悪党 1話 ドラマ感想 悪党はしょせん悪党のまんまなのか?

悪党WOWOW

内容からして重い感じの話であることは最初からわかってはいましたが、実際映像となって見るとやっぱり重いです。見終わった後の爽快感や、勧善懲悪的なもの、二時間ドラマにありがちな復讐を止める人などはありません。救いも一切ありません、ある意味これが現実だと突きつけられる内容です。WOWOWで新ドラマが始まると書いていますが、この作品も人を選ぶ作品となります。

スポンサーリンク

悪党~加害者追跡調査~概要

WOWOWプライムで5月12日より毎週日曜22時に放送しています。元警官の主人公が退職後に探偵となり、依頼を受けて犯罪加害者の現在を調査し報告をします。主人公自身も犯罪被害者遺族であり、調査をする内に様々な葛藤に直面していくストーリーです。

キャスト

  • 佐伯修一(東出昌大)
  • はるか(新川優愛)
  • 坂上洋一(青柳 翔)
  • 遠藤りさ(蓮佛美沙子)
  • 前畑紀子(山口紗弥加)
  • 早見剛(寛一郎)
  • 松原弥生(篠原ゆき子)
  • 松原文彦(中島 歩)
  • 細谷博文(渡辺いっけい)
  • 田所健二(三浦誠己)
  • 寺田正志(山中 崇)
  • 榎木和也(波岡一喜)
  • 鈴本茂樹(柄本 明)
  • 染谷久美子(板谷由夏)
  • 佐伯敏夫(益岡 徹)
  • 木暮正人(松重 豊)

スタッフ

  • 【監督】瀬々敬久
  • 【脚本】鈴木謙一
  • 【原作】薬丸岳「悪党」
  • 【音楽】大間々昂
スポンサーリンク

あらすじ

警察を免職となり、所長の木暮(松重豊)や染谷(板谷由夏)のもとで探偵として生きる佐伯(東出昌大)。今回の調査対象・坂上(青柳翔)は、かつて依頼人・細谷(渡辺いっけい)の息子を暴行死させ刑に服した男で、現在も特殊詐欺に手を染めていた。自身も姉を殺されたトラウマを持つ佐伯は、細谷の遺族感情をおもんばかるが、調査報告を聞いた細谷からは「あの男を赦すべきか否か、その判断材料が欲しい」との追加依頼が。

公式HPより引用

ネタバレ


続きはこちら

埼玉で起きた連れ去り事件の捜査にあたっていた佐伯は、連絡を受けて犯人がいると思わしき車を見つける。その場で応援を待つのではなく、すぐに停車中の車に向かう佐伯。扉を開けると犯人が連れ去った女性を犯していた。すぐさま男を車から引きずり出して女性を保護するが、犯人は合意の上だと言い出す。女性が泣いているのだから違うだろうというと、命取られたわけでもないのに大げさだと反省もない。佐伯は怒り心頭となり、拳銃を抜くと男に向かって口を開けろと脅すのだった。

その行動が原因で佐伯は懲戒免職になってしまう。部屋から出て行く時、同僚が何のために警察官になったんだ、いつまで過去のことに縛られてんだと声をかけるが、佐伯は無言でその場を立ち去る。

佐伯は警察を懲戒免職になる

それから4年後、佐伯は現在ホープ探偵事務所に調査員として勤めていた。車でずっと張り込んでいると、ようやく出てきた集団にカメラのレンズを向ける。その中に調査対象である坂上洋一という男がいた。車を降りて尾行をし坂上が行きつけのバーに入るのを見届ける。本来そこで今日の調査は終了だったのだが、佐伯は店に入りカウンター席へ腰を下ろす。同じくカウンター席に座る坂上、声をかけてきて一緒に飲もうと誘ってきた。最初は断るも注がれた酒を飲み、坂上は佐伯の隣へと腰を下ろす。以前ここであったかと問う坂上に、佐伯は初めて来たと返す。坂上の飲んでいる酒は高く、どうしたらそんな酒が飲めるのかと佐伯が問うと、それなりの知恵と度胸があればすぐ稼げるという。トイレに坂上が席を立ち、一人で飲んでいる佐伯のところへ女性が来る。坂上と自分を勘違いをしているその女は、坂上の彼女である遠藤りさだった。佐伯はすぐに席を立ち、カウンターに金を置いて帰るのだった。

自宅に戻りスクラップ記事に目を通す佐伯、そこには女子高生強姦殺人と書かれた事件の記事だった。15年前家族でキャンプに行った日のことを思い出し、父親に誕生日プレゼントとしてナイフをねだった。しかし母親は反対していた。

事務所に出社した佐伯だったが、事務員の久美子に領収書の提出を求められる。しかし佐伯は領収書はおろか、報告書すら書き上げていなかった。その様子に久美子は入って4年もたつのに、もう少し要領よくやればいいのにと零す。遅れて所長の木暮が出社してきた。佐伯は今回の依頼の報告はするべきじゃないという。調査対象である坂上はかつて11年前に殺人事件を起こしていた。だが未成年だったため、少年院に1年半入って出所してくる。その後地元の仲間とまたつるんでいたので、すぐ面取りはできたと佐伯は報告する。今の仕事は振り込め詐欺をやっていて、受け子とかけ子を束ねるリーダー格で上の組織とも繋がっているという。付き合っている彼女がいるが、どうやら坂本の正体は知らないらしい。

調査の依頼は殺人被害者遺族である両親

依頼者は今対象がどこにいて、どんな生活をしているのか知りたいという依頼だった。佐伯が報告をためらうのは依頼者が、11年前の事件の被害者である細谷健太の両親だということだ。被害者遺族に加害者のことを知らせたら復讐するかもしれない、それを危惧している佐伯だったが、所長に給料いらないのかと言われ、仕方なく報告することに決める。依頼人である細谷夫妻が事務所に来たので、調査した報告書を見せる。読み終えた父親は調査を続けて欲しいという。そして息子が殺された事件の内容を語り始める。

11年前のあの日、息子はアルバイトの給料をもらった日だった。夫婦が共に体が弱かったため、息子は家計の足しにすべく部活も所属しないで働いていた。それを坂上も知っていた。給料をもらった帰り道、坂上たちは待ち伏せをして息子に絡んできた。さらに息子は学校で度々恐喝も受けていたらしい。そんなことを知らず、息子を頼ってしまっていた。坂上たちは何度も蹴ったり殴ったりして金を奪った。そして動かなくなった息子をそのまま置いていった。発見されたのは次の日の朝だった。死因は外傷性ショック死、肋骨が折れ内臓破裂していた。助けも来ない絶望の中死んでいった。坂上は法律的には罪を償ったが、自分たちは到底納得できないと父親はいう。

自分たちは何を調べたらいいのかと問う。父親は私たちがあの男を許すべきか許さないべきかを知りたい。許すべきなら材料を持ってきて欲しいといい、犯罪者給付金として出た320万円を出す。今まで手をつけてこなかった金で、使うなら健太のために使おうと思っていたという。所長は乗り気ですぐにも受けようとするのを、佐伯はいったん遮ってこうたずねる。許すかどうかの判断は何をもってどうつけるのかと。すると父親はそれはあなた方の判断に任せると答えた。

加害者を許せる材料を持って来て欲しいと依頼者に言われる

佐伯は坂上の行きつけのバーに行く。そこで坂上に金がないし、雇ってもらえないと愚痴を零す。どうしてときく坂上に自分には前科があって、17歳の時にオヤジ狩りをして殺してしまったという。それは事前に久美子から情報を仕入れていた内容であり、リアリティーを持たせたほうがいいという忠告通りに佐伯は言っているだけだった。坂上は「大歓迎だ」と言い、自分の仕事の仲間に佐伯を誘うことにする。

佐伯は昔のことを思い出していた。自分の誕生日である今日、父親の理髪店で仕事が終わるのを待っていた。以前願ったナイフを父はこっそり持って来てくれた。そのナイフには“佐伯修一”と名前も入っていた。母親には内緒にしておけといって渡される。母親が来ると急いでそれを隠す修一、母は姉がまだ戻って来ないという。今日は部活も早く上がると言っていたし、ケーキを頼んでいたのに携帯に電話しても出ないという。そこで修一自ら探しに行くことにする。

坂上に事務所に連れられて来られた佐伯は、沢山の人で詐欺の電話をかけているのを目の当たりにする。どういう仕事かわかったかと問う坂上に、自分は何をすればいいときく。すると一週間は見習いだから、マニュアル作りをやって欲しいと言われる。それは特殊詐欺の台本作成のようなもので、数人でそれぞれの役割をしてその場で練習をする。佐伯は警察官の役を任され、早速受け答えの練習をすると、その滑らかな演技に坂上は驚いていた。

仕事を終えて酒を飲みに行った帰り、坂上はもう一軒付き合えという。ついていくとそこはバッティングセンターだった。そこでストレス解消でもしているのか、佐伯も付き合い一緒になってバットを振る。終えると佐伯は探りを入れる。なぜこんな仕事をしているのか、頭もキレるしリーダーシップもある、カタギでも成功していただろうにと。すると坂上はお前と同じで殺しで院卒だと答え、だから彼女も同じ匂いを感じて勘違いしたんだろうという。殺す気はなかったが放っておいたら死んでいた、ツイてないなど坂上はぼやく。さらに佐伯は遺族のところに行ったりしているのかを問うと、自分は許してもらおうと思っていない、十分罰は受けていると答えた。

事務所に戻った佐伯は所長に今までのことを話す。やっぱり無理だと、詐欺グループのリーダーなんかをやっているんだしというと、所長はじゃあそう伝えて復讐の手伝いでもするかと開き直る。そしてきっとあの夫婦は許したい、許すことで苦しみから解放されたいはずだ、だから難しく考えないで少しでも許せる瞬間を見たらそれでいいと佐伯に告げた。

坂上は反省の色がないし、今も特殊詐欺のリーダーをやっている

姉を探していた修一はケーキ店に行くが姉はいない、学校に行ってもいなかった。その様子を見ていた姉の恋人が、戻って来ないことを修一からきいて一緒に探しに行く。修一は自宅までの通学路を行く途中、こっちから行くと近道だといって道を外れる。そこには廃墟となった建物があり、姉の自転車が倒れていた。誕生日ケーキも無残に潰れていた。姉の彼氏が電話をしてみると、建物の内部から呼び出し音が聞こえる。修一にそこで待ってろといって彼が中に入っていく。その瞬間、叫び声が聞こえて修一も建物内に入っていく。来るなという制止を振り切り近づく修一、そこには服が乱れたままの姉の死体があった。修一の絶叫が室内にこだました。

そんなことを思い出していた佐伯は、坂上の事務所で仕事のシュミレーション中だった。ぼんやりしている佐伯に休憩しようといって仕事をいったんやめる。そして坂上がりさが怪我をしたから、病院へ迎えに行って欲しいと頼まれる。自分で行ったらいいじゃないかというと、上に呼び出されていて行けないという。仕方なく佐伯が病院に迎えに行き、自宅まで送っていくことにする。りさは足を怪我していた。会社の人が来たのは初めてだという。洋一は佐伯のことを気に入っていると教え、いつか職場の話を教えて欲しいとりさはいう。自分の母親は実家で一人暮らしだが、洋一が仕送りをしてくれたり面倒を色々みてくれて助かってるという。りさの父親は10年前に事件に巻き込まれて亡くなった。街中で危ない運転をしていた人を注意したら、逆恨みされて刺されたという。そのことは坂上も知っていて、そのことを聞いて坂上は泣いていたという。ずっとクールな人だと思ったからびっくりして、本当は人の痛みがわかる優しい人だと思ったという。

坂上の恋人であるりさは「人の痛みがわかる優しい人」だと思っている

佐伯は再び事務所に戻る。詐欺の電話を実際にやってみようといわれ、まだ無理と断るが坂上は大丈夫だといって始める。それぞれがそれぞれの役割をし、実際に年寄りを騙す電話をする。佐伯は警官役でその番が来ると携帯を渡されるが、良心が邪魔をして対応することができない。それを坂上はうまくフォローしながら、受け取りに行く友達の名前を言うタイミングで、なんと“細谷健太”という名前だという。佐伯はその名前を聞いて憤る。さらに電話を切り終えた後、「友達の名前は細谷健太で頼むわ、頭のトロイ感じで」などと言う坂上に、我慢できない佐伯は胸倉を掴む。しかし手を出すことはせずに、そのまま事務所を出ていった。
自宅に戻った佐伯は抑え切れない怒りをぶつけるよう、姉を殺した三人の切り抜きを壁に貼り、そこへ向けて拳を叩き込むのだった。

殺害した健太の名前を出してからかう坂上に佐伯が怒る

佐伯は細谷夫婦の自宅に行き、仏前で拝んでから報告をする。結果は「私なら許せません」という報告だった。自分も姉を殺された過去があると言いながら、実費分だけ抜いて預かり金も返す。それは調査に満足する報告ができなかったという理由だった。

依頼人に「私なら許せません」と報告する

事務所に戻り所長に金を返してしまったことに文句を言われるが、佐伯は無視をしながらカメラの手入れをしている。そこへ坂上から電話が入ると佐伯は出て「もう用はないから切る」という。しかし坂上はケジメぐらいつけに来いといい、佐伯はいつものバーへ向かう。坂上は昨日佐伯が出て行った後、受け子がパクられたという。一体何者なんだと佐伯に問う。すると佐伯は正直に話す。「俺はお前が殺した細谷健太の両親から雇われた探偵だ」と告げると、依頼の内容はときく坂上。今のお前を許すべきか許すべきでないかが依頼内容だと佐伯は答える。どんな報告をしたか知りたいかと言うと、坂上は「悪党はしょせん悪党のまんま、そんなとこだろ」と言う。

そして坂上は自分も佐伯のことを調べたといい、同姓同名の警官が犯人の口に拳銃突っ込んで懲戒免職になったと、自分にも拳銃向けるのかと茶化す。すると佐伯はどうしても許せない人間がいるからやらないと答える。姉を殺した連中か?この3人の悪党はどうするんだと坂上は煽る。そこへ何も知らないりさが来て、坂上はその場をりさを連れて出て行こうとする。しかし外は雨が降っていた。車を探して来るといって雨の中を行く坂上。その背後には細谷健太の父親が、ナイフを持って迫ってくる。父親は背後から坂上を一突きし、その場に坂上は倒れこむ。りさが坂上に駆け寄り助けを呼び、それを聞きつけた佐伯も店から出てくる。しかし佐伯も細谷の父親も、ただ雨の中に血まみれで倒れる坂上を見ていた。

健太の父親が坂上を刺してしまう


感想

この仕事をやる最低条件として、“犯罪被害者遺族ではないこと”というのを条件に入れないと、さすがに病むんじゃないかと思います。トラウマを仕事の度に思い出し、やっぱり加害者は許せないという思いが強まる一方です。毎回違う依頼者が来るようですが、“許す”結末の話がないと、最終的にあのナイフで佐伯は殺しに行くのでは?と思いました。

主人公佐伯修一とは?

  • 元警察官
  • 犯人に拳銃突きつけて懲戒免職
  • 現在ホープ探偵事務所の調査員
  • 過去に姉を殺されている
  • 正義感強し

東出さんは連続ドラマ主演というのは初めてだそうです。言われてみればそうか?と今更思いました。そのせいか意気込みが感じられ、いつもとは違うハードボイルドな演技が良かったです。故松田優作さんの大藪春彦原作作品のような、ハードボイルド感を一話目は感じました。そして松重さんとのツインタワー振りが、画面に華をそえてくれます。

どう考えてもいい方向に行く話だと、あまり思っていません。終わり方はどうなるのか?佐伯が一人ずつ処刑するのか、それとも一歩前に進んでいくのか?二時間ドラマのような「お姉さんはそんなことは望んでいない」というセリフが出てくるのか?そこら辺に注目していきたいと思います。

ドラマの補足

犯罪被害者給付金制度とは?

今回細谷の両親がこのお金を元に依頼を頼みます。果たしてどういった制度なのでしょうか?

趣旨

犯罪行為により不慮の死を遂げた遺族の人、重傷病もしくは障害という被害を受けた犯罪被害者の方に対して、社会連帯共助の精神に基づき、その精神的、経済的打撃の緩和と日常を取り戻すことができるようにするために支援するものです。

種類
  • 遺族給付金
  • 重傷病給付金
  • 障害給付金
支給対象者

日本国籍があるまたは日本国内に住所がある人。外国籍の人でも被害にあったとき、日本に住所があった人は対象になります。
ただし外国籍の人が不慮の死を遂げた場合、被害者当人が日本に住所があっても、申請する遺族が犯罪発生時に日本国内に住所がなかった場合は、給付金の支給を受けれません。

これだと以前市川市で起きた、リンゼイさん事件の場合、遺族の方はイギリス在住だったので給付金は受け取れなかったのでしょう。

支給額

支給額は犯罪被害者の年齢や勤労による、収入額等に基づいて算出されます。

問題は乳幼児とかは勤労していないので、どう算出するのか?老人は年金を基に算出するのか?という疑問です。
今回の事件の場合、健太は4万5千円の給料をバイトで貰ってました。これを基に算出ではさすがに気の毒なので、何かしら年齢に対してある程度の基準があるのだと思います。

給付金の減額調整

親族間で行われた犯罪、犯罪被害の原因が犯罪被害者にもある場合、労災保険などの公的給付や損害賠償を受けた場合は全額及び一部支給されない場合があります。

親が子を殺したとか、事故で保険が下りたなどの場合を言っているのでしょうか?残された子がいた場合、それこそ誰が育てるにしても、給付金が必要な気がしますが…。

申請期限

犯罪行為によって起きた死亡、重傷病または障害を知った日から2年、発生した日から7年経過した場合はできません。ただし、犯罪加害者により拘束されていたなどのやむをえない理由で申請できなかった場合は、やんだ日から6ヶ月以内に申請できます。

裁判に7年以上かかった場合はどうなるのでしょうか?やむをえない理由に当てはまるのか、それとも結審後からの起算になるのか、ちょっとわかりませんでした。

参考HP:経済的支援の制度等 警視庁

敵討が許可されていた?

時代劇を見ていると時々敵討をしに来た人の話とかがあります。公に敵討を許可されていたという歴史が日本にはあります。1873年まで許可されていました。

江戸時代の敵討を例に取りますと

  • 基本的に武士階級の人(それ以外でも大目に見られたことあり)
  • 父母・兄等の尊族が殺害された場合に限る(妻子や弟・妹はダメ)
  • 加害者が行方不明になっている
  • 公的権力が加害者を処罰できない

といった場合に限り、主君から免状を貰って、他国にわたる場合は奉行所に届け出ます。
ちゃんと“敵討”だと証明されないと殺人扱いになってしまうので、届け出が必要でした。
また、敵討を果たした者に対して、殺害された側の親族が敵討をする重敵討は禁止されてました。
敵討は決闘であり、敵とされる側も迎え撃つ正当防衛が認められ、相手を倒した場合は“返り討ち”と言います。

いっそ加害者が行方不明になってくれたほうが、自らの手で裁けていいなんて思いそうですが、延々と探し続けて敵討をするまでは国許に戻って来れなず、最長で53年かかったなんて話もあります。成功率もそんなに高くなかったようです。また、親が殺されているのに敵討しないのか、など言われて敵討するまでは家も継げないという、強制敵討状態もあったようです。

制度として確立されてはいましたが、割と寛容な部分もあったようです。武家以外でも敵討したり、許可もないのに敵討しても許されたりなどもありました。

まとめ

毎回1話完結っぽく進んでいくのか、次週は違う依頼者の話となっています。佐伯の憎しみが増幅されて最終的に爆発するのではないか?もしくは殺人教唆の罪に問われはしないのか?もしかすると、坂上の彼女であるりさ辺りに殺されるのでは?などと想像しながら、次回も見て行きたいと思います。

今回のいいセリフ

大切なものを奪われた、誰だってそう思うだろう。姉ちゃんはもう戻って来ねぇんだぞ。

タイトルとURLをコピーしました