【相棒19】最終回のネタバレと感想|殺し屋と真犯人の正体

2021冬ドラマ

2021年3月17日に放送された【相棒シーズン19】最終回「暗殺者への招待~宣戦布告」のネタバレと感想をまとめています。

先週から続いている話の完結編となる回で、殺し屋の正体が誰なのか?そして加西はどうなるのか?【相棒】らしい終わり方をします。

スポンサーリンク

【相棒19】最終回のあらすじ

柾庸子(遠山景織子)に情報の共有を持ちかけられた右京(水谷豊)冠城(反町隆史)は、内調を動かしているのは官房長官の鶴田翁助(相島一之)だと考え直接会いに行く。衣笠副総監(杉本哲太)加西周明(石丸幹二)を逮捕しないよう命じたのは、加西と仲がいい鑓鞍兵衛(柄本明)ではないかと言う。

一方、伊丹(川原和久)たちは万津蒔子(松永玲子)の取調べをするが、彼女は金を受け取った証拠の通帳を隠していた。そこで右京が彼女を諭し通帳を入手する。中を見ると複数回にわたり、約2000万円の入金があった。恐らく約束手形で受け取っていたのではないかと右京は推理した。約束手形であれば不渡りが起きたとき、消えてしまう可能性がある。元々、今回の取引には不渡りが仕組まれているのではないか。朱音静(日南響子)が証言を変えた後に不渡りを出して買収金を支払わないのではと。

そこで冠城は蒔子に小切手を渡した、弁護士の中郷都々子(織田梨沙)に探りを入れることに。右京は蒔子が静からもらった手紙を読み解くことにすると……。

←19話

スポンサーリンク

【相棒19】最終回のネタバレ

最終回のネタバレは以下の5つです。

  1. 暗号の謎
  2. 殺し屋の正体
  3. 事件の真相
  4. ドラマの結末
  5. 登場人物のその後

結論から言うと、加西は殺され逮捕されるのは庸子のみです。

なぜ加西は殺害されてしまったのか?真の黒幕は誰なのか?

1.暗号の謎

右京は静から蒔子に宛てられた手紙を見て、そこに書かれている内容を読み解いた。×がついている部分を読むと「ねっとでころしややとってほしい」となった。静に罪をかぶさせたくない蒔子は、自分の一存でやったと主張した。

都々子は手紙の仕掛けに気づいていた。2人が殺し屋を雇うということを事前に知っていた。さらに、彼女は庸子とも個人的に仲が良かった。恐らく殺し屋の件は都々子から庸子に伝わっていたに違いないと右京は考えた。一方、冠城は都々子と会い、彼女の使っていたストローをこっそり持ち帰り鑑識に回した。

静が蒔子に殺し屋を雇うよう頼んだ

2.殺し屋の正体

ボディーガードをたくさんつけて殺し屋から命を守ろうとしていた加西だが、自宅で遺体で発見される。その現場は、七輪をみんなで並べて餅を焼いていた最中のようだった。死因は一酸化炭素中毒で事故死ではないかと警察は見立てるが、殺し屋の件があるため断定はできなかった。

エアコンも換気扇も消えていた密室状態という不自然さに右京はある推理をする。換気扇にラップをかけ、事後に外して処分をし換気扇を消したのではないかと。誰がどうやって七輪餅焼きパーティーをしたのか、調べてみると出張料理人が出入りしていた。

加西が死んだことを静に面会で伝える蒔子の所に右京と冠城が現れた。殺し屋を雇ったと思っていた蒔子だったが、実際は騙されただけだったのだろうと右京は言った。

殺し屋は出張料理人だった

3.事件の真相

衣笠副総監のところへ内村刑事部長が、加西が死んだことについて文句を言いに行った。そこで衣笠は圧力など何もなく忖度はあったと認めた。忖度したのは鑓鞍ではなく、鶴田官房長官だと。なぜなら、あの日鑓鞍は加西の逮捕は慎重にしたほうがいい、加西と鶴田は持ちつ持たれつの関係なのだからという忠告をしにきたのだと言った。

その会話を刑事部長は録音し、特命の2人に聴かせた。すると右京はやはりそうだったかと納得した。なぜなら、殺し屋の出張料理人が所属する会社を、鶴田は自分の誕生会で使っていたからだった。恐らく鶴田が加西にあの料理人を使うよう、誘導したのではないかと推理した。

今回の事件は鶴田官房長官が深く関わっている。右京と冠城は確信した。

冠城が回収した都々子のストローを調べた結果、蒔子に毎日届いていた手紙の切手の裏面にあった唾液のDNAと一致した。小切手を送っていた人物、それは都々子だった。そこで右京と冠城は弁護士事務所へ向かった。

そこで都々子に証拠を突きつけると彼女は怒って退職をした。右京は弁護士事務所の所長の三門に、手形がもし不渡りになったら詐欺に問うと告げた。加西は6億円を手形で払うはずもなく、事務所の都合でそうしただけ。手形の不渡りを仕掛けていたのだとしたら、加西が知ったら一大事なはず。しかし、加西が殺害されると分かっていれば安心できたのだろうと。

右京たちは庸子を尾行し、彼女にも証拠をつきつける。殺し屋の画像は単なるホームレスの画像だと。麗音に同じ公園で同じ時刻で張らせたとき、写真とまったく同じ人物が現れてゴミ箱を漁っていたからだった。蒔子が雇った殺し屋が存在すると、印象付けるための工作だった。

都々子から話を聞いた庸子は、それを利用しようと考えた。なぜなら、庸子も加西を殺害しようと計画していたからだった。そこで、蒔子のPCをハッキングし、殺し屋としてやり取りをした。庸子はそうして蒔子に罪を被せながら、本物の殺し屋を雇い加西を殺害させたのだった

蒔子の加西暗殺計画に乗っかり、殺し屋を雇ったのは庸子だった

4.ドラマの結末

庸子が逮捕された後、右京と冠城は鶴田を訪ねた。副総監に圧力をかけて加西不逮捕にさせたのは、加西救出のためではなく加西を抹殺するためだったのだろうと。そして庸子に指令を下したのは鶴田だろうと問う。しかし鶴田はシラを切る。

もし加西が逮捕され取調べを受けたら、何を言い出すか分からない。鶴田との持ちつ持たれつの関係がバラされてしまう可能性がある。そう感じた鶴田はあえて不逮捕にして泳がせたのだろうと右京は告げた。

鑓鞍は加西が目に余る行動をし始めたのを知り、鶴田に忠告をしていた。自分が言うよりも献金を多く受けて、持ちつ持たれつの関係である鶴田が忠告したほうが効くと思っていたからだった。加西と昵懇の関係である人物、それは鑓鞍ではなく鶴田だった

右京と冠城は庸子に指示したのは鶴田だろうと考えていたが、彼女は自分の一存でやったと主張していた。鶴田は2人にさすがに失敬だと告げると、2人は必ず悪事を暴いてみせると宣戦布告をした。

庸子は取り調べで加西は肥大化し過ぎたため、国のためにならないと思い殺害した。誰にも指示を受けず一存でやったと供述した。庸子一人の暴走と事件は片付けられ、鶴田は記者会見で許しがたき暴挙と答えた。都々子はその会見を見て憤った。静は牢屋の中で笑みを浮かべていた。蒔子はVRの世界で息子に手を合わせた。そして鶴田は栗橋と電話で「警視庁の杉下右京と冠城亘、消し去りたいねえ…あの2人。いや そうじゃない。警視庁からじゃないよ」と言った。

事件は庸子の暴走で片付けられ、鶴田の関与は証明できずに終わった

5.登場人物のその後

今回の事件に登場した人たちのその後がどうなったか、簡単にまとめました。

  • 加西周明:殺し屋により殺害
  • 朱音静:麗音銃撃の罪により拘留
  • 万津蒔子:罪に問われず釈放
  • 中郷都々子:弁護士事務所を退職
  • 柾庸子:逮捕。加西殺害は単独犯と供述
  • 鶴田翁助:逮捕されず。記者会見で庸子を糾弾
  • 鑓鞍兵衛:事件に関与していなかった

←19話

スポンサーリンク

【相棒19】最終回のまとめと感想

静と蒔子の加西暗殺計画に乗っかった鶴田の指示を受けた庸子が、本物の殺し屋を雇い殺害するが真相は究明されないで終わるという話でした。

加西とズブズブなのは鶴田で、鑓鞍はそうでもない関係でした。加西が鶴田にとってどれぐらい目障りな存在だったのかについては、あまり詳しく説明がないのでよくわかりません。ただ甘やかしてしまったため、肥大化してしまったということだそうです。

静の手紙についてはあれ以上の意味はありませんでした。庸子の筋書きとしては静たちに加西暗殺計画をやらせ、その話に乗って本当に加西を殺害し、罪に問われるのは蒔子たちというシナリオでした。殺し屋の料理人の人が笑顔で殺すのが何とも怖く、しかも餅をみんなで焼いて殺すというシュールな殺害方法でした。あの殺し屋の人も今後、殺人料理人として登場してくれるのか?ちょっと面白いキャラだったので再登場を期待します。

次シーズン辺りで冠城が卒業でもするのかと思わせる敵です。今まで以上に規模が大きく、実際に人を殺す人物なので去就に関わる事態になりやしないかと感じさせます。今後の敵として鶴田官房長官がちょくちょく絡んでくる話にするための布石のような回でした。

【相棒19】最終回のいいセリフ

申し訳ありません。我々、喧嘩売りに来てるもんで。

←19話

タイトルとURLをコピーしました