【孤独のグルメ8】11話の店と料理|武蔵小杉のジンギスカン

2019秋ドラマ

12月7日放送の【孤独のグルメシーズン8】第11話は神奈川県川崎市武蔵小杉のジンギスカンでした。登場したお店や料理と五郎の感想、ロケ地などをまとめました

スポンサーリンク

【孤独のグルメ Season8】第11話のゲスト

  • 村井美咲(水野真紀)
  • 店主(高田延彦)

【孤独のグルメ Season8】第11話のあらすじ

井之頭五郎(松重豊)は、武蔵小杉のタワーマンションに引っ越したばかりの村井美咲(水野真紀)の所に、リビングの内装の商談で来ていた。しかし、村井の優柔不断な性格ゆえ話が全く進まず、商談を終えるとすっかり夕飯どきに。
空腹でお店探しに奔走する五郎は、換気口から漂う匂いにつられ吸い込まれるように【ジンギスカン どぅ~】へ!
メニューを見ると、どうやら網焼きと鉄鍋の二段階を楽しめるお店らしい。メニューに従い、まずは網焼きに挑戦することにした五郎は、「チャックロール ネギ塩焼き」「ごはん(中)」「ハム」を注文。「チャックロール ネギ塩焼き」は“ラム肉を網焼き+ネギ乗せ”という初めての食べ方だったが、これが美味しく、新たなジンギスカンの世界に感動する。さらに骨付きの「ハム」は、ジューシーな脂がのっていて絶品!
食欲に火が付いた五郎は第二ラウンドの鉄鍋に突入することに。「ジンギスカンセット」を注文すると、バカヤロウ級に旨い「モモ肉」、噛むほどに肉汁が溢れてくる「ショルダー」、先ほどの網焼きとはまた一線を画す「チャックロール」の美味しさに箸が止まらなくなる五郎。最後の一枚までしっかり堪能し、大満足で帰路につく五郎であった。

公式HPより

【孤独のグルメ Season8】第11話に登場したお店

ジンギスカン どぅー

【孤独のグルメ Season8】第11話の料理

チャックロール ネギ塩焼き

ネギと塩との相性抜群 このラム肉ウメェ~!

五郎のコメント

  • これはもうニヤけちゃう
  • いやいや、こんなラム初めて
  • この食い方も素晴らしい。ご飯の立ち入る隙もなかった
  • ラム肉の網焼きネギ乗せ、こんな世界があったとは

ハム

見た目も味も恐るべし 怯まずガブリと喰らい付け!

五郎のコメント

  • 歯がアゴが止められない。一気食い
  • うひょー!やっぱり肉は骨の周りに限る。くぅ~…べらぼうにうまい!
  • 羊の肉をハムにして燻製にしてブクブクさせて食う。いったい誰が考えたんだ
  • こういうのはどぅ~だ?武蔵小杉ラムハムご飯

ジンギスカンセット

これぞジンギスカン!三者三羊の旨さあり

五郎のコメント

  • タレよしうまし。これはもうバカ野郎級にうまい!
  • ショルダーは噛み応えだ。ラム汁ジュワジュワ
  • ジンギスカンではもやしも大事だ
  • タレ野菜飯も立派なご馳走だ
  • よし、盛り上がってきたぞ。俺と羊の冒険もいよいよクライマックスだ
  • 鉄鍋の熱とタレ味のパンチが、俺の食欲を北海道の開拓民のように奮い立たせる
  • ああ、モモ柔かい。そこにショルダー、野菜も交えたコンビネーション攻撃。羊たちの猛攻に胃袋がサンドバック状態
  • 俺が勝つか、羊が勝つか。ラム肉バトルロイヤルだ
  • 煙が俺と鍋とを包んでひとつにしている
  • 俺がジンギスカンで、ジンギスカンは俺だ。まさにひとり飯の極地

五郎のラストスパート&シメ

スタミナ系ネギにんにくチャックロール
(チャックロールににんにくとネギとタレを乗せたもの)

五郎のコメント

  • ここでにんにく投入、直乗せガツンだ
  • 欲望のままわがままに羊をかっ喰らう。俺はヒグマだ

【孤独のグルメ Season8】第11話の五郎の総評

  • あぁ…大満足。武蔵小杉で最高の飯に出会えた
  • ジンギスカンは忘れた頃に現れて、強烈な印象を残して去っていく。かっこいいなぁ

「ふらっとQusumi」で食べた料理

  • チャックロール ネギ塩焼き
  • ジンギスカンセット

【孤独のグルメ Season8】第11話のロケ地

リエトコート武蔵小杉イーストタワー

打ち合わせした場所

センターロード小杉

今回登場のお店「ジンギスカン どぅー」などがある通り

【孤独のグルメ Season8】第11話のその他気になったこと

  • フィギュアになってジオラマの中を歩いている気分の五郎
  • 優柔不断すぎる美咲
  • やたら「チャックロール」と口に出していう五郎
  • チャックロールの言い方にはこだわりがある五郎

【孤独のグルメ Season8】第11話のまとめ

武蔵小杉の綺麗な地域には見向きもせず、飲み屋街へと足を運ぶ五郎です。立ち並ぶお店はどこも味がある外観のお店ばかりで、武蔵小杉の歴史を感じさせてくれます。

今回のお店はジンギスカンを出すだけでなく、ラム肉の加工品であるハムやソーセージなどもあり、さらにラム肉のタタキなども提供しているお店でした。あれだけ五郎にチャックロールを連呼されると、チャックロールが気になって仕方ありません。どれも美味しそうでした。

ちなみに「どぅー」の名前の由来は、フランス語の1・2・3である、“アン・ドゥ・トロワ”のドゥだそうです。叔父の喫茶店「ドゥー」からつけたということらしいです。北海道の「どう」からつけたのかとよく聞かれると、ふらっとQusumi内で店主の方が言っていました。

次回は12月21日放送予定で、東京都台東区三ノ輪のカツ丼と冷し麻婆麺です。

タイトルとURLをコピーしました