【科捜研の女19】24話のネタバレと感想|土門さんの異動と謎の解明

科捜研の女2019秋ドラマ

12月12日に放送された【科捜研の女19】24話「土門刑事の選択」のネタバレと感想、ロケ地などをまとめました。

前回から続いている回の完結編です。火浦と有雨子の関係はなんだったのか?集団自殺の謎、真犯人は誰なのか?そして、土門刑事は異動してしまうのか?その全ての解答編となります。

【科捜研の女】はU-NEXTで過去シリーズを配信中です。
現在31日間無料トライアルキャンペーン中です。
本ページの情報は2019年12月時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

スポンサーリンク

【科捜研の女19】24話のあらすじ

 フリーライターの広辺誠児(森下じんせい)が絞殺された。遺留品から、土門薫(内藤剛志)と同期の元刑事で、19年前に死亡したはずの火浦義正(升毅)が生きていることが分かり、彼に広辺殺害の容疑がかかる。
 1999年の大みそかに時をほぼ同じくして起きた2つの事件…大学サークルで起きた『ミレニアム集団自殺』と、同じサークルに所属していた楡井敏秋(中村凜太郎)の不可解な転落死。その関連を調べていた広辺に、当時サークル顧問だった森迫宏成(大河内浩)から多額の振り込みがあったことも分かる。
 不都合な真実が明るみに出るのを恐れ、金でもみ消そうとしたのではないかと疑われた森迫だが、ほどなく絞殺体で発見! 手口は広辺殺害と同じだったうえ、事件当日、火浦が森迫を訪ねていたことも判明する。
 そんななか、火浦が土門の前に姿を現した! 20年前、土門の元妻で故人の有雨子(早霧せいな)と不倫を疑われていた火浦は、「人間として犯してはいけない罪を犯した」と言い残して逃亡。有雨子も生前、「許されないことをした」と言っていたのを土門は思い出し…。
 20年前にいったい何が起きたのか? 真相を追う榊マリコ(沢口靖子)と土門。やがて集団自殺の背後に隠されていた恐るべき真相が明らかになり…!?
 土門はさらなる犯行を食い止められるのか? そして訪れる衝撃の結末とは…?

公式HPより

【科捜研の女19】24話のネタバレ

広辺誠治・森迫宏成殺害犯

室岡厚也

動機

自分の父親である楡井敏秋が殺害されたことを、火浦から聞いて知った室岡は、広辺にミレニアム集団自殺の取材をするよう依頼する。しかし、広辺は書いた記事を森迫のところへ持って行って脅迫の材料にした。

消したはずの記事のコピーを持っていた室岡は火浦に見せると、楡井を見殺しにした後ろめたさから記事を燃やしてしまう。

実力行使にだったら出ると覚悟した室岡は、まずは広辺を殺害し、その後森迫も殺害。さらには事件を隠ぺいした古河も殺害しようとするが、火浦の決死の説得により阻止された。

逮捕の道筋

20年前、府警本部の公安課の警備部長として古河が事件にあたっていた。土門とマリコは直接話を聞きに行く。ノストラダムスの会は実は自殺サークルで、その中の一人がもっと大勢を巻き込もうと考える。楡井は致死性の高いウィルスを医学部の研究室から盗み出し、それを散布しようという計画が持ち上がる

その情報を最初に掴んだのが有雨子だった。楡井は有雨子のいる病院に臨床実習に来ていた。ある日、楡井が有雨子に大変なことになってしまうと、相談をした結果計画が発覚する。有雨子は土門に相談しようとしたが、当時土門たちは大阪に行って不在だった。偶然有雨子を見かけた火浦が声をかけ、有雨子は火浦にその話をする。

火浦は古河に話を上げるとテロ事案として、公安課がこの事件を担当することになる。火浦は楡井を協力者として情報を引き出すため、慕っていた有雨子も巻き込み極秘捜査にあたる。そのため、有雨子は土門にも言えずにいた。

楡井から情報が入ったのは、結構当日のギリギリの時刻だった。京都タワーの展望台に地図を置いていった楡井、装置の回収をするため火浦は連絡をした。しかし、タレコミをしているのではと疑われた楡井が連れ去られ、仲間たちにリンチにあう

タワーの向かいのビルの屋上で暴行を加えられる楡井を見て、有雨子は警察に連絡しようとするが、火浦が今連絡したら0時以前に作動されかねないといって阻止する。1人の命を犠牲にして、大勢の命を守った火浦だったが、有雨子共々心に深い傷を負ってしまった

当時、楡井には別れた彼女との間に子どもができていた。楡井は子どもの顔を見る前に、殺されて屋上から落とされてしまったのだった。

その話を聞いたマリコは火浦の古本屋のそばの防犯カメラに、若い男が映っていたのを見て思う。この男性が楡井の息子なのではないかと。

古本屋の台帳を調べたところ、室岡厚也という人物が医学書を売りに来ていた。その本を見たところ巻末に楡井の印が押されていた。蒲原に室岡のことを調べてもらった結果、母親の名前が当時の楡井の彼女と一致する。

室岡の所在を追っていた土門は、勤めていた工事現場にやってくる。そこには凶器に使われたものと同じトラロープや、遺体の付着物である素材が材料で使用されていたことが分かる。さらにロッカーには古河議員が来るイベントのチラシがあった。

土門たちは会場に行って警備につき、古河を狙って現れた室岡を見つける。そこに火浦が現れて立ちはだかり、自分が楡井を見殺しにした事実を告白する。火浦の必死の説得により室岡はナイフを下ろし逮捕された

【科捜研の女19】24話の感想

土門刑事がどうなってしまうのか?結論から言いますと警察学校へ異動します。殉職でないので可能性はあるかなと思っていたら、やはり異動となりました。終わり際、マリコが「土門さん」と声をかけるのですが、そこには誰もいないという切ないシーンです。

レギュラーになるのかはまだ分かりませんが、どうやら予告を見ると新たに中村俊介さんが刑事役で登場します。パンダ回の刑事役の平岡さんが来るかなと思ってましたが、中村さんなのでどちらにしても光彦さんでした。いっそ、歴代光彦さん集合のドラマでも作ってくれないかと思います。

次回は蒲原も異動なのか?みたいな予告でした。土門さんに続き蒲原もいなくなるのか?全体的に刷新を考えているのだとしたら、科捜研メンバーにも入れ替えの波が押し寄せてくるのか?風丘先生あたりが比較的忙しいので対象になりそうですが、呂太はきっと残るでしょう、まだ入って長くないので。

今回は事件の謎の解明を掘り下げていきます。

ネタバレの詳細となります。未見の方はご注意ください。

20年前の事件の真相

20年前の事件が何だったのか?隠ぺい工作はあったのか?それらを全て今回解明されました。

謎1:ノストラダムスの会の真実

終末思想を研究しているサークルと思ったら、まったく別の内容のサークルだったことが分かります。

  • 自殺を目的とした自殺サークルだった
  • より多くの仲間を道連れにしようと主張する学生が現れる
  • 楡井が医学部の病理研究所から致死性の高いウイルスを盗む
  • 0時になるタイミングで時限装置で散布
  • 場所は初詣客が押し寄せる神社

謎2:有雨子と火浦の関係

火浦と有雨子で不倫関係にあったのでは?と疑われていましたが、実際のところはこうでした。

  • 楡井が臨床実習に来ていた病院で有雨子と親しくなる
  • 有雨子に悩んでいた楡井が計画を話す
  • 有雨子が土門に伝えようとしたが大阪にいって不在
  • 見かけた火浦が有雨子から話を聞く
  • 火浦が古河に話して極秘捜査を始める
  • 楡井を協力者にするため有雨子に協力を要請

極秘任務だったため、土門さんにも言えなかったとのことです。不倫などは結局していませんでした。秘密を知ってしまった有雨子と火浦が、ウイルス散布テロを阻止するため、楡井に装置を仕掛けた場所を聞き出すのが任務でした。

しかし、楡井もメンバーから疑われ始め、情報が分かったのは決行当日の夜でした。京都タワーの展望台で楡井と待ち合わせたため、火浦と有雨子の2人があの時急いで走っていたのです。

謎3:火浦が警察を辞めた理由

事件後に火浦が警察を辞めますが、その理由はトラウマ的なものが理由でした。

  • 楡井から情報をもらって上に伝える
  • 楡井が仲間に拉致されて、向かいのビルの屋上でリンチ
  • それを見ていた有雨子は、警察に連絡しようとする
  • しかし火浦が制止する
  • 楡井が屋上から落とされて死亡

火浦がなぜ阻止したのか?その理由は装置が回収される前に警察が楡井を助けに行くと、0時より前にウイルスをばら撒かれる可能性があるというものでした。要するに目の前の一人を見殺しにすることで、大勢の命を救ったという選択です

当然、このことに自責の念に駆られ、火浦は警察を辞めます。あの時、何の選択をすれば正解だったのか、どちらを選んだとしても後悔しますし、選ばなくても後悔するでしょう。警察官のような緊急時に対応する職業の人は、こういったプレッシャーの元働いているということが分かります。

ちなみに、火浦が別人に成りすましていたのは偶然でした。小屋が火事になり自分が死んだことにされたので、そのまま成りすましていたようです。思ったよりも適当な理由でした。

謎4:警察の隠ぺい

古河議員のところで話を聞いたマリコと土門さん、なぜ隠ぺいをしたのかという理由もここで語られます。

  • 当時東京で起きたテロの記憶が生々しかった
  • 未遂だったが京都でも起きそうだったとは公表できなかった
  • 公表したら刺激された人たちがテロを始めかねない
  • 京都と国の治安を守るためだった

東京で起きたテロというのは地下鉄サリン事件のことでしょう。あの事件が発生したのは1995年の3月です。それから4年たっているじゃないかといえばそうなのですが、されど4年ということなのでしょう。同年には阪神淡路大震災もあったので、余計に人々の心に恐怖のようなものがあったと思います。

古河は公安課の警備部長という立場だったため、小さな犠牲に関しては伏せておきたいことだったのだと思います。ただ、自殺ではなく普通に殺人で捜査してもよかったのではないか?そこを隠ぺいする理由は分かりません。

今後の土門さん

冒頭で書いたように土門さんは警察学校の教官になります。この辺の事情についてなぜかあまり詳細を明かしません。マリコたちと別れの挨拶もありませんし、亜美が「警察学校に行っちゃうって!」と報告に来たことで分かります。

挨拶もしないで行くのは土門さんらしいといえばらしいですが、今後登場しないのであればあっさりしすぎです。では今後どうなるのか?希望的観測も含めて考察してみました。

  1. 一時的にいなくなるだけで、また刑事として戻ってくる
  2. しばらく登場しないが戻ってくる
  3. 事件によって時々登場する
  4. もう登場しない

1番目の選択肢を希望する人が多いと思います。【相棒】の米沢のように時々登場するというのもありそうです。何シーズンか登場しないけどいつか戻ってくる、という可能性もありそうです。二度と登場しないという可能性は低いんじゃないかと思います。

この中で一番可能性があるのは、スペシャルなど特別な時に出てくるといった感じで、3番目の選択肢かなと勝手に予想しました。

【科捜研の女19】24話のロケ地

前回登場している場所は省略しています。

関西セミナーハウス

古河議員の事務所
公式HP

京都文化博物館

クリスマスチャリティーコンサート会場
公式HP

京都府警察学校

土門さんが講義していた警察学校の外観
公式HP

【科捜研の女19】24話のその他気になったこと

  • 亜美に「少しは空気読め」と言われる呂太
  • 「きたー、最大級の目力ビーム」と言われるマリコ
  • なぜか観客を避難させない警察
  • 取調室にマリコが突然入る
  • 選ぶことすらできないマリコ

【科捜研の女19】24話のまとめ

土門さんが異動になりました。再び戻って来るのかどうなのか?今後話が進んでいけば、どれぐらいの頻度で出てくるか分かると思います。さらに来週は蒲原も異動?という雰囲気の予告でした。メンバーの刷新でも考えているのか?今後も人の入れ替えがあるのか注目です。

今回で最終回と思ったら来週も放送がありました。新しい刑事として参加するのか、中村俊介さんがゲストとして登場します。もし蒲原が異動なら、新たにもう一人出てくるのかもしれません。

話としては一人の命と大勢の命、どっちを選択するかという回です。どっちを選択しても傷付くという、できれば遭遇したくない状況です。しかし、刑事という職業はそうなる可能性があるということでしょう。マリコはどちらも選択できないかもしれないと言ってました。今回の状況は何もしない=大勢の命を選択に自動的になります。

次回は12月19日20時から放送予定です。新刑事が加入か?蒲原も異動か?という回です。

今回のいいセリフ

あなたには生きる義務があるはずです。

タイトルとURLをコピーしました