【ボイスⅡ】7話のネタバレと感想|白塗り野郎と重藤の関係性を考察

2021夏ドラマ

【ボイス2~110番緊急司令室~】の7話のネタバレと感想をまとめています。

今回は石川が容疑者となってしまい、失われた記憶を残していたボイスレコーダーには驚きの名前が!あの人が戻ってくると同時に石川に命の危険が迫り……。

スポンサーリンク

【ボイスⅡ】7話のあらすじ

石川透(増田貴久)が目を覚ました時、そばには小野田本部長(大河内浩)の遺体があった。記憶がない石川だったが、手には銃を握っていた。石川は自分のボイスレコーダーを再生すると、ある人物の名前をつぶやいていた。第三者が関わっているのか、それとも自分が殺したのか。真相を明らかにするため、一人でその人物を追う。

一方樋口彰吾(唐沢寿明)は石川がやっていないと信じて行方を捜す。ようやく石川を見つけるが逃げられてしまう。石川が来た方向にあるホテルに向かい、怪しい人物が映った防犯カメラ映像を橘ひかり(真木よう子)へ送る。

映像を見たひかりが声を聞き取ると、その人物の声には聞き覚えがあり……。

【ボイスⅡ】7話のネタバレ

事件内容を簡単にまとめています。

小野田本部長殺害犯

自殺

事件の真相

ひかりが防犯カメラから聞き取った声は、死んだはずの重藤雄二(増田昇太)のものだった。

石川は小野田本部長と会った際、意識を失う前に「重藤さん」とつぶやいていた。存在を確かめる前に樋口たちに言うこともできず、自分一人で真相を明らかにしようと考えていた。

重藤が生きている可能性があるなら、担当解剖医が改ざんしたに違いないと樋口は気づき、白塗り野郎が解剖医の久遠京介であると確信する。久遠の勤め先である大学へ向かった樋口、石川も同じ大学病院へ向かっていた。

樋口は石川の後を追っていたひかりと合流し、ようやく屋上で見つけて説得をする。その間にECUのメンバーが石川が犯人ではないと思える証拠を見つけてくれていた。

白塗り野郎は石川に小野田本部長と自分が会話している音声データを送っていた。さらに白塗り野郎はコインロッカーに事前にすり替えた石川の拳銃を入れておいた。その銃をコインロッカーから受け取った小野田本部長は石川と会って話をし、家族には言わないで欲しいと頼んだ。

そして自分でけじめをつけるため、渡された銃を使い自ら撃って死亡した。石川は薄れゆく意識の中で録音を開始する。そこに現れた人物を見て「重藤さん」とつぶやいていた。

ドラマの結末

屋上で緊迫する状態が続く中、石川は警察無線が傍受されていると気づき、ひかりを人質に取って彼女に囁く。その声を聞いたひかりが、スマホで樋口にメッセージを飛ばす。白塗り野郎が近くで見ていることを教え、別のビルの屋上に目をやるとそこに白塗り野郎はいた。

気づかれた白塗り野郎は踊りながら現れ、手を銃の形にして石川に向けて撃つ。するとどこからか銃声が聞こえ、石川は胸を貫かれてしまった

【ボイスⅡ】7話のタイムライン

今回発生した事件は本部長殺害事件と、白塗り野郎が住むマンションの自治会長が殺害される事件です。

7話の事件タイムライン
  • AM6:15
    拳銃発砲殺人事件通報から3分経過

    石川が逃走

  • AM6:23
    拳銃発砲殺人事件通報から11分経過

    白塗り野郎がマンションの自治会長を殺害

  • AM7:07
    拳銃発砲殺人事件通報から55分経過
    石川巡査部長マル被として手配
  • AM8:55
    拳銃発砲事件マル被逃走から2時間43分経過

    樋口が石川と遭遇

  • AM9:51
    拳銃発砲事件マル被逃走から3時間39分経過

    防犯カメラ映像から重藤の存在が確認される

  • AM10:39
    警察官狙撃事件発生

    石川が何者かに撃たれる

白塗り野郎のまとめ

今回までに分かった白塗り野郎の情報をまとめています。

  • 名前:久遠京介(くおんきょうすけ)
  • 樋口と出会った当時の名前:川村琢磨
  • 年齢:37歳~38歳
  • 最終学歴:桐央大学医学部卒
  • 職業:神奈川医科大学病院の解剖医
  • 樋口との関係:母親からの虐待被害者だった久遠を樋口が保護した

年齢に関しては前回、樋口は25年前に久遠と出会ったと言います。その当時、久遠は中学1年生だったので12~13歳となり現在37~38歳であることがわかります。

母親から保護された後、施設で育ったのかはわかりません。しかし、医学部に行けるような頭脳があり、どこから出たのか医学部に通える金もあったようです。

大学入学後、戸籍を何度も変える戸籍ロンダリングをします。なので、中々正体が掴めなかったということになっています。

本部長を過去の罪で脅していたらしく、本部長は従うしかなかった状態でした。切羽詰った本部長が石川を殺害すればそれでもよし、自殺するならそれでもよしという状況を白塗り野郎は楽しんでいたようです。

重藤の解剖記録を改ざんした理由はまだわかりませんが、最初からその計画だったことは確かです。そうなると重藤と白塗り野郎は繋がっていると考えられます。

重藤と白塗り野郎の関係性を考察

白塗り野郎と重藤が繋がっているのだとしたら、どういう計画や動機が背後にあるのかを考察しました。

  • 小野田本部長絡みの事件
  • 樋口に対する恨み
  • 兄との確執
  • 白塗り野郎の言いなりになっているふりをしているだけ

などが思いつきました。

最終的には言いなりになっているふりか、騙されていた可能性が高そうです。しかし、小野田本部長らが過去に犯した罪について、明らかになるのは間違いないので何らかの関係がありそうです。

ただ一つ引っ掛かるのは前回判明しますが、本部長ら56歳の人たちが18歳以前に犯した罪なので、38年以上前の話なのです。久遠も現在37~38歳であることから、生まれる前の話になります。久遠よりも若く見える重藤は、当然生まれていないものと思われます。

そうなると近い間柄の人が死んだことの復讐という、よくありがちな設定は考えにくくなります。まさかの年齢設定をまったく無視しての話の展開もありえるのかもしれませんが、できれば整合性を優先して欲しいものです。

【ボイスⅡ】7話の補足

今回の話で新たにわかったことを記載しています。

小野田本部長と山城早紀の関係

早紀が本部長の下で働いていたことは以前からわかっていました。今回、具体的な話が彼女の口から語られます。

早紀は警察大学を卒業した後、小野田本部長が署長を務める署に配属されました。その配属された署で、ストーカー被害の相談があったのですが、ついつい後回しにしていたら事件が起きてしまいます。女性が傷つけられてしまったのです。

当時、署長だった小野田本部長が守ってくれて、早紀は責任を問われませんでした。その後、早紀は小野田本部長に言われ被害者と向き合い、やれることは何でもやりました。最後には被害者から「ありがとう」と感謝もされました。

早紀はこの時のことがあったから警察を続けてこれたといいます。小野田本部長のお陰で早紀は警察官としてやってこれたわけです。なので、恩を強く感じていたのです。

石川の病状

以前にも石川の病状が悪化している説明がありましたが、今回は樋口が直接薬剤師から話を聞き、病状を説明されました。

石川と薬剤師は生活安全課にいた頃、事件関係者の紹介で知り合います。石川の病状はこんな状態です。

  • 感情が高ぶったり、精神的に追い詰められたりすると、ストレスから反射的に脳への酸素供給が途切れてしまう病状
  • 状態が悪化すれば意識が途切れるようになり、長時間記憶を失う
  • 精神的抑圧が原因
  • 現場の警察官でいる限り治らない
  • 薬を飲んでいない状態が長く続くと、過剰な精神的抑圧から自分を見失い錯乱状態になる可能性もある

そんな状態な石川なので、記憶がない時に何が起きていたかを記録するため、ボイスレコーダーを持ち歩いていたり、自宅にもビデオカメラが設置してありました。

ボイスレコーダーには重藤の存在をほのめかす言葉が録音され、ビデオカメラには自宅にはなまるのついた箱を置きに来る人物の姿が映っていました。

また、今回石川は何者かに狙撃されますが即死ではないです。次回の予告で病院に運ばれ、樋口と会話はできています。なので、殉職しないのではないかと思われます。

【ボイスⅡ】7話のまとめと感想

石川が小野田本部長を殺害したようにハメられてしまい、探っていくうちに実は重藤が生きていたという話でした。

あんな状態の石川が捜査に参加しているというのも凄い話ですが、無線が傍受されている可能性にようやく気づく樋口たちも何だかなと。その上、ひかりはスマホを見ないでメッセージを送れたり、色々ツッコミどころはあります。しかし、次から次へと事件が起こって話が進んでいくため、細かいことを気にする間もなく事件を追うしかありません。

とはいえ、細かい部分にヒントが散りばめられています。今回だと屋上で石川を説得する場面に行く前に、捜査一課の片桐が一般人の避難誘導をしに行くといって一緒に行きません。彼が本当の内通者なのではないかと思わせます。

謎もそんなに引っ張りすぎず、毎回見るたびに少しずつ明らかになります。あまり引っ張り過ぎると過度な期待を抱いてしまい、終わり方のハードルが高くなりがちです。だからそうなる前にハードルを下げて、いくつも飛び越していく構成で飽きずに見れるようにしています。

なので重藤と白塗り野郎の関係性、小野田本部長らが過去に犯した罪、それらの謎が少しずつ明らかになると思われます。

次回は9月11日22時から放送予定です。

タイトルとURLをコピーしました