【言霊荘】6話のネタバレと感想|除霊失敗?新住人が即退場!?

スポンサーリンク
2021秋ドラマ
スポンサーリンク

【言霊荘】6話「リピート」のネタバレと感想をまとめています。

言霊を操る霊の除霊に成功したはずなのに、新たな住人がやってきたせいか再びおかしなことが起き始めます。なぜ霊は再び動きだしたのか?その理由も明かされます。

スポンサーリンク

【言霊荘】6話のあらすじ

アパートに新たに住むことになった女子大生の城崎雪乃(秋田汐梨)は、大学のミスコンでどうしても優勝したかった。ライバルが病気になって出場しなければいいのにと、友人との電話で口にした。

すると、ライバルが言ったとおりに出場しなくなり、ミスコンで優勝することができた。雪乃はお金のない人生なら死んだほうがましと豪語し、優勝したことで金持ちの恋人までゲットできた。

お金が欲しい、もっと欲しいと願う雪乃。恋人からブランド物のバッグと一緒に送られて来たのは、なんと札束だった。言った願いが叶うことに気をよくする雪乃だったが、歌川言葉(西野七瀬)は祓ったはずの言霊が再び動き出しているのではないかと感じ……。

【言霊荘】の見逃し配信は、ABEMATVerで1週間無料配信中です。
オリジナルサイドストーリーは、ABEMAプレミアムで配信しています。
初回登録に限り2週間無料のお試し期間があります(2021年11月現在)

【言霊荘】6話のネタバレ

今回のターゲットは新住人の雪乃です。言霊がなぜ封印を解いて現れたのか?その理由も説明されます。

雪乃の願い

コトハが一人で部屋にいる時に、亡くなったはずの紗香の霊が現れます。彼女は「コトハは生き延びてね」と言葉を残して消えてしまいました。コトハが目を覚ますと姿はなく、紗香と一緒に写った写真立てが落ちていました。

コトハは除霊費用をまかなうため、今は志麻の神社で巫女のバイトをしていました。なぜなら、除霊が成功したことで、チャンネル登録者数が元通りに減ってしまったからです。言霊は消えたはず、コトハはそう思いながらも紗香の夢が何だったのか気になりました。

紗香の住んでいた1号室にやってきた雪乃にはある願望がありました。それは、ミスキャンパスで優勝して勝ち組の仲間入りすることです。しかし、強力なライバルがいるため、彼女が病気にでもなって辞退してくれないかと友人との電話で口にします。

住人の反省会

アパートの住人たちは除霊されたことで、口々に自分たちがしてしまったことを反省します。綾子はメインキャスターになりたいと、なぜか口にしまっていたと反省します。

栞は都議選に出馬したくて、その結果、人を殺そうとしてしまっていたと反省しました。早紀は鈴木から別れを告げられたことでおかしくなり、麻美に酷い事をしたと反省します。麻美も早紀を憎んだこと、そして栞に取り返しのつかないことをしたと反省しました。

瞳はみんな願いが叶いかかって立ち消えになったから、言霊が封印されたのかもしれないと考えました。

そこに引っ越してきた雪乃が挨拶しにやってきて、事故物件であることは承知でむしろ安く借りれてラッキーだと言います。ポジティブといばポジティブな雪乃は、人はみんな死ぬんだから幽霊なんて怖がってもしかたがないと割り切ります。

スマホに通知が入り、確認してみるとライバルが病気になって辞退したという連絡が入ります。願いが叶ったと喜ぶ雪乃、住人たちは嫌な予感がし始めます。

優勝してセレブな合コンに行って、お金持ちと付き合いたという雪乃は、「大金をつかめない人生なんて死んだほうがマシだから」と言ってしまいます。

言霊の仕業か?

その後、ミスキャンで優勝したという雪乃は自室に戻って、「お金欲しい」と何度も言いました。やがて、IT企業社長の彼氏をゲットし、優勝祝いに何が欲しいと聞かれ、使い切れないくらいの金が見てみたいと言います。

雪乃の元に荷物が届き、ブランド物のバッグの中にはなんと札束が入っていました。彼氏からのプレゼントということです。調子に乗った雪乃は住民を招き、盛大なパーティーを自室で開きます。

驚く住人たちに彼氏から大金をプレゼントされたと話す雪乃。さらにロトも買ったと言います。しかし、最近同じ夢を見ると言い、女の人が出てきて「ここにいちゃ駄目」と言ってきたそうです。コトハははっとして紗香の写真を見せます。すると雪乃は似ていると言いました。

紗香はこの部屋で亡くなった人物だと教えると、ドッキリだと勘違いした雪乃はまるで信じません。それからロトの当選発表を確認したところ、12億3千万円が当たりました。封印したはずの言霊が再び動き出したのか?

言霊の封印

コトハは雪乃に起こった出来事にまた言霊が蘇ったのではないかと思い、志麻に話を聞きに行きます。ちゃんと管理人室に封印したという志麻ですが、可能性があるとすれば誰かが封印を解いたのかもしれないといいます。

封印の解き方など誰も知らないはずですが、偶然封印を解いてしまうこともあると志麻は教えます。するとコトハは雪乃が引っ越して来たとき、管理人室のドアを3回ノックしていたと思い出します。

自分も越して来た時に3回管理人室のドアをノックし、それを3度繰り返したとコトハは言います。このノックが封印を解いたのだとすれば、最初に霊を蘇らせたのは自分かもしれないとコトハは戦慄します。

なぜなら、自分がノックをした後に紗香は亡くなり、志麻が霊に取り憑かれた時も「あなたのお陰で私は解き放たれました」と言っていたからです。紗香が死んだのは自分のせいなのか?コトハは混乱します。

封印を解いた女性は今どうしていると志麻が問い、コトハは「大金をつかめない人生なんて死んだほうがマシ」と言っていた言葉を思い出して焦りました。

ドラマの結末

ロトの当たりクジを換金しに行こうとしていた雪乃の前に、捜査令状を持った刑事がやってきます。一緒に部屋へ連れて行かれ刑事たちは家宅捜索を始めます。すると、彼氏からもらった札束を見て「紙幣のナンバーが一致する」と言いました。

それは先月起きた誘拐事件の身代金に使用された金だったのです。まるで身に覚えのない雪乃は、急いで彼氏に電話をします。しかし、既に電話は解約されていました。

雪乃はこっそりと部屋を抜け出すと、管理人室のドアを見て戦きます。そこにコトハもやってきますが、コトハには何も見えません。逃げ出す雪乃が玄関から出る瞬間、足首を何者かに掴まれてつまづきます。入り口に立つ風見鶏が動き出し、装飾の矢の部分が雪乃の喉に突き刺さってしまいます

大金がつかめないなら死んだほうがマシ。彼女はその言葉通りになってしまったのです。

志麻を呼んでアパートを見てもらったところ、再び立ち向かう必要があると判断しました。ドアの先にすみつく女の霊が何者なのか、それを突き止めることから全てが始まると言います。

そこでアパートのオーナーの葉鳥に話を聞きに、コトハと零至は向かいました。

【言霊荘】6話のまとめと感想

言霊の封印が再び解かれ、新たな犠牲者が出ました。

先週封じたと思ったら、もう今週には封印が解かれてしまいます。封印を解く方法が管理人室のドアを3回ノックするのを、3度繰り返すという方法だったため、偶然にも雪乃が解いてしまったのです。

除霊といっても封印しただけで、霊自体がどこかへ行ってしまったわけではなかったのです。なので再び霊は現れてしまいました。ちゃんと除霊してもらいたいものです。

新たな住人雪乃が来た途端に死んでしまったので、なぜ彼女がそんなにお金が欲しかったのか?その理由は分かりません。ただひたすら彼女は「お金欲しい」と言います。しかも、ミスキャンパスで優勝して金持ちと合コンして金持ちの彼氏が欲しいという、意外とまどろっこしい願いをします。

そうして知り合った自称IT企業の社長は、どうやら実際は誘拐をして身代金を得ていた人物でした。マネーロンダリングするつもりか、雪乃に罪をなすりつけるためか、身代金として受け取った札束を雪乃に渡します。そして本人は高飛びしてしまったようです。

大金がつかめないなら死んだほうがまし、余計なことを口にした結果望みどおりに亡くなってしまいました。この番組を見ていると「口は災いの元」だとしみじみ思います。なにげに西野さんの巫女姿も見れる回でした。

次回は11月20日23時から放送予定です。

【言霊荘】の見逃し配信は、ABEMATVerで1週間無料配信中です。
オリジナルサイドストーリーは、ABEMAプレミアムで配信しています。
初回登録に限り2週間無料のお試し期間があります(2021年11月現在)

タイトルとURLをコピーしました