【路(ルウ)台湾エクスプレス】1話のネタバレと感想|国境を越えた恋

路~台湾エクスプレス~スペシャルドラマ

2020年5月16日にNHK総合で放送された【路(ルウ)台湾エクスプレス】1話のネタバレと感想をまとめました。

台湾に新幹線を走らせる計画に日本が参加し、完成するまでの話と同時に、登場人物たちの思いが台湾と日本で交錯する物語となっています。

スポンサーリンク

【路(ルウ)台湾エクスプレス】1話のあらすじ

台湾高速鉄道の優先交渉権を獲得した日本の商社から、春香(波瑠)は台湾へと出向することになる。春香には台湾で忘れられない出来事があった。それは、大学2年の時台湾へ旅行をし、現地で知り合ったエリック(アーロン)との出会いだった。その後、春香は台湾を何度か訪れるが、彼に出会うことはできなかった。

思いを残したまま再び台湾へと来た春香、そんな春香にある朗報が入る。エリックの連絡先がわかったという。しかし、春香には既にプロポーズをしてくれている繁之(大東駿介)という婚約者がいて……。

【路(ルウ)台湾エクスプレス】1話のネタバレ

1999年に日本が台湾高速鉄道の優先交渉権を獲得し、商社勤務の入社4年目である春香は大抜擢され台湾へ出向を持ち掛けられます。

しかし、春香は台湾行きを渋り、恋人の繁之に相談をします。すると繁之は行ったほうがいいといってくれて、さらに結婚して欲しいともいわれます。

春香は結婚に対しては決めず、台湾行きを決定しました。

1:台湾新幹線プロジェクト始動

台湾での仕事は主に議事録を取ることで、技術担当の安西と共に台湾高速鉄路、通称高鉄の人たちとプロジェクトを進めていくことになります。技術担当のジャック・バルトと運行担当のレスター・王の2人が、主に向こうの担当者です。

安西は日本の新幹線の良さを多いに語り、すべての部分をそのまま適用させることを提案します。しかし、高鉄の2人は日本とヨーロッパの良い所を合わせた、“台湾オリジナル”のものを作りたいといいます。安西とさっそく意見がぶつかりました。

2001年になってもまだ、高鉄との交渉はうまくいってません。例えば車掌室の窓一つとっても互いの主張は違います。

  • 安西:窓がないと到着や出発のときの安全確認ができない
  • 高鉄:そういうことは駅員がやる。車掌が頭を出すのは危ない

安西はどうしてもその理屈が納得できません。ジャックは“安全に対する哲学の違い”と告げました。

台湾オリジナルの新幹線を作りたい

2:春香の思い出

ある日、市場で見かけた男性を突然追いかける春香に、同僚の林がどうしたのと驚きます。そこで春香は台湾であったことを語りました。

  1. 大学2年のとき台湾に来て、ホテルへの道が分からなかった
  2. そばにいた男の人に道を案内してもらった
  3. 次の日、市場を歩いていたらその彼が食事をしていたので声をかけた
  4. 彼はエリックという名で、台北の街を色々案内してくれた
  5. 帰国の日、エリックが電話番号を渡してくれたがなくしてしまった
  6. それ以来、台湾に来てもエリックに会うことはなかった

旅先で親切にしてくれた男性がいて、その人にまた会いたいと思ってももう会えなかったということです。エリックの手がかりはこうです。

  • どこかの大学の建築学科に通っている
  • 台中の出身
  • 写真は一枚もない

「本気だったんだね、彼のこと。恋よ恋」と林にいわれ春香は「多分、違うと思う」と答えます。どう考えても“恋”なのに、この後も春香だけが“恋”と認めずに最後まで話は進んでいきます。

春香はエリックと恋に落ちていた?

3:エリックは日本にいた

エリックは日本の大日本設計という会社に勤めていました。そこで葉山勝一郎の講演を聞き声をかけます。台湾人であるエリックのことが気に入ったのか、今度家においでと勝一郎は告げます。

勝一郎には病気の妻、曜子がいました。曜子がエリックに会いたいというので、勝一郎が病室に連れてきて話をします。

なぜ会いたかったのか?それは、曜子も勝一郎も台湾生まれだったのです。日本が台湾を統治していた時代、向こうで生まれた2人は終戦後日本に引き上げてきました。

曜子は台湾に帰りたいといい、勝一郎をいつか台湾へ連れて行って欲しいとエリックに願います。

エリックは日本の会社に勤めていた

4:勝一郎の過去

エリックは勝一郎に台湾生まれの話を聞きます。勝一郎には台湾にわだかまりがあったのです。

  • 1944年に台湾の旧制台北高校に通っていた
  • 呂燿宗という日本名は中野赳夫という親友がいた
  • 学徒出陣が迫り、中野は曜子に結婚を申し込むという
  • 勝一郎は向こうの親が許さないと思うと答える
  • なぜなら、中野は台湾人で二等国民だからといってしまう

親友のことを差別したのです。それを聞いた中野は勝一郎の前から去りました。間もなく終戦となり、日本に勝一郎は引き上げます。中野に会って謝りたかったという勝一郎ですが、中野とは会えずじまいだったといいます。

本当に親友なのか?と思うような関係です。恐らく曜子のことを勝一郎も好きだったので、取られたくなくてそういったのだろうと想像できます。なぜなら、勝一郎の妻は曜子です。

その曜子はこの後、亡くなってしまいます。動揺した勝一郎はエリックに電話をかけ、エリックも葬儀に参加しました。

勝一郎は親友に謝りたかった

5:プロジェクトがまとまらず

新幹線プロジェクトは相変わらず進みません。レールの規格をヨーロッパの規格ではなく、日本の規格に変更したとジャックが報告し、安西は喜びます。しかし、車掌室の窓はないままです。これにまた安西が噛み付きます。

すると、ジャックはレールでこっちは歩み寄っているのに、なぜ歩み寄ろうとしない?と安西に問います。すると安西はこういいます。

恐らく、技術者としての良心があるからです。

これにはジャックも怒ります。まるで自分たちが良心がないようじゃないかと。安西は根本的に勘違いしています。

5-1:台湾の誇りのために

帰り際、春香は王に声をかけられ一緒に食事をします。そこで春香は台湾の人の思いはどうなのかを聞きます。王はジャックと同じで“台湾オリジナル”のものを作りたいといいます。ヨーロッパでも日本でもない、単なるコピーでもないものを、台湾の誇りになるものを作りたいと。

一方、ジャックに悪態をついた安西は、クラブで酒を飲みます。以前、「なんでこんな店で働いているんだ」と絡んだホステスのユキに謝り、自分の話をします。

安西は田舎出身だったため都会へ憧れていました。このレールの先に都会がある、夢がある。そう思っていました。ユキもまた地方出身者で、この電線の向こうに都会がある、夢があると思って台北に来てました。

2人とも夢を叶えるために都会へ来た、という共通点があったのです。しかし、ユキに「夢はあった?」と聞くと、返答を濁します。ユキには何かまだ語られない部分がありそうです。

春香は王の話を聞いて考え直し、夜に会社へ戻ります。そこへ安西もやってきて2人は同じ思いを抱きます。自分たちの仕事で台湾の人に喜んでもらいたい。と。台湾の人が本当に望むもの、そのために思いも新たに努力をすることに決めました。

台湾の誇りになるような新幹線を作る

6:その他の人間関係

威志と美青

威志と美青は幼馴染で、美青はカナダの大学に行き日本人の男との間に子供ができる。男は堕ろせというが、美青は一人で育てることを決意する。男と別れて大学も辞めて台湾に戻り、子供を産んで育て始める。威志は徴兵に行くことになり、週に一回の休みをもらって帰ってくる。

安西とユキ

安西は妻とうまくいってなく、台湾に来た妻子はすぐに日本へ戻ってしまう。ユキのいる店に行って、そこで話を聞いてもらううちに次第に仲良くなる。

7:【路(ルウ)台湾エクスプレス】1話の結末

春香は台湾から日本に帰国し名古屋で繁之と再会します。繁之は2年前にプロポーズした返事を再び春香に聞きます。しかし、春香はまだ迷っているようで首を縦には振りません。そこでとうとう繁之は春香に「台湾に男でもいるのか?」と聞きます。

春香はさすがに嘘もつけず、当時あったことを話します。そのとき会って以来彼には会っていないこと、彼とはそういう関係ではないということを話します。繁之は「信じていいんだな?」ときいて春香も「信じて」と返しました。

そして結婚は、台湾の仕事が終わるまで、あと3年待って欲しいと告げます。

7-1:エリックと再会

2002年、年が変わって台湾に戻った春香に林がエリックの連絡先を見つけてきます。年末年始とずっと探していてくれてたようで、メールアドレスを教えてくれました。それをもらった春香は自宅に戻り連絡しようとします。

PCを立ち上げると繁之からのメールが届いていて、それにまず返事をしようとします。その最中にメールの着信があり、中を見てみるとなんとエリックからのメールでした。

2月22日に台湾に戻るから、そのときに会えないかという内容です。春香は繁之に返事をするよりも、エリックに「私も会いたい」と返事をします。

そして当日、春香は8年前、台湾に来たときに泊まったホテルを目指します。通りを挟んだ向こう側のバスが通り過ぎると、そこにはエリックの姿がありました。エリックも春香に気づき笑みを浮かべます。このとき、春香の思いはこうでした。

私は気づいてしまった。8年前の出会いは、間違いなく恋だった。

8:【路(ルウ)台湾エクスプレス】1話の要約

台湾高速鉄道の交渉権を獲得した結果、商社に勤める春香は台湾へ出向する。

台湾へ過去6回来ていた春香には、忘れられない出会いがあった。それはエリックという男性と過ごした日のことだった。連絡先をもらった春香だったが無くしてしまい、その後、再び台湾を訪れるがエリックとは会えなかった。

現在交際中の繁之から結婚を申し込まれるが、春香は受け入れず返答を先延ばしにする。とうとうエリックの連絡先がわかり、連絡をしようとしたところ、エリックからメールをもらい台湾で会う約束をする。

エリックに再会した春香は、8年前の出会いは恋だったと気づいてしまった。

スポンサーリンク

【路(ルウ)台湾エクスプレス】1話の感想

台湾新幹線を開通させる話がメインかと思いきや、恋愛がメインのドラマでした。しかも主人公の女性が、二股をかけている状態なため、早く繁之を解放してやってくれと見てると彼が気の毒になります。

恋だと気づいてしまったと春香はいいますが、春香以外みんな“それは恋だ”と思っています。春香だけが気づいていない状態です。と、いうか春香は出会った日からずっとエリックのことが好きです。連絡先をなくしてしまい、その後何度も台湾を訪れるのに見つけられません。本当に好きなのか?と所々疑問に思う部分もあります。

春香の恋愛話が結構な割合を占めているため、新幹線のことが頭に入ってきません。春香はエリックを選ぶのか、それとも繁之を選ぶのか?それともどちらも選ばず一人身になるのか?新幹線が開通するよりも、そこが一番気になる内容でした。

【路(ルウ)台湾エクスプレス】1話のまとめ

新幹線の話は大筋にはありますが、基本的にはそれぞれの人間模様を描く回でした。春香と繁之、春香とエリックの恋愛話と、エリックと勝一郎の台湾と日本の関係の話などです。恋愛部分の話が結構多いため、新幹線を通すために頑張る人の話という感じではありませんでした。

また、日本と台湾の過去の関係のことが、今後どういった展開になるのか?勝一郎と中野が和解できるのか?美青を傷つけた日本人に対して、威志はどういった感情を抱くのか?など、国と国の問題も出てきそうな気配です。

いずれにしても最終的に新幹線が無事開通し、新幹線は台湾の人たちの誇りになった。という終わり方だったらいいなと思います。

次回は5月23日21時から放送予定です。

タイトルとURLをコピーしました