【警視庁ゼロ係シーズン4】4話ネタバレ感想|ツッコミ殺人事件の全貌

zerogakari2019夏ドラマ

【警視庁ゼロ係】の第4話は漫才中に舞台で相方が死んでしまうという、なんとも奇妙な事件でした。ツッコミ過ぎて死んでしまったわけではなく、毒殺ということがわかります。なぜ漫才コンビの相方が立て続けに死ぬのか?冬彦が寅三と漫才しながら事件を暴いていきます。

スポンサーリンク

【警視庁ゼロ係シーズン4】4話のあらすじ

厄介払いされたメンバーが集まる杉並中央署「なんでも相談室」、通称ゼロ係の寅三(松下由樹)に、捜査一課への異動の打診が来る。喜ぶ寅三だが、冬彦(小泉孝太郎)のことを心配し即答できない。そんな中、人気お笑いコンビの1人が舞台中に相方からツッコまれたところで死亡する事件が続く。急に相方を失って落ち込む様子を見た寅三は、残していくゼロ係の仲間たちの姿に重ねて、さらに心が揺れるが…。

公式HPより

【警視庁ゼロ係シーズン4】4話のネタバレ

西崎浩介(ユースケ)殺人犯

秋元紀子(辻香音)

菅野伸一郎(神田伸一郎)殺害犯

高井美帆(松永渚)

二人の動機

元々高井は西崎の、秋元は菅野の元カノだった。しかし、高井は西崎の相方である津村から「浩介はできちゃった結婚するらしい」とウソを吹き込まれる。秋元も菅野の相方の浜田から「菅野は君と別れる前から二股をかけていた」とウソを吹き込まれる。

それを信じた二人は怒り、お互いが交換殺人をすることになった。

秋元紀子&高井美帆殺害犯

津村篤宏(津田篤宏)・浜田健司(浜谷健司)

動機

津村は西崎に浜田は菅野のことを憎んでいた。そしてそれぞれの元カノにウソを吹き込み、交換殺人をすることを促す。二人が殺人を終えた後、4人で自殺しようと言って車に乗るが、二人を殺して罪を着せた。

逮捕の道筋

西崎が死んだ時、元カノである高井は仙台で仕事をしていたので、アリバイがあるし殺人が不可能だった。菅野が死んだ時は、元カノである秋元が豊洲のショッピングセンターにいたので、こちらもアリバイがあるし殺害が不可能だった。

冬彦はなんでも相談室に訪ねて来た、漫才コンビとフォークデュオのことを思い出す。それぞれのコンビが入れ替わってから、上手くいくようになったということを。そこで、お互い殺したい相手を交換し、高井が菅野を殺し秋元が西崎を殺したに違いないと推理した。

だが、高井も秋元も遺体で発見される。この二人が死ぬ直前に吹き込んでいた、ボイスレコーダーを聞いてみると不自然な点があった。文平が言うには録音は編集されていて、録音場所のGPSは地下駐車場だという。そこで冬彦たちは駐車場に行き、防犯カメラの映像を確認してみたところ、津村と浜田も映っていた。

寅三と冬彦は二人を呼び出し、漫才をしながら事件の話を始める。この二人を殺害したのは、津村と浜田だと言い、その動機は相方への嫉妬や憎しみだと。そして二人を使って殺害し、その二人を始末するとこまで全て筋書き通りだということまで見抜く。

その証拠として津村のノートPCに、殺害計画を記したファイルがあったことがわかった。

【警視庁ゼロ係シーズン4】4話の感想

今回の【警視庁ゼロ係】は芸人の人が実際に登場して、自分の名前をちょっと変えた役名で登場し、自分たちが普段やっている漫才を披露するという回でした。他のドラマでも芸人さんが芸人の役であったり、全く別の役をやっていたりすることがあります。

特にゼロ係は桜庭役の木下さん、春吉役の加藤さん、横山役の片岡さんとレギュラーメンバーだけでも、芸人の人がいます。片岡さんは最近では芸人というより、役者さんの印象が強いぐらいです。違和感なく溶け込んでいますので、芸人の方でも達者な人だと出演の機会が多いことでしょう。

そんな“ツッコミ殺人事件”を解決する時に、冬彦と寅三の二人で漫才を始めます。冬彦はいつもの冬彦で、他人のギャグをパクって混ぜ合わせたようなことをしています。しかし、寅三はやっぱり役者さんとしての力がある松下さんがやっているせいか、非常に上手に漫才師になりきります。面白かったです。

ツッコミ殺人事件の概要

漫才中に相方が死亡するという何とも不思議な事件なため、冬彦が“ツッコミ殺人事件”と命名しました。登場人物が複雑に入り組んで来るので、ネタバレになりますがこちらでも詳しく書きます。

事件の被害者

  • 被害者状況
    • 被害者:西崎浩介(42)
    • 職業:芸人「ダイアナ」ボケ役
  • 事件状況
    • 発生場所:高円寺1丁目劇場内
    • 発生日時:令和元年8月5日午後7時50分頃
    • 死因:テトラヒドロゾリンによる中毒死
  • 被害者状況
    • 被害者:菅野伸一郎(42)
    • 職業:芸人「カンハマー」ボケ役
  • 事件状況
    • 発生場所:阿佐ヶ谷ホール内
    • 発生日時:令和元年8月6日午後7時35分頃
    • 死因:テトラヒドロゾリンによる中毒死

この二人が舞台で漫才をやっていた最中に死亡します。テトラヒドロゾリンというのは、目薬に含まれいる実在の成分で、充血を解消する局所血管収縮剤となります。口から大量に摂取すると、脳卒中を起こします。無色透明で無味無臭です。

ドラマでは大量の目薬を飲み物に混入されて死亡しました。二人とも出番前によく飲んでいる飲み物に入っていたので、二人の習慣をよく知る者の犯行ではないか?となります。そこで容疑者に上がるのは、相方は当然ですがアリバイがあります。

この二つの劇場に出入りしていた、共通のマネージャーの佃が疑われます。佃は西崎と不仲で揉めていたという証言があり、ギャンブル好きで菅野に多額の借金をしていたという情報があります。動機としては十分です。警察で取り調べを受けますが、証拠がありません。さらに各芸人にはストーカーがいた、ということで二人新たに浮上します。

  • 高井美帆
  • 職業:ヘアメイク
  • 被害者との関係性:西崎浩介の元彼女
  • 事件当日のアリバイ:仙台で仕事をしていた

西崎の元彼女なのですが、別れた後にストーカーになったようです。メイクの仕事を通じて近づき、楽屋で物を盗んだりしていたようですが、盗んだ物は返したし、二度と近づかないと誓約書も書いたとのことです。西崎ができちゃった結婚すると聞いて冷めたと証言します。

  • 秋元紀子
  • 職業:制作スタッフ
  • 被害者との関係性:菅野伸一郎の元彼女
  • 事件当日のアリバイ:豊洲のショッピングモールにいた

こちらは菅野の元彼女となります。自分と別れた後に菅野が別の女性と結婚すると、自宅に無言電話をかけたり嫌がらせをしていたそうです。菅野が売れ出してから喧嘩が絶えなくなり、このままだと芸に支障が出るというから別れたそうです。しかし、別れてすぐ結婚したので、2人は隠れて浮気していたといいます。

因縁のある人物が死んだ時のアリバイは二人ともあります。どうやって殺害したのか?その謎が解けた理由は交換殺人だと気づいたからです。お互いがお互いの憎む相手を殺し合っていたのでは?と言いますが、通信履歴を調べたところ、二人は通話もメッセージのやり取りもしていなかったそうです。

その上、この二人がボイスレコーダーにメッセージを残して遺体で発見されます。だが、このメッセージをよく聞いてみると変でした。

「私たちが西崎浩介と菅野伸一郎の殺害を計画し、高井美帆と秋元紀子が殺しました。死んでお詫びします。令和元年8月8日」

というメッセージです。自分たちが計画して自分たちで殺害をしているのに、なぜ名前を名乗るのか?非常に不可解なメッセージです。文平に調べてもらったところ、編集した跡があるけど何が入っていたかはわからないそうです。ただ、録音された場所のGPSは地下の駐車場だったと。

そこで駐車場の防犯カメラを調べてみたところ、それぞれの相方がカメラに映っていました。

事件の結末

車に実は4人が乗っていたということがわかり、高井と秋元を殺害したのは、浜田と津村ではないか?となります。しかし、どうやってこの女性二人をけしかけたのか?

浜田が菅野と付き合っていた秋元に「本当は君と別れる前から二股をかけていた」とウソを吹き込みます。近しい相方からの情報を真実だと思ったようで、元々好きだった彼女の怒りの導火線に火がつきます。

津村は西崎に近づくことができない高井に近づき「浩介できちゃった結婚するらしい。あいつだけうまくいくのは許せないよな?」と、同じく相方情報を真実だと勘違いして怒ります。

こうして二人を操り、ドラマでは話が省かれているので想像で補いますが、高井に菅野を秋元に西崎を、それぞれの習慣である飲み物に目薬混入を指示したと思われます。

浜田は菅野に対してこう思っていました。「ネタも考えずに俺に頼りきりで、家が裕福だから金の心配もない。アイツは笑いも人生もナメている」と。

そして、津村は西崎に対してこう思っていました。「浩介ばっかりチヤホヤされて俺だってネタを書ける」と。

しかし、実際は違いました。マネージャーの佃の話ではこうでした。

西崎の真実

  • 浩介と揉めていたのは仕事のこと
  • 小説が売れたからピンの仕事を増やそうとした
  • 浩介が小説を書いたのはダイアナの名前を売るため
  • コンビで仕事をしなくちゃ意味がない
  • ネタは自分が作って津村にはのびのびと笑いをやらせる
  • ダイアナは津村が調子よくないと面白くないから

西崎は自分だけ目立とうとして小説を書いたわけではなかったのです。ネタを作らせないのも、余計な負担をかけないためでした。

しかし、ネタを書いてる津村を見て「面白くない、ネタなんて考えるの時間の無駄」のようなことを言います。裏にそういう意図があったとしても、結構酷い言い方です。

菅野の真実

  • 毎月貯金するように30万円を佃に渡していた
  • しかし佃がそれを使い込んでしまう
  • 菅野は浜田の笑いのセンスにほれ込んでいた
  • 芸人の稼ぎは不安定だからいつか辞める日が来るかもしれない
  • だから少しでも長く浜田と楽しく漫才がやれるように、貯めておいて欲しい
  • 先が不安だと浜田のセンスが萎縮してつまらなくなるから

金に困っていない菅野は毎月貯金をしていたのですが、佃が使い込むという酷い仕打ちです。

浜田が練習しようというと「そんなにやんなくても大丈夫だって、笑いはセンスなんだから」と言います。どんな意図でそういってるのかわかりませんが、やっぱりナメてるように聞こえます。

横山の暗号

これちょっと面白かったので紹介します。春吉に行っても美味しくないので、みんな水しか頼みません。しかし横山だけ“レモンジュース”と言います。そしてなぜかいつもの酒乱になります。それには春吉と横山の暗号があったのです。

  • レモンジュース→レモンサワー
  • 烏龍茶→水割り
  • 緑茶→緑茶ハイ
  • コーラ→コークハイ
  • オレンジジュース→カシスオレンジ
  • お冷→日本酒
  • お湯→熱燗
  • ブドウジュース→赤ワイン

見た目重視の暗号のようです。なぜ飲ませたとみんなに怒られますが、食事頼んでくれないからせめて飲み物で金取らないとと春吉が答えます。まずいのわかっていてこの店を選ぶゼロ係のメンバーもどうかと思いますし、水ではなくせめてなんか頼んであげて欲しいです。

【警視庁ゼロ係シーズン4】4話のその他気になったこと

  • 刺される覚悟で手錠かけろと無茶いう龍美
  • 冬彦の笑いのツボはズレてる
  • “かぼす”に対して二番煎じ感が否めないと突っ込む靖子
  • かぼすの持ち歌は“栄光の曙橋”
  • ホームレスに税金泥棒と言われたくないとぼやく文平
  • “かぼす”はデュオ名を“すだち”に改名
  • 冬彦と寅三のコンビ名は“フユトラ”
  • 漫才をもっとやりたがる寅三
  • 本庁の松本係長とお見合いだと思われていた寅三
  • 人生最大限に空気を読んだら怒られる冬彦

【警視庁ゼロ係シーズン4】4話のまとめ

捜査一課に異動ができるチャンスが寅三に舞い込みますが、冬彦のセリフに翻弄されて自ら辞退してしまいます。しかし冬彦は寅三が“お見合い”するものだと勘違いしていたという、ゼロ係っぽいオチがつきます。まだまだこのコンビが離れることはないようです。

そして今週の神沼はなぜかホームレスのところに間借りして、絡んできた高校生たちを殺したのか?とにかく返り討ちにします。そしてジョギングしていた人を、磔にして殺害していました。来週はなぜ神沼が都内に潜伏するのか?その謎に少し迫るようです。

今回のいいセリフ

ダメなところは沢山あるのに、その人を必要としてくれている。そんな人との出会いは奇跡なんじゃないかって、僕は思うんです。

タイトルとURLをコピーしました