【刑事ゼロスペシャル2020】のネタバレと感想|公家ッツ!

スペシャルドラマ

2020年6月7日に放送された【刑事ゼロスペシャル2020】のネタバレと感想をまとめました。

記憶喪失の刑事時矢とその相棒の佐相が今回挑むのは、幕末の人斬りに見立てた殺人事件の謎でした。しかも現場にあったメモは時矢の書いたものだった!時矢は事件の犯人なのか?

スポンサーリンク

【刑事ゼロスペシャル2020】のキャストとスタッフ

レギュラーキャスト

  • 時矢暦彦…沢村一樹
    京都府警本部刑事部・捜査一課13係刑事、警部補
    元「京都府警に時矢あり」といわれたキレ者刑事
    記憶喪失になってしまう
  • 佐相智佳…瀧本美織
    京都府警本部刑事部・捜査一課13係刑事。巡査部長
    時矢の取扱説明書といわれる
    時矢の記憶がないのを知っている
  • 福知市郎…寺島進
    京都府警本部刑事部・捜査一課13係刑事、警部補
    時矢と以前コンビを組んでいた
  • 内海念也…横山だいすけ
    京都府警本部刑事部・捜査一課13係刑事、巡査部長
    現在の福知の相棒
  • 背川葉奈…猫背椿
    京都府警本部・鑑識課第6係
    時矢の大ファン
  • 根本留夫…渡辺いっけい
    京都府警本部刑事部・捜査一課13係係長、警部
    事なかれ主義な人物
  • 奥畑記子…財前直見
    京都第三弁護士会所属の弁護士
    時矢の元妻
  • 生田目守雄…武田鉄矢
    時矢暦彦の父方の叔父で生田目診療所を営む医師
    記憶を失った時矢にアドバイスを送る

ゲスト

  • 嵯峨思織…高岡早紀
    人気恋愛小説家
    時矢の初恋の人
  • 山脇覚士…みのすけ
    映画監督
    時矢の大学時代の親友
  • 砥部陽司…矢柴俊博
    映画プロデューサー
  • 中務宏臣…近藤公園
    刑務部人事一課 監察官
  • 篠崎武宣…日向丈
    経済評論家
  • 坂出仲満…般若
    マッチングアプリ開発会社の社長
  • 東坊城孝麿…ダンディ坂野
    お笑い芸人
  • 牧村義孝…武井壮
    京都副知事

スタッフ

  • 脚本:戸田山雅司
  • 音楽:横山 克、Evan Call
  • ゼネラルプロデューサー:横地郁英(テレビ朝日)
  • プロデューサー:川島誠史(テレビ朝日)、和佐野健一(東映)、望月 卓(東映)
  • 監督:及川拓郎
  • 公式HP
  • 公式Twitter

【刑事ゼロスペシャル2020】のあらすじ

記憶を戻そうとしていた時矢(沢村一樹)佐相(瀧本美織)は、本屋に行っていい方法がないか探していた。すると、サイン会の行列の先には人気恋愛小説家の嵯峨思織(高岡早紀)がいた。思織は時矢の大学時代の同級生で初恋の人だった。

背中を斬られてクレーンで吊るされた死体が発見され、口の中には「一件の目の犯人は河上彦斎」というメモが入っていた。それは幕末に暗躍した人斬りの名前だった。

鑑識の葉菜(猫背椿)はあることに気づき、佐相を呼び出し、口の中にあったメモは時矢の筆跡だとこっそり教えた。佐相は生田目(武田鉄矢)のところに行き、話を聞くと時矢が10年前に借りていた本を見せてもらう。それは幕末の人斬りに関しての本だった。

時矢は記憶に導かれて歩んでいくと、そこに新たな死体が発見される。それは10年前に頼まれて書いた映画のシナリオが元で起きている殺人だと気づく。現在直筆のシナリオを持っているのは、その時の監督である山脇(みのすけ)かプロデューサーの砥部(矢柴俊博)に違いないと推理する。

13係のメンバーで捜査会議をし、残る2人の犠牲者が誰か考える。1人はスパイでもう1人は公家というところまでわかるが、どうやってその人物を探し出すのか方法がない。だが、見立て殺人なら事件が起きる場所はわかるはずだと考える。

砥部のところへ向かうも取り逃がしてしまい、部屋の中を見ると事件の記事がスクラップされていた。さらには次の予告まで書かれていた。

急いで事件が起きる現場に向かう時矢たち、しかし既に3人目の犠牲者が出てしまう。被害者に共通することは何なのか?調べていくとある投資詐欺集団がいたことが判明する。

映画を作るため資金を増やそうと、砥部がその投資に金を突っ込んだ結果騙されたという。被害者はみな詐欺集団の一員という共通点がわかる。砥部は復讐のため彼らを殺害しているのか?

事件の真相に迫るころ、時矢は最重要容疑者としてマークされ、査問委員会にかけられてしまう。このまま時矢最後の事件となってしまうのか?

【刑事ゼロスペシャル2020】のネタバレ

幕末四大人斬りに見立てた殺人事件が発生します。犠牲者と背後にある関係、犯人の動機について順番に迫っていきます。

1:一件目の殺人事件が発生

クレーンで吊るされた遺体が発見され、13係のメンバーが現場に駆けつけます。

  • 被害者:篠崎武宣 45歳
  • 職業:経済評論家
  • 死因:背中を鋭利な刃物で斬られ失血死

首筋にスタンガンの痕があり、気絶させられてから背中を斬られたのではないかと考えます。口の中にはこんなメモが発見されました。

一件目の犯人は河上彦斎

犯人はもうわかっているのか?と思いきや、この人物は幕末に活躍した人斬りの名前でした。

1-1:幕末四大人斬りとは?

13係のメンバーで集まり出てきたメモについての考察をします。河上彦斎は幕末四大人斬りの一人だといいますが、他には誰がいるのか?

  • 河上彦斎
  • 田中新兵衛
  • 中村半次郎
  • 岡田以蔵

この4人が幕末四大人斬りと呼ばれています。残り三人が犯人になりうるのか?

ちなみにこのとき、福知が「時代劇で見たことある」といっていた『人斬り以蔵』という作品は、司馬遼太郎が書いています。

これを元にした映画は『人斬り』というタイトルで公開されました。勝新太郎主演で仲代達矢、石原裕次郎になんと作家の三島由紀夫が出てます。残念ながら絶版です。

1-2:筆跡は誰のもの?

鑑識の葉菜は被害者の筆跡とメモを比べますが違います。どこかで見たことがあるような文字だと、記憶をたどり気づいたため佐相を呼びます。

葉菜は時矢クラスター歴20年を誇り、集めたコレクションの中から時矢の直筆だとわかったのです。しかし、佐相にだけこっそりと伝え、13係の他のメンバーには内緒にしといて欲しいといいます。

約束を守って佐相はいわず、個人的に生田目のところに話を聞きに行きます。

すると、10年前ぐらいに時矢に貸した本をいくつか見せてくれました。その中にあった『幕末剣豪全集』という本を借りていきます。

メモの筆跡は時矢のもの

2:二件目の殺人事件が発生

時矢ははっきりとは思い出せないが、記憶をたどり本田精一郎が斬られた場所にいました。

頭の中には自分が探偵で大学時代の初恋の人、思織が助手の映像が浮かびます。

ふらふらと歩みを進めて路地を入ると、そこに死体がありました。

  • 被害者:坂出仲満 44歳
  • 職業:アプリ開発会社の社長
  • 死因:背中を鋭利な刃物で斬られ失血死

一件目と同じ切り傷にスタンガンの痕があり、同一人物の犯行だろうと鑑識の調べから推測します。口の中にはまたメモがありました。

二件目の犯行は岡田以蔵

四大人斬りの一人、岡田以蔵の名前が出てきました。残り二人も実行されてしまうのか?

2-1:シナリオをなぜ書いた?

時矢が書いたというシナリオはどういう経緯で書かれることになったのか?

  • 大学時代の親友の映画監督に頼まれた
  • 現職刑事の経験を生かして書いて欲しいといわれた
  • 映画は完成していない

映画はないのに時矢の脳内には映像としてよみがえります。なぜか?

生田目がいうには、強く印象に残っているから脳内映画として再現されているのでは?ということです。

直筆のシナリオを持っている人物が犯人に違いない。時矢と佐相で捜査します。

2-2:捜査でわかったこと

まずは東映の撮影所にいき話を聞きます。

  • 映画の監督は山脇覚士
  • プロデューサーは砥部陽司
  • 山脇は10年前に突然いなくなった
  • 山脇の作った映画にスクリプターで思織が参加していた

ということがわかりました。

次は思織に話を聞きに行きます。

  • 時矢と思織は大学が同じクラス
  • 山脇は別の学部だった
  • 時矢と山脇は同じバイト先だった
  • 砥部が金を持ち逃げして企画がなくなったという噂

ということがわかります。砥部が怪しいと時矢たちは考えます。

時矢の脳内で再生される映像は、以下の配役になっています。

  • 探偵=時矢
  • 助手のワトソン=思織
  • 刑事=山脇

という前提で話が進んでいきます。

  • 直筆のシナリオを持っている可能性があるのは、監督の山脇かプロデューサーの砥部
  • 砥部が金を持ち逃げして映画の企画がぽしゃった

3:捜査会議

被害者とメモ、それらの関係をまとめるため13係で捜査会議が始まりました。

2人を殺害した凶器は同一で、刃渡り40~60センチの脇差しではないか?と鑑識の葉菜はいいます。

ここから各事件の関連性と動機を紐解いていきます。

一人目の人斬り:河上彦斎

  • 暗殺した人物:佐久間象山
  • 動機:一橋慶喜に開国論を説き、尊皇攘夷派の反感を買った
  • 場所:佐久間象山遭難の碑の近辺
  • 犠牲者:篠崎武宣
  • 共通点:開国論

篠崎は最近『新世紀の開国論』という本を出版しました。よって、開国論が共通点なのでは?と考えます。

二人目の人斬り:岡田以蔵

  • 暗殺した人物:本間精一郎
  • 動機:越後の裕福な出身で、尊皇攘夷を薩摩藩らに訴えた。しかし、本間自身が裕福な出なため、仲間の藩士から反感を買った
  • 場所:本間精一郎遭難の地の近辺
  • 犠牲者:坂出仲満
  • 共通点:金持ち

坂出は“超”がつくほどの大金持ちです。金持ちだから殺害されたのではないか?と考えます。

三人目の人斬り:中村半次郎

  • 暗殺した人物:赤松小三郎
  • 動機:軍学者で倒幕派に協力していたが、薩摩藩の軍事機密を幕府に渡したスパイと疑われ暗殺
  • 場所:京都 東洞院通りで暗殺
  • 犠牲者:?
  • 共通点:スパイ

まだ犠牲者は出ていませんが、共通点はスパイなのではないか?と考えます。

四人目の人斬り:田中新兵衛

  • 暗殺した人物:姉小路公知
  • 動機:尊皇攘夷を訴えた公家だったが、勝海舟に説得されて開国派に寝返ったため暗殺
  • 場所:猿が辻の近くで暗殺
  • 犠牲者:?
  • 共通点:公家

こちらもまだ犠牲者は出ていませんが、共通点は公家なのではないか?と考えます。

3-1:砥部へ聞き込み

時矢たちは砥部に話を聞こうと自宅へ向かいます。少し待ってくれといったきり、なかなか出てこない砥部。

窓から逃げ出して追いかけますが見失います。部屋を調べると今回の事件のスクラップ記事が見つかりました。

そこにはまだ事件が起きていないのに、こう書かれていました。

三件目の犯人は田中新兵衛

暗殺した場所、猿が辻へ急いで時矢たちは向かいます。

砥部のメモから次は公家が殺される

4:三件目の殺人事件が発生

急いでいった時矢たちですが間に合いません。既に犠牲者が出てしまいます。

  • 被害者:東坊城孝麿 38歳
  • 職業:お笑い芸人
  • 死因:背中を鋭利な刃物で斬られ失血死

この東坊城という人物は公家ではありませんが、公家出身という設定で宮中ネタがヒットした一発屋芸人といいます。

ダンディ坂野さんが演じ、「公家ッツ!」なるギャグをいいます。ちょっと面白いです。

スタンガンの痕や背中の切り傷も一緒です。口の中のメモはこう書かれていました。

三件目の犯人は田中新兵衛

共通点である公家も合致し、やはり砥部が犯人なのか?時矢たちは捜査に出かけます。

5:謎の詐欺集団

撮影所の秘密を聞くには衣装部というのが業界の鉄則らしく、衣装部の人に話を聞くと噂とは違う話が聞けました。

  • 企画の段階で予算が膨れて一気に金を増やそうとしていた
  • 詐欺にあい映画の資金をだまし取られた

その詐欺というのが太陽光発電詐欺「フロードソーラーファンド」という組織でした。どういう詐欺なのか?

  • 会員に土地とソーラーパネルを売りつける
  • 多額の金を払って二束三文の土地の権利を渡される
  • ソーラーパネルどころか、電柱の1本も立ってなかった

半年で倍になるといわれ、砥部は映画の資金を全部突っ込んでしまったといいます。その後、信用を失い映画界から去らざるをえなくなったということです。

パンフレットにある主催者の顔を見て福知がピンときます。写真にサングラスとヒゲを書き足すと、なんと坂出になったのです!

坂出はアプリ開発を30代半ばで始め、それまでは弁護士事務所でバイトしたり、アジアを自転車で回っていたという人物でした。

会員から巻き上げた金でアプリを開発しヒットしたため、表に出るのにサングラスとヒゲをトレードマークにしていたとわかります。

これにより、一連の犯行の動機は復讐ではないかと推理し、他の犠牲者も関連性があるはずだとなります。

  • 坂出は詐欺ファンドをやっていた
  • 砥部は詐欺にあって金がなくなった

6:シナリオ分析ノートの内容

砥部の家から押収したあるノートの中を見ると、事件解決のヒントになりそうなことが書いてありました。

仮題「記憶の底の殺人」

登場人物
探偵…的確な推理=主人公
ワトソン…ナイスな助言=恋人
刑事…的外れな推理=お邪魔虫

事件解決後、2人は→結婚?

被害者1「一件目の犯人は河上彦斎」
被害者2「二件目の犯人は岡田以蔵」
被害者3「三件目の犯人は田中新兵衛」
被害者4「四件目の犯人は中村半次郎」

「真相はアンフェアじゃないか?」

このノートが意味することとは?

6-1:時矢が監察に聴取を受ける

これから真相に迫りそうなのに、時矢は中務という監察官に連れていかれてしまいます。

それは遺体の口の中から発見されたメモが時矢が書いたものなのに報告をしなかったという理由でした。

聴取を受ける時矢は状況がよくわかっていないようで、中務から現状を説明されます。

  • 最重要容疑者である
  • 砥部に命じたのなら殺人教唆、場合によっては共同正犯

時矢最後の事件になってしまうのか?

時矢が監察に聴取を受ける

7:被害者の共通点が判明

時矢がいないかわりに佐相や他の13係のメンバー、さらには紀子も協力してくれます。

フロードソーラーファンドの資料を持ってきてくれました。

  • 被害総額は3億円
  • 会員が気づいたころには主催者は逃亡していた
  • 被害者の窓口になった弁護士はファンドと繋がっていた

この窓口になった弁護士というのが、現在京都副知事である牧村義孝という人物でした。要するにファンド側のスパイです。

さらに会員向けの映像を見ると、篠崎や東坊城までいるのがわかります。

7-1:ファンドの構造

  • 牧村=ファンドの立案者
  • 篠崎と坂出=ファンドを設立して金を集める
  • 東坊城=ファンドの広告塔

牧村の高校の後輩である篠崎と、弁護士事務所のバイトである坂出を誘って詐欺を始めます。

東坊城は牧村が顧問弁護士をする芸能事務所に所属し、闇営業で広告塔をやっていたのです。

牧村は会員の弁護士として時間を稼ぎ、篠崎と坂出に金を持ち出すタイミングを指示してた。

牧村を中心に全員が繋がりました。

次の犠牲者は間違いなく牧村であると、13係のみんなは確信します。

あとは時矢をどう救い出すかにかかっていました。

被害者はみんな詐欺ファンドに関わっていた

8:査問委員会

時矢の処分を決めるための査問委員会が開かれます。佐相はとうとう記憶喪失であることをみんなに伝え、査問委員会でもそう証言します。

そこに生田目と記子が現れ佐相をフォローします。

  • 時矢は記憶喪失なのだから、書いたのを覚えていなくてもしかたがない
  • 主治医としてただちに入院が必要

診断書を中務に渡し、みんなで入院させなきゃと時矢を運んでいってしまいます。

今まで記憶喪失のことを黙っていてごめん、と謝る時矢を責めず、砥部を捕まえにいこうといってくれました。

しかし、ここで牧村が行方不明になってしまいます。

どこにいるかわからないが、殺される場所ならわかる。と、いうことでみんなで東洞院通りで張り込みます。

8-1:ファンドの真相

そこに現れたのは砥部でした。みんなで追いかけてなんとか確保します。

しかし、砥部は誰も殺していないといいます。では誰が犯人なのか?

  • 10年前のシナリオを思い出したからメモをした
  • 詐欺被害にあったのは山脇
  • 砥部が山脇にファンドの話をした
  • 山脇は私財全部ファンドに投資した
  • 配当が出ないので弁護士に相談したが、その隙に主催者が逃げた

砥部は山脇が犯人ではないかと思い、調べていたということでした。

8-2:アンフェアの意味

では「真相はアンフェアじゃないか?」の意味はなんだったのか?

  • ミステリー的にはアンフェアだと思った
  • ミステリーでいうところの禁じ手だった
  • 最後は探偵が犯人だった

ここで時矢が全てを整理し思い出します。自分は探偵ではなかったと。

8-3:本当の配役

時矢はもう犯人が誰か、そして動機も全て把握していました。

大学時代、時矢と思織と山脇の三人は常に一緒でした。ある日、時矢が思織に告白をしますがフラれます。

時矢と思織は恋人同士ではなかったのです。

そして本当の映画の配役はこうでした。

  • 探偵=思織
  • ワトソン=山脇
  • 刑事=時矢

思織と山脇が恋人同士で、時矢はお邪魔虫の役柄だったのです。

  • 時矢は記憶喪失だとバラして査問委員会から逃げる
  • 思織と恋人設定だったのは山脇だった

9:ドラマの結末

思織が犯人だと気づいた時矢と佐相は、彼女の別荘へと向かいます。

足元には気絶した牧村がいて、思織は刀を持っている状況でした。

山脇はそこにいましたが、意識がなく生命維持装置をつけられている状態です。

なぜ思織はこんな行動に出たのか?動機について語り始めます。

9-1:動機

始まりは映画の企画に悩んでいた山脇に時矢に相談するのを勧めたことだといいます。

  • 山脇は時矢のシナリオをすごく評価していた
  • 映画の資金を集めるが足らずに、フロードソーラーファンドに手を出した
  • 配当は払われず誕生日に山脇は練炭で自殺する
  • 思織が発見し命は助かるが意識は戻らなかった
  • 10年たって意識が戻らなかったら回復の可能性はないと担当医にいわれた
  • 10年目の誕生日に彼の代わりに復讐すると誓った

山脇をこんな目にあわせたソーラーファンドの残党どもを、自らの手で殺害し復讐しようと思織は誓ったのです。

しかし、この計画には最大の欠点があったといいます。それは、シナリオを書いた時矢が真相にすぐたどりついてしまうということでした。

でも会ったとき時矢の記憶がないことに気づき、2人は恋人同士だったと記憶を歪めて計画を実行しました。

山脇が夢見た映画を人々の心に焼付け、彼が生きた証を留めるために実行したのです。

9-2:ラスト

映画のラストと同じように、牧村を殺して自分も山脇と一緒に死ぬ。思織はそう語ります。

佐相はそれは山脇は望んでいないと制止します。なぜなら平成時矢は思織を思い続けた山脇の気持ちに気づき、このシナリオを書いたといいます。

時矢もそのときの気持ちを思い出します。長過ぎた春だった山脇と思織を思い、映画の中で結ばれるようシナリオ書いた。

山脇もそれに気づいたから、何が何でも映画を実現しようと思ったといいます。

しかし、山脇はラストを書き換えるつもりでした。

  • 時矢のラスト:4人を殺害後、探偵はワトソン役の助手と入水自殺
  • 山脇のラスト:ワトソンが最後の犯行だけは何とか食い止めようとして、探偵を死なせないラスト

それはどんな悲惨な出来事が続いても、ラストは絶望ではなく、小さくてもいいから希望を残して終わる。それが山脇の映画だった。

その願いをとどめておくのが、記録係だった思織の役目ではないのか。

でも、これでは未完成だ、エンドマークが打てないと映画は終われない。

時矢は思織から刀を取り、これがこの映画の本当のラストシーンだと告げます。

  • 山脇を自殺に追い込んだ詐欺ファンドに思織が復讐していた
  • 山脇の願いを汲み取った思織は、殺害を踏みとどまった

10:登場人物のその後

登場人物がそれぞれどうなったのか、まとめました。

  • 嵯峨思織:3人殺害容疑で逮捕
  • 篠崎武宣:殺害
  • 坂出仲満:殺害
  • 東坊城孝麿:殺害
  • 牧村義孝:捜査二課が詐欺の捜査
  • 砥部陽司:公務執行妨害で現行犯逮捕
  • 時矢暦彦:刑事のまま

牧村は捜査二課が詐欺の容疑で捜査することになりました。

時矢は記憶喪失であることがバレたのですが、13係のメンバーは作戦だと思っていました。

警察でも事件に無関係であることと、犯人を逮捕したことで特に処分もない雰囲気です。よって、今後も刑事だと思われます。

山脇は思織が逮捕されたことでどうなってしまうのか?そこには言及していませんでした。

11:【刑事ゼロスペシャル2020】のネタバレまとめと要約

犯人

嵯峨思織

動機

山脇が映画の資金を増やそうとファンドに投資したが、それは詐欺だった。

山脇はその後、自殺未遂をして意識不明のまま10年が経過する。

10年たって意識が戻らないと回復の見込みはないといわれていた思織は、山脇の代わりに自分が復讐することに決める。

山脇の撮りたかった映画のシナリオに沿って殺害することで、人々の心に映画を刻み、彼が生きた証を残そうとした。

【刑事ゼロスペシャル2020】の要約

見つかった死体の口の中からメモが見つかり、幕末の四大人斬りの名前が書かれていた。その筆跡は時矢のものだと判明する。

時矢が以前親友の映画監督である山脇に頼まれて書いたシナリオを元に殺人が続き、被害者の共通点は過去にあった詐欺組織に参加していた人物たちだった。

時矢は初恋の相手である思織に記憶をゆがめられ、シナリオを書いたにも関わらず犯人がわからずにいた。

証拠のメモを自分が書いていたものだったことを、報告しなかったことで査問委員会に時矢はかけられてしまう。

記憶喪失であるということを佐相が証言し、診断書を持った生田目たちのお陰でその場を逃れる。

全てを思い出した時矢は、最後の殺人を止めるため思織の別荘へ向かう。

思織は山脇を自殺未遂に追い込んだ、詐欺組織の人たちを山脇の代わりに復讐していたのだった。

あの時、山脇と思織が映画の中で結ばれるよう、時矢はシナリオを書いていた。

映画のラストをシナリオ通りにしようとする思織を、山脇は違うラストを考えていたと説得する。

山脇の思いを知った思織は殺害をとどまった。

スポンサーリンク

【刑事ゼロスペシャル2020】の感想

今回の【刑事ゼロスペシャル】は幕末の四大人斬りに見立てた殺人事件と、映画のシナリオを絡めた話でした。

ずーっとミスリードで進む話なため、最後に犯人の動機がぱっと出てわかる感じです。

途中にヒントになりそうなことが出てきたりはしますが、時矢の記憶自体がゆがめられているので、視聴者はそれを頼りに見るしかありません。

なので、後出し感がどうしても出てくる話でした。

復讐ものの話の場合、一番悪い人物がなぜか最後まで残り、しまいには殺されずに終わることが多いです。今回も立案者である牧村は殺されませんでした。

「公家ッツ!」のギャグが強烈な東坊城は、「現代に生きる宮中の公家さん」という動画を上げてました。

そんな東坊城の別のギャグは、「お久しブリーフ」ならぬ「久方振りでおじゃる」などがありました。

時矢の記憶が戻ろうが戻らなかろうが、自分は時矢の記録係だと佐相はいいます。記憶を失う前の時矢は前回出てきますが、全く佐相の手を借りません。

記憶が戻ったら佐相と一緒にいないはずなのは、佐相が一番知っているのではないのか?と、突っ込み入れたくなるオチです。

【刑事ゼロスペシャル2020】のその他気になったこと

  • 記憶はお湯だと戻らない
  • 時矢コレクションのレア物は“新婚旅行のために”と書かれたもの
  • 「幕末ミステリー 上七軒の女」という本
  • ハンガーを持つ手は『刑事物語』な生田目
  • 『太秦サディスティック その男、クレイジー』という映画
  • 見るからにバンクシーっぽい絵をSNSに上げる坂出
  • 姉小路という女刑事は『スペシャリスト』に出演
  • 公家もスパイも探すのは大変
  • 大麻を栽培している砥部
  • ラノベチックな夢想に自己嫌悪する佐相
  • 集まっている人数の割には被害総額が少ないファンド
  • 舞妓や芸妓をはべらせるのは公務の一環な牧村
  • 頭を振って記憶を引き出そうとする時矢
  • 「うそ、それいっちゃうんだ」と記憶喪失をバラされぼやく時矢
  • 「はい、注目」と金八っぽい生田目
  • 時矢のひらめきを祈って見守る13係メンバー
  • 映画はできていたのか最後に流れる

【刑事ゼロスペシャル2020】のまとめ

見立て殺人という展開は面白く、共通点を探すまでもっともらしく進みます。

ですが、肝心の時矢の脳内映画がそもそも間違っているため、ずっとミスリードされる話でした。

全部が後出しかというとそうでもなく、所々ヒントは出てきます。

しかし記憶がない=思い出して後出しが基本です。

視聴者は最後の最後に動機を聞かされるため、後出し感がある内容でした。

刑事ドラマなのでもうちょっとアリバイとか証拠とか、捜査部分で追い詰めて欲しかったです。

【刑事ゼロスペシャル2020】のいいセリフ

全部俺たちに任せとけ。「京都府警に13係あり」だ。

【刑事ゼロスペシャル2020】の関連記事

【刑事ゼロスペシャル2020】の関連記事一覧です。

タイトルとURLをコピーしました