話のアリバイ

今回のアリバイは計画的に作られたものではなく、勘違いから偶然アリバイが成立してしまったという感じです。時系列を比較してみます。

前提

  • 死亡推定時刻は前日の23時~0時の間
  • 足跡Aは裏口から時計台に向かってある
  • 足跡Bは少し大きく裏口と時計台を往復している
  • 足跡Aの上を足跡Bが踏んでいる

最初の時系列

最初の時系列
  • 16:00
    食堂で宿泊客全員と顔合わせ

  • 19:00
    宿泊客が食堂で夕食

  • 22:30頃
    察時の部屋で龍平と話す

  • 23:00
    黒岩が時計台へ向かう

  • 23:10
    カーテンを閉めた
  • 23:14
    部屋から出てきた野本と会う
  • 23:15~0:00
    5人がバーで歓談
  • 翌日朝
    黒岩の遺体発見

実際の時系列

実際の時系列
  • 16:00
    食堂で宿泊客全員と顔合わせ
  • 19:00
    宿泊客が食堂で夕食

  • 22:30頃
    察時の部屋で龍平と話す

  • 22:50
    野本が時計台へ向かう

    自分の靴で向かう

  • 23:00
    黒岩が時計台へ向かう

    長靴をはいて向かう

  • 23:10
    カーテンを閉めた

  • 23:13
    野本が時計台から戻る

    長靴をはいて戻ってきた

  • 23:14
    戻ってきた野本と会う

    部屋から出てきたのではなく、戻ってきた野本と会っていた

  • 23:15~0:00
    5人がバーで歓談

  • 翌日朝
    黒岩の遺体発見

【アリバイ崩し承ります】4話のロケ地

分かったところを記載しています。

ル・ラゴン

舞台になったペンション

SUN PLAZA HOTEL 富士山中湖

温泉のシーン

【アリバイ崩し承ります】4話のその他気になったこと

  • 「ん?」だけで会話する察時とジュニア
  • 龍平にグータッチしてもらえないジュニア
  • なんとかブラザーズのライブに行く母と娘にドタキャンされる察時
  • 龍平が自分に憧れていると勘違いするジュニア
  • すっかり先輩面するジュニア
  • 時乃の入浴に興奮するジュニア
  • 察時は推理しないでイビキかいて寝る
  • 寝癖そのままのジュニア
  • 犯人は幽霊だというジュニア
  • 龍平がなりたい警官は察時

【アリバイ崩し承ります】4話のまとめ

出張アリバイ崩しをしに行く回でした。もちろん出張先でもサービスショットの入浴シーンはあります。ここらへんのお約束な作り方はシリーズものになりそうな演出です。しかし、原作があるドラマなので勝手にシリーズにはできないでしょう。視聴率がいいだけに、テレ朝ももどかしいところです。

子供がなぜ警官に憧れていたのかは、祖母が特殊詐欺に遭って自殺したからでした。ジュニアはやたら先輩面をしたがりますが、子供は特に何とも思っておらず察時のようになりたいと落として終わります。

また、逃亡犯である黒岩がなぜわざわざこのペンションに来たのか?という問いに、野本は「あいつ、ああ見えてグルメなんです」と言います。察時がペンションの夫婦に「逃亡犯も引き寄せる味ってことですね」と落とします。ちょっと落語っぽい話でした

次回は2月29日23時15分から放送予定です。

タイトルとURLをコピーしました