【孤独のグルメ8】7話の店と料理|鎌倉市由比ガ浜のドイツ風サバの燻製とスペアリブ

2019秋ドラマ

11月16日放送の【孤独のグルメ】第7話は神奈川県鎌倉市の由比ガ浜にあるドイツ料理店で、サバの燻製とスペアリブを食べる回でした。さらに食後のデザートでアップルパイも吾郎は食べていました。

スポンサーリンク

【孤独のグルメ Season8】第7話のゲスト

  • 中村真治(パパイヤ鈴木)
  • ママ(かたせ梨乃)

【孤独のグルメ Season8】第7話のあらすじ

井之頭五郎(松重豊)は、昔からの知り合い・中村真治(パパイヤ鈴木)との商談のため、由比ガ浜へ。中村と昔話に花を咲かせつつ、商談を終えお腹が空いた五郎は海鮮モード!だが周りはカフェしか見当たらず…。
ようやく見つけたドイツ家庭料理店【シーキャッスル】に入ると、独特な迫力のあるママ(かたせ梨乃)が。その雰囲気に圧倒されながらも「スペアリブ(マッシュポテト・ザワークラウト付き)」「サバの燻製」「ライ麦パン」「本日のスープ」を注文!
どこか懐かしさを覚える、優しい味わいの「本日のスープ」に癒され、ポテトとの相性が抜群な冷製の「サバの燻製」に舌鼓を打つ五郎。トマトソースで食べる「スペアリブ」はドカンとくる肉の衝撃と、なんとも美味しいマッシュポテトが絶妙で、「ライ麦パン」に挟んで食べても美味しく、ドイツ料理の素晴らしさに感動する。
さらにデザートで頼んだ「アップルパイ」を堪能し、由比ガ浜の海風に吹かれながら帰路につく五郎であった。

公式HPより

【孤独のグルメ Season8】第7話に登場したお店

Sea Castle(シーキャッスル)

【孤独のグルメ Season8】第7話の料理

本日のスープ

やさしい香りはスープの感情

五郎のコメント

  • ドイツの家庭料理って感じがする
  • 優しくて深い味。どこか懐かしい。俺の舌にもしっくり馴染む

鯖の燻製

サバとポテトが未知との遭遇 ジャーマンスタイルおそるべし!

五郎のコメント

  • 冷たい。でもうまいぞ
  • ポテトと一緒に食べると合う。最強の組み合わせかも
  • こんな日常的なこんなにおいしい組み合わせ、なぜ日本人は思いつかなかったんだろう
  • このポテト自体めちゃくちゃうまい!
  • 俺の知らないドイツ、もっと知らないドイツ
  • ドイツ風サバ燻いいじゃないか
  • ポテサバ、食べて飽きない味。これは毎日食える

パン

ライ麦畑をひとかじり

五郎のコメント

  • こういうタイプか、あーなるほど、わかる

スペアリブ(マッシュポテト・ザワークラウト付き)

ジュワッと広がる豚の旨味!悶絶必至!これは…いいッ!

五郎のコメント

  • 意外にもトマトソース?
  • これは間違いない。ケチャップっぽいのもすごくいい
  • ガツンと来たぞ、肉の衝撃。ジャーマンスープレックスだ
  • これ最高じゃん
  • ザワークラウト、ざわざわするうまさ
  • おっと、マッシュ、うまっしゅ!
  • これは一発で好きになったなぁ…

五郎のラストスパート&シメ

五郎式ジャーマンスープレックスサンド
(パンにマッシュポテト、スペアリブ、ザワークラウトを挟んだサンドウィッチ)

五郎のコメント

  • うお~ぉ、これは殺人技だ
  • リブ、マッシュ、ザワー。うまいドイツの三重奏
  • サンドウィッチ伯爵もこれは思いつかんだろう
  • このリブはライスで追っかけたい、絶対米に合う、絶対に

アップルパイ

魔女のりんごは魅惑の香り

五郎のコメント

  • うまそうな色
  • おいしい。しっとりタイプ。ちゃんとリンゴ
  • クリーム大盤振る舞い。ホイップクリームとの相性最高。完璧な甘さ
  • この大人味のアップルパイはSea Castleの隠し財宝だ
  • 本当においしいです。心の中でダンケシェーン。ダンケ、ダンケ、大ダンケ

【孤独のグルメ Season8】第7話の五郎の総評

  • 最初はどうなることかと思ってたけど大当たり
  • ドイツ料理の素晴らしさを知る事が出来て本当によかった
  • 由比ガ浜に素晴らしきドイツの古城あり。恐れ入りました

飲食代合計:4084円

「ふらっとQUSUMI」で食べた料理

  • カレーブラートヴルスト(カレー風味のソーセージ)
  • ドイツビール
  • クロプセ(ドイツ風のミートボール)

【孤独のグルメ Season8】第7話のロケ地

good mellows

打ち合わせした店

福日和カフェ

通りがかった店

手ぬぐいカフェ一花屋

通りがかった店

【孤独のグルメ Season8】第7話のその他気になったこと

  • モテたくてサーフィンをやっている中村
  • 店の入り口に頭ぶつかりそうな五郎
  • 料理について聞いたら「聞いちゃ駄目」と言われる五郎
  • ライスがないか聞いたらメニューに載ってないと言われる五郎
  • スペリアブもメニューにないんですけどと内心ぼやく五郎
  • ドイツで孤独になる五郎
  • 同じ波は一つもない、人生と一緒というママ
  • ワゴンがガタガタと結構うるさい
  • 5000円札出したら細かいのないのかと言われる五郎

【孤独のグルメ Season8】第7話のまとめ

海のそばにあるドイツ料理屋さんは、景色も良いお店でした。ソーセージに色々な種類があり、五郎も興味を持って頼もうとしたのですが、いっぺんに頼まないで食べてから決めろとママに言われて頼めませんでした。ある意味良心的です。

今回はお店のママ役であるかたせさんが面白く、ぶっきらぼうなんだか、親切なんだかよくわからないため、五郎は完全に従うしかありませんでした。実際のお店でもあのワゴンを使っているようで、フラっとQusumi内であれで運んでました。ドイツ出身の兄弟でやっているようです。もう63年目だと言っていました。

次回は11月23日で鳥取県鳥取市のオーカクとホルモンそばです。

タイトルとURLをコピーしました