【孤独のグルメ10】1話の店と料理|神奈川県相模原市橋本の牛肉スタミナ炒めとネギ玉

2022秋ドラマ

シーズン10に突入した【孤独のグルメ】1話に登場したお店は「よしの食堂」でした。登場した料理と五郎が食べた感想についてまとめています。

スポンサーリンク

1話のお店「よしの食堂」

  • 住所:〒252-0144 神奈川県相模原市緑区東橋本2丁目19-4 よしの食堂
  • 電話番号:042-772-4717
  • 営業時間:昼の部 11:00~14:00(ラストオーダー13:50)
  • 夜の部 17:00~20:30(ラストオーダー19:40)
  • 定休日:月曜日(他、臨時休業の場合あり)
  • 食べログ

2話→

スポンサーリンク

1話のゲスト

  • 高原…田渕章裕(インディアンス)
  • ガテン客…脇知宏
  • バイト…日高七海
  • 女将…石田ひかり
スポンサーリンク

1話の料理

高原に物を売るどころか、逆にシミ取り剤を買わされてしまう五郎。マンションのベランダから外を見ていると、よしの食堂の大きな看板が目に入り急に腹が減って向かうという流れです。

牛肉のスタミナ炒め定食

スタミナ炒めは豚肉と牛肉が選べて、五郎は牛肉を選択します。定食にすると丼飯・丼味噌汁・たくあんがついてきました。

牛肉のスタミナ炒め

肉も野菜も大盤振る舞い!お店自慢の“大看板”メニュー!

  • このぶっきらぼうな盛り付けが、男心に火をつける
  • うんうん!濃い目の味付けが俺の食欲をたぎらせる。ニンニク加減もほどほどでいい!
  • 牛スタ…丼飯最強のパートナーだ
  • うん!この噛み応え、打てば響く肉。しっかり噛めばしっかり応えてくれる
  • 牛肉を食うと猛烈に力がみなぎってくる
  • ああ、いい!チンゲン菜合ってる。いい職場を見つけたじゃない…
  • 濃い味になのに食べ飽きない不思議なタレの味

ネギ玉

ネギのオムレツのようなネギ玉を単品で同時に注文します。これに醤油をかけて味変した後、ソースをかけるとお好み焼きのようなだと五郎は言います。

その名に恥じぬネギの量!中はトロトロ!食べればメロメロ!

  • 思ったとおりだ。濃いめのおかずのヨコにこんなひと品あるとすごく休まる

煮カツ

他のお客さんが鶏カツを頼んだのを聞いてカツが食べたくなり、追加で注文しました。まずはそれだけで味わった後、ご飯の上に載せてカツ丼として食べます。

野菜多めがよしの流!コイツを食べて未来に勝つ!

  • ああ、いい!だしでひたひたになったトンカツ好きなんだよな~
  • 力強くて優しい。煮カツは男のあるべき姿だ
  • ニラが入ってるのって珍しい。得した気分だ
  • しいたけ…この店っぽい
スポンサーリンク

五郎の総評

食べ終えて満足した五郎はしみじみと語ります。そして店を出た後に、次回来た時は中華メニューを攻めようか、牛肉のカレー炒めかイカチリかと悩みながら帰りました。

  • スタミナ入れてカツ入れて、飯に元気をもらった!
  • こういう食堂でワシワシ食って腹を満たす。それで俺は幸せだ
  • 食ったなあ…いい昼飯だった
  • 遠くからのひとめぼれは間違ってなかった。食ってみたらその魅力のとりこです
  • この看板に負けないくらい、大きな満足感だ。必ずやまた来ます!

ふらっとQUSUMI

毎度おなじみの原作者である久住氏が同じお店で別のメニューを食べるコーナーです。今回は瓶ビールを飲みながら、おつまみっぽい3品をチョイスします。最初に2品頼んだ後、追加で頼んだ煮物は温かいのかと思ったら冷たいもので驚きました。

  • キューリのクルミ味噌和え
  • ハムエッグ
  • 合鴨と冬瓜の煮物
スポンサーリンク

1話の感想とまとめ

地方の街道沿いとかにありそうな食堂で、座敷も完備しているタイプのお店です。メニューが豊富で中華から定食まであり、さらに手書きで料理が書き足されています。

五郎はいつものように悩んだ挙句、スタミナ炒めに落ち着きます。もっと細々と頼むかと思ったら、それほど追加はしませんでした。他のお客さんが何人か“肉丼”と注文しているのが聞こえ、どんな料理なのか気になりました。

唐揚げやカツカレーなども美味しそうで、メニューが多い店だと何を頼もうか五郎でなくても悩みそうです。定食はご飯も味噌汁も丼で出てくるボリュームがあるお店でした。

店を出た後、袖口にシミがついているのに気付いた五郎は、高原から買った洗剤が役に立ちそうで安心したというオチがつきます。

次回は東京都港区白金台のルンダンとナシゴレンの予定です。

2話→

タイトルとURLをコピーしました