【インビジブル】1話のネタバレと感想|高橋一生と柴咲コウの異色刑事ドラマ

2022春ドラマ

TBSで2022年4月15日から放送開始されたドラマ【インビジブル】1話のネタバレと感想をまとめています。

高橋一生さん演じる刑事と、柴咲コウさん演じる犯罪コーディネーターが手を組むという異色の刑事ドラマです。

スポンサーリンク

【インビジブル】1話のあらすじ

渋谷のスクランブル交差点で爆発が起こり、志村貴文(高橋一生)は巻き込まれる。現場が騒然とする中、大型ビジョンに謎の人物が映し出される。次の爆破を止める方法を教える条件に、志村貴文が欲しいという。

名指しにされた志村にさらなるメッセージが届き、指定された場所に向かうと、そこにいたのはキリコ(柴咲コウ)という謎の女性だった。

キリコいわく今回の爆破事件は花火師と呼ばれる人物が仕組んだもので、過去に起きた事故にも関わっていると説明する。

さらに、志村の相棒である安野慎吾(平埜生成)が、3年前に殺害された事件の犯人の手がかりを教えるというキリコ。捜査一課課長の犬飼彰吾(原田泰造)らの制止を振り切り彼女と姿を消してしまう。

花火師のアジトに向かったキリコと志村だが、居場所を突き止めた警察の手によりキリコは逮捕されてしまう。

キリコから与えられたヒントにより浮かび上がる元記者の男と、ボランティア団体の謎。誰が花火師に爆破を依頼したのか?志村がたどりついた真相とは……?

スポンサーリンク

【インビジブル】1話のネタバレ

志村(高橋一生)をキリコ(柴咲コウ)がテーマパークに呼び出し、渋谷の爆破犯が花火師(RED RICE(湘南乃風))だと教える。3年前に安野(平埜生成)が死んだ件を餌にして、志村を誘い一緒に居場所を探しに行く。

花火師の元彼であるラビアンローズ(DAIGO)に志村を引き合わせ、居場所のトレーラーハウスへ向かう。やがて警察がやってきてキリコを逮捕する。

警察に連行されたキリコは志村以外には語らず黙秘を続ける。志村は勝手に姿を消したことを監察官の猿渡(桐谷健太)に咎められ、キリコに接触することを禁じられる。

花火師のアジトにあったパソコンから元記者の我孫子(森岡龍)の情報が発見され、素性を調べたところ「世界恵みの会」の代表である小野塚(松尾貴史)を脅迫していたことが分かる。我孫子はその後、訴えられて職を失っていた。我孫子が逆恨みで花火師を雇い、小野塚を消そうとしているのではないかと警察は考える。

磯ヶ谷(有岡大貴(Hey! Say! JUMP))と五十嵐(堀田茜)が我孫子の家に事情を聞きに行くと、兄を名乗る人物が現れて行方は分からないという。志村は我孫子の元職場に向かって編集長を脅す。我孫子は確かに世界恵みの会をゆすっていたが、世界恵みの会も募金詐欺をしていたことを聞きだした

志村は爆破依頼をしたのは我孫子ではなく小野塚だと気付き、我孫子の家にいる兄を名乗る人物が小野塚の手下だと気付いた。我孫子の家に踏み込んで男を捕らえ、小野塚が我孫子を呼び出したビルへ向かう。

ビルのそばに花火師が歩いていたのを発見し、急いで我孫子を助けに向かう。窓ガラスを割ってビルから我孫子と一緒に下の川に向かって飛び降りたため無事だった。向かい側のビルで爆破シーンを撮ろうと待ち構えていた花火師を、志村を見張り後をつけていた猿渡が逮捕する。

しかし、小野塚の行方は分からなかった。キリコは小野塚は殺害されているはずと暗に伝える。そして未解決事件の情報と引き換えに、自分と手を組まないかと持ちかける。さらに安野を殺した人物がクリミナルズの中にいると教え、志村はキリコの目的が何なのか疑った。

スポンサーリンク

【インビジブル】1話の謎

初回なので謎しかありませんが、今後解明されていくと思われるものを記載しています。

犯罪コーディネーターとは?

その名の通り犯罪をコーディネートする人です。ドラマ内での説明では、国際的な犯罪組織の裏に必ず存在し、高額の報酬をもらって行うそうです。主にどんなことをしているのか?

  • 資金や武器の調達
  • 犯罪者同士を繋ぐ
  • 犯罪計画の立案

などを行っていると説明されます。なお、個人か組織かは不明で、日本で暗躍する犯罪コーディネーターが“インビジブル”と呼ばれているということです。

キリコたった1人で全てを行っているのかはわかりませんが、今回はマー君なるバイトが助手として登場します。

クリミナルズとは?

警察も把握していないプロフェッショナルの凶悪犯です。今回出てきた花火師もこのクリミナルズらしく、高額な報酬をもらって依頼を受けます。

事件性がないように偽装し、事故や自殺などに見せかけて依頼を遂行するようです。そのため、警察も把握できないのでしょう。

さらに志村の相棒を殺害した通り魔も、クリミナルズだとキリコは言います。仮に本当だったとしたら、誰が殺害を依頼したのか?今後明らかになっていくと思われます。

志村は過去に何があった?

以前は捜査一課に所属していた志村ですが、安野が殺害されたのをきっかけに暴走します。その結果一課から外されて特命班に左遷されてしまいます。

3年前に相棒である安野が通り魔に殺害されたということは判明していますが、なぜそんなことになったのかはまだ分かりません。どうやら志村の目の前で殺害されたらしく、持っていたナイフから素人の犯行とは確かに思いにくいです。

志村は相棒を殺害した犯人を何としても捕まえるため、なりふり構わず常軌を逸した行動を取ります。誰が何の目的で殺害したのか?謎です。

スポンサーリンク

【インビジブル】1話のまとめと感想

犯罪コーディネーターが刑事に情報を流して、プロの犯罪者を捕まえるという話でした。

色々初回から無理がある設定の話ですが、そこらへんをドラマだと割り切って楽しめばスピード感のある回でした。

冒頭の爆破シーンや志村のアクションシーン、最後はバイクを飛ばして5階から川に向かってダイブという、キリコが思わず「トム・クルーズかよ」とツッコむアクション満載な回でした。毎回こうだったらいいのにと思いますが、大体初回と最終回だけになりがちです。ぜひ頑張ってアクションシーンを維持してもらいたいものです。

話としては毎回、クリミナルズが出てきて逮捕するという話なのか、今回は花火師で次回は調教師という別名を持つ人物が登場します。必ず“○○師”という別名なのか、だとすれば調理師とか美容師とかも登場しそうです。

キャストでいうと主役の高橋さんが荒々しい役柄なのですが、どうにも乱暴な言葉使いが慣れていない気がしました。裏を返せばそれだけ普段、穏やかな人なのかもしれません。そのうち聞き慣れると思います。

今回のようにゲストでミュージシャンの人などを今後も起用するのか、意外な配役にも期待しています。

【インビジブル】1話のいいセリフ

命の重さっていうのは、失ってから初めて気づくじゃ遅えんだよ。

タイトルとURLをコピーしました