【半沢直樹(2020)】5話のネタバレと感想|最も不要なコストは?

スポンサーリンク
2020春ドラマ
スポンサーリンク

2020年8月16日に放送された【半沢直樹】5話のネタバレと感想をまとめました。

今回から本格的に第2部の始まりです。半沢は帝国航空を再建することができるのか?

スポンサーリンク

【半沢直樹(2020)】5話のあらすじ

白井大臣(江口のりこ)の発表した案が撤回されることはないと半沢(堺雅人)はわかっていた。ただ、帝国航空のメインバンクである開発投資銀行と手を組めば、政府といえども簡単に債権放棄を迫れないだろうと考えていた。

帝国航空に白井大臣に引き連れられタスクフォースチームがやってくる。チームを取り仕切るのは弁護士の乃原正太(筒井道隆)だった。彼らは帝国航空に場所を借り、そこで運営が始まる。

半沢と田島(入江甚儀)は帝国航空が再建可能かどうか、自らの目で確かめるため各部署を見て回る。田島はとてもじゃないが無理だと考えていたが、半沢は逆の考えだった。なぜなら、帝国航空は腐っていない会社だったからだ。

グレートキャプテンと呼ばれる機長の木滝英雄(鈴木壮麻)は、社員の信頼も厚くOBにも顔が利く人物だった。それだけに神谷社長(木場勝己)も彼には口を出せない存在であった。

そんな木滝に半沢は他の部署と協力して、社内を改革して欲しいとお願いをする。当初、自分の仕事ではないと断っていた木滝だが、半沢の考えを受け入れてみんなと社内の事を話し始める。

2週間帝国航空の内情を見て回った半沢は、この会社は自力で再建することができると判断する。そして再建案の草案を神谷社長、山久部長(石黒賢)、役員の永田(山西惇)にメールをし話をしに行く。

痛みを伴う改革案に社長らは半沢を非難するが、もし政府に助けてもらったら経営陣は全て退陣になると告げる。そこで自分たちで再建しようと気持ちが傾き始めたところ、草案の内容が社員たちに一斉に送られてしまう。

しかも、経営陣の改革については触れられてなく、社員たちへの改革だけが書かれた悪意のある内容のものだった。社員たちは怒って経営陣に迫る。その中には折角改革に協力し始めてくれていた木滝機長もいた。

この件で半沢はメインバンクの開発投資銀行に呼び出しを食らう。担当者の谷川幸代(西田尚美)は政府も一目を置くやり手で、メインバンクでもない東京中央銀行が再建案を出していることに不信感を抱いていた。

半沢は谷川に一緒になって協力して欲しいと願うが、あの会社にいる不穏分子を取り除かなければ、再び今回のようなことが起きると告げた。

誰がメールをリークしたのか?半沢の倍返しが始まる。

【半沢直樹(2020)】5話のネタバレ

1:不穏分子は誰だ?

半沢は道場で竹刀の素振りをしながら考えます。誰が不穏分子なのかと。

草案内容を知っているのは、帝国航空の神谷社長、山久部長、役員の永田、頭取、紀本常務、大和田取締役の6人です。

まず大和田はありえないと半沢は考えます。

なぜならこの案件が成功すれば推薦した大和田の手柄になり、仮に失敗したとしても半沢に責任を押し付ければいい。わざわざ潰しに行く必要はないと考えます。

自分を潰したいと考えて入る人物、それは曾根崎なのか?と考えます。

確かに曾根崎は部署に探りを入れているので、草案を入手することは可能だったかもしれない。しかし、もしバレたら退職金なしの懲戒解雇となる。曾根崎にそこまでの度胸はないと半沢は考えました。

ではいったい誰なのか?そこにやってきたのは、スパイラルの瀬名社長でした

瀬名社長がやってくる

2:半沢の人望

瀬名社長はメールアドレスから発信者を特定しに動いてくれていました。

たまたま自分のところのプロバイダーを使っていたため、契約者の住所氏名までわかります

しかし、これは個人情報なためもし漏えいがバレたら、スパイラルの会社自体が危なくなります。

そこで瀬名社長は半沢の胸に留めておいて欲しいと告げ、住所と名前を教えてくれました。

その人物は丸岡耕二という人物で、伊勢志摩市に住んでいました。

瀬名が調べたところその住所は雑居ビルで個人宅ではありません。

半沢は早速そこに行こうと飛行機のチケットを予約します。もし、反社会勢力だったらどうするんだ?と問う瀬名に、半沢はそれでも行く決意を見せます。

そんな半沢を見て瀬名は、スパイラルを救ってくれた時の事を思い出しました。

半沢はやるといったら必ずやる。災い転じて福と成す、ピンチを利用してチャンスに変えるのは半沢の得意技だと。

「半沢直樹のためなら何でもやりますから」と、瀬名社長は半沢に告げました。

半沢の人望、それは困難を諦めず共に戦ってきた仲間との絆です。

瀬名社長が発信者を特定してくれる

3:犯人特定

半沢は早速瀬名に教えてもらった建物へ向かいます。そこの2階には「丸岡商工」という会社がありました。

中に行くと事務員の女性がいるだけで、社長は東京に行っているといいます。

半沢が小芝居を打ち困った様子でいると、親切に東京のホテルに行けば会えると思うと教えてくれます。

半沢はすぐに東京に戻りホテルで開かれているパーティーを見に行きます。

それは帝国航空の永田の兄、永田栄一議員のパーティーでした。

そこには箕部議員と白井大臣も応援に駆けつけています。

丸岡はどこにいるのか探していると、職員にポスターを刷って欲しいとお願いされているところを発見しました。

パーティーも終わり永田が出てきたところを、半沢は待ち構えます。

そして直接、メールを流したのは永田だと言いました。

なぜなら議員の兄がいるので、政府が介入したとしても役員の立場は変わらないはずといいます。

証拠は?と開き直る永田、挙句半沢に秘密保持もできないなんて銀行員失格だとまでいいます。

その後、丸岡商工のことを山久に頼んで調べてもらったところ、永田が赴任したころに頼まれて取引が始まったといい、水増し請求をしていることもわかります。

永田議員からクレームが入ったと大和田に電話で呼び出された半沢、わざわざ言ってくるところをみると永田が犯人であろうと大和田も確信します。

そして銀行時代の上司であった紀本常務に話を聞くと、永田は銀行員時代、ある会社に融資していたその一部の金が兄の献金に流用されたという疑惑があったと言います。

しかし、あくまで疑いであり証拠がなかったため、銀行としては帝国航空に出向という形で収めたのです。

半沢は永田が犯人だと確信する

4:運命の社員説明会

永田の尻尾を捕まえるには半沢一人の力では難しく、帝国航空内の人に協力を要請します。

その協力を願ったのは木滝機長でした。一度は裏切られたと考えていた機長は、簡単に協力に応じません。

しかし、半沢に説得されてある協力をすることになります。

社員説明会で半沢は永田が丸岡にメールを送信するよう指示したと思われる、ドライブレコーダーの映像を流します。

往生際の悪い永田はまだ開き直り、証拠にならないといいさらなる証拠を求めます。

もう大体おわかりでしょうが、証拠を求められた場合、半沢は言い逃れのできない決定的な証拠を持っています。

それは、半沢自身が丸岡の乗る車に行き、水増し請求をしていることを指摘している映像でした。

逃げ出そうとする丸岡を逆側のドアから入ってきて押し戻したのは、なんと木滝機長でした!

部外者の丸岡が好き勝手できたのは、内部の誰かに手引きされたからだ。木滝機長のナイス推理にまだもじもじする丸岡です。

そこで半沢が最寄の警察に連れて行ってくれと運転手に頼みます。

すると、丸岡は観念してメールを指示したのは永田だと白状します。

要するに永田が丸岡と組んで水増し請求をしていたのです。

メールを流したのも水増し請求していたのも永田の指示

5:最も不要なコストは?

社員たちの前で決定的な証拠をつきつけられた永田は、どうせ政府が介入してくるのだから銀行が何をやっても無駄だといいます。

すると半沢は帝国航空を見くびらないで頂きたい!といいます。

なぜなら半沢には帝国航空が再建できる可能性を秘めている会社だと、以下の理由から判断していたからです。

  • 戦後の空の安全をずっと守り続けてきた誇りがある
  • 経営状態が悪化しても世界の航空会社満足度ランキングでは常に上位
  • 安全性・サービス・スケジュール・機材整備全てにおいて高評価

ただ、もちろん問題もあります。それは縦割りの会社なため、横の連携がとれていないことです。

そこに付け込んだのが今回の永田と丸岡たちでした。

不正が起きやすく外部に金が流れていく状態、それを利用して私腹を肥やしていたのです。

そんな永田に向けて半沢はいいます。

「帝国航空にとって最も不要なコストは永田!お前だ!」と。

そして永田にこの場所にいる資格はない、バンカーの面汚しといって追い出しました。

最も不要なコストは永田

5:ドラマの結末

半沢は社員たちに政府に頼らなくとも自力で建て直せる、政府に頼れば数年は何とかなったとしても、重病人に輸血をするようなものでまたダメになるといいます。

政府の都合によって押し付けられた98もの赤字路線を、もし政府の支援を受けたら見直すことができないとも。

ではどうすれば?悩む社員へ木滝機長がいいます。

「我々の力で変えていくしかない、一人一人の力で。そうですよね?半沢さん」と協力してくれます

これも全て社員たちにも会社の危機を知ってもらうため、わざと半沢はみんなの前で永田を吊るし上げたのです。

社員が一致団結するため、あのような形で不正を暴きました。

永田お得意の兄に言いつけるがこの後ありそうですが、果たしてどうなるのか?

半沢はタスクフォースのリーダー乃原に挨拶にいきます。

感じの悪い男乃原は半沢の名刺を箱に入れ、債権放棄するよう一週間後にでも返事してと既に決まったような感じでいいます。

半沢は誰に相談するでもなく、東京中央銀行の答えはもう決まっていると、その場で答えます。

「債権放棄を拒否する」とはっきり半沢は言い切りました

スポンサーリンク

【半沢直樹(2020)】5話の補足

1:半沢の物差し

倒産しそうな会社かどうか、半沢なりの経験として物差しがあるという話がでてきます。

どういった物差しなのか?

倒産寸前の会社は大企業でも大阪の小さな町工場でも同じ現象が起きる。

倒産する会社は社外の人に挨拶しなくなっていく。

なぜ社外の人に挨拶をしなくなるのか?それは、会社に対する自信と誇りがなくなっていくからです。

帝国航空はそういう会社ではなく、各部署の教育が行き届き、特に空の安全を守るという意識は見事だと半沢はいいます。

従業員みんなが自分たちの仕事にプライドを持っている。

その反面縦割りで横の連携が取れず、自分の仕事だけベストを尽くせばいいという風潮もあるようです。

2:半沢の再建計画

半沢の再建計画はどういうものだったのか?番組で少しだけ映りましたので、こちらでまとめてみました。

再建計画の概要について

  • 経営陣の待遇の大幅削減
    経営陣の再編と多額に支払われている給料の大幅削減
  • 余剰人員の整理・削減
    現場の人員の整理・削減による人件費の大幅削減
  • 燃費効率の悪い大型機の売却
    非効率機材の機種数の削減と機材のダウンサイジング
  • 赤字路線の減便・撤退
    赤字路線「伊勢志摩」路線を含む98路線の減便・撤退によるコスト削減
  • 現場業務の縦割り体制の排除
    部署ごとに仕事が独立している縦割り体制の排除
  • OBの年金改革
    多額に支払われているOBの年金の減額
  • パイロットの待遇見直し
    高給が支払われている操縦士・副操縦士の待遇を見直す

という内容でした。この「伊勢志摩」路線というのがクセ者で、伊勢神宮もあってサミット会場もある観光地なのに、空港が遠いためみんな名古屋空港などを使ってしまうそうです。

空港には箕部や白井大臣が写った開港10周年記念の写真があり、何やらきな臭い雰囲気の空港です。

【半沢直樹(2020)】5話のその他気になったこと

  • 夕べ2人きりで話し合った半沢と大和田
  • 半沢に席に戻れと言われる大和田
  • 半沢に文句を言う役員を凄い目で睨む頭取
  • 花にバレないよう怪しげな態度の半沢
  • 花のくれたマカロンのほうがうまいという苦しい言い訳
  • 伊勢志摩へはちゃんと帝国航空で向かう半沢
  • 永田兄弟の見た目が似ている
  • 大和田に絡まれないよう避ける半沢
  • 突然英語で話す紀本
  • 「まるで赤ん坊、あなたいくつですか?」という嫌味
  • 腐った肉の臭いがする永田
  • 永田が近づくことに怒る半沢
  • たとえ職を失っても丸岡は逃がさない木滝機長
  • ちょっとやり過ぎたかなと反省する半沢

【半沢直樹(2020)】5話の感想とまとめ

誰が裏切り者かを探す流れはいつもの通りで、悪事がバレた相手に容赦が無い半沢です。

今はまだタスクフォースのほうも静観しているようですが、いずれ半沢の再建案にちゃちゃを入れて来るでしょう。

そしてその背後にいるのが箕部であることは間違いなく、半沢がそこまでたどり着くことができるのか?

箕部は土下座を厭わない相手だけに、悔しがる素振りをどれだけ見せてくれるか楽しみです。

半沢に助けてもらった人は協力を惜しみなくしてくれます。今回スパイラルの瀬名社長は個人情報の開示までします。

とても心強い味方が半沢にはついています。それもこれも一度やるといったらやり通す、約束を守り正義を貫く半沢だからでしょう。

結局、今回の丸岡のように悪党の仲間はすぐに白状してしまい、横の繋がりもあってないようなものです。

みんなの幸せのために爆進する男半沢、その周りには信頼できる仲間のみが集います。

ということは、友人や恋人や家族など自分の周りにいる人は、自分が何か間違っていないか、確認するためのリトマス試験紙のようです。

次回は8月23日21時から放送予定です。

【半沢直樹(2020)】5話のいいセリフ

どんなに素晴らしい伝統も、それに縛られて生きる力を失えば、未来に引き継ぐことはできません。

タイトルとURLをコピーしました