【黒鳥の湖】3話のネタバレと感想|家政婦の謎と新たな事件が発生

スポンサーリンク
WOWOW
スポンサーリンク

WOWOWのドラマ【黒鳥の湖】3話は、過去の事件関係者と思われる謎の家政婦の存在が浮き彫りになってきました。その頃、会社では社長解任の動きがあり……。

スポンサーリンク

【黒鳥の湖】3話のあらすじ

娘の美華(服部樹咲)が誘拐されたことを警察に知らせた財前彰太(藤木直人)だが、捜査は進展せずいまだに娘の行方はわからないままだった。その後、谷岡比佐子(中島ひろ子)から連絡をもらうが、見つかった家政婦の写真は後姿のみだった。

やがて、自宅に“漆黒の切り裂き魔”から2通目の封筒が届き、中には切り刻まれた下着が入っていた。妻の由布子(吉瀬美智子)は憔悴しきり、見かねて彰太は過去にあった事件のことを警察の岸本(飯田基祐)に話した。だが、逆に怪しまれてしまう。

家政婦の清水皐月について知っている人物と連絡がついたと比佐子から連絡をもらう彰太だったが、会社では社長解任の動きがあり……。

【黒鳥の湖】3話のネタバレ

今回の主な話は家政婦の清水皐月という人物についてと、彰太が社長を解任されてしまうのではという話です。

清水皐月の謎

谷岡総一郎のところで働いていた家政婦、清水皐月という人物を追って、彰太と比佐子が探ります。皐月と話をしたという家政婦紹介所の人から、聞いた話は何とも奇妙な話でした。

紹介所に登録すれば、いろんなサポートが受けられると勧めたら、「ある女性が性暴力の被害にあった。もし登録したら、その犯人を見つけて殺してくれますか?」と言いだしたそうです。

そこで、その女性との関係性を聞くと、家政婦として通っている家の奥さんの友人の娘だ。と答えたそうです。まったくの他人なのにそんなことを言い出す皐月を、危険な女性だと思って結局その後は会わなかったとそうです。

普通に考えたら皐月はヤバい女性です。しかし、その被害者は本当に他人の娘なのか?という疑問が湧いてきます。

サイレントレンジャーの意味

前回娘の友人から「私はサイレントレンジャーかもしれない」と美華が言っていたという話を聞かされました。しかし、どういう意味なのかはまるで分かりませんでした。

今回、改めて友人から連絡が入り、サイレントレンジャーの意味が判明します。それは馬の名前でした。友人の愛璃の叔父が経営する牧場にいる馬で、予定されていない妊娠をしてしまった馬がいました。その時に生まれた馬の名前、それがサイレントレンジャーだったのです。

美華は自分の出生をこの馬に重ね、自分も予定外の子だと考えたのでしょう。しかし、自分の子ではありませんが、彰太は美華のことを望んでいました。そこで、予定外という部分に着目すると、例えば由布子がレイプ被害にあってできた子どもだったとか、そういった意味もありそうです。

社長解任

娘が誘拐されて会社どころではない彰太、社内では社長解任決議が会議の中で突然開かれます。解任に賛成の人は挙手するように求めると、田部井専務や相談役の江川も挙手し、社長解任が決定しました。後任には田部井がなるということで、彰太は田部井に裏切られてしまったのです。

その後、相談役の江川からある話を聞かされます。それは、亡くなった叔父の文雄の話でした。文雄は最初から彰太に事業を譲りたかったと言います。しかし、当時の彰太は浮ついた青年で、譲ったところですぐに食いつぶすだろうと考えていました。

しかし、結婚したいと彰太が言い出し、叔父は持病もあったため彰太にハッパをかけます。あえて挑発して突き放し彰太に変わってもらうよう仕向けたのです。しかし、叔父の真意を知らない彰太は、叔父を誘拐犯に仕立ててて偽の報告書を書いたわけです。

そうして手に入れた財産に感謝することもなく、欲に溺れて会社を大きくしていった。すべてはその報いだと江川に言われ、さらには「お前じゃないのか?文雄を殺したのは?」と、疑われる始末でした。

一人残された彰太は涙を流し、やがて寺へと行くようになります。すべての罪を告白して楽になりたい、そう願った彰太ですが、救われるべきなのは自分ではなく、妻や娘だと思い直して告白を踏みとどまりました。

奈苗は存在していた

18年前、谷岡が奈苗という娘のことで相談をしにきたのが始まりでした。前回では捜してみてもそんな人物は見当たりません。

彰太から聞いた奈苗という人物が性被害や誘拐にあってないか、警察も調べますがそういう記録はなかったと言います。

しかし、彰太は八木に娘が誘拐された話をし、当時の資料を探って欲しいと頼みます。すると、当初谷岡は「知り合いの市原奈苗を誘拐した相手を捜して欲しい」という依頼だったとわかりました。

彰太が早速名前を検索してみると、市原奈苗という人物が見つかります。彼女は性犯罪被害者支援センターすずらんの代表を務めていたのです。直接奈苗に会って話をする彰太ですが、どうにも話が噛み合いません。なぜなら、彼女は性犯罪の被害にはあったが、切り裂き魔には会っていなかったからです。

奈苗は別の奈苗なのか?それとも切り裂き魔は谷岡の作り話なのか?謎が深まります。

ドラマの結末

由布子はマスコミを家の前に集め、なにやら話そうとします。娘が誘拐されたことについてなのか、現在警察はマスコミに美華が誘拐されたことは公表していない状況です。

ザイゼンコーポレーションの社長になることが決まった田部井は、電話で誰かと会話し彰太のことをあざ笑っていました。田部井の背後に度々映る権田の姿、ずっと後をつけてきているのか不自然な感じです。

やがて、階段を下りていこうとしたところ、背中を何者かに押されて田部井は転落します。病院に運ばれた田部井の症状は、意識不明の重体でした。やがて岸本らが彰太の家を訪ね、署まで同行を願います。果たして田部井を殺害しようとしたのは権田なのか?

【黒鳥の湖】3話のまとめと感想

家政婦と奈苗という人物の謎はますます深まり、そうこうしているうちに彰太は社長を解任されてしまいました。事件の進展はあまりありませんが、新たに田部井が何者かに突き落とされるという事件が発生します。

彰太の家の近所に住む人として、元家政婦の小森という人が出てきたり、田部井の背後に権田がやたら映っていたりと匂わせをしてきます。さらに比佐子が「社会的地位を得ることによって、抑えていた欲求が再燃する」などと言いだし、最近出世したりそれなりの立場の人物なのでは?と犯人像を予想します。

これらの匂わせは事件に繋がる鍵となるのか、ミスリードなのか?まだ謎が謎を呼ぶばかりです。

寺の2人も相変わらず怪しく、彰太と由布子それぞれの心に入り込んでこようとします。妻にいたっては完全に依存しているような状態で、指図されているのか突然マスコミを集めたりと謎の行動を始めます。

誰と誰がどんな縁で繋がっているのか、それが事件の真相に繋がる可能性がありそうです。

【黒鳥の湖】3話のいいセリフ

だが事実、裁きは下った。

タイトルとURLをコピーしました