【シャーロック】最終回のネタバレと感想|守谷「守谷です」視聴者「誰?」

2019秋ドラマ

12月16日放送の【シャーロック】最終回11話のネタバレと感想、ロケ地や守谷役の大西信満さんについてまとめました。

守谷がとうとう登場します。誰が演じるのかに注目が集まっていましたが、大西信満さんという方が演じていました。そして獅子雄と直接対決をしたその結果は?

【シャーロック】の見逃し配信はFODで視聴できます。
Amazonアカウントで登録すると1ヶ月無料で利用できます。
本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況は公式サイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

ドラマ【シャーロック】最終回のあらすじ

 誉獅子雄(ディーン・フジオカ)と若宮潤一(岩田剛典)は拘置所から、かつて獅子雄の推理により拘置所に送った元警視庁捜査二課の職員・市川利枝子(伊藤歩)を含む男女4人の被告が脱走したニュースを見ている。どうやら看守が手引きしていたらしいが、獅子雄は内部に協力者がいないと脱走は無理だと平然としている。そこに、ベイカーハイツの管理人、波藤園美(かたせ梨乃)が家賃を取り立てに来た。獅子雄を見た園美は同居を禁止していると二人の関係を尋ねる。すると、獅子雄は友人だと答えた。数日中には支払うと若宮が言うと、獅子雄は約束が守れなければ自分のバイオリンを渡すと約束。若宮は獅子雄の口から友人と言われたことがうれしかった。

 そんな時、新たにすべての脱走犯たちの名前が判明したというニュースが流れ、その中に守谷の名を見た獅子雄の表情が硬くなり…。一方、警視庁では江藤礼二(佐々木蔵之介)が刑事部長と副総監(篠井英介)に呼び出され、あるミッションを与えられていた。明かされていく江藤の知られざる顔…そして、獅子雄と江藤の間には決定的な溝が生まれていた…。

公式HPより

ドラマ【シャーロック】最終回のオープニングナレーション

この男は天才だ
天才は危険である
自分も相手も壊すまで
戦いにのめり込むから
僕はただ
彼が壊れないことだけを願っていた

ドラマ【シャーロック】最終回のネタバレ

脱走事件の動機

看守の月岡が娘の手術代欲しさに守谷に協力し、手引きして4人を脱走させた。

守谷信奉者の犯行の数々

  • 看守の月岡を撃つ
  • 田中摩周が守谷のことを話しそうになると他の者が殺害
  • 万亀雄を拉致
  • 刑務所から受刑者を脱獄させる

守谷の動機

恵まれない環境で育った守谷は世界に復讐をしたかった。退屈な時間を無くすため、大金を稼いで金にものを言わせて権力者を言いなりにした

ドラマ【シャーロック】最終回の感想

守谷の正体は大西信満さんという方が演じていました。正直、あまりに唐突な登場にぼんやりしました。これなら江藤が守谷だったほうが良かったのではないか?そんな気がするあっけない終わり方です。

また、守谷が意味深なことを言って終わるので、実のところ本当に守谷なのか分かりません。ただ、原作がちゃんとあるドラマなので、守谷が実は生きていて再登場する。といった作り方が許されるのかどうなのかというところです。

獅子雄の生死に関しては、シャーロックホームズファンの方なら分かると思いますが生きています。有名作品を原作にしてしまうと、こういった部分で驚きやドキドキ感が味わえない難点があります。

事件の展開もいつもの回よりも唐突な部分があり、やたら若宮との仲良し感をここに来て前面に押し出してきます。推理で解決するというより、基本的に獅子雄と敵役の人が“悪”について語る感じです。

さらに江藤がなぜ豹変したのか、元々野心家だったということなのか?取ってつけた感がある豹変ぶりです。それだけに江藤が守谷なのでは?と最後のほうまで引っ張られます。

今回は守谷役の大西信満さんの詳細、獅子雄の生い立ちと、獅子雄と守谷や市川とのやり取りについて掘り下げます。

ネタバレの詳細となりますので、未視聴の方はご注意ください。

守谷役の大西信満はどんな人?

「守谷です」と出てきた守谷ですが、「誰?」と思った人が多いと思います。そこでどんな方なのか調べてみました。

  • 大西信満(おおにし しま)
  • 生年月日:1975年8月22日
  • 出身地:神奈川県
  • 身長:173cm
  • 血液型:B型

受賞歴

  • 2010
    • 第2回TAMA映画祭 最優秀新進男優賞
    • 『キャタピラー』若松孝二監督
  • 2003
    • 第58回毎日映画コンクール 新人賞
    • 第13回日本映画評家大賞 新人賞
    • 『赤目四十八瀧心中未遂』荒戸源次郎監督

出演作

  • 2020
    • 『ファンファーレが鳴り響く』森田和樹監督
    • 『転がるビー玉』宇賀那健一監督
  • 2019
    • 『STAY』ウォートン・リグビー監督
    • 『楽園』瀬々敬久監督
    • 『柴公園』綾部真弥監督
  • 2018
    • 『泣き虫しょったんの奇跡』豊田利晃監督
    • 『止められるか、俺たちを』白石和彌監督
    • 『菊とギロチン』瀬々敬久監督
    • 『友罪』瀬々敬久監督
  • 2017
    • 『AMY SAID エイミー・セッド』村本大志監督
    • 『光』河瀨直美監督
    • 『無限の住人』三池崇史監督
    • 『ろくでなし』(主演)奥田庸介監督
  • 2016
    • 『東の狼』カルロス・M・キンテラ監督
    • 『LIFE』林海象監督
    • 『太陽の蓋』佐藤太監督
    • 『5 to 9』宮崎大祐監督
    • 『日本で一番悪い奴ら』白石和彌監督
    • 『64 -ロクヨン- 前編/後編』瀬々敬久監督
    • 『華魂 幻影』(主演)佐藤寿保監督
    • 『マンガ肉と僕』杉野希妃監督
  • 2014
    • 『STAY』Dir.Darryl Wharton-Rigby
    • 『まほろ駅前狂騒曲』大森立嗣監督
    • 『マリアの乳房』(主演)瀬々敬久監督
    • 『祖谷物語-おくのひと-』蔦哲一朗監督
  • 2013
    • 『さよなら渓谷』 (主演)大森立嗣監督
    • モスクワ国際映画祭 審査員特別賞受賞
    • 『千年の愉楽』若松孝二監督
  • 2012
    • 『海燕ホテル・ブルー』若松孝二監督
    • 『ヴァージン』吉田光希監督
    • 『ビターコーヒーライフ』横山浩之監督
    • 『11.25自決の日~三島由紀夫と若者たち』若松孝二監督
    • 『BUNGO~ささやかな欲望 「人妻 」』 (主演)熊切和嘉監督
  • 2011
    • 『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』入江悠監督
  • 2010
    • 『ランニング・オン・エンプティ』佐向大監督
    • 『キャタピラー』 (主演)若松孝二監督
  • 2008
    • 『実録・連合赤軍-あさま山荘への道程』若松孝二監督
  • 2003
    • 『赤目四十八瀧心中未遂』 (主演)荒戸源次郎監督
  • 2019
    • 『シャーロック』(CX) 第11話-最終話-
    • 『東京二十三区女』(WOWOW) 第4話
    • 『柴公園』(tvk・TOKYO MXほか) レギュラー
  • 2018
    • 『コールドケース2~真実の扉~』(WOWOW) 第4話
    • 『幸色のワンルーム』(ABC)
    • 『監査役 野崎修平』(WOWOW)
  • 2016
    • 『進め!青函連絡船』(NHK BSプレミアム)
    • 『横山秀夫サスペンス陰の季節』(TBS)
  • 2015
    • 『武士の娘 鉞子とフローレンス ~奇跡のベストセラーを生んだ日米の絆~』 (NHK BS1)
    • 『予告犯 -THE PAIN-』(WOWOW)
  • 2014
    • 『私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな』(LaLaTV) 第6話
    • 『同窓生 人は、三度、恋をする』(TBS) 第8話
    • 若者たち2014』(CX) 第1話
  • 2013
    • 『ヒロシマ 復興を夢みた男たち』(NHK)
    • 『ソドムの林檎~ロトを殺した娘たち』(WOWOW) 第3話
  • 2012
    • ロンドン五輪 放送テーマソング いきものががり『風が吹いている』 (NHK)
    • 邦画を彩った女優たち 『闘う女優 寺島しのぶの告白』 (NHK-BSプレミアム)
  • 2011
    • 『告発~国選弁護人』(EX) 第6話
  • 2007
    • スペシャルドラマ『天国と地獄』 (EX)
  • 2005
    • 日曜劇場『Mの悲劇』(TBS)

現在44歳で旧芸名は大西滝次郎の名前で活動していました。主に映画に出演している俳優さんで、若松孝二監督、瀬々敬久監督作品に多く出演している俳優さんです。

そのため、知っている人は知っているけど、知らない人には「誰?」となってしまったわけです。

また、テレビに出てもWOWOWや地方局などが多いため、目にする機会がどうしても少ないです。その上、特に映画は重いテーマのものに出演しています。いくつか見ていますが、結構考えさせられる作品が多いです。

逆に言うと、そういった作品を好んで見る人には、お馴染みの俳優さんということになります。

ただ、「守谷です」が強烈すぎてどうにも棒演技の下手な俳優さんという印象が、今回の登場シーンではついてしまったのが非常に残念です。他の作品ではまったくそんなことはなく、ちゃんと演技のできるいい俳優さんです

獅子雄の生い立ち

頭脳明晰な獅子雄がなぜ探偵などやっているのか?万亀雄との関係性はどういったものなのか?市川がその謎を教えてくれました。

  • 父親は誉多鶴雄という金融業で財産を築いた資産家
  • 万亀雄とは腹違いの兄弟
  • 獅子雄は後妻の子ども
  • 兄25歳、獅子雄18歳の時に父が亡くなる
  • 事故死したと思っていた前妻が実は自殺だった
  • 獅子雄の母と父の愛人関係を悲観して前妻は死んだ
  • 万亀雄が獅子雄の母を家から追い出す
  • 獅子雄の母は病死した
  • 獅子雄も家を出て大学も行かずに海外を転々
  • 香港滞在中に起きた事件に捜査協力したのをきっかけに探偵業を始めた

兄との関係性はこんな過去なので、本来よくないでしょう。しかし、獅子雄も万亀雄もそんなに仲が悪くもありません。お互い皮肉を言い合いながらも、どこか信頼しているような関係性です。

今回、万亀雄が拉致されると獅子雄は助けに行きます。何だかんだ言っても兄弟なのかもしれません。

獅子雄と市川のやり取り

万亀雄を追って行った先に待っていたのは脱走した市川でした。そこで獅子雄は会話をしますが、どうやら“悪”というものに興味を持っているようでした。

市川の主張

  • 行政と警察が犯罪を生んでいる
  • 人を監視して取り締まる東京はまるで監獄みたい
  • 当然暴れたくなる人が出てくる

監視社会である東京は牢獄と同じなので、犯罪を起こしたくなるという謎の論理です。その後、市川の“悪”についての持論が展開します。

  • 獅子雄も守谷に引かれている
  • 頭がいい人はすぐ退屈する
  • 当たり前のことに感謝できない
  • ささやかな幸せを大事にできない
  • 常に新たな刺激を求めている
  • 悪は最高の刺激
  • そういう人間が世の中にはいる

“悪”とは退屈しのぎに刺激を求めている人が手を出すもので、そういう人間が世の中には存在していると言います。暇つぶしで殺されたら目も当てられません。飢えた獣のように常に新たな刺激を求め、悪い事をすると満たされる。一種の麻薬のようなものなのか、市川は悪い事をすることに喜びを感じているようです。

そして獅子雄も自分も同類だと市川は語り、獅子雄もそうかもしれないと答えます。なぜ守谷を追いかけ引かれるのか、自分でも説明はつかないけど、これまでに出会ったことのないような、“悪”というのを見てみたいと好奇心でなのか言います。

ここで、江藤が突然銃を向けて撃とうとします。てっきり、江藤が守谷で市川がヒントを言ったから殺すのかと思ったら、獅子雄に「似合わないことはやめろ」と言われ警察批判をされて銃を下ろします。

ロンドンのA子さんとは?

市川が守谷のいる場所のヒントとして残した言葉を、獅子雄が解き明かします。よくこのヒントで分かったな、というぐらい場所を特定します。

ロンドンのA子さんは 空につるされて 海を見ている

このヒントから守谷のいる場所を導き出します。その過程はこうです。

  • ロンドンのA子
    • 「A子」は仮名として使われる
    • ロンドン、すなわち英語圏では「アリス」か「アリシア」あたりか
  • 空につるされて
    • 市川がわざわざ言うぐらいだから、空を飛ばないことを意味しているのかも
    • 普通なら空を飛ぶとは言わないものは船

そこで若宮がネットで調べると小型帆船“アリシア”号という船が見つかり、持ち主がサットンビジネススクールでした

後に若宮が廃船にした船をジャッキアップするから“空につるす”んだと一応は説明してくれます。“海を見ている”だから海沿いであることは、分かったのかもしれません。

脱走してそう遠くにはまだ行ってないと思い、関東圏ぐらいまでは絞ったのかもしれません。しかし、こんなにすぐ見つかるか?と、ドラマなのでそこは仕方ないかと思いました。

もうちょっと言葉通りの謎でなく、ひねった謎にして欲しかったです。今回の話はここぐらいしか謎を解くシーンがなかったです。

獅子雄と守谷の対決

今回一番の見せ場のはずなのに、一番トホホなシーンです。守谷が今まで一度も出てこなかった人物で、急に「守谷です」といわれても、「は?」という気分になります。ベタな展開でも江藤が守谷だったというほうが、良かったのではないか?そんな気になります。

守谷の主張

  • 純粋な想像なんてものは存在しない
  • 願望か悲観だから人間は間違える
  • 自分がサポートした政治家や経済人は全て弱い人間
  • 生まれながらに恵まれた生活をしていた人間だった
  • そんな人たちが社会のルールや価値観を作る
  • 持っている人たちが都合のいいように作ってきた
  • 持たざるものの生活は退屈
  • デモをして政治家や金持ちを批判しても何も変わらない

守谷はどうやら貧しい出のようで、退屈を何とかするために金持ち以上に金を得て、支配する側に回ろうと考えたようです。守谷のモチベーションはコンプレックスとなります。そして、金持ちが作った世界をぶっ壊すと言った感じでしょう

常識、法律、家族は素晴らしいなんて幻想も、全て彼らが作ったものであり、それが“真実”ではない。だから支配する人が変われば新たな常識や法律が生まれる。守谷が目指す世界とは何なのか?こうです。

欲しいものを自由に奪い、殺されて当然の人間を殺すことが許された世界

無秩序で法がない世界を望んでいるようです。北斗の拳のような、ああいう世界でしょうか?あの場合、“悪”というより生きるためにああなっている気がしますが、とにかく守谷は好き勝手したいようです。

そして守谷は獅子雄に自分を止めるか、使徒になるかの二択を迫られます。

なぜ使徒なのか?宗教っぽい組織なのかは不明です。獅子雄は何のために罪を重ねるのか知りたかったといい、悪を知りたいというのは悪を生きることと同じだと守谷は言います。

守谷が電話をすると脱獄する人が出てきたり、交通機関を止めたりできるようです。獅子雄の選んだ選択はこうでした。

俺はずっとあんたという謎が解けなかった。
だが、今その答えがはっきり分かった。ただの幻だ。

と言って二人で海に落ちてしまいます。簡単に言うと、

守谷って奴が悪ぶってるけど、どんだけの考えがあってやってんのか聞いてみたら、たいしたことなくね?けど、ヤベー奴だから野放しはマズいんで海へ道連れにするわ。

みたいな感じの終わり方に見えました。しかし、守谷はこの時とんでもないことを言い出します。

あなたは私が本当の守谷だと思っていますか?

じゃあ誰なんだ?というツッコミはできないまま、2人とも海に落ちてしまい、現時点では遺体も上がらないようです。

続編前提なのかどうか分かりませんが、思わせぶりな終わり方です。日テレならこの続きはHuluでやりそうな最後でした。

ドラマ【シャーロック】最終回のロケ地

日比谷茶廊

獅子雄と江藤が話していた喫茶店
食べログ

地蔵山野営場

市川と話していた山荘
公式HP

ホテル メルパルク東京

バイオリンタイムの屋上
公式HP

山九横浜支店山下倉庫

守谷と話していた倉庫

ドラマ【シャーロック】最終回のその他気になったこと

  • 獅子雄のバイオリンがストラディバリウスらしい
  • ワトソンと書いてまた消される若宮
  • 自分は携帯の電源を切っていない江藤
  • 「あなたのことは誘っていない」と言われる若宮
  • 全体的に市川に邪険にされる若宮
  • 「お化け屋敷とは違うんだぞ」という若宮

ドラマ【シャーロック】最終回のまとめ

終わり方としてはトホホな終わり方です。いきなり「守谷です」と出てきたかと思えば、「本当の守谷だと思ってますか?」といって海に落ちる。なんか、コントのようなオチでした

最終回はトンデモですが、全体的に見てみると面白い話もいくつかありました。個人的には2話目が面白かったです。しかし、視聴率が二桁に届いたのが、全11話中2話だけでした。

ただ、続編を作る予定が最初からあるのかもと思わせるのが、なぜか最終回になって管理人さんや警察の上層部に、名のある俳優さんを登場させてきます。謎です。

フジは映画のほうに引っ張りたがる傾向があるので、もしかしたら続編をドラマではなく映画でやりたいのかもしれません。劇場公開したら見に行くかと問われれば、この終わり方では正直微妙です。

ラジエーションハウス、朝顔に続いてまた、総集編+αな特別編を12月23日21時から放送予定です。

今回のいいセリフ

勇気とは恐怖を克服し、生きようとする強さだ。

ドラマ【シャーロック】最終回のエンディングナレーション

獅子雄は消えた
人は彼が死んだという
でも僕はそう思わない
どこかで謎を解いては得意げに笑っている
ふらりと戻るその日まで
このバイオリンは大切に取っておこう
別れの言葉は口が裂けても
言わないから安心しろ

わが愛すべき親友S・Hへ

若宮潤一

タイトルとURLをコピーしました