【相棒19】1話のネタバレと感想|仮想現実ネオ・ジパングの前編を考察

2020秋ドラマ

【相棒19】の1話「プレゼンス」のネタバレと感想をまとめています。

仮想国家ネオ・ジパングなるものが登場した今回。ヒントから後編の考察もしてみました。

スポンサーリンク

【相棒19】1話のあらすじ

白バイ警官の出雲麗音(篠原ゆき子)が何者かに銃撃されて重傷を負う。奇跡的に命は助かったものの、犯人が誰なのか警察は突き止められずにいた。

麗音は白バイへの復帰は難しく、異動先は異例の捜査一課だった。その裏で人事に口を利いたのが、社美也子(仲間由紀恵)だということを右京(水谷豊)冠城(反町隆史)たちは突き止めた。

社は女性警官を集め“KGB”なる対抗組織めいたものを結成していると、週刊フォトスの楓子(芦名星)がすっぱ抜く。しかし、社は単なる女子会だと否定した。

捜査一課に配属された麗音に対し、伊丹(川原和久)芹沢(山中崇史)は刑事部長の内村(片桐竜次)から圧力をかけるよう暗に言われる。

芹沢が缶コーヒーを買いに行かせて追いやったところ、右京たちと麗音は出くわし銃撃された現場へ向かう。

だが、麗音は何も思いだせず、やってきた伊丹たちに連れ戻されてしまった。

一方、テレビではビルの壁を命綱なしで登っていた、ゲッコーマンの扮装をした万津幸矢(櫻井圭佑)という男が転落死する。

死亡した幸矢が反社の扶桑武蔵桜という組織の一員である、虎太郎(田中俊介)という人物とぶつかった時、「警官を撃った」と言っていたという情報を右京たちは掴む。

麗音と幸矢は面識がなかったため、証言は得られても捜査が進展しない。そこで、幸矢の恋人である朱音静(日南響子)を突破口にしようと警察は考えるが……。

【相棒19】1話のネタバレ

ネタバレは以下の4つです。

  1. 謎の箱
  2. 加西周明とは?
  3. ネオ・ジパングとは?
  4. 箱の中身は?

今回は前編なので事件は解決しません。次回後編への謎を提示する回です。

1.謎の箱

伊丹刑事が静に電話をした時、彼女は幸矢の部屋で彼の母親と一緒に遺影にする写真を探してました。

そこへやってきたのは、伊丹よりも先に右京さんたちが現れます。

ですが、彼らが来るのを待って話を聞く事になります。

幸矢に殺人事件の容疑がかかっていると告げ、令状はないが家宅捜索を始める伊丹たち。調べた結果、何らめぼしいものは出てきません。

その後、静は幸矢の母親に「絶対に開けるな」と言われて預かっている箱があると言います。

どうやら幸せが逃げちゃうから開けるなということで、静は開けずにとっておいたそうです。

何が入っているのか?

謎の箱を幸矢は静に預けた

2.加西周明とは?

青木と右京さんによるとこんな人物です。

  • ざっくり言うとIT長者
  • 億万長者である
  • ネオ・ジパングは加西の作った仮想国家
  • 元々はPCゲームが始まり
  • ネオ・ジパングは絶対君主国
  • 君主の名前はIZANAというAI

気になった右京さんは早速加西へ直接会いに行きます。

国外追放をされた幸矢について何か知らないか?と聞き、なぜか答えを聞くよりも前にVRを体験することに。

仮想空間に入った右京さん、なぜか和服姿でうろうろします。遅れてやってきた冠城もまた和服姿。

2人だけ和服なものだから、洋風な町並みや住人から浮きまくりです。

操作方法を教えてもらいながら、街の中を歩いていくと、そこには花売り娘の格好した楓子がいました。

しかし、彼女は見つかって恥ずかしいのか、逃げ出してしまいます。

ネオ・ジパングは加西周明が作った世界

3.ネオ・ジパングとは?

その後、右京さんたちは「こでまり」に行き、そこで楓子にネオ・ジパングの話を聞きます。

  • 衣装が沢山用意されている
  • 経済活動ができる
  • 稼いだら税金を取られる
  • 南の広場の市場に年に数回君主のイザナが現れる
  • その時に土地つき一軒家やマンション、金塊や宝石などを売る
  • イザナの商品はリアル
  • 現実の品物を仮想空間の通貨で買える
  • 円相場で換算すると100分の1程度の金額で買える
  • 抽選で当たったら買える

なぜそんなことができるのか?それについては語られません。

ネオ・ジパングには謎がある。右京さんでなくても分かる怪しさ抜群の空間です。

ネオ・ジパングでは現実の品物を仮想空間の通貨で買える

4.箱の中身は?

幸矢から託された箱の中身は何だったのか?

なんと拳銃でした!

そして静と幸矢の母が警察に銃刀法違反で連行されます。

伊丹刑事たちが取調べを始める前に、右京さんと冠城はそれぞれから話を聞きました。

  • 銃を見た幸矢の母は警察に言うことにした
  • 静はそのまま隠し通そうと思っていた
  • でも警察が来た時帰ってもらおうとは思わなかった

母親は息子がやったものだと思っているようで、警察の取調べに対しても素直に答えます。

一方、静は隠そうと思っていたわりに、警察に帰ってもらわず連行されます。

何とも矛盾した行動を取る静、当然何かを知っていそうな雰囲気です。

鑑識が調べた結果、銃は麗音を狙撃した銃と同一のものと分かります。

幸矢が本当に狙撃犯なのか?何のためにやったのか?

次週後編へ続きます。

銃は麗音狙撃に使われた銃と一致した

スポンサーリンク

【相棒19】1話の謎の考察

まずは登場人物のおさらいをします。事件関係者は以下の人です。

  • 出雲麗音:元白バイ警官。捜査一課へ異動
  • 尾沢健志:白バイの副隊長
  • 万津幸矢:元派遣社員でビルの壁を登って転落死
  • 朱音静:幸矢の交際相手。繊維会社勤務
  • 万津蒔子:幸矢の母親
  • 桑田圓丈:扶桑武蔵桜の組長
  • 鬼丸:扶桑武蔵桜の若頭
  • 虎太郎:扶桑武蔵桜の構成員
  • 加西周明:IT長者。ネオ・ジパングの生みの親

この中に黒幕がいる前提で考察します。後編にしか登場しない人物でないことを願います。

1.黒幕の正体と動機

黒幕は配役から言っても加西でしょう。

動機としては結局のところ、ネオ・ジパングと同じように現実世界も支配しようと思った。という感じの動機と想像しました。

ではどうやって支配するのか?それは、ネオ・ジパングの住人を使ってです。

その鍵となるのが抽選で当たると言われている、君主が年に数回販売する高級品です。

これを餌にして操っているか、操るための洗脳をしているのではないかと。

その理由として幸矢がビルを登ったことが挙げられます。

ネオ・ジパングには沢山の衣装があると楓子は言います。

その中にゲッコーマンの衣装もあって、幸矢は仮想世界と現実世界が分からず登っていたのではないか?

だから素手で命綱もつけずに、勘違いしたまま登ったと考えられます。

また、国外追放処分になった理由も、証拠隠滅のためか何かを知ってしまったからではないかと。

ただ、加西は直接手を下してはいないので、裁くことができるのかは不明です。

2.静の謎

恋人だというわりには葬儀にも参加しない謎の女、静。所々不審な点があります。

  • ゲッコーマンの衣装を棺に入れるか聞いてくる
    • →証拠が残る衣装を棺に入れて燃やしたい
  • 国外追放処分のメールに気づく
    • →国外追放になるよう母を誘導した
  • 銃が入った箱を預かっていた
    • →本当は箱の中に銃は入っていなかった

とも考えられます。

そして静は右京さんに「門前払いをなぜしなかった?」と問われ、矛盾のある返答をします。要するに警察に銃を渡したかったのです。

母親の蒔子に見せれば必ず警察に言うし、自分の息子がやったと思うに違いない。それを利用しています。

誰かからの指示で銃を渡したか、自分が撃ったのを死人のせいにしたのか?

静もまたネオ・ジパングの住人だとしたら、操られているとも考えられます。

【相棒19】1話のその他気になったこと

  • 警察もヤクザも一緒という内村刑事部長
  • 都市伝説だと思われていた特命係
  • 「こでまり」には“警察官立寄所”の看板がある
  • 厄除けとして鶴田翁助の書が飾られている
  • 警視庁ガールズボムというネーミングセンス
  • 右京さんが不愉快になったのは右京さんのせい
  • 男はいつでも女性が怖くてしかたがないという甲斐
  • 青木の呪いは人をも殺す
  • 角田課長の最寄駅まで押しかける特命係
  • 素人のほうがタチが悪いという組員
  • 自分で自分を叱る角田課長
  • お台場の商業施設と言われるネオ・ジパングの街並み
  • 右京さんと冠城の妙な和服
  • 楓子に着物姿で気食悪いと言われる特命の2人
  • 席を温めておいた冠城

【相棒19】1話のまとめと感想

今年もまた【相棒】の季節がやってきました。

今回の話は前シーズンの初回のように鬱エンドか、それとも勧善懲悪か?

加西が黒幕だった場合、何の罪で逮捕するのか?今回は捕まらずにまた登場する可能性も秘めています。

新たに結成された“KGB”なる組織も今後登場しそうです。

今回事件を解決して社の力が強まり、警察内の政治に関与してきそうな予感がします。

謎だけを残した前編です。後編どうやって終わりを迎えるのかが楽しみです。

その反面、楓子がわりと登場する回だったので、もう見れないんだなと思うと切なくなります。

番組の最後に芦名星さん追悼のテロップと共に、かつて楓子が登場したシーンが流れて終わりました。

【相棒19】1話のいいセリフ

人間そういうものです。常に最善手は指せませんよ。

タイトルとURLをコピーしました